アカデミースタッフブログ ACADEMY STAFF BLOG

GIFC ゲイラン通信 ⑤  

17/10/05

『憧れの国・日本』

シンガポールのサッカー関係者は一様にしてこの言葉を口にします。
「日本はアジアでナンバー1のサッカー国。俺たちにとっては憧れの国なんだ」コーチ仲間は言います。
ゲイラン・インターナショナルFCはこの夏、初めての日本遠征を実施しました。
14歳と15歳にあたるU15の選手21名とスタッフ5名が長野県サッカー協会主催「第1回信毎カップ・インターナショナルユーストーナメント」に参加するため、1週間の日程で松本市を訪れました。
滞在中はアルウィン見学、温泉、上高地観光など、初めて尽くしの体験をし、海外遠征そのものが初めてだった選手たちにとって、本当に大満足の1週間となりました。





























さて、肝心の大会はというと、8チーム中6位という結果でした。
日本人選手との決定的な差は「プレーの連続性・持続性」にありました。1度パスをすると止まってしまう、1回守備をすると止まってしまうという良くない習慣がシンガポールの選手にはあります。プレーが継続しないのです。その点、日本人選手には幼少期からパスをしたら動く、守備も何回も追うという良い習慣が自然と身についています。
これは日本人の『勤勉性』がもたらす非常に良い習慣です。「規律を持って継続的に物事を遂行する力」。これは日本人が世界に最も誇れることではないでしょうか。
その一方、自分を主張する、自分の意見をしっかり言えるメンタリティについては、シンガポールの選手の方が圧倒的に良いものを持っていました。日本の選手は、意見することが周りの雰囲気を悪くする、怒られるのではないかという、ある種の恐怖を感じています。これは大人が子どもの意見を受け入れず、正解を無理やり導こうとしているからではないでしょうか。子どもは大人に否定されるのを怖がります。子どもには子どもの意見が実はちゃんとあり、それはどれも間違ってはいないんです。子どもが自分の意見をしっかり言えるような雰囲気を大人が作ることが日本の社会には大切だと改めて感じました。

以下、遠征を終えたスタッフから届いたメッセージを紹介します。

NFA - Frankie san.. YAMAGA FC - Kanda san, Kato san, Yamazaki san, Tetsuya san, Otsuki san.. Thanks again for the wonderful hospitality shown to GIFC U15 boys and staff. No words can describe how grateful we are.. We are leaving tomorrow with a heavy heart but deep within us, we feel a sense of wonderful, meaningful and deep friendship!
Surely we will meet soon and wish the relationship between the clubs continue to prosper-- ALL in the name of football!!
All the best to Yamaga FC for the remaining matches! We will be rooting for you guys from Spore!!

長野県協会小坂さん、山雅FC 神田さん、加藤さん、山崎さん、奥田さん、大月さん、この度はゲイランFC u15の選手たち、そしてスタッフに素晴らしいおもてなしをしていただき、改めて感謝いたします。私たちがどれほど感謝しているかは言葉に表すことができません。私たちは深く心に刻まれた素晴らしい気持ちを持って、明日旅立ちます。私たちは今、素晴らしさ、有意義さ、そして深い友情を感じています。
もちろん、私たちはまたすぐにお会いしますし、クラブ間にはより深い関係が築いていけると願っています。全ては「サッカーの名の元に」
松本山雅FC の残り試合が幸運でありますように。私たちはシンガポールから皆さんを応援しています。

Geylang IFC GM Andrew ゲイランFC GM アンドリュー


Thank you very much to all Yamaga Matsumoto n Nagano FA officials, staff, host family n players to provide us this memorable experience. We had a wonderful n fruitful learning experience with your hospitality during our stay in Matsumoto. See you soon. Cheers

記憶に残る経験を提供してくださった、全ての山雅スタッフ、長野県サッカー協会、ホストファミリーの皆様、そして選手達に大変感謝しています。
我々は松本にいる期間、素晴らしく実りの多い経験をみなさんのおもてなしから学びました。またお会いしましょう。

