無題


本日もブログお休みさせていただきます。
沢山のご来店、まことに感謝いたします。

無題


本日、ブログお休みさせていただきます。
いつもアクセス有難うございます。

続々入荷しております


昨日は定休日でしたが、午前は店で眼鏡の加工をしておりました。
とても有難いことに猫の手も借りたいくらいの状態が続いております。

なので、新着アイウェアのご紹介が滞ってしまっております。

KAMURO J.F.REY BOZ 歩(AYUMI) ANNE ET VALENTIN FLEYE by AKITTO  
RIDOL/Zparts spec espace FACTORY900


上記のアイウェア達が入荷しています。
今後ブログに載せていく予定ですが、良かったら実際に見に来て頂ければと思っております。
投げやりな内容ですみません。

今から本日届いたレンズの加工作業を始めます!
眼鏡をご注文いただいている皆様、キレイにお作りさせて頂きますのでもう少しお待ち下さいませ。

(写真:昨日の夕方、松本市の四柱神社にて撮影)

ウェディング用眼鏡


先日とある場所でウェディング関連の雑誌を作られている方との出会いがありました。
その時、眼鏡の話題になったので「ウチには花嫁に結婚式で掛けていただける眼鏡があります!」
と言い切ったのですが、その時イメージしたのが写真の作品
影郎デザインワークス/JAPAN モデル/PANDORA カラー/シルバー(通称ウェディングカラー)です。

デザイナー影郎氏の意図を私なりの解釈で述べると

花嫁が結婚式で身に着ける衣装は日常とはかけ離れた華やかなもの。
そんな衣装に普段の地味な眼鏡を合わせると、せっかくの晴れ舞台を台無しにしてしまいます。

衣装に負けないとは言わないまでも、衣装の邪魔をしないヴェールのような眼鏡。
しかも、結婚式当日しか掛けれらないものではなく普段も使える眼鏡であること。

そんな難しいテーマが込められた作品なのです。眼鏡がもたらす印象の変化の奥深さを感じます。

お詫び


体調を崩してしまいまして、今朝病院へ行ってきたのでちょっと遅めの出勤をしてしまいました。
どうやら風邪のようです。夏風邪は厄介ですね。皆さんも体調管理にお気をつけ下さい。

本日開店してすぐにご来店いただいたお客様。
十分な対応ができなくて申し訳ございませんでした。

いつの日か


フリーペーパー「長野美少女図鑑 vol.6」設置させていただきました。
沢山ございますので、お気軽にお尋ね下さい。

松本市の美容室「sLeep」さんも Hair & Make で参加されています。

私もいつの日か Eyewear で参加できたら良いな~って思っています。
美少女図鑑製作者の皆様、よろしくお願いいたします。(笑)

メイクレッスン無事終了しました。


「眼鏡をもっと素敵に掛けて頂くメイクレッスン」に沢山のご来店いただきましてまことに有難うございました。
開始直後から終了まで途切れることなく大勢の皆さんに眼鏡とメイクを楽しんでいただきました。

なので、言い訳ですがほとんど写真が撮れませんでした。
奇跡的にビフォーアフターの撮影ができたお客さんにブログ登場のご了承をいただきましたので
ご紹介させていただきます。

ビフォー                                アフター
(アイウェアデータ:影郎デザインワークス/JAPAN  モデル/POISON)

百聞は一見に如かず。
多くを語るよりもこのビフォーアフターの写真が全てを伝えてくれると思ってしまうのは私だけでしょうか。


メイク講師の宮坂さん、今日は有難うございました。
女性の喜ぶ顔ってホント素敵ですね!

