雷鳥沢ヒュッテ

山本君救援のためのカンパをお願いしましたところ、1000件を超える方々(企業・団体を含む)から9.399.356円という多額の御厚志をいただきました。
感謝の気持ちで胸がいっぱいです、本当にありがとうございました。

山本君の家族の悲しみは代わって背負うことはできないけれど、皆様のお陰で経済的な負担を軽くしてあげることができました。
カンパの集計表を見た時、うれしくてありがたくて胸が熱くなりました。ありがとうございました。

なお、カンパの集計や捜索等のご報告の詳細は
朝日小屋と阿曽原小屋のHPに掲載しております。
よろしくお願いします。
ありがとうございました。



人間の死亡率は100%。誰もがいつか死んでいくんだよね。明日の運命もわからない。
「生と死は両極でない」って痛感したよ。
すずちゃん、いつかのその時まで、一日一日を大事に大事に生きたいね。
一緒に笑って泣いて、時には励ましあって、また一緒に歩いていこう。 友人より


雷鳥沢ヒュッテは、10月13日に小屋締めしました。
ありがとうございました。 来シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。

なお、姉妹館「ロッジ立山連峰」は11月3日まで営業しています。
よろしくお願いいたします。

9月28日、ネパール・ヒマラヤ山脈ダウラギリⅠ峰で雪崩が発生。3名の日本登山家が行方不明になってます。
 そのなかの1名は、私の友人でもある山本季生君(36才 富山県朝日町在住)
体力もあって、力(技術)もあって、いつも冷静な彼が遭難するなんて今でも信じられません…。

彼は主に黒部・朝日方面の登山道・新道整備と遭難救助(宇奈月遭対救助隊員)に尽力してくれていました。
彼は山が好きなだけでなく、山に登る人をとても大事にしてくれました。

一人でも多くのご支援を賜りたくここにお願いいたします。
なおカンパの詳細は
阿曽原小屋 http://azohara.niikawa.com/
朝日小屋  http://www.asahigoya.net/
    
                佐伯 妙子

暑かった夏が過ぎ、もう10月になろうとしています。
遅れ気味の紅葉ですが、はじまっています。
皆様のお出かけをお待ちしております。


                                                                  写真はイメージ

今年は残雪が多いので雪解けが遅く、まだまだ高山植物が楽しめます。



プロフィール
皆さんこんにちは、立山の雷鳥沢ヒュッテ・ロッジ立山連峰です。
このブログでは、立山から私たちの山小屋の様子や、山岳情報などをお届けします。
■雷鳥沢ヒュッテ
TEL.076-463-1835
■ロッジ立山連峰
TEL.076-463-6004
カテゴリー
カレンダー
2017 10月
 1  2  3  4  5  6  7 
 8  9  10  11  12  13  14 
 15  16  17  18  19  20  21 
 22  23  24  25  26  27  28 
 29  30  31     
9月  |  Today  |  11月
検索