お知らせ

プロフィール
塩尻市の内科・呼吸器クリニック
ふるや内科クリニック
院長 古屋 志野
カレンダー
2017 10月
 1  2  3  4  5  6  7 
 8  9  10  11  12  13  14 
 15  16  17  18  19  20  21 
 22  23  24  25  26  27  28 
 29  30  31     
9月  |  Today  |  11月
2017/03/30

院内処方のウラ事情

 お知らせのこちらの記事でもお伝えしましたが、思い切って院内処方を開始することにしました。

 そもそも現在の医療制度では、院内処方ではほぼ利益がでない仕組みになっており、院内処方に必要な人員・什器・スペースなどが確保できないままのスタートになります。

 お気づきの方もいらっしゃると思いますが、1年ほど前から当院の2軒隣に調剤薬局の建物ができています。しかし、開局の見込みがたたないようで、倉庫になるかもしれないと聞いています(当院は院外調剤薬局の経営等には一切関わっていません)。

 3年前にこの地に開業したとき、半年後には近隣にいわゆる「門前薬局」を誘致する、という話でした(医薬品卸業のコンサルタントにより)。ですので、これまで院外処方を行ってきたわけです。
 しかし、半年の目処も延期につぐ延期、ようやく薬局が見つかったと思いきや建物を建ててからの開局延期…。
 さすがにこれ以上患者様に御不便をおかけするわけにはいかないと思い、院内処方を開始する運びとなりました。

 これまで特別な検査や処置がない限りは受付から会計まで30分以内で終わることが出来るよう努力して来ました。院内処方により、会計終了までが少し長くなってしまうと思いますが、裏では院長自ら薬をピックアップして看護師と一緒に袋詰めをしていますので、どうかご容赦いただけると幸いです。

 ちなみに院内処方のほうが医療費もほとんどの場合において安くなります。

 患者様のために、という思いで今後もよりよいサービスを提供してまいる所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

2016/07/28

塩尻の美味いもの その9-パパンガさんの激辛カレーボール

 お久しぶりの院長ブログです。

 ご紹介したいおいしいものがたくさんたまっております!
 さっそく今回は、大門七番町にあります「ベーカリーパパンガ」さんのパンをご紹介!

 当然どのパンも美味しいんです!でも辛いもの好きにぜひおすすめしたいのがこちら。

 「激辛カレーボール」



 えーと、辛いものにめっぽう弱い私は食べてませんが(あれ?)、辛いもの好きなスタッフや家族には大大大好評なのです!しかも固定ファンがいらっしゃるようで、売り切れていることもあります。

 なかみ


 このカレーが辛ウマなんだそうです。
 激辛大丈夫な方はぜひ!

2015/10/01

塩尻の美味いもの その8-旬菜花さんの「おやき」

 最近2週に1回は食べている「おやき」を紹介します。

 桔梗ヶ原病院さんの隣にある「おやき工房旬菜花」さん。毎朝手作りしたおやきが、何種類も並んでいます。

 こちらはある日購入したいろんな種類のおやきです。



 紙袋がなんとも懐かしい感じでこれも大好きです。

 ついつい毎回買ってしまうスイートポテト。さつまいものやわらかーい甘みと舌触りのなめらかさが絶品なのです。

 断面図。



 あとは、定番のあんこや野沢菜、切り干し大根も美味しいですし、大葉と縦切りにしたなすが1枚どーんと入っている「大葉なす」も好きです。あと塩尻ならではの、山賊おやきですとか、「玄蕃」というとりごぼうが具のおやきもハズせません。

 生地のタイプが3種類あって、ふわふわなパン生地タイプ、おまんじゅう生地タイプ、もちもち生地タイプがあって、これも飽きにくい一因。

 通販もされているとのことですのでご参考に。

 旬菜花さんの通販サイト

2015/07/21

塩尻の美味いもの その7-あやみどり塩ソフト

 塩尻のご当地ソフトとして今年の6月から販売されているあやみどり塩ソフト。これがこの夏のマイブームになっています。



 こちらは塩尻市の中華といえば、の「りゅうたん」さんでいただいたあやみどり塩ソフトです。りゅうたんさんは塩尻の美味いものシリーズその3でも紹介させていただきました。



 うすみどりのソースが塩尻特産の緑大豆「あやみどり」で作られたソースです。これがまた絶妙な甘みと旨みなのです。
 そして塩ソムリエによって選ばれた塩がかかっているのですが、これがソフトに超絶マッチング!

 あまりの美味しさに、この夏すでに何度かリピート買いしています。



 りゅうたんさんでは独自のあやみどり塩パフェもある模様。こちらはまだ試していないので、次回食べてみたいですね。

 あやみどり塩ソフトの詳細はこちら

2015/06/05

長引く咳の原因は?秘密兵器登場!

 本日6月5日より、当院で新しい検査機器が稼働開始しました。「呼気一酸化窒素」を測定できる機械です。



 非常にコンパクトな機械で、検査もとても簡単です。



 こんな感じで2分弱で検査終了です。
 息を吐いていただくときは少しコツがいりますが、画面を見ながら調節できるので安心です。



 画面左端の雲が落ちたり浮かびすぎたりしないように一定の速さで息を吹き込んでいただくだけです。



 こんな風に自分も喘息患者の院長もやってみました。

 判定はいろいろなガイドラインや基準を合わせ、当院独自基準として以下のように暫定的に定めています。



 結果は院長手作りの結果用紙に書き込んでお渡しします。

 呼気一酸化窒素濃度は、気道の好酸球性炎症を反映するといわれており、つまりざっくり言うと「気道にアレルギーがあるかどうか」の指標の一つになります。
 近年長引く咳の患者さんに、「咳喘息」というアレルギー性の病気の方が多い、というのがわかってきました。ですので、長引く咳で受診された方の原因検索と治療に役立てていきたいと思っています。
 また、個人的見解として気管支喘息の患者さんのコントロール度合いもわかるのではないかと思っていますので、気管支喘息の治療中の方については、まずは自分でいろいろ試してから実際の診察に取り入れていこうと思います。

 アレルギーによる咳の可能性があり、アレルギーの原因物質が何なのか知りたい、という方には代表的なアレルギー原因物質33項目を一度に検査できる血液検査もできます(こちらは結果判明まで5~7日いただきます)。咳以外のアレルギー性鼻炎(花粉症)などの方もできますのでお問い合わせください。

 それから最後に、慢性咳嗽・アレルギー性咳嗽・咳喘息・気管支喘息などは、患者さんの症状や経過、場合によっては治療効果を見て総合的に診断がなされるものです。今回ご紹介した検査だけで診断がつくものではありませんので、ご注意ください。

 注)今回の記事は一般の方向けにわかりやすくするために書きましたので、専門医の先生方や医療関係者から見ると不適切な表現があると思いますが、ご容赦ください。

交通アクセス

〒399-0734
塩尻市大門四番町7-14

駐車場(15台収容)あります。

詳細はこちら
トップに戻る