メンズ憧れのゴーグル


男なら1度はゴーグルを身に付けたいと思ったことがあるはず
バイク乗り、パイロット、スノーボーダー、ヒーロー、冒険者に憧れて。。。

という強引な前置きはさておき、アセテートとチタンを使い立体感を出した 
spec espace のアイウェアのご紹介です。

どことなくゴーグルのニュアンスがあるデザイン、掛けると不思議な一体感があります。


このモデルはもう生産しないそうなので、興味のあるかたはお早めに見に来てほしいです。


spec espace/JAPAN  モデル/ES-7032
マテリアル/アセテート+チタン  カラー/ブラック、ワインレッド、モスグリーン

AKITTO新作お菓子シリーズ2


AKITTO新作「loy」(ロイ)は「lolly」(水飴の意)をモチーフにした作品。
棒付き飴(チュッパチャップス的な)を七宝で表現でしています。
レンズもラウンド型で甘めのラインです。


表の七宝色「ブルー」と

裏の七宝色「クリーム」が

混ざって「グリーン」に変化する姿を見たとき、嬉しくなりました^^



FLEYE by AKITTO/デンマーク  モデル/loy

AKITTO新作お菓子シリーズ


AKITTOの新作はお菓子をモチーフにした作品たち
今回はモデル「gue」(ギュエ)のご紹介です。

名前の由来「ギモーヴ」(guimauve)とは何かと調べたら。。。
マシュマロみたいな(?)お菓子のことでした。

兎にも角にもこのスワロ

凸凹加工されたテンプルとの絶妙な相性の良さ

ちょっとつり上がったレンズシェイプも素敵です

FLEYE by AKITTO/デンマーク  モデル/gue

人類消滅後


(写真は昨晩、自宅から見えた月。ボケボケです。。。)

影郎さんブログにも書いてありましたが、今晩7時56分から放送される
TV番組「人類ZEROの未来!」は面白そうです。

内容は人類消滅から1億年後までの地球。
映像は映画「アバター」のスタッフ達らしいですよ。

人類は地球にとってどうゆう存在なのか?
とりあえず、録画して見ます。

ウェディング用アイウェアという考え方


結婚式という人生の大きなイベントの日をどのように過ごすか。
普段、眼鏡をしている女性も華やかな衣装と髪形、メイクに合わせてコンタクトレンズをしたり、裸眼で過ごすことは多いと思います。

コンタクトに慣れている方なら、晴れの一日を難なく過ごせるでしょう。しかし、意外とコンタクトは苦手という方が多いのも事実ですし、裸眼の場合せかっくお祝いに集まってくれた方々のお顔がはっきり見えないのなら、喜びも半減してしまいます。

元来、花嫁に眼鏡は嫌煙されていたように思えます。よっぽどのメガネマニアな方ならまだしも、一般的には邪魔な存在だと受け止められている。

それはきっと正しくて、非日常的な衣装と髪型に日常的すぎる眼鏡ではアンバランスに感じて当然だと思います。

しかし、その一般的に邪魔物の眼鏡にデザインというチカラが加わったとき、眼鏡はヴェールのような役目を立派に勤め上げてくれると私は思います。


ドレスに合わせるのも良いでしょう、ブーケの色に合わせるのも良いとおもいます。晴れ舞台に素晴らしい視界とデザインで、ご協力できたらなーっと願ってます。

ちなみに、和服に似合う眼鏡のセレクトもございます。
パーソナルカラー診断もフル活用してみたいと思ってます。

12mmの超厚生地を削ぎ落とす


spec espaceのアセテートフレーム モデル/ES-5308 です。

フロントに12mmの超厚アセテート生地を使い(一般的に6mm生地のフレームが多いです)切削機と手作業で超立体形状を実現させました。


「肉厚感」を残しながら「重さ」を削ぎ落とし、「かけやすさ」を重視したデザインとなってます。


これだけフレームに厚みがあると強度近視によるレンズの厚さは、ほぼ隠せます。
鼻当ても後付する必要はありません。空間と技術のなせる業です。


スペックエスパスすべてのフレームに最初から付いているレンズはUVカット付きで、薄いグレー色が入ったCRレンズ。なのでそのまま伊達眼鏡としても使用できます。(通常あらかじめフレームに付いているレンズはデモレンズと呼ばれ、ただのプラスチックなのでそのまま使用することはおススメできません)

