SLITから戻りました | Home | プレゼント

2010.slit.

4月13日SLIT(ヨーロッパブランドの展示会)の様子です

J.F.REY BOZ


デザイナー ジャン・フランソワ・レイ氏(写真:右)の風格はすでに
eyewear界において揺ぎ無いものを感じました 
そして毎年発表されるデザインも常に進化をし続ける まさにカリスマ!
私のことを覚えていてくれて嬉しかったー 気さくな所は相変わらず^^


FLEYE

FLEYEの美人お三方と(^^)V
おもてなしの心の大事さと女性をターゲットにした作品作りは
いつも勉強させられます 新型も素晴らしい仕上がりでした


あ。影郎さん発見!

貴重なカツンドさんとの2ショット(笑)


grotesque

grotesque(グロテスク)の名に恥じない(?)グロい作品が発表されて
ますます異端児っぷりが際立ってました 
しかしその心根は真剣にアイウェアの楽しみ方をカタチにしてます
アンチ流行の作品は一見の価値あり!

この他にもALEK PAUL,FRANCIS KLEIN,JUJUBEE,ONKEL,PARASITE,REIZ,等の作品を見せていただけました 各ブランドの関係者の皆様ありがとうございました


SLIT終了後、全国の仲間の眼鏡屋さん達と悪巧み(笑)


ようやく全貌が見えました キーワードは 「DESIRE CONCEPT」
どうなることやら楽しみです また詳しくご紹介します

その後移動して


もう一つの集まりに参加させていただきました

素晴らしすぎる出会いと素晴らしすぎた時間に感謝☆
この後、さらに少人数で朝4時まで飲みました(笑)


4月14日 都内各地で行われたブランドの展示会廻り

何とか朝起きて ANNE ET VALENTIN の展示会場へ向かう

フランスのバレー教室のような雰囲気と都会的なテイストが融合した
感じの良い会場でした 少し仕入れしすぎてしまいましたが^^;
アンバレらしい作品たちにワクワクしました

KAMURO

カーリーさんことKAMUROのチーフデザイナー小野寺さんと。。
KAMUROの想いを受け取りました 新作も良かった

その後、少し青山あたりを探索し恵比寿で orgreen の展示会へ
恵比寿駅で偶然、現在富山県で眼鏡屋をしている眼鏡学校時代の同級生に会い(!)
一緒にorgreenを仕入れしてきました 写真は撮り忘れました^^;


今回の展示会において感じた流行、しかし作品の良し悪しに流行り廃りは無く
感性やタイミング、そしてそれぞれの作品に込められた物語や
実際に身につける人への影響力を追及するほうが楽しいと思いました

コメント

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

トラックバック