getting to wise | Home | ご連絡

月下


いつもいつも眼鏡に関するとても個人的な意見ばかり述べて申し訳ございません。

黒い眼鏡フレームは肌の色との相性という観点からみればとても合う方もいらしゃれば
合わない方もいらっしゃると思っております。しかし、髪の色や服の色との組み合わせによって
素敵に身に着けるようになるとも思っております。

そんな黒い眼鏡フレームの中でも「歩(AYUMI)」の黒は恐ろしくピュアな黒(変な例えかもしれませんが)
に思えます。セルロイドだからそうなるのか「歩」のこだわりゆえなのかは分かりませんが
不純物の混じっていない「黒」とはこういう色なのか、と思わず見惚れてしまいます。

モデル/032  マテリアル/セルロイド

モデル/042  マテリアル/セルロイド

モデル/C-306  マテリアル/セルロイド

モデル/L-1017  マテリアル/セルロイド

モデル/043  マテリアル/セルロイド

            モデル/011  マテリアル/セルロイド

・・・・すみません。「モデル/011」の単体写真を撮り忘れてしまいました。

コメント

いつも「歩」の丁寧な紹介を、ありがとうございます。

お褒めをいただき、とても嬉しいです。
ご指摘の通り、プラ枠で評価の基準となるのが、
クロの光り方です。
一番キズが目立ちやすく、研磨による光沢の差が
明確に出てしまうからなのです。。
でも、こうしてプロの方に認めていただくのが、
職人冥利に尽きます。
まして、綺麗な写真を撮る方に褒められるなんて。

「歩」は、限りなく松本「歩」倶楽部を応援して
参りますので、よろしくお願い申し上げます。

コメント有難うございます!

いつもご教授有難うございます。
なるほどフレーム研磨の技術の差が光沢の差になるんですね。
素材を生かすも殺すも腕しだい。さすがの職人仕事ですね。

これからも宜しくお願いいたします。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

トラックバック