武居木材社長‐武居 正芳のブログ

最近、ショウガの加工食品が目に付くようになったと思いませんか? ドリンク、お茶、スープ、飴などなど。さらに巷ではマイショウガを持ち歩く「ジンジャラー」なる人も現れています。ショウガは少し前まで薬味や魚などの臭みを消すために使われる、いわば「名脇役」的存在でした。主役として表舞台に躍り出てきた背景には何があるのでしょうか。
 ある食品会社からショウガを入れた食品シリーズが発売されたこと。豚汁や味噌汁にショウガが入るという目新しさと手頃感から大ヒットしたのです。
 ショウガは、インド・マレーシアあたりが原産の多年草で、香辛野菜や生薬として世界中で幅広く利用されています。日本には3世紀頃中国から薬草として伝来しました。やがて食用になり、豆腐や刺身の薬味として定着。変わったところでは姫路の「おでんにショウガ醤油」青森の「おでんにショウガ味噌」、関西の「紅ショウガ天ぷら」などの食文化も生まれています。 
 ではショウガが持つさまざまな効能をご紹介しましょう。生のショウガには「ジンゲロール」という成分が含まれていて、手足の血管を広げて血行をよくする働きがあります。しかしその際の発汗によって身体の深部の体温は下がってしまいます。身体の芯からポカポカと温めるのは「ショウガオール」という、ショウガを乾燥させることによってできる成分。つまり生のショウガを摂っているだけでは不十分なのですね。
 乾燥ショウガの作り方はとても簡単、生のショウガをスライスして天日干しにするだけです。市販のショウガの粉末を利用すればより手軽です。これを料理や飲み物に生のショウガとともに加えれば冷えがちな足や指先も温まり、身体も芯から温まります。

コメント
コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

お問い合わせはこちらから
プロフィール
武居木材㈱ 武居正芳

武居木材は、大正10年の創業以来、「木を知り尽くした材木屋が建てるひとにやさしい自然住宅」という考え方に基づき、お客様の要望にあった住まいづくりを実践してきた会社です。
このブログでは、4代目社長武居正芳が日々感じること、私たちの家づくりへの思いなどを書き綴っていきたいと思います。よろしくお願いします。
カレンダー
2017 10月
 1  2  3  4  5  6  7 
 8  9  10  11  12  13  14 
 15  16  17  18  19  20  21 
 22  23  24  25  26  27  28 
 29  30  31     
9月  |  Today  |  11月
検索
 
コメント

武居木材の家づくり

  • 施工例
  • イベント情報/家づくりを学ぶ
  • 資料請求
  • ひのきチッププレゼント
  • 不動産