赤ちゃんから大人までアレルギーの総合診療 CLINIC(公式サイトはminocl.com)
新時代のアレルギー診療に、長い経験、最新知識、地域アレルゲン調査、デジタル機器、チーム力で臨みます。

【インフルエンザの予防】
◆インフルエンザワクチンの接種は10月後半からの開始を予定しています。ワクチンの供給状況が順調ではないとされていますので・・・
◆「インフルエンザワクチン」接種に注意が必要な場合として、ぜん息患者さん、卵アレルギー・・・
【ぜん息克服への道】
◆急に気温が下がったときや風邪をひいた後などに、気管支が敏感な人では、早朝の咳が出るかも知れません。このような場合・・・
【アレルギー性鼻炎のツボ】
◆秋の花粉症は、現在飛んでいる秋の雑草花粉などが10月上旬(温暖地域では10月末ころ)まで飛散して終了になります。それ以降の時期にも症状が出ている場合は・・・
【めざせ! スキンケアの達人】
◆秋は皮膚の乾燥が一気に出てくる時期です。そのまま保湿が不十分であると間もなくかゆみも出はじめます。保湿剤を・・・

【インフルエンザの予防】

◆インフルエンザワクチンの接種は10月後半からの開始を予定しています。ワクチンの供給状況が順調ではないとされていますので、休日のインフルエンザ接種は11月中旬からになる予定です。
◆「インフルエンザワクチン」接種に注意が必要な場合として、ぜん息患者さん、卵アレルギーを持っている人、これまでのワクチン接種である程度以上の副反応がみられた人が挙げられていますが、健康状態をよく把握している医師が慎重な判断を行えば、ほとんどの人で接種することができます。 このワクチンの成分によってアナフィラキシー(重度の全身性アレルギー反応)を起こしたことがある人は受けられません。

【ぜん息克服への道】
◆急に気温が下がったときや風邪をひいた後などに、気管支が敏感な人では、早朝の咳が出るかも知れません。このような場合、これまで使用していた長期管理薬の内容や使用量では、治療不足になっていることを示しています。ぜん息悪化に対しては早めの対処をしておきましょう。
◆「非常に軽い喘鳴」や「息が少し苦しい感じ」、また「大笑い・運動時・起床前などに出る咳」などのサインを放置しないようにしましょう。涼しくなって運動しやすい時期ですが、軽いぜん息症状が出ている状態で運動を強行してはいけません。
◆これらの症状が1週間以上続けてみられた場合や、数週間の経過の中で繰り返す場合は、定期受診よりも早めに診察を受けて、長期管理薬をステップアップします。

【アレルギー性鼻炎のツボ】
◆秋の花粉症は、現在飛んでいる秋の雑草花粉などが10月上旬(温暖地域では10月末ころ)まで飛散して終了になります。それ以降の時期にも症状が出ている場合は、通年性アレルギー性鼻炎やアレルゲンの関与しない鼻過敏症の可能性があります。
◆来春のスギ花粉は平年の2倍程度と予想しています。根本治療である舌下免疫療法(5歳以上が対象)は、来年3月から効果を得るために、できれば年内に開始しておきましょう。までダニアレルギーに対する舌下免疫療法も、並行して行うことが可能です。

【めざせ! スキンケアの達人】
◆秋は皮膚の乾燥が一気に出てくる時期です。そのまま保湿が不十分であると間もなくかゆみも出はじめます。保湿剤を夏の間に減らしていた人は、通常量(夏に使用していた量の1.5~2倍程度)に戻しましょう。
◆春までクリームタイプを使用していて、夏になってローションに変更した人は、9月下旬以降はクリームに戻しましょう。
◆かゆみを伴う湿疹が出てしまっていたら、保湿剤だけでは皮膚の修復ができません。医師の指示でステロイド外用剤やタクロリムス外用剤等を使用して、早めに安定状態に持ち込みましょう。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示