コラム 住まい再考|古民家再生|降幡建築設計事務所【長野県】
12/05/16

【22】 入側

一般の縁側に対して、畳敷の縁側を入側と呼びます。

板張りの縁側は畳の部屋との材質の変化が、両者の間にメリハリをもたらします。

一方畳の入側は材質による穏やかさが漂い、しかも、部屋に広がりを与えてくれます。

入側の日向ぼっこは、老人にとってこの上ない安らぎの場とも申せましょう。

板敷の縁側は堅い書院造り風に、軟らかい入側は穏やかな数寄屋風の住まいに似合います。