2012.6.23. 眼鏡とメイク


明日の6月23日は「眼鏡をもっと素敵に掛けて頂くメイクレッスン」を開催させていただきます。

時間:11:00~17:00
場所:天下堂店内
費用:¥500-

いつもの眼鏡といつものメイクでお気軽に遊びに来ていただければと思っております。
特に眉毛と眼鏡のフロントラインの相性は私も非常に興味があります。

連休明け


連休明けの本日、ご注文いただいた眼鏡のレンズが大量に到着。春の展示会でオーダーした新作が大量入荷。加工作業、検品作業でてんやわんやになりそうでございます。
こんなときには素数を数えて落ち着けたらいいのですが(笑)数学は苦手なので断念。

目の前の仕事を一つ一つ丁寧に行うしかありませんねと自分に言い聞かせて、まずは既に完売してしまいそうなフレームが出てきていますので、そちらのご紹介をさせていただきます。

BOZ/フランス  モデル/PUDDING  マテリアル/アセテート+ステンレス

てんやわんやとは言いましても、ご来店いただいたお客さんへの接客は最優先になりますので
いつも通りお立ち寄りいただければ幸いです。

ご連絡


明日の19日は第3火曜日の定休日、明後日の20日は水曜定休日となります。
21日木曜日からは通常営業 10:00~19:00 です。宜しくお願いいたします。

23日(土曜日)は「眼鏡をもっと素敵に掛けて頂くメイクレッスン」を開催させていただきます。

BOZのアセテート

これからの季節に嬉しいカラフルなアイウェア入荷しました。

プラスチックフレーム特有の存在感もクリアカラーならライトな印象になります。

フロントもキュートなラインです。

フランス国内での眼鏡生地生産はかなり減ったみたいですが

「J.F.REY BOZ」ではメイドインフランスにこだわってオリジナル生地を作っているそうです。

BOZ/フランス  モデル/Sophie  マテリアル/アセテート

父の日


子がいるから父でいられる。そんな当たり前の事に気がついた父の日でした。
(写真:先月参加させていただいた結婚式で鏡越しに撮ったもの。ブレブレですみません。)

赤パンツと青めがね


少し前のことですが、念願の(?)赤パン買いました。しかも2400円くらいで。
でも、服と眼鏡の組み合わせに困りました。

トリコロールカラーというエッセンスを加えてみました。
青い眼鏡の秘めたるポテンシャルを発見したような気がしました。

           ANNE ET VALENTIN/フランス  モデル/FAME

           J.F.REY/フランス  モデル/JF2409

           ANNE ET VALENTIN/フランス  モデル/PULSE

           J.F.REY/フランス  モデル/JF2417


スペシャルサンクス:服フェチのMさん。

最近関心あること


今回のブログは眼鏡とは一切関係の無い内容となっていますのでご了承下さいませ。


どうでもいいことかもしれませんが最近とても「骨」に興味があります。
何言ってんだ!?って思われるかもしれませんが、事の発端はスポーツ力学に精通した方との会話で、姿勢が悪いと肩が凝りやすいとか疲れやすいとかそんな内容でした。「骨盤を起こすように立って顎を少し引いた姿勢で歩いたりすると良いですよ」と教えてもらい、試してみたらホントに疲れにくくなったのが切欠です。

普段は皮膚や筋肉や脂肪などに覆われ「歯」くらいしか見えないですが、たしかに身体の中に実在する「骨」。この「骨」をもっと意識することによっていろいろ変わってくるのではないかと思ったわけです。

例えば、重たい荷物を持ち上げたら腰を痛めたなんて話はよく聞くかもしれませんが、荷物を持ち上げるときに筋肉に頼ろうとせず、むしろ筋肉なんて無くて自分の身体は骨だけで無理な体勢だとバラバラになってしまうというイメージで全身で持ち上げたら身体への負担は軽くなるのではないでしょうか。

まぁ、素人考えですけど・・・・

そんな事を最近ずっと考えていたら、骨の仕組みをもっと知りたくなってしまい、骨の模型を購入しようか検討中です。学校の理科室にあるような大きなものはいらないのですが、卓上に置けるくらいのサイズで忠実に骨の仕組みを再現した模型があればといろいろインターネットで探してみました。でもどれが良いのかよく分かりません。
もし、詳しい方がいらっしゃいましたらアドバスいただけると有難いです。

