4月に実施された県議会議員選挙において、地域の皆様のご理解や御支援をいただき8期目の当選をいたしました。
心から感謝を申し上げますとともに、県民の皆様が幸せに暮らすことができるよう県政の課題克服に全力で取り組んでまいります。

2027年に長野県で開催される国民体育大会・全国障害者スポーツ大会については、競技会場地市町村選定が徐々に決定され、メーン会場の陸上競技場建設地調査も近い時期に終了の予定です。

また、国民体育大会での天皇杯及び皇后杯の獲得を目指すためにも、有望なジュニア選手の発掘・育成確保、指導者の育成・確保、選手へのサポート体制の充実など、競技力向上のための具体的な取組を進めることが大切であり、私も準備委員会の一員として一層努力をしてまいります。
一方、来年3月に完成する佐久市に建設中の武道館は、8月末の進捗率が67%で予定通りの完成が見込まれています。

なお、改選後におきましても総務企画警察委員会の委員に選任されました。
新しい令和の時代になり、初めての6月定例県議会の委員会においては、県の国際交流関係の組織見直しについて、交番等における警察官への襲撃事件対応としての、人的配置・勤務体制や防護対策面の現況を質問しました。

今後も地域住民の代表として皆様方のご意見をお聞きするとともに、県政推進のために反映してまいりたいと思います。

新しい流れを作ろう 元気になろう長野県