ロシア連邦ミハイル・ミハイロヴィッチ・ベールィ特命全権大使を長野へお招きし講演会を開催いたしました



 「ロシア大使館が日本の地方と交流を希望しているが、ロシアの都市と長野県または市町村との姉妹提携や経済交流ができないか」との提案を受け、県の担当機関に相談したところ「魅力ある国ではあるが、交流の機運がない中で、一足飛びに具体的な交流は難しい。」とのこと。
 そこで、「まずロシアを知る・理解することから始めよう」ということで、講演会を計画することとなりました。大使館に講師をお願いしたところ、大使自らお話をいただけることになりました。

 講演会の前日には松本で市長と懇談をし、松本市美術館を視察され、夕方からは知事を表敬し、夜には長野県の政財界の皆様との懇談会が開かれました。

 今回の懇談会や講演会を機会に、今後ロシアと長野県の交流の輪が広がることを期待しています。