スポーツ議員連盟会長として長野県に武道館を建て、スポーツ振興・県民の健康増進・青少年の健全育成・日本の伝統文化武道の継承をという思いのもと、福井県立武道館・石川県立武道館を視察してまいりました。

石川県立武道館
 昭和53年に設置され、柔道場(3面)、剣道場(3面)、弓道棟、近的場、遠的場、巻わら道場、会議室(3室)、研修室(3室)、運動広場(8,540.64㎡)、分館、近的場で構成されています。


 

福井県・石川県の両武道館とも、親子で、県外から、国外からと、多くの武道を学ぶ方々の修行の場となっています。
 このような場をぜひ長野県にもと、スポーツ議員連盟を通し実現に向け努力していきたいと思っております。
 武道を愛する県民の皆様、どうぞご協力をよろしくお願いいたします。