このES-5308と同じコンセプトで作られた12mm生地使用の
ES-5306、ES-5307もご用意してますのでよろしくお願いします。

リンク


当ブログをご覧の皆様いつもありがとうございます。

←ページの左側にあるリンクに先日のキャンドルナイトイベントで素晴らしいデコレーションをしてくれた西牧さんのlifartHPを加えさせてもらったので、ご連絡させていただきます。
6月21日のご自身のブログで天下堂のことを書いてくださったので良かったらチェックしてみてください。

県外からアクセスしてくださっている皆様。リンクに全国の眼鏡屋さん達のご紹介を各エリアごとに分けてありますので宜しくお願いいたします。

BOZのたて巻GLOSSY


BOZの逆ナイロールたて巻モデル GLOSSY のご紹介です。
掛けるとこんなかんじです。

(写真:たまたま遊びに来ていたお客さん)
おでこが隠れる前髪と逆ナイロールの相性はバツグンですね。


BOZ/フランス  モデル/GLOSSY  マテリアル/ステンレス
カラー/パープル×オレンジ、レッド×ライトグレー

spec espace

spec espace(スペックエスパス)日本のアイウェアブランド
コンセプトは「空間への憧れ。解放、無限への誘い。」
「空間的なフォルム」「モード」を「町工場」「職人」「伝統」という背反しそうなチカラと融合したブランドです。



日本の眼鏡製造技術を最大限に生かし、世界でも通用するカタチを世に送り出すプロ集団そんな印象があります。

先日、福井県鯖江市からわざわざ松本まできてくれた(主に)製造担当の毛利さん

モノ作りのプロが語るチタン加工のこだわり、セルロイドを仕上げる職人の話、世界最大のアセテート生地会社で勤めていた経験から教えてくれた眼鏡の特性、現状。とても勉強させられました。

私はMADE IN JAPANの刻印のあるフレームには絶対的な安心感が必要だと思っています。それをカタチにしてくれるスペックエスパスを宜しくお願いします。


このブログを書いているときご来店してくれたエスパス第一号のお客様^^

一枚のシートメタルで作られた モデル/ES-6063 お買い上げいただきました。Kさんありがとうございました。格好良く仕上げておきますので、仕上がりまでしばしお待ちください。

長文


すみませんが、今回長文です。

数年前、眼鏡学校を卒業してそのままチェーン店で現場修行をしていた頃の私にとって眼鏡はあくまでも視力補正用具であり、身に付けたいと思えるものではありませんでした。
むしろコンタクトレンズを愛用していたくらいです。眼鏡屋で働いているのだからスタッフが眼鏡を掛けていないのも考えものだと思い、とあるハウスブランドの眼鏡を購入して仕事の時のみ使用していました。
不思議とお客さん達から私の掛けている眼鏡を褒めていただけるようになり、接客において有効なツール。その程度の感覚で眼鏡をかけていました。

もちろん、仕事としての眼鏡には自分の持てる最大の努力をつぎ込みましたし、素晴らしい先輩たちに恵まれ検査、加工、フィッティングそして接客をほんと丁寧に学ばせていただきました。感謝という言葉しか出てきません。

しかし、技術は学ぶことができても私には決定的に足りないものがあることに3年前のIOFT(毎年秋東京ビッグサイトで行われる眼鏡の大展示会)で気付かされました。それは眼鏡が好き、身に付けたいという気持ち!
この会場で影郎氏に出会いその後の眼鏡人生が大きく変わっていくのですが、そのことは以前ブログで書いたので省略します。

その頃、天下堂の改装の話が動き始めていて眼鏡が好きになってしまった私はなんとしてでも自分の好きな眼鏡をこのタイミングで扱いたいと熱望するようになります。
しかし、ここでも足りないものに気付かされます。それは、ブランド知識と眼鏡フレーム自体の作りの良し悪しでした。

私が当時配属された店はチェーン店の中ではハウスブランドの数が多い方でしたが、国内外に存在する華やかなアイウェア達とはほぼ無縁でしたし、商品を専門に扱う部署から配布させるモノを売っていたのが現状で、ブランド背景や作りの善し悪しはよくわからず加工をする立場から、国内ブランドは作りが良いとか海外のものは良くないとかそんなことを思っていました。

