オルグリーンの描くラインは本当にカッコイイと思います。 | Home | 9月最終日

久々の長文で失礼します。


先日当店にて眼鏡をご購入して下さったお客さん(女性)のお話です。Aさんと呼ばせていただきます。

Aさんは以前から遠くは良く見えていたので度付眼鏡を必要としない生活をされていたそうなのですが、最近近くが見辛くなったということで検眼をしてみると両目ともわずかに遠視と乱視があることがわかりました。
ちなみに視力は裸眼で1.2くらいありました。

その遠視と乱視入れた眼鏡で見ると遠くは裸眼よりさらに鮮明に見えるようになり、近くも今までより楽に見えるようになりました。主訴であった近くの見え方も改善され、お選びいただいた眼鏡のデザインも満足してもらえて私も嬉しかったのですが、この話には後日談があります。

眼鏡お渡し後、Aさんはふとあることに気がつきます。「何だか目が大きくなったような気がする!(喜)」
そうなんです、遠視用の度数(業界用語で言うと凸レンズ)を装用すると外観上、目が大きくなる作用があります。
当然、度の強さによって程度は異なりますがたしかにその効果がでます。

眼が大きくなることを喜んでいただけたのがとても新鮮でした。
一般的に裸眼の視力が良いことは喜ばしいことだと思われがちですが、遠視や乱視が含まれている場合、眼が疲れやすかったり斜視になる可能性があったり一概に良いことばかりとは限りません。

眼鏡(の度数)は裸眼視力が低かったり、老眼にならないと必要ないと思われがちですが
私は常々、遠視の方々にも「楽に見える」ことをもっと知っていただけたらなぁっと思っています。
必要と感じて無い方への押し付けはしたくはありませんが・・・

なので、Aさんのように「目が大きくなる」ことを喜んでいただけてさらに「楽に見える」+「ファッションとしての眼鏡を楽しめる」が実現できるなら凄いことだと思いました。断っておきますが、Aさんの目は小さくはありません。自由が丘を歩いていると芸能プロダクションの人から声をかけられるほどの美人さんです。フォトギャラリー用の写真を撮り忘れたのが悔やまれます。


さて、遠視の度が目を大きく見せる作用があるのと反対に近視の度は目を小さく見せる作用が働きます。
それを相殺させるようなデザインのフレームについてアイウェアブランド「AKITTO」のデザイナー川上氏に相談してみました。ご本人曰く「フレームのフロント上側のラインがアーモンドのような曲線でレンズ上下幅が狭いデザインは目を大きく見せる効果が出ると思います」とのことです。

参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメント

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

トラックバック