赤ちゃんから大人までアレルギーの総合診療 CLINIC
新時代のアレルギー診療に、長い経験、最新知識、地域アレルゲン調査、デジタル機器、チーム力で臨みます。

【スギ花粉症】 ◆今年の松本地方のスギ花粉飛散数は、多めの飛散…
【厳冬期のアレルギー疾患】 ◆皮膚がかゆい:

【スギ花粉症】
◆今年の松本地方のスギ花粉飛散数は、多めの飛散数であった前年と比べてやや少なく、例年比ではやや多いという予測が日本気象協会から出されています。服薬なしで花粉シーズンを迎えてしまうと、結構つらい症状が続くでしょう。
◆飛散開始時期は? 本年は暖冬傾向にあるため、スギ花粉の第一陣が長野県中部地方に飛来するのは、おそらく2月下旬頃になるでしょう。今年は初期療法の服薬を2月24日頃または花粉症の症状が少しでも出た日から開始するようお勧めします。飛散開始時期は、今後の気温の推移でかわりますので、 みのしまクリニック発花粉症情報(リンク先)で最新情報をご確認ください。

【厳冬期のアレルギー疾患】
◆皮膚がかゆい:
・冬の内陸性気候のために空気の乾燥もピークに達しています。入浴後に使用する保湿剤の内容や使用量が不足している場合には、かゆみで苦労する時期です。また、冬季で水温が低いと、洗濯洗剤のすすぎ残しが衣類に付着しています。
・一月前半には、朝に服を着せ過ぎて日中に汗疹(あせも)が出ていた乳児が目立ちました。厚着をしたり暖房の効き過ぎた場所にいたりすると、急な発汗によって残留洗剤や柔軟剤が肌を刺激して、かゆみや皮膚炎の悪化を引き起こす場合もあります。特に部屋干し用など防臭効果をうたった製品では症状が強く出ることがあります。

◆鼻がつまる:
・ダニアレルギーは舌下免疫療法(5歳以上)が可能です。他のアレルゲンによる通年性アレルギー性鼻炎を含めて、ここ数年使われている新しいタイプの点鼻薬を使用すると治療効果が期待できます。 ・風邪のあとで黄色い鼻汁が続いている場合は、副鼻腔炎を発症している可能性がありますので治療が必要です。いずれもスギ花粉飛散が始まる2月24日頃までには治療を済ませておきたいものです。

◆ぜん息発作が出る:
・雪かきで息切れがしたり、寒い朝に外に出てカラカラに乾いた冷気を吸い込むと咳が出たり、気管支が縮んだりするのを感じることがあるかも知れません。毎日服用している、ぜん息治療薬(長期管理薬)が不足している場合が多いので、早めにご相談ください。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示