そんな中、友人に名古屋大須に面白い眼鏡屋があるから一緒に行かないか?と誘われ訪れたのが「3×3=∞」さん。ここで1年くらいお世話になるのですが、アイウェアブランドのこと、眼鏡の聖地福井県鯖江市のことなど様々な事を学ばせてもらえました。
特にチェーン店での接客がまったく通じず、苦悩したことが忘れられません。眼鏡好きな人達が訪れ、眼鏡を身につけることに喜びを感じるきっかけをくれる空間。その違いは多きかったです。

さて、話はブランドに戻って。まず最初にお取り扱いをOKしてくれたのが「KAMURO」
眼鏡の業界ではその店に「どんなブランドがあるか」が重要になることがよくあります。特にヨーロッパブランドは名前の影響力が非常に強く、「○○さんの取り扱いがあるなら、ぜひウチも宜しくお願いします」とか、何もない場合そのまま断られるとこもしばしば・・この辛さは痛いほど味わいました。

なので、数年前の天下堂のような何のブランドも無い状態では最初の一歩が肝心で下手したら一歩すら踏み出せないこともあり得ます。
KAMUROさんのご厚意と3×3=∞オーナー横井氏の人脈の厚さに感謝しきれません。

続いて「J.F.REY BOZ」が加わり、「orgreen」「影郎デザインワークス」「歩(AYUMI)」とのお取引ができるようになり昨年の3月私は天下堂に戻ってきました。これらのブランドは全て横井氏のご厚意のおかげです。本当に感謝いたします。

「ブランドの食いつまみだけはするなよ」いつもそう言われました。アイウェアのブランドは商圏を大事にする風習があり、大都市なら人口に対して取り扱い店舗の数を決めたり、地方都市なら1店舗のみとか縛りがあります。これにより、ブランドイメージを下げる無益な価格の勝負を無くし、取り扱いのある小売店を守ってくれます。
逆に小売店は責任を持ってブランドを販売し、エンドユーザーにその良さを伝えていく役目を担うのですが、これによりどれだけ欲しくても小売店が手に入れられない状態にもなりえます。

つまり、一つの店でAというブランドの取り扱いがあるということは近隣の他の店でAは取り扱いができないことになり販売が滞るとブランド側は利益が出ず、小売は他の店のチャンスを潰すだけの悪循環になりかねないのです。

「ANNE ET VALENTIN」「Distraction」「FLEYE by AKITTO」「grotesque」「RIDOL」「spec espace」がその後お取り扱いできるようになりました。全てのブランドに言えることがそれぞれにこだわりがあり、本当に良いモノを世に送り出すという心意気だとおもいます。

これだけのブランドを取り扱えるということは数年まえの天下堂では想像もできないことでした。食いつまみはぜず、これからも製造、販売、ユーザーすべてがワクワクできる楽しめるそんな空間を作り続けたいと思います。

新規導入


昨日、夕焼けがキレイだったので撮影してみました。空の写真は難しいですね^^;

新規導入ブランドのご紹介です

spec espace (スペックエスパス)/JAPAN

6月24日木曜日から展開させていただきます。
詳細はブログにて紹介させていただきますのでお楽しみに!

CAmpus Bridge


信州大学で配布されている学生自作のフリーペーパーをご存知ですか?
その中の企画で、学生をモデルにして髪型、服装、メイクなどを松本地域のお店が協力し、ビフォーアフターを行うというのがあります。


今回は男性モデルということで、
服装を ANOTHER LOUNGE さん
髪型を JESSICA さん
そして、eyewearを当店で担当させていただきました。
(写真はビフォー、まだ服も髪も手をつけていません)


今回は最初にANOTHER LOUNGEの矢口さんに服装をコーディネートしてもらい、その服装とモデルの骨格からeyewearを私が選びました。
美容室JESSICAの宮坂さんが最後に髪型をつくるのですが、大体の仕上がりイメージは以前打ち合わせをしていたので、問題ないと思います。


モデルのアフターの姿はまた後日のお楽しみです^^
信州大学のHPは こちら

今回の内容が地元のケーブルテレビ「テレビ松本」で放送されるそうです。
また詳細が分かったらお知らせさせていただきます。

夏に掛けたいグロブチ眼鏡

真っ黒いクロブチ眼鏡も良いですが、夏を前にしてちょっと涼しげなクリア生地を
使ったフレームのご紹介です。



ブラックとクリアの合わせ生地です。レンズの厚みにコンプレックスをもっていた
デザイナーダニエルの厚みを隠す細工もしてあります。
これからの季節に黒縁眼鏡ならぬグロブチ眼鏡はいかがでしょうか。

grotesque/ドイツ  モデル/FOSTER  マテリアル/アセテート

グレー×クリアパープルもございます。

今日は夏至の日


昨日は父の日でしたね。みなさんは何かプレゼントしましたか?

