赤ちゃんから大人までアレルギーの総合診療 CLINIC(公式サイトはminocl.com)
新時代のアレルギー診療に、長い経験、最新知識、地域アレルゲン調査、デジタル機器、チーム力で臨みます。

【スキンケアの達人】
◆暖房を使用するようになり、肌の乾燥が気になる季節になりました。室温22℃前後における湿度の設定は・・・
【ぜん息克服への道】
◆霜が降りるようになり、空気も乾燥してきたので、屋外の運動でぜん息症状が出やすくなってきました。学校などで長距離走が行われることがありますが・・・
【アレルギー性鼻炎のツボ】
◆通年性アレルギー性鼻炎は、ダニ、カビ、ペット、昆虫がアレルゲンになっている場合が多く、特に・・・

【スキンケアの達人】
◆暖房を使用するようになり、肌の乾燥が気になる季節になりました。室温22℃前後における湿度の設定は、結露防止の観点からRH40~45%ほどがよいと思います。この湿度で肌が乾燥する場合は、風呂上りに保湿剤(モイスチャライザー)を十分な量で連日使用するよう推奨します。適切な使用量は、個人の体格と皮膚の乾燥度によって異なりますので、受診時にお尋ね下さい。
◆モイスチャライザー(水分保持効果)には、ヘパリン類似物質、尿素、グリセリンなどがあります。ワセリンなどのエモリエントは皮膚を短時間コーティングすることで、皮膚からの水分の蒸発を防ぐことができますが、皮膚に含まれる水分量が減ってしまった状態で使用しても、皮膚の柔軟性はあまり改善しません
◆暖房器具などの風が当たる場所にいると乾燥が強まります。また、衣類洗剤の部屋干し用など刺激の強い製品を使用していると、保湿剤を使用しても効果が得られないことがあります。

【ぜん息克服への道】
◆霜が降りるようになり、空気も乾燥してきたので、屋外の運動でぜん息症状が出やすくなってきました。学校などで長距離走が行われることがありますが、練習の時に症状が出ていないか注意しましょう。出そうな場合は、走る直前に携帯型吸入器(メプチンやサルタノール)を使用すると予防することができます。幼児では、鬼ごっこをすると症状が誘発されることがあります。
◆大人では、非常に重い荷物を運んだり、ゴミ出しに急ぎ足で往復すると症状が出ることがあります。
◆いずれも、ふだんの長期管理薬の治療が不足している場合が多いので、受診の際には医師に伝えて、薬の調整をしてもらいましょう。

【アレルギー性鼻炎のツボ】
◆通年性アレルギー性鼻炎は、ダニ、カビ、ペット、昆虫がアレルゲンになっている場合が多く、特にダニアレルゲンによる場合が多くを占めています。
◆ダニアレルギーの場合、冬の寝具や掃除でのホコリへの対応が必要です。対応を行い、服薬をしても効果が不十分な場合は、舌下免疫療法を推奨します。ダニが捕れるとして市販されているシートや器具は、アレルゲン対策としては効果がありませんので、ご注意ください。
◆スギ花粉症に対してもも舌下免疫療法が行えます。いずれも年齢が5歳から65歳頃までが対象です。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示