水辺のマルシェ | Home | こういう眼鏡もあります。

快適な視界を手に入れる為に③

日頃ご愛顧頂き誠にありがとうございます。
本日はスタッフ北山が掲載させていただきます。


以前、偏光レンズのお話を
当ブログにてご紹介させていただきました。
※快適な視界を手に入れる為に②※

今回も引き続き、偏光レンズのご紹介を致します。

何故、夏が終わった今なのか?
それは
長野県松本という土地は夏は短いですが
車が無いと生活できないと言っても過言では無い土地だからです。


春から秋にかけては、紫外線から眼を守る事は勿論。
直射日光の眩しさ、夕立後の日光の照り返し、運転中の対向車の
反射光を緩和し、また、これから冬にかけて雪の反射を緩和致します。

そうです。
年中サングラスを利用するシチュエーションがあるのです。

当店で喜ばれている偏光レンズ。
良さの一つに様々な色の濃さ、色の種類があり
利用のシチュエーションに対してチョイスができるという点があります。

では、実際どんな感じに見えるのか?をご紹介致します。


コチラ上の写真は濃さの違うグレーのレンズを並べました。
私のハンコで濃度を見ていただければと思います。
※ハンコをご自身の黒目に捉えていただいてもいいと思います※

下の写真は一番濃い色であるディープカラーから3色
を並べました。

コチラの6枚のレンズを利用し動画を撮影致しましたので
濃度による変化、色による色彩の変化を見ていただければと
思います。
※動画では水面反射が分かり難いため、草木での変化を見て
 いただければ思います※


いかがでしたでしょうか?
実際のレンズ選びの参考にしていただければ幸いです。
またレンズの濃さや色と相性の良いフレームや
レンズコーティングによる見え方もあるので
ご興味ある方は是非、お試しにいらしてください。

素敵なフレーム達も揃っています。


上から
・ANNE ET VALENTIN:FRANCE
モデル/FREETIME
・影郎DW:JAPAN
モデル/BASARA
・AKITTO:JAPAN
モデル/eta-sun
・spec espace:JAPAN
モデル/ES-9602

皆様が快適な視界で喜ばれる姿を思い浮かべながら
本日のブログを閉めさせていただきます。

コメント

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

トラックバック