我が森家からのプレゼントは実父に靴下とキムチ(大好物なんです・・接客業なのに・・)愛知県にいる義父には信州野菜の詰め合わせを送りました。
野菜は「フロンティアファーマーズ」さんにお願いしました。好評で良かったです^^


さて、本日は夏至の日一年で一番長く太陽が昇っている日

先日当店で行ったキャンドルナイトイベントでlifartキャンドルを購入してくださった方はもちろん、そうでない方も日が沈んだ頃に蝋燭に火をともして、電気を消して大切な人とゆっくりとした時間を過ごされてはいかがでしょうか?


「キャンドルがないよ」って方はlifartの西牧さんが本日、松本パルコ屋上でイベントをされているので良かったら足を運んでみてください。


もう一つイベント告知です
先日のキャンドルナイトウィズマリンバでステキな演奏をしてくださった広沢園子さんが来月、穂高でコンサートを行います

日時:2010年7月25日(日)14:00開演(13:30会場)
場所:穂高交流学習センター「みらい」
料金(全自由席):一般2000円(前売り)2500円(当日)中学生以下1000円

チケットお問い合わせ/竹田さん  0263-73-0753

宜しくお願いいたします。

Candle Night with Marimba.


昨晩はキャンドルナイトイベントにたくさんのご来場いただきまして、本当にありがとうございました!










ライブ終了直前、日が沈み暗くなってからキャンドルの明かりのみでマリンバソロ演奏をされたときの雰囲気の良さは鳥肌ものでした!
これからも楽しめる空間作りをがんばっていきます。

ご来場してくれた皆さん(なんと!東京から来てくれた方もいらっしゃいます)スタッフの皆さん本当にありがとうございました!

美の壺


昨晩放送されたNHK番組「美の壺」の内容はズバリ「眼鏡」
一眼鏡士として、とても興味深く拝見しました。

どんな自分になりたいか?を表現するアイテムとしての眼鏡
視力補正用具としての眼鏡
そして、時代を映す眼鏡。。。


特集されていたウェリントン型と呼ばれる眼鏡のデザイン
(写真:歩(AYUMI)/鯖江  モデル/011  マテリアル/セルロイド)

マコト眼鏡さんの職人が「手」仕事で磨き

削っていた

セルロイドフレーム

(写真:歩(AYUMI)/鯖江  モデル/036 マテリアル/セルロイド)

眼鏡を雑貨としてではなく、人の手によって作られた作品として(職人さん達はあえて商品と呼ぶことが多いですが・・)自分を時代を表現するモノとして

本来、視力補正用具にすぎなかった「眼鏡」が私達の生活の中にもっといろんな溶け込みかたをして行けたらなーっと思いました。

いよいよ今夜は!


いよいよ今夜はサッカーワールドカップの日本対オランダ戦!
ではなくて(寒)キャンドルナイトライブでございます。

おかげさまでチケットの売れ行きも好調で、当店でも熱い夜が過ごせそうです!
キャンドルの炎とマリンバの音が生み出す世界を一緒に楽しみましょう。


さて、本日の予定ですが

午後5:00まで通常営業
一旦、店を閉めてライブとキャンドルの準備を行います

午後6:30開場
ドリンクタイム

午後7:00ライブスタート

午後8:00ライブ終了(予定)
ライブ終了後、キャンドルブランド「lifart」の販売を行います
キャンドルアーティスト西牧さんご本人が販売しますよ!

RIDOL新作


純国産ブランドであり、チタンフレームの作り込みにおいて徹底したこだわりの
「RIDOL」(リドル)の新作 R-100 のご紹介です


削ぎ落とされたシブさがあります


RIDOL/JAPAN  モデル/R-100  マテリアル/チタン  
カラー/シルバー、レッド、ブラウン

19日ってFIFAワールドカップなんですね!