部屋に人骨の模型があったら家族からは文句を言われるかもしれませんけど(笑)

バラ色の日々


お客さんからご自身でお作りになったとても綺麗なバラをいただきました。有難うございます。
この機会にバラに因んだアイウェアをご紹介させていただきます。

         BOZ(ボズ)/フランス  モデル/NELLY  マテリアル/ステンレス
         カラー/ブラウン+グリーン、レッド+ブルー

小さいバラのモチーフがさりげなく目元を華やかにします。


10年以上前の事ですが ♪この曲♪ が好きで仕事の帰り道、車の中で繰り返し聞いていた時期がありました。
その当時はバラ色の日々に憧れていたんだと思います。

今は毎日けっこうバラ色かも(笑)。眼鏡に出会えて良かった♪

視力検査について


視力検査をしていると「こんなに詳しく調べてもらったのは初めてだ」とよく言われます。

私の視力検査方法はキクチ眼鏡専門学校で学んだ「米国式21項目検査」が基盤となっているのですが、眼鏡業界には「ドイツ式検査」を学ばれた方も多くお互いの意見交換などをさせていただいたこともあり、今では両国の優れた部分を自分なりに複合して検査させていただいております。

そして、私が視力検査において大事にしているのは「現在の見え方の相談」と「装用テスト」です。

既に眼鏡やコンタクトレンズをお使いの場合でも裸眼でも、度が必要と思っていらっしゃる場合には何らかの主訴があります。それを把握することによって必要な検査項目を選びます。時間短縮にもなりますし、眼精疲労などの改善方法が発見できることもあります。

眼に対して正確な度数が分かったとしても、それがご自身のライフスタイルに合ったものとは限りません。仮枠と呼ばれるテスト用眼鏡を実際に掛けて(必要によっては何種類も)いただいて、見え方をご納得をいただいてから製作する眼鏡の度数とレンズの種類を決めます。

視力補正用具としての安心感を満たした上で、デザインやファッションアイテムとしての眼鏡を楽しんでいただきたいと思っております。

昨日のブログについて


当ブログと天下堂ホームページの管理をお願いしている会社が昨日、更新プログラムのメンテナンスを行っていた為、ブログを書くことができませんでした。メンテナンスの時間外に更新する予定でしたが、多忙により出来ませんでした。アクセスしていただいた皆様にご心配をおかけしてしまったかもしれません。すみませんでした。

やっぱいいな~「J.F.REY BOZ」!


6月9日、ロックの日だった昨日にそれに因んだ内容のブログを書かせていただきました
なんと!一日のお買い上げ全てが「J.F.REY BOZ」のアイウェア達でした。

こんな偶然があるんですね!って思っていたら本日も届いたばかりの「J.F.REY」の新作を
常連さんに衝動買いしていただきました。

(ipadで撮影)

こんなにも格好良く掛けこなしていただいて嬉しい限りですが、自分も欲しくなってしまいます(笑)
Tさんいつも有難うございます。キレイに仕上げさせていただきますね!


追記:
現在、天下堂HPのトップ画面に使用している写真は「BOZ」の「Scandale」というアイウェアです。
到着の日は未定ですが、オーダーを出していますので届いたら当ブログにてご連絡させていただきます。
衝撃的なアイウェアです!

6月9日「ロックの日」


本日、6月9日は「ロック(ROCK」の日」だそうですね。
昨年始めたエレキギターもすっかり格好良いオブジェと化してしまった私がROCKを語るのは大変おこがましいという思いもありますが(^^;)
「反逆的なROCK精神」がコンセプトにもなってるフランスのアイウェアブランド「J.F.REY BOZ」を本日ご紹介しないわけにはいかないと思い、書かせていただきます。

J.F.REY(ジェイ・エフ・レイ)/BOZ(ボズ)はこう語ります。
私たちの商品にはターゲット層、消費者層がない。お店のレジの人かもしれないし、弁護士かもしれない。
ただ、メディアに流されない柔軟な考えを持つ人たちへ向けたものです。


