武居木材社長‐武居 正芳のブログ

「子どもたちの好きな食べ物」の第1位にランクインしているのが寿司です。今は「SUSHI」として世界に誇る日本料理の一つであり、各国にある日本食レストランでは、ほとんどが寿司を扱っているのだそうです。

 かつては高級で特別な日にしか食べられなかった寿司を、身近にしてくれたのが回転寿司でしょう。その発祥の地は大阪。ビール工場で回るベルトコンベアからヒントを得て「コンベア旋回式食事台」を開発し、東大阪市に回転寿司店をオープンしたのが1958(昭和33)年の4月でした。

 西日本を中心に広がっていた回転寿司が東日本に「上陸」したのはそれから10年後ですが、そこには偶然のエピソードが! 仙台市で寿司屋を営む人が、中華の回転テーブルをヒントに何と独自の回転寿司を開発していたのです。彼は仙台で回転寿司屋を開業しようとしたものの、大阪の寿司店が特許を取得していたため自力での開店を断念し、フランチャイズで出店したそうです。同じような時代に同じような発想をしていた人が東西にいたのですね。

 回転寿司が一気に増えたのは1978(昭和53)年のこと。特許が切れたことで回転寿司の出店が自由になったのです。その後はご承知の通り、寿司ロボットの導入や、タッチパネル式注文など、劇的な進化を遂げています。ちなみにレーンの右回りが多いのは、右で箸を持ち、左で皿をとるからだとか。回るスピードは一般的に分速5メートルだそうで、速すぎず遅すぎずといったところでしょうか。

 現代の回転寿司は、デザートだけでなくラーメンや天ぷらなどサイドメニューも充実していて、最近は本格コーヒーを提供する店も登場しましたね。メニューだけでなく、オーダーした寿司が電車で運ばれてきたり、食べた数によってクジができるなどの演出も、ファミリー層から支持される理由の一つです。

プロフィール
武居木材㈱ 武居正芳

武居木材は、大正10年の創業以来、「木を知り尽くした材木屋が建てるひとにやさしい自然住宅」という考え方に基づき、お客様の要望にあった住まいづくりを実践してきた会社です。
このブログでは、4代目社長武居正芳が日々感じること、私たちの家づくりへの思いなどを書き綴っていきたいと思います。よろしくお願いします。
カレンダー
2019 4月
  1  2  3  4  5  6 
 7  8  9  10  11  12  13 
 14  15  16  17  18  19  20 
 21  22  23  24  25  26  27 
 28  29  30     
3月  |  Today  |  5月
検索
 
コメント

武居木材の家づくり

  • 施工例
  • イベント情報/家づくりを学ぶ
  • 資料請求
  • ひのきチッププレゼント
  • 不動産