U15 coach Dalis  U15コーチ ダリス



初めて見るサッカー専用スタジアム、初めて感じた日本文化、温泉、山脈と冷たい雪解け水、喫茶山雅でのサッカーが身近にある中での食事、初めてのホームスティ、そしてきれいに整えられたかりがね天然芝でのトレーニング...
若い選手たちにとって、全てが刺激的でかけがえのない経験でした。
さぁ、大事なのはこれからです。この経験を国に持ち帰り、いかに自分のため、クラブのため、国のために、シンガポールサッカーを変えていくのか。この遠征がその第一歩になったことは言うまでもありません。これからの彼らの頑張りが楽しみです。

松本中央幼稚園の運動会に行ってきました!

17/10/05

9月30日(土)2017年松本中央幼稚園の運動会が行われ、松本山雅FCから高橋理事長と芝田貴臣コーチが参加しました。

本年度から松本山雅FCユースアカデミーでは、昨年度まで実施していたサッカー教室に加え、この年代に必要な動きづくりを意識した運動教室を松本中央幼稚園さんで実施しています。
今日はその成果を園児の皆さんが見せてくれます!

当日の朝は少し肌寒い気温でしたが、とても良い天気で絶好の運動会日和になりました。

朝から園児や保護者の皆さんはもちろん、園長先生を始め先生方の熱気がすごく感じられました。



いよいよ始まる運動会!園児の皆さんは少し緊張気味・・・



園児の皆さんが元気良く入場!



そしてみんなで準備体操!
この体操も色々な運動の要素が入っていました。先生たちの努力の賜物!



そして年少組のかけっこ!
今年の運動会から松本山雅の運動教室のメニューを取り入れたかけっこを先生たちが考えてくださいました。

両足ジャンプ!?



次は障害物をくぐって!



そして障害物を飛び越えゴールへ向かいます。



ゴールは大好きな先生にタッチ!



年中組と年長組の皆さんも元気いっぱいかけっこ!
一生懸命ゴールを目指して走る姿は本当に格好良い!!



「Chuoh.FC」
サッカーボールを使った競技。サッカー教室での成果を披露します!
年少組のみんながボールを運んで年中さんに渡します。これがとても上手い!





年中組みの皆さんはコーンの底を使って上手くボールを運びます。結構難しい!!



年長組のみんながドリブル!



みんなが大事に繋いだボールを最後にゴールへシュート!



みんなとても力強いキックでシュート!!

「組体操」
年長組さんによる組体操。「こんなことも出来るんだ」とびっくりさせられました。園児の皆さんの努力と先生たちの情熱に感動しました。





一緒に見ていた上條先生が「この頃みんなが体を動かすことにすごく積極的に取り組んでいる」と仰っていました。我々にとってとてもうれしい一言でした。

今回初めて運動会に呼んでいただき園児の皆さんが一生懸命競技に取組む姿を拝見して、我々もすごく刺激をもらいました。

これからも園児の皆さんと一緒に楽しく体を動かして、将来スポーツを楽しむことが出来るように取り組んでいきたいと思います。

また一緒に遊びましょう!

松本山雅FCユースアカデミー 高橋耕司

「Jリーグ版よのなか科」実施報告

17/10/02

こんにちは。
スクールコーチの加藤です。

7月末から9月初旬にかけて「Jリーグ版よのなか科」全5回を実施いたしました。「Jリーグ版よのなか科」はJリーグアカデミーで実施されるプログラムで、選手たちが「世界の舞台で活躍する選手になる」という思いを強くすることを第一の目標におき、その為に
①産業や文化としての広い意味でのサッカーと自身の関わりを理解すること
②思考力のトレーニングを行うことなどを目的に実施されています。
今年は松本山雅FC U-14の選手17名を対象に加藤がファシリテーター(進行役)として実施いたしました。