「○○とはこうあるべきだ」そんな既成概念に囚われない、自由な眼鏡フレームなのかもしれません。

そんな「J.F.REY BOZ」の新作が入荷しましたのでご紹介させていただきます。

J.F.REY/フランス  モデル/JF2482  マテリアル/ステンレス+3D樹脂

最大の特徴はテンプルに使われた3D樹脂(見る角度によって模様が動いたように見えます。)かもしれませんが、フロントデザインが斬新で格好良いです。


J.F.REY/フランス  モデル/JF2461  マテリアル/ステンレス+Ebony(黒檀)ナチュラルウッド

テンプルに本物の木(黒檀)を挟み込んだラグジュアリーなモデル。木製の眼鏡フレームは本来、取扱いが難しいのですが「木」の部分にコーティングを施してますので超音波洗浄などにも耐えられます。


BOZ/フランス  モデル/SCARA  マテリアル/ステンレス

クモの巣のようなデザインのステンレス製フレーム。単体でのインパクトは強いですが、妖艶な目元を演出します。ブラックカラーにはスタッズ、ブラウンカラーにはスワロフスキーが付きます。

カラー/ブラック

カラー/ブラウン


「J.F.REY BOZ」は見た瞬間に好き嫌いが分かれるEYEWEAR。
ブランドの人間はそれゆえに「私たちには劣等感がない」と言います。

ルノアという選択

Lunor(ルノア)/ドイツ  モデル/A6 mod.246  マテリアル/アセテート+モネル

眼鏡業界において「定番」と呼ばれる形は得てしてシンプルなデザインが多く、類似するものが数多くあるのが現状です。一見すると同じように思われてしまいそうなモノたちの中に、デザインに携わる人々が1mm以下のサイズやライン、色や素材さらに装飾や構造などに己のアイデンティティーを注ぎ込みます。

ドイツのアイウェアブランド「Lunor(ルノア)」のデザインソースはアンティーク眼鏡です。
視力補正用具として生まれた眼鏡の歴史を知り尽くしたルノアのデザインには時代や流行とは別次元での不変的で安定した美しさがあるように思います。

蝶番(テンプル折りたたみ部分)には耐食性に優れた金属「モネル」を使い
チタンやステンレスにはない独特のクラシカルな雰囲気を漂わせます。

テンプルはエンドに向かって太くなるデザイン。
装用時の重量バランスが良くなるので、見た目だけでなく掛け心地も良いです。

                    パッド(鼻当て)をアジア人向けのものに交換済です。
           マットカラーのフレームなので、パッドも特注のマット仕上げになっております。

カラー/マットブラック

カラー/マットダークハバナ


現役のアイウェアデザイナーにもルノアのデザインに影響を受けている人々がいる現実。
定番の形だからこそ、洗練された一品選ぶというのはいかがでしょうか。

ちなみに、掛けるとこんなイメージです。
相変わらずの自分撮りなので、表情が微妙なのはご勘弁下さい。。。

眼鏡をもっと素敵に掛けて頂くメイクレッスン


先日、当ブログで予告させていただきましたイベントが決定いたしましたので詳細をご連絡させていただきます。

眼鏡を使っている女性の方々に喜んでいただければ良いな~っと思いまして
「お使いの眼鏡に合うメイクレッスン」を開催させていただきます。

メイクに関して私があれこれ言うのもおこがましい事は重々承知しておりますが、以前から女性のお客さん達からのご要望も強かったのも事実で、更に素晴らしいメイクの先生ともご縁がありまして開催に至りました。

メイクレッスンと言いましても今回は眉毛やチークなどの簡単な「ワンポインアドバイス」+「実演」を行います。
ちょっと一手間で、もっと眼鏡がステキに掛けられることを体感して頂きたいと思います。


