12/09/03

こんにちは! 建築営業部 成澤です。

9月1日(土)13時~2日(日)13時まで、松本市のやまびこドーム(信州スカイパーク内)でリレーフォーライフ信州2012が開催されました。
このイベントは、がん患者支援チャリティイベントで、長野県では初の開催でした。

~がんは24時間眠らない、がん患者は24時間がんと闘っている~
1985年、一人のアメリカ人外科医は寄付を呼びかけながらフィールドを24時間走り続け、がん征圧の支援を行うとともに、がん患者に勇気を与えました。そして今、がんと闘う人と支援する人とが手を取り、ともに歩いて、がん征圧への願いを新たに絆を深めるイベントへと形を変え、世界中に広がっているそうです。
1日の13時から、約800人がチームを組んで、24時間リレーウォークをしました。
1日14時からは、サッカーJ2松本山雅FCの反町康治監督のトークショーがあったり、松本蟻ヶ崎高校の書道やダンス、ゴスペルグループの歌も堪能できました。
夕暮れから、がんで亡くなった方を偲び、がんで闘っている方への想いを書いた紙袋をロウソク等で灯すルミナリエが、ドーム内とドーム外周に設置され、その間を各チームがリレーウォークしていました。(HOPEの文字もルミナリエです)
家族5人で夕方から3時間ほど会場にいましたが、綿あめやポップコーン等を無料でいただき、下の写真のチケット(1000円で22枚綴り)を購入して、うどん、焼きそば、五平餅、フランクフルト、ポテト、ジュースを美味しくいただきました。
五平餅はチケット3枚、ジュースは2枚などとお店に書いてあるので、長男も妹を連れて、はじめてのおつかい?を経験しました。 
子供の少し成長した姿を見た様な気がします。
今や日本では2人に1人ががんになり、3人に1人ががんでなくなるという時代に突入しているそうです。もはやがんは全ての人にとって他人事ではなくなって来ています。そんな時代に、この様に仲間が集まれる場所がある事は心強く、がん患者やご家族の情報交換の場としても活用できるので大変素晴らしい企画だと思います。 私も子供達も本当に勉強になりました。

来年以降も続くイベントですので、今年参加出来なかった方は、是非足を運んでみて下さい。

コメント
コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

私たちは長野県松本市にある
総合建設業
  株式会社アスピア です。

アスピアの個性豊かなスタッフ
から皆様にあらゆる情報を
発進していきますヽ(^。^)ノ

2012 9月
       1 
 2  3  4  5  6  7  8 
 9  10  11  12  13  14  15 
 16  17  18  19  20  21  22 
 23  24  25  26  27  28  29 
 30       
8月  |  Today  |  10月