無題 | Home | ネコ科

時間


自分の仕事って時間の対価をいただいているんじゃないかとふと思いました。

お気に入りになる眼鏡を選ぶ時間。
快適に見えるという時間。
誰かに褒められるという時間。
身に着けてテンション上がる時間。
そして、眼鏡を身に着けていることを忘れてしまう時間。

結局はただの道具に過ぎない存在かもしれませんが
眼鏡という道具を媒体として色んな良き時間が訪れることを願っています。

(写真:AKITTO/JAPAN  モデル/row  マテリアル/アセテート+チタン)

コメント

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

トラックバック