今週の月曜日、火曜日とご迷惑をおかけました。

現在妊娠中の嫁が急遽入院したり、予定していた引越しが重なったり、ものすごくバタバタした3日間でしたが、無事退院してとりあえず引越しも終了できました。

本日から通常業務に戻ります。

いよいよあと2日でキャンドルナイトライブとなりますが、ライブ当日の19日ってワールドカップ「日本対オランダ」戦の日なんですね!
試合は午後8時半からなので、松本近郊にお住まいの方達なら試合開始までに間に合うのではないかと思います^^;
ライブ終了予定時間は午後8時です。


写真はチケットご購入のお客様。(ご紹介遅れてすみませんでした)

まだ少しだけチケットありますのでご連絡お待ちしております。
天下堂TEL:0263-33-0863

明日、明後日のご連絡


すみません!急用が発生しまして、明日の午後から明後日の火曜日まで私、店頭におりません。なのでパーソナルカラー診断はお休みとさせていただきます。

店は通常どおり営業しております。
ご迷惑おかけしますが宜しくお願いいたします。

毛糸と眼鏡


お客様のMさんが眼鏡の端材を使ってご自身で作ったイヤリングを見せにきてくれました。Mさんは松本市の毛糸屋「amuu」さんで働いていらっしゃいます。


この端材に毛糸を編んで作ったイヤリング

ステキです^^まさに眼鏡と毛糸のコレボレーション(笑)
まだ試作段階のようですが、眼鏡の生地はホントたくさんのカラーがありますし、毛糸は色も編み方もいろいろあります。面白いモノが生まれるかもしれませんの今後が楽しみです!
Mさんありがとうございましたー。



先日、とあるお客さんからのご依頼で
「BOZのKEZAKOという作品のカタチがものすごく気に入って、ずっと眺めたいのですが今は買えないので写真をブログに載せてほしい」と言われていましたので掲載させていただきます。

眼鏡は掛けてなんぼのものだと思っていますが、一つの作品として気に入ってもらえるというのも嬉しいものですね^^

lifart取材


いよいよ迫ってきたキャンドルナイトライブですが、キャンドルをお願いする
lifart」の西牧さんが昨日、当店でタウン情報の取材をうけました。

キャンドルアーティストとしてデビューするきっかけの話や、キャンドルにたいする想いなどお話していました。
近日、タウン情報紙面で詳しく紹介されると思います。


チケットまだありますので、ご連絡お待ちしております。

度付偏光サングラス

ドイツの奇才ダニエルが世界に発信するブランドgrotesque(グロテスク)


新作のモデル/Tamao に偏光レンズPolawingSPXを度付で注文してくださった
Sさんが受け取りに来てくれました^^

クリア生地のフレームと濃いめのレンズカラーはやはり相性バツグンです!
これで朝の運転が楽になると思いますよ。ありがとうございました。


そしてもう一人

J.F.REY モデル/JF2309 を同じく偏光レンズPolawingSPXでご注文いただいたお客さまが受け取りに来てくれました。
フレーム内側のブルーに合わせてレンズにブルーミラーコートをかけました^^
ありがとうございます。めちゃめちゃ格好良いです!

歩(AYUMI)ユーザー様へ


福井県鯖江市で頑固なまでにセルロイドにこだわり、手仕事で仕上げる
純国産ブランド「歩(AYUMI)」をご使用の皆さんにご連絡です。

6月18日(金)夜10:00~10:30 NHK教育テレビ「美の壷」に
「歩」が ”眼鏡の美” として紹介されるそうです!

歩ユーザーの方もそうでない方も必見の内容だと思います^^

Nice!


