Harvest. | Home | ioft随想

ioft2010

10月19、20日と国内最大の眼鏡展示会「iOFT」に参加させていただきました。
パリで開かれる世界最大の展示会「silmo」が眼鏡のお祭りとすれば、「iOFT」は業者向けの大仕入れ会場。
そして、同業者同士の情報交換の場であり、日本の眼鏡事情を知る場であり、今自分がいる場所を確かめる所。

では、今回のご報告。

まずは、もし自分が店をやっていなかったら働きたいブランドNO.1の「KAMURO(カムロ)」
いろんな個性が集まって、新たな試みにもチャレンジした新作たちがありました。
しっかり注文しましたので、到着お楽しみに!
(写真:チーフデザイナーのカーリーさんこと小野寺氏)

現在のアイウェア界でトップを走り続けるブランド「J.F.REY BOZ(ジェイエフレイ ボズ)」
今回の新作はJ.F.REYが特に良かったです。いつものように到着は未定ですが、間違いなく届きますのでお楽しみに!
(写真:デザイナーであり社長のジャン・フランソワ・レイ氏ご本人)

眼鏡の価値観を変えてくれたブランド「影郎デザインワークス」
多くを語らずとも「良い」ブランドだと思います。影郎さんへ「釣り行くの楽しみにしてます」
(写真1:影郎氏 写真2:スタッフさいうさん)

This is handmade.「歩(AYUMI)」
社長さんと奥様は私にとって眼鏡業界のお父さんとお母さん的存在。
来月、当店にてイベント行います!詳細は後日連絡させていただきます。
(写真:ハウスブランド「歩」を手がけるマコト眼鏡社長さん)

ヨーロッパの雰囲気満載のモードスタイルブランド「ANNE ET VALENTIN(アンバレンタイン)」
今回の新作も凄かったです!仕入れ本数の制限の中で選ぶのが大変でした・・
「モード」とというキーワードをこれからもっと意識していこうと思います。
(写真:うっかり撮り忘れたので本日店内にて撮影。すみませんでした・・)

眼鏡とアクセサリーの境界線に挑む「FLEYE by AKITTO(フライバイアキット)」
デザイナー川上氏の挑戦する気持ちがさらに表れた今回の新作たち。やっぱあなたは天才です。
点滴してまで臨んだ今回のIOFT。お疲れ様でした。作品到着を楽しみにしてます。
(写真:左から 川上氏 アネットさん ともこはん)

昨年のSILMOにて衝撃的な(?)出会いをしたドイツのブランド「grotesque(グロテスク)」
真剣に遊ぶ気持ち、忘れちゃいけないですよね!
退屈を吹き飛ばすグロテスクらしい今回の新作。ドキドキしながらオーダーしました(笑)
(写真:デザイナーダニエルと家族のように付き合う木下じゅくちょ。新婚さんです^^)

3人のバランスは素晴らしすぎる。今年、ヨーロッパでも好評だった純鯖江ブランド「spec espace(スペックエスパス)」
新作を何種類かフルカラーでオーダーしてしまいました。進化する技術とデザイン。すごいっス!
(写真:左から サイトウさん ホマレさん モウリさん)

おまけ
いつも仲良くしてくださっているグラシアスさんがドイツのブランド「ICベルリン」でデザイナーデビューしました。
アシンメトリーの4作品。当店はICベルリンとは取り引きが無いのですが特別に見せていただけました。
とっても良い感じでしたよー!ありがとうございました!
(写真:ICベルリンスタッフの皆さんとグラシアスさんと奥様)

非常にいろんなことがあり、非常に収穫の大きかった今回のIOFT。皆さんありがとうございました。
裏話はまた後日このブログにて!

コメント

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

トラックバック