コラム 住まい再考|古民家再生|降幡建築設計事務所【長野県】
12/05/09

【20】 縁側


部屋先の廊下状の空間と、それに掛かる深いひさしは夏の暑さ、冬の寒さを調節してくれる、日本固有の住まいの仕掛けです。

縁側は、室内を落ち着かせながら、室内からの庭の眺めに奥行をもたせてくれます。戸を開け放つ、日本の生活を、縁側はどんなに豊かなものにしてくれたか知れません。

形状の同じ廊下は部屋をつなぐ通路です。しかし縁側は部屋と庭をつなぐ、部屋の延長です。