あづみ野 You Gotta 情報局
毎週月曜・火曜/ 17:00~(生放送)
E Say Yeah♪あづみ野
毎週土曜/11:00~13:00(生放送)・18:00~(生放送)

■血液型/B 型
■出身地/岐阜県

縁あって父の郷里である長野県に移住。縁がなくて就職は失敗だったが、縁あって長野市でセミプロの劇団に所属。縁が続かず劇団を離れたが、不思議なご縁でCMなどのナレーションの仕事を始める。そして何のご縁か、あづみ野FM パーソナリティになりました。
安曇野の皆さんと良いご縁が結べます事を願っております。

2016/08/22

8月17日放送分 あづみ野探訪おじゃましま~す

さて、今月7日に、解体工事中の旧豊科支所で行われた、安曇野市消防団、第1・第4ブロック合同訓練の様子を撮影しましたので、ご覧頂きたいと思います。

普通、消防団の訓練というと、すぐに思い浮かぶのは、放水訓練なんですが、この日行われたのは、総務省から貸し出された、救助用の器具を実際に使ってみる、という訓練です。

まずは、ストライカーです。写真だとただの棒に見えますが、持っている後ろの部分が、写真だと前後に動きます。ストライカーを前方へ勢い良く叩きつけることによって、自由に動く部分が前方にたたきつけられます。つまり、ノミと、それを叩くための金槌が一緒になったようなものだと思ってもらえればわかりやすいかと思います。


もちろん、壁だけではなく、床のコンクリートにも有効です。エンジン部分などがなく、さほど大きいものではないので、機械が入らない狭いところで威力を発揮します。


続いては、油圧電動カッターです。ハサミとペンチが一緒になったようなものです。


この写真で切っているのは、アルミの格子です。アルミは柔らかいので、難なく切ってしまいます。


切ったり、間を広げたり、潰したり。すごいパワーです。この後、建物の中で、もう少し硬い、鉄の格子や手すりなどを、それこそあっという間に切断してしまいました。
消防署の方によると、消防署にあるものはもう少し大きくて、このくらいの大きさのものが一番使いやすいということでした。

最後はエンジンカッターです。見た感じそのまま、丸のこです。ものすごい音がします。


皆さん、普段の消防団の制服の上から、オレンジのものを履いていますが、何故かと言うと・・・


ものすごい火花です。防火服なんだと思います。これがないと、消防団の服はコゲ穴だらけになってしまうかもしれません。
ところで、今切っているのは、車庫のシャッターです。薄いので、あっという間に切れてしまいます。


場所を移動して、今度は防火扉を切っています。3重構造になっているので、簡単には切れません。歯を変えていないので、段々と切れなくなってきました。


閉じ込められた救助者からは、この火花が、救いの光に見えるのかもしれません。


実際の建物を、実際に使う道具で切ったり曲げたり、穴を開けたりする機会というのはそうそうないことなので、今回の訓練は、非常に有意義なものだったのではないでしょうか。


カレンダー

2016 8月
  1  2  3  4  5  6 
 7  8  9  10  11  12  13 
 14  15  16  17  18  19  20 
 21  22  23  24  25  26  27 
 28  29  30  31    
7月  |  Today  |  9月

ブログ内検索