見られ方(写真と距離)について | Home | 秋のレザーバッグフェア2013.開催

眼鏡から服


1枚目の写真は「ピエール」というフランスの眼鏡(店長私物)です。
先日、この眼鏡を身に着けて出かけた際にこの眼鏡に合う「服」の話になりました。

いつもは当店に訪れてくださる皆様の服装や髪型、そしてお使いになるシチュエーションなども考慮して
眼鏡のご提案などをさせてもらっているのですが、逆説的に眼鏡出発で服装を考えるということが
とても新鮮かつ、面白く思えました。

そんな切欠を下さったのは今年10周年を迎えた松本市のアパレルショップ「アナザーラウンジ」さん。
「おめでとう」を直接伝えたかったので先日お邪魔しがてら、この眼鏡を活かすスタイリングを
お願いしちゃいました。


まずはビフォー。


そしてアフター。


写真はおすまし顔かもしれませんが、実際はかなりテンション上がっていて調子に乗って・・・・
テイク2。
不思議なポーズをとってしまいました。

服のコンセプトは「昭和モダンなスタイリングの現代版」だそうです。
ピエールのクセのある丸眼鏡も服装次第でとても良い感じに使えるとおもいました。

ホント楽しかった!
ファッションは人を元気にしてくれます。

この度、撮影にご協力して下さった「アナザーラウンジ」の皆様、本当に有難うございました。
凄く良い経験をさせていただきました。
そして、あらためて10周年おめでとうございます!


これからも私達の発想を飛び越えた眼鏡の楽しさをお伝えできたらと思っております。

コメント

森さん、いいですねー!
思わずコメントしたくなる位!私もこちらに来て、それぞれのメガネの使用頻度が変わりました。TPOにあわせたメガネ選び、メガネ発信のスタイル。これ昔から森さんがこだわってたところだと思います。
ちなみに、オランダからパリに往復約1万円で電車で行けます。このピエールのメガネ、BOZなど、本場にいって見てみたいなー。なんて思うようになりました。
コメント有難うございます!

ほんとお久しぶりですね!!
1つの眼鏡が秘めている可能性を服でもっと引き出すことができるのが新鮮で楽しかったです。

現在の服装をより良くする眼鏡もあれば
現在もっている眼鏡をより楽しむ服装もある。
そんな風に思います。

ピエールに関してはまた後日詳しいご案内をしたいと思っておりますのでお楽しみいただければと思います。
パリでの眼鏡事情(笑)を教えていただければ嬉しいです。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

トラックバック