松本青年会議所「委員会活動ブログ」

委員会活動ブログ

皆さん、お元気ですか。 総務の井上です。

11月12日に開催される「まつもと市民フォーラム」とは一体何か?

一言で言うと、車座スタイルの座談会です。

昨今では、あちらこちらで『カタクラ再開発』に関する学習会やシンポジウムが開かれているようで、こういう動きは市民の関心を高める意味でも大変大事なことだと思っております。

松本JCとしては、2011年『I love 松本「大規模商業施設で変わる松本」』というタイトルでシンポジウムを開催し、片倉工業創始者の企業理念に着目しながら世界というマーケットを視野にしたカフラス生物科学研究所など歴史的建築物の活用法について提言をした実績があります。
当時、地域の魅力発信委員会は、カフラスなどの歴史的価値を再認識する中で、その価値を損なうことなくどのような活用法によって更なる付加価値を生み出せるかの研究発表を行い、実に280名もの来場者がありました。

残念ながら、その後特段取り上げるような活動や発信をする機会もなく現在に至る訳ですが、現在は2011年当時よりも明らかになっている数字も出てきていますので、より具体的に地域に与えるであろう影響をシミュレーションすることが可能となり、今後のまちづくりを検討する上で参考に出来る事が多いと思います。

11月12日に開催予定の座談会は車座スタイルとなりますので、定員240名となりますけど奮ってご参加いただきたいと思います。




皆さん、お久しぶりです。 お元気でしょうか。。

総務の井上です。

さて、来月の11月12日(水)『カタクラ再開発』を題材としたまつもと市民フォーラムを開催する事は新聞メディアの記事でご覧頂いた方もいらっしゃるでしょうか。。。

今回の『カタクラ再開発』が地域経済及び社会に大きな影響を与えるであろうことは言を俟たない訳ですが、これを議論するときに、主語は誰なのか?、つまり経済学的に言う「経済主体」は一体誰なのかを明確にしながら議論をする事が大事であろうと常々考えております。

様々な影響が考えられる中、その“影響”は誰が被るのかをはっきりさせないと、一概に「地域経済に悪影響がある」とか「まちの経済の活性化に繋がる」とは言えません。

3つの経済主体とは、国民経済を構成する家計・企業・政府のことを指しますが、松本地域に当てはめれば市民・企業・行政といったところでしょうか。

今回、事業開発者側と行政は公開非公開含め何度か交渉を進めていると聞きます。

どこまで行政側の要望が開発側に受け入れられるのか皆目検討もつきませんが、行政として様々な是非を判断する為の基準とは一体どのようなものなのか? これは市民としては理解しておく必要があるのではないでしょうか。

松本市では2012年に「目指すまちの姿と開発計画に対する基本的な考え」を作成しており、松本のまちづくりの方向性を示していますので、基本的にはまちづくりや開発について検討する場合、この指針に沿っているかどうか考慮されているはずでしょう。。。

時間と興味のある方は是非覗いてみてください。

さて、開発において留意すべき注意点として挙げられているのは主に下記の三点です。

(1)地域特性を活かした松本らしい開発となっているかどうか??

(2)その開発が適正規模であるかどうか??

(3)回遊性が考慮されているかどうか??

今回の件についても、それぞれの注意点については市民の間で共感できるレベルであるのか?と同時に開発がしっかり注意点を考慮されたとものとなっているのかどうか? は大きな争点であろうと思っております。

11月12日にどれだけ深掘り出来るかわかりませんが、今回の『カタクラ再開発』について考るときの重要な論点である事は間違いないと考えます。

それでは、皆様、さいなら さいなら さいなら。。。





ECOリンピックス2­014
LOVE&GREEN!水と緑のまち松本を世界に発信しよう!
http://youtu.be/SsbmE4hGv3o



2005年度から続いている松本青年会議所ECOリンピックス事業。
松本という郷土を愛す心をはぐくみ、
自分たちのまちを自分たちの手できれいにしようという取り組みから10年。

記念すべき10周年事業は、
2014年6月21日に松本かえるまつりと同日開催で実施されました。

総勢160名以上の参加者と共に、城下町松本の河川敷清掃を行い、その清掃後の空間をステージとして見立て、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」に合わせてフラッシュモブを行うという内容です。

その様子を動画に収め、きれいなまち松本を世界に発信することに成功しました。

現在、国内を始め、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス、オーストラリア、タイ、インド、韓国など多くの国の方々に松本を見ていただいております。

ご協力いただきました、
松本市様、
松本かえるまつり実行委員会様、
小林美穂先生率いる社会貢献隊様、
蟻ヶ崎高校ダンス部様、
蟻ヶ崎高校吹奏楽部様 他、
大勢の方々に感謝申し上げます。


いよいよ来週末に迫ってきました、
一般社団法人 松本青年会議所
創立55周年記念講演会のご案内です!
皆様のお越しをお待ちしております!!





日時:平成26年9月27日(土)
   13:00~15:00(開場 12:20~)
場所:ホテルブエナビスタ3F(松本市本庄1-2-1)

入場無料(先着400名様)

講師:山崎亮 氏(コミュニティーデザイナー、株式会社Studio-L代表)


お問い合わせは
一般社団法人松本青年会議所
(松本市中央1-23-1 松本商工委会館3F)
TEL:0263-32-7646
FAX:0263-36-2024

昨日もM-Wingで委員会を開催しました。いよいよ本年度も残り4ヶ月余りという中、昨日は他の2委員会もルームや南野建設事務所で同時開催されておりました。我々2足の草鞋を履くメンバーは、どちらの委員会へ出席するべきか大変厳しい状況になってまいりました。そんな厳しい状況の中、昨日も多くのメンバーが委員会へ出席してくれました。



池田筆頭がその日担当の2委員会が委員会を行っている中、“わざわざ”日本JC連携委員会へ来てくれました。色々とお説教を頂きましたが・・・。



池田筆頭が帰って、伸び伸びと委員会を行っている図です。池田筆頭、有難うございました(^^)
9,10,11月は、大変忙しくなりますが、頑張りましょう!

日本JC連携委員会

プロフィール
一般社団法人 松本青年会議所
2014委員会活動ブログです。
よろしくお願いします。
カレンダー
2020 1月
    1  2  3  4 
 5  6  7  8  9  10  11 
 12  13  14  15  16  17  18 
 19  20  21  22  23  24  25 
 26  27  28  29  30  31  
12月  |  Today  |  2月
検索
 
コメント