赤ちゃんから大人までアレルギーの総合診療 CLINIC(公式サイトはminocl.com)
新時代のアレルギー診療に、長い経験、最新知識、地域アレルゲン調査、デジタル機器、チーム力で臨みます。

【アレルギー性鼻炎とのつきあい方】
今年は季節の進行が速いので、イネ科花粉症は5月中旬とピーク・・・
再使用可能なマスクは花粉の通過率が高くなっています。
梅雨に入ってからも続く鼻炎症状は、ダニ、カビ、ペット・・・
【めざせ! スキンケアの達人】
乾燥で悪化する皮膚疾患に対して、温度・湿度が上がってきたので保湿剤・・・
梅雨に入って晴天がしばらくない期間後の晴れ間に強い日光を・・・
【ぜん息克服への道】
手持ちの花火を普通に使用すると、発作を誘発することがあり危険・・・
ぜん息の人が新型コロナウイルス感染症にかかった際に、普段から呼吸機能が・・・
ぜん息発作の手当てに使う吸入薬が十分に効かない息苦しさがみられた場合は、肺炎の・・・

【アレルギー性鼻炎とのつきあい方】
◆今年は季節の進行が速いので、イネ科花粉症は5月中旬とピークが早まりそうです。梅雨にかけて雨の日が多くなると、日によって症状が軽くなるため、対策が遅れてしまうかもしれません。
◆再使用可能なマスクは花粉の通過率が高くなっています。5月中旬から6月上旬の外出には、雨の日を除きできれば不織布マスクを使用しましょう。
◆梅雨に入ってからも続く鼻炎症状は、ダニ、カビ、ペット、または昆虫がアレルゲンになっている場合がしばしばあります。鼻づまりが強い傾向があり、夜間の口呼吸や睡眠時無呼吸症候群を生じることもあります。就寝中に口が開いていないかチェックしてもらうとよいでしょう。

【めざせ! スキンケアの達人】
◆乾燥で悪化する皮膚疾患に対して、温度・湿度が上がってきたので保湿剤の使用を控えている人がいます。朝晩涼しい期間中は、日中に急激な発汗があって、皮膚にかゆみが出る場合があります。ワセリンを体幹や関節内側に使用している人では汗疹(あせも)が出ている場合もあります。ローション剤など季節に応じた適切な保湿剤の使用を推奨します。
◆梅雨に入って晴天がしばらくない期間後の晴れ間に強い日光を浴び、かゆみを伴う発疹が出ることがあります。日光で悪化する病状のため、日差しを避けて塗り薬で治し、治った後は日焼け止めと日よけを使用して外出するようにしましょう。

【ぜん息克服への道】
◆手持ちの花火を普通に使用すると、発作を誘発することがあり危険です。おもちゃ花火をどうしてもやりたい場合、診察時に安全な方法についてお尋ねください。
◆ぜん息の人が新型コロナウイルス感染症にかかった際に、普段から呼吸機能が低下している人では、酸素吸入が必要になる可能性が高くなると考えられます。ぜん息の病状安定に心がけ、長期管理薬を医師の指示通り継続するようにしましょう。
◆ぜん息発作の手当てに使う吸入薬が十分に効かない息苦しさがみられた場合は、肺炎の可能性があるので、平日日中であれば、かかりつけ医院に、休診日や夜間などの場合は、「受診・相談センター」(保健所)へ電話で相談し、指定された医療機関を受診するようにしてください。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示