社会保険労務士法人 松本労務協会 代表社員ブログ

試用期間が過ぎるまでは、予告手当さえ支払えば自由に解雇をすることができるのでしょうか?
この時季、こんな質問を良く受けることがあります。

試用期間中であれば、自由に解雇できると誤解されている方が多いようです
試用期間中の解雇であっても、客観的に合理的な理由がなければ解雇は無効となる可能性があります。
実務上の感覚からいえば、解雇の有効性の判断が正社員の場合に比べて若干緩やかになるだけと考えたほうが良さそうです。

たとえば、勤怠不良などで解雇したいと言う場合、客観的な証拠をそろえたうえで、試用期間中に解雇する前に、退職勧奨をして辞職してもらうか、合意して退職してもらう(退職届を出してもらう)ことが大切であると思われます。

就業規則に規定がありさえすれば,会社は,社員の私生活上の非行に対し,無制限に懲戒処分を行うことができるのでしょうか。

続きを読む...

配転を命じられた従業員が、これはいじめだ として慰謝料を請求してきました。どうしたらよいでしょうか?

続きを読む...

幹部社員が部下を引き連れてライバル会社を設立しました。どうすべきでしょうか?

続きを読む...

従業員がアルバイトをしているようです。どう対処すべきでしょうか?

続きを読む...