コラム 住まい再考|古民家再生|降幡建築設計事務所【長野県】
12/07/18

【40】 塀(2)

雨の多い日本では、長持ちのため、屋外のものには雨に対する様々な配慮がなされてきました。

塀にも屋根が付けられました。塀は屋根によって雨から守られ、陰をつくり、落ちつきをかもし出しています。

さらに、家屋敷に奥ゆかしさが漂います。屋根が日本の気候・風土に似合っているからです。