子供用眼鏡って作りの良さが第一条件だと思います。
でも、おしゃれなフレームってなかなか無いですよね。

KAMUROのキッズシリーズは作りもデザインも兼ねそろえた作品だと思います。
モデル/petite ville を決めてくれたTくんありがとう!
完成を待っていてくれたみたいで嬉しかったよ^^


眼鏡業界で働いていて、ずっと思っていた子供達が眼鏡嫌いになることを何とかできないのか?という問題。
今、ちょっとづつですが眼鏡を掛けたいと思ってもらえることが増えてきて嬉しく思います。

wish


クセの強いお酒は最初敬遠しがちなもの、でも飲めるようになるとむしろそのクセが良く感じ、飲みやすいカクテルとかが物足りなくなることもあると思います。

FLEYE by AKITTO の モデル/zee はクセの強い作品

通称フォックス型と呼ばれるキツネの目のようにつり上がったレンズシェイプ

個人的な第一印象は、フォックスというよりスネークでした(笑)

テンプルの装飾が印象的な FLEYE by AKITTO 作品のなかで唯一フロントのみの勝負をした作品「zee」
こんなフロントラインのeyewearをサラッと掛けこなす日本人女性が増えてほしーなと思います。

画集


天野喜考の画集ゲットしました^^

TVゲーム「ファイナルファンタジー」や小説「アルスラーン戦記」が好きだったので、彼の作風は20年以上前からのファンです。
中高生のときだったか、松本で個展を開かれたとき観に行ってその時もらったポスターは今でも実家に飾ってあります。

独特の色使いやタッチは観てると引き込まれるし、癒されます。

影郎奥様登場


突然のご来店がありました。なんとデザイナー影郎氏の奥様!
展示会のときなどお会いしたことがありましたが、天下堂に来てくださったのは初めて。影郎さんからは聞けない(笑)いろんなお話をさせていただいて、楽しかったです!

お土産に大垣名物や夫婦茶碗ならぬ夫婦箸いただきました。

ありがとうございました^^
なんとこの後、奥様と入れ違いでご来店してくれたお客さんが

影郎デザインワークス モデル/FRUSTRATION お買い上げしてくれましたー
これも奥様効果でしょうか?(笑)
伊那市から来てくださったOさんありがとうございました。キレイに仕上げます!

レンズの厚み気になりますか

眼鏡レンズの度数が強いとレンズは厚くなります。
レンズの厚みに嫌な思い出のある方もいます。


今回の依頼は「レンズの厚みが極力でないように、なおかつ近視用レンズ特有の掛けたとき目が小さくなるのを目立たないようにしたい」という内容

度数は
PD(右黒目と左黒目の距離)64mm
R:S-8.00C-0.25AX180
L:S-8.75C-0.50AX5

仕上がり


レンズカーブ、フレームカーブ、完成時のフィッティング、全て考慮して加工してます。

残念ながらお顔の写真はNGでしたが^^;眼鏡だけならOKいただきました^^
お渡し時とっても喜んでいただけて嬉しかったです。
Sさんいつもありがとうございます!また遊びに来てくださいねー。


ANNE ET VALENTIN (アンバレンタイン)ユーザーのお客さんや次回購入を考えてくれている方々とお話してて最近気がついたのですが、アンバレをより格好良く掛けるファッションの一つに黒、白を多く使ったモノトーン系があると思います。

白黒ベースに靴や小物で色を入れて目元をアンバレで決めるとなんだか雰囲気出ますよ^^
私も最近、週に1日はこんなファッションで店頭にいます。

eyewear×CARS

影郎デザインワークスの限定カラーとして抽選販売されたPOISON Ⅳ blood


こちらに偏光率99%を実現したレンズPolawing SPX パールグレーを度付でご注文してくれたFさんがお友達を連れて受け取りに来てくれました。


bloodの赤が引き立ってすっごい良い感じです。Polawing SPXの見え方も気に入っていただけました(^^)v

Fさん達はみんな車好きということで、国家自動車整備士免許所有し、過去にメカニックの経験のある私のテンションが上がらないわけも無く(笑)
駐車場でみなさんの車の撮影させてもらっちゃいました

RX-8

エボⅦ

B4



みなさんありがとうごさいました!またお気軽に遊びに来てください。
お待ちしてまーす。

クラスチェンジ

店のブログを書くにあたって、読んでくれる方々により楽しんでいただくため、まともな写真を載せたいという想いから私が一方的に(笑)カメラの師匠だと敬愛している 矢口さん に紹介してもらった「Canon G10」


もともとカメラに全く縁の無かった私も気がついたら6000枚近くの写真を撮ってきました。数ヶ月前から師匠(笑)に「そろそろ次のステージに行きませんか?」とお誘いを受けていまして、悩みましたがいままでのカメラでは物足りなさを感じていたこともあり、遂に一眼の世界に足を踏み入れる決断をしました。
(大げさですね^^;)

そして購入したのが「Canon EOS kiss」一眼の中では入門機らしいのですが、車でも何でも身の丈にあったものよりちょっとだけ背伸びくらいが良いと思ってますので、大満足です。

が、しかし!いままでのG10はオート機能に優れていたので何となく撮影してもそれなりの写真が撮れたと思いますが、EOSはまだまだ思い通りに撮れません。。
修行しなければ!


