平成21年6月長野県議会開催日程 | Home | 第10回ツール・ド・美ヶ原自転車レース大会2009
| 印刷

本郷地区の皆様にお集まり頂き、県政報告会を開催致しました。

 
世界的な経済危機の中、県民のくらしと県下各地域の力を向上させ、県内経済の安定と雇用の確保をはかるため、4つの項目<1.環境 2.産業・雇用 3.健康・子育て 4.安心・安全>を柱とする、長野県新経済対策「くらし・地域力向上プロジェクト」を策定しました。

1.環境
●グリーンニューディール基金、森林整備加速化・林業再生基金を設置し、地球温暖化対策や森林の適正管理を推進します。
●省エネルギーと地球温暖化対策を進めるため、県有施設への太陽光発電の導入と、県公用車の環境対応車への切替えを推進します。
●太陽光発電の導入や省エネルギー機器の更新を行う中小企業を支援します。
●小水力発電や地下熱の利用など、身近な再生可能エネルギーの活用を推進します。
●企業の製品開発や販路開拓などを支援し、今後の成長が期待される環境分野での新産業の創出を図ります。
●ネイチャーツアーを推進するなど、地域振興と豊かな自然環境の保護・利用を図ります。

2.産業・雇用
●離職を余儀なくされた県民の雇用機会を確保するため、県民サービスの向上につながる雇用創出事業を幅広い分野で実施します。
●中小企業融資制度資金に緊急雇用対策枠を創設し、雇用維持に取り組む中小企業を支援するとともに、高校生や外国籍県民をはじめとした幅広い求職者の就職支援を進めます。
●中小企業融資制度資金の貸付期間等を延長し、中小企業の借入金の返済負担を軽減します。
●環境・健康分野や航空宇宙産業など、新分野への参入を目指す中小企業を支援します。
●インターネットの活用やイベントの開催等により、県産品の消費拡大を図ります。
●県産品等のPRや販売を行うイベントについて、県庁などの施設や都市公園等のスペース(有料施設分を除く)を無料で提供します。
●インターネット等を通じて、長野県の観光や物産を国内・海外へ情報発信します。
●農産物直売所への支援による地産地消の推進や、県産食材を利用した家庭内備蓄を推進します。
●信濃グランセローズとタイアップした観光PRにより、県外からの誘客の促進を図ります。
●失格基準価格や地域条件など、建設工事の入札制度を見直し、地域を支える建設企業の育成と経営基盤の強化を図ります。

3.健康・子育て
●地域医療再生計画を策定し、高度医療技術習得のための環境づくり、ⅠT化等により、地域医療ネットワークの構築など地域医療の再生に取り組みます。
●医療・産業・観光及びスポーツの各分野が連携を強化し、健康づくりの促進と健康関連産業の振興策を検討します。
●介護職員等の処遇改善に取り組む事業者を支援し、福祉現場における人材の確保・定着を促進します。
●高齢者福祉施設や放課後児童クラブ、地域子育て支援拠点の整備を進めます。
●認知症高齢者やその家族に対する相談体制の充実を図ります。
●不妊治療に要する経費の助成を拡充します。
●学校のIT化や施設・設備のエコ改修等により、教育環境の向上を図ります。

4.安全・安心
●大規模地震発生時における被害軽減を図るため、学校・県営住宅等の耐震化を前倒して実施します。
●社会福祉施設・災害拠点病院の耐震化等を促進し、安全性を強化します。
●大規模地震に備え、緊急輸送道路の整備を重点的に実施します。
●橋梁等の維持管理や交通安全施設の整備など、県民生活に密着した社会資本の整備を進めます。
●駅舎のバリアフリー化工事や低床バスの導入により、利用者にやさしい公共交通インフラの整備を進めます。
●消費者の安全・安心を確保するため、市町村の消費生活相談窓口の機能強化を支援します。