第1回 「Jクラブをとりまく“お金”から仕組みを考える」
ゲストティーチャー 株式会社 松本山雅 代表取締役社長 神田文之
Jクラブの経営における収入と支出を考えるとともに、選手がクラブの社長になったつもりでクラブ経営について考えました。
その後ゲストティーチャーとして神田社長にお話を頂き、松本山雅FCのクラブ経営の現状について話していただきました。





第2回 「Jリーグが目指すものを考える」
Jリーグの理念である地域に根ざしたホームタウン制などについてグループ毎にディベートを行い、さまざまな立場で考え、理解を深めました。



第3回 「Jリーグをとりまく職業を考える」
サッカー産業をとりまく多くの「職業」について理解を深め、選手たちが多くの人たちに支えられていることについて考えてもらいました。



第4回 「職業と「意志」「役割」「能力」の関係を考える」
ゲストティーチャー
小坂克博 様 (松本観光コンベンション協会)
山﨑武 (松本山雅FCアカデミーダイレクター)
レフェリーなどサッカーに関わる職業の「意志」「役割」「能力」について考えました。
ゲストティーチャーに登場してもらい実際に行っている業務についてお話しして頂き、理解を深めました。



第5回 「自分のキャリアイメージプランを考える」
ゲストティーチャー 鐡戸裕史(松本山雅FCアンバサダー)
第5回では「意志」「役割」「能力」の視点から、選手の5年後のキャリアイメージを作成してもらい、それを全体で共有しました。
トップチームの反町監督・飯田選手・田中選手からプロを目指す選手達へビデオメッセージをもらいました。
ゲストの鐡戸アンバサダーからは直接お話を頂き、プロを目指す競技者としてのプランを明確化しました。







「Jリーグ版よのなか科」では参加選手が受け身で知識を獲得するのではなく、発表やディベートなどを通じて主体的に考えを深めていくことが重視されています。
プログラムを通じて、17名の選手たちのサッカーを取り巻く環境の理解が深まるとともに、考えるスピードや発表する力が高まったのではないかと思います。
また、プロを目指す競技者としての考え方や人間力を高めることに繋がり、今後1人でも多くの選手に松本山雅FCのトップチームに昇格してもらえたらと思います。

参加して頂いた選手の皆さん、保護者の皆様、ゲストティーチャー、その他の関係者の皆様、ありがとうございました。

ボ~ク~のスクール日記 42 ~綿半フットボールパーク ミニゲーム大会の巻~

17/09/12

みなさん、こんにちは。スクールコーチのボ~ク~ことクボです。
早速いきますね!



9月10日(日)に塩尻校のスクールが開催されている「綿半フットボールパーク」で、「綿半フットボールパーク ミニゲーム大会」を開催しスクール生の小学1~3年約100人が参加しました。







受付で参加賞を渡すと、早速ボールを蹴りにグランドへ入りました!



ボクの開会宣言があり、試合の前にウォーミングアップをしました!



笛の数でグループを作るゲームを行い、時間内にできなかったチームや指定の人数のグループができなかった人は…



山雅恒例のスタージャンプです!!!
そんな楽しいウォーミングアップが終わり、試合が始まりました。



試合は4対4のミニゲームで3分1本勝負になり、2回連続で勝つとポイントがもらえるルールで行いました!(通称 久保カップです!!)
試合は1・2年、2・3年生でコートを分けて行いました!









各コートで白熱した試合が繰り広げられていました。
試合のメンバーは負けたら解散し、自分たちで作るルールだったのでみんな声を掛け合いチームを作っていました。
普段と曜日やスクールの校が違う中でも自分たちから声を掛けたり、試合の中では名前を呼びあう姿がありました。







試合の間は応援をしたり、グループ作りをしたり、ゴムチップを集めたり…楽しそうでした!!笑



約1時間半試合を行い、閉会式を行いました。
表彰は1・2年コート、2・3年コートのポイントが多い5名を表彰し景品を渡しました。

5位

4位

3位

2位

1位
表彰式は笑いに包まれて行われ、最後に「ボール争奪じゃんけん大会」も行いました!