G10で撮影

EOSで撮影

写真:J.F.REY/フランス  モデル/JF2346

アンチ流行


ヨーロッパのアイウェアの流れはまさに大きなレンズサイズ
今年の春コレクションもだいたいそんな感じ

あえてその流れに逆らってレンズ上下幅22mmという、脅威の狭さの新作を発表したドイツブランドgrotesque(グロテスク)の心意気に惚れました。

レンズ上下幅を狭くすることによってシャープさが増し、プラスチックフレーム独自のぼってり感と相まって不思議な格好良さがあります。


grotesque(グロテスク)は名前のインパクトが強いので奇抜なデザインに思われがちですが、基本がしっかりしているのでぶっ飛んだことをしても本当に上手く仕上げます。


grotesque/ドイツ  モデル/DYLAN  マテリアル/アセテート

チケット完成しました


キャンドルナイトライブのチケット完成しました。
本日から当店にて販売を開始いたします。


詳細)

日時 6月19日(土曜日) 18:30~ドリンクタイム
                 19:00~ライブスタート
                 20:00頃(ライブ終了後)lifartキャンドル販売


ライブ演奏者 マリンバ:広沢園子 ピアノ:金井千歳
キャンドルアーティスト:西牧隆行(当日はご本人にキャンドル販売していただき                     ます)

チケット価格 ¥1000-


松本市在住のキャンドルアーティスト西牧さんの演出する世界観の中で、マリンバとピアノの演奏を楽しんでいただきたいと思います。

なお、ライブ当日の営業は17:00まで通常どおりです。
宜しくお願いいたします。

チケットご購入第一号のお客さん^^

ありがとうございました。

つぶら


先日、影郎デザインワークスのFRUSTRATIONをお買い上げしてくれたMさんが
娘のゆなちゃんを連れて眼鏡受け取りに来てくれました。

Mさんは16年前からのお客様。眼鏡という媒体を通して人の人生と繋がっていけるのは喜びです。これからもよろしくお願いしたします。
ありがとうございましたーまた遊びに来てくださいね^^

TRICK


TRICK劇場版観てきました。ネタバレになってはいけないので内容は伏せます。

それにしても、俳優の佐藤 健の演技に最近注目してしまいます。
龍馬伝の岡田以蔵役も良い!

eyewearブランド論


eyewearブランドとの出会いや付き合い方は恋愛や仲間との付き合い方に似ています。

作品に恋焦がれて、何としてでも手に入れたいブランドや旅先で偶然(必然?)出会い、そのまま意気投合するブランド、何となく良いな・・って思っていたら思いがけない魅力をある日気付かせてくれるブランド。本当に様々です。

混沌としている(らしい)眼鏡業界で各ブランドが自立しながらも、ショップのという舟で力を合わせ航海をしていくことに面白さを感じます。みんな本気だから良い旅ができる。油断すると振り落とされるし沈む・・だから真剣に前に進める。


無茶はせず時に無理して、でもマイペースでブランドたちと付き合って行きたいと思います。

FLEYE 川上さん

スタッフブログを読んで来てくれたお客さんと一緒に。。。


FLEYE by AKITTO  モデル/zee
笑いが絶えない楽しい時間でした^^ご来店ありがとうございましたー

最近では「会いに行けるアイドル」が人気ですが「会いに行けるデザイナー」も
いいんじゃないかと思います(笑) 仕事の話もばっちりさせていただきました。

川上さんに会うと将来、子供達のなりたい職業ランキングに眼鏡関係の仕事が
ランクインする日も本当に来るんじゃないかと思えます。

アクセスありがとうございます!


ほぼ毎日書かせていただいている私のブログですが、おかげさまで5月分の
アクセス数が20341となりました。4月のほぼ倍の数字です!

これからも宜しくお願いします。そしてありがとうございます。