メイクレッスンの先生は
2012 ミス・ユニバース・ジャパン長野大会ビューティーキャンプ長野 講師
日本ウェルネス高等学校 松本キャンパス ビューティーコース 講師

などをされている「宮坂 真由美」さんにお願いします。


「眼鏡をもっと素敵に掛けて頂くメイクレッスン」
日時:6月23日(土曜) 11:00~17:00
場所:天下堂店内
費用:¥500-

特に予約は必要ありませんが、ご来店が重なった場合は
順番に対応させていただきますのでご了承くださいませ。

当日はいつもの眼鏡といつものメイクでお出かけください。


沢山のご来店を心よりお待ちしております。

お店のこと


最近、自転車でご来店して下さる方が増えてきました。
しばらくの間、空気入れを店に置いておきますので眼鏡のメンテナンスついでに良かったらお使い下さい。

昨日、久々に自転車に乗ったら(15分くらい?)早速、筋肉痛になりました(^^;)

エスパスSG再入荷

(カラー/ブルーグレイ+グリーン)

好評いただいております「spec espace(スペックエスパス)」のヒンジレス(折りたたみ部分にネジを使わない構造)サングラス モデル/ES-9601 再入荷いたしました。

(カラー/ブラック+アイボリー)

素材はβチタン製シートメタルなので非常に軽いです。
鼻パッドには調整可能なシリコン素材を使用していますので、自転車やランニングなどのスポーツシーンでもストレス無くお使いいただけると思います。

(カラー/ブラウン+オレンジ)

レンズも偏光レンズや度付レンズなどに交換可能です。
度付サングラスで「釣り」や「レジャー」そして「スポーツ」を楽しみたい方々にもおすすめしたい一品です。

(カラー/パープル+ブルー)

「spec espace」は純鯖江ブランドですが、数年前からヨーロッパでも販売が始まりました。
特にスイスで大好評だそうです。
日本の眼鏡製造技術とデザインとアイデアが海外で認められるのは非常に嬉しいことだと思います。

アポ無しの来訪者


いつもアポ無しで突然やって来るのは影郎さんの専売特許ですが(笑)
本日は鯖江から「歩(AYUMI)」の奥様がアポ無しで来られました。


新作と品薄になってしまったモデルを少量ですがオーダーしました。
到着は来月くらいになるそうです。届いたらご連絡させていただきますのでお楽しみに。

毎週月曜日に更新される奥様のブログ「歩のひと言」は こちら です。

6月の営業案内


今月の当店の営業のご案内をさせていただきます。

6日(水曜)    定休日
13日(水曜)   定休日
19日(第3火曜) 定休日
20日(水曜)   定休日
27日(水曜)   定休日

上記以外は通常営業 10:00~19:00 です。

よろしくお願いいたします。

簡易的なご案内ですみません


7月21日(土曜日)に当店で「手作り眼鏡教室」を開催させていただきます。
人数にまだ余裕がありますのでご興味のある方はぜひお尋ね下さいませ。

詳しくは こちら 

NEW POLAWING SPX


写真とは全く関係の無い内容ですが
レンズメーカーコンベックスの偏光レンズ「POLAWING SPX」シリーズに新しいランインナップが加わりました。

まず、レンズ屈折率1.60の素材が登場しました。
これにより今までの屈折率1.50素材と比較して割れに強く、度付の場合はレンズの厚みをより薄く仕上げることができるようになります。製作可能な度数も増えました。
さらに、8カーブレンズも製作できるようになったので、ハイカーブサングラスへの対応も容易になります。

そして、お待たせいたしました。
POLAWING SPX遠近両用レンズの色の選択肢が増えました。
今までは全14色中6色のみ製作可能でしたが、これからは全色製作ができるようになりました。

釣りでもドライブでもレジャーでも「偏光度99%」のPOLAWING SPXで快適な視界を楽しんでいただければと思います。POLAWING SPXの見え方を体験できるテストレンズを全14色ご用意しておりますので、お気軽にお尋ねくださいませ。太陽の出ている時間帯がおすすめです。