コラム 住まい再考|古民家再生|降幡建築設計事務所【長野県】
12/06/20

【32】 土間(3)

今日の土間は、石やタイル貼りやコンクリートだったりします。しかし、本来の土間は床の下です。

そこは、日本の民家には必ずあって板や畳の床にはない水にも重さにも何にも耐える不思議な力がありました。

さらに、いつまでも変わらない悠久を感じさせる神秘性がありました。今日の流行や便利さの変わりやすい住宅にあって、土間の神秘性が求められても不思議ではありません。