じゃんけんで見事1番になった子には、Jリーグの公式球がプレゼントされました。



表情が硬いですが…笑
最後に集合写真を撮りこの日のイベントが終了しました。



参加者の皆さん、温かく見守ってくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。


ここからは告知です!!!告知は3つあります!
①会場の綿半フットボールパークはコートのレンタルも行っております!是非、お友だちと遊びに行ってください!
大人向けのイベントも随時開催中なので、保護者の方も身体を動かしに行ってみてはいかがでしょうか?
⇒詳しくはこちらをクリック

②お友だち紹介キャンペーンを開催しています!スクール生の紹介でサッカースクールに入会したら、今年はサッカースクール限定のナップサックがスクール生と入会するお友だちにプレゼントされます!
この機会に松本山雅FCでサッカーをしませんか?!
⇒キャンペーンの詳細はこちら!

③年会費半額キャンペーンを開催しています!10月以降に入会した方は年会費を半額でご案内しています!
⇒キャンペーンの詳細はこちら!
なんと!お友だち紹介キャンペーンと年会費半額キャンペーンの併用も可能なので、2度お得です!!!

キャンペーンの詳細やスクールについてはホームページをチェックしてください!!
⇒こちらをクリック!
長文となりましたが、今回はこの辺で終了です!
松本山雅FCサッカースクールでは様々なイベントを開催しています。
今後とも松本山雅FCサッカースクールをよろしくお願いします!!

スクール担当のボ~ク~ことクボでした。

ユースアカデミー人間力向上育成キャンプ

17/08/22

8月16日(水)~19日(土)までの4日間、松本山雅ユースアカデミー(U-10、11、13)の3カテゴリーで人間力向上プログラムの一環としてキャンプ合宿を行いました。

このキャンプは信州大学教育学部野外教育コースの講師、学生の皆様とNPO法人信州アウトドアプロジェクトの皆様にご指導をいただき、昨年度から大自然を活用した様々な自然体験活動やキャンプでの共同生活を通して、自主性、協調性、創造性などの人間力向上を目的として取り組みをはじめました。

場所は新潟県妙高市にある国立妙高青少年自然の家です。



1日目の活動内容は各カテゴリー選手がミックスされた6グループで下記の内容を行いました。

①アイスブレイク
②野外炊事
③テント泊







普段あまり関わりのない選手同士での活動は、最初こそぎこちなさがありましたが、活動時間が長くなるにつれて打ち解けてきたように感じました。

2日目はU-13は登山。
妙高山山頂まで登り、その後少し下山し高谷池ヒュッテにてテント泊をしました。







U-10、11の選手たちは、朝食のうどんを自分たちで作りました。



午前中は各グループで様々な課題に挑戦し、意見すること、仲間と協力することの大切さを学びました。







午後はその日の夜、施設内の屋外で野宿をするため、寝泊りをする場所をブルーシートとロープで作りました。



休憩中



見事な寝床がつくれましたが、夜中に大雨が降り、途中で室内に避難することになってしまいました。(泣)

3日目は、U-13は天候が頻繁に変わる中、無事に下山をしました。
疲れている表情の選手もいますが、余裕の選手もいますね。



その日の夕食会の準備を進めていたU-10、11選手と下山したU-13選手が合流し夕食会と2日目、3日目に過ごした出来事の報告会をしました。







最終日は、木を削って作る工作を行い、最後に閉校式を行いました。







選手たちはこの4日間を通じて、日常ではなかなか得られない体験をしました。

最初に決めたキャンプでの目標から、キャンプ生活を通して課題を見つけだし解決するために考え、仲間と助け合い、新たな課題に向かっていくことができました。

サッカーでも共通することがたくさんあると感じてくれたと思います。
これらの経験を是非サッカーの成長に繋げてもらいたいと願っています。

今回のキャンプ活動に携わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。

| 1 / 25 | 次へ≫
このページの先頭に戻る
トップへ戻る