アカデミースタッフブログ ACADEMY STAFF BLOG

ボ~ク~のスクール日記 39 ~連休は清水エスパルス!!~

17/07/20

みなさん、こんにちは。スクールコーチのボ~ク~ことクボです。
夏の日差しで、アカデミースタッフはどんどん日焼けしています!!

今回は7月16日(日)に安曇野市のデンソーエアクールグランドで、清水エスパルスサッカースクールとの交流(S-11.12)と翌日の17日(月・祝)にJ-STEPで行われた清水エスパルス主催のJクラブ交流戦の模様をお届けします!



16日は安曇野市のデンソーエアクールグランドで行いました。





山雅のスクール生は2チームに分かれて、12分の試合たくさん行いました。





エスパルスは去年のホームゲームの時にも交流をして、その時に来てくれていた選手もいました。
試合はお互いに頑張り、いい勝負ができました。
試合の中でできている部分やできていない部分を共有し、選手達も自ら発信して話し合う姿がありました。
そういう部分を観ると選手たちの成長を感じられます。





試合が終了して、お互いにあいさつを行いました。
今回は山雅からのおもてなしとして、「うちわ」と「山雅ウォーター」をエスパルスの選手に渡し集合写真を撮りこの日の交流戦が終わりました。
この日、エスパルスの選手たちはお昼を食べて松本城に行き、松本城の中に入り見学していったそうです。

続いて、エスパルス交流2日目は松本から清水へ行ってきました。
この日は恒本コーチ、容太コーチ、ボクの3名で引率をして、9時に松本を出発し約3時間かけて、清水のJ-STEPに到着しました!!



チームで必要なものをみんなで運び…



お弁当を食べた後は…



試合で飲む水の準備です!!こういう準備も自分たちでやることが大切です!!





2年生は恒本コーチが監督、3年生はボクが監督となり容太コーチには全体のサポートと写真を撮ってもらいました!!
そして試合がスタートしました。











この日は清水エスパルス、東京ヴェルディ、名古屋グランパス、ヴァンフォーレ甲府のスペシャルクラスが相手でした。
山雅は2年生も参加していたので、2年生は1つ学年が上の選手との試合でしたが必死にプレーしていました。



試合の間では各学年に分かれて、日ごろの練習で取り組んでいる事の確認や、コーチが試合で出た課題の話をしたり選手たちの意見を聞いたりしました。



3年生は2年生の試合を応援していますね!!



この方が応援しやすいのでしょうか…笑



猛暑の中、15分の試合を各チーム4試合行い、閉会式を行いました。



この日エスパルスの方からいただいたご挨拶の中で、「10年後、ここにいる中の選手がプロサッカー選手になってこの場所に帰ってきてほしい」とお話しされていました。
低学年の頃からこのような試合での刺激があり、常に目指し続ければ夢でもないと感じました!!



そして最後エスパルスの選手からエスパルスのうちわを1人2本以上いただきました!!
中には10本以上もらっていた選手もいました!!(松本ぼんぼんで使うとか…笑)







最後に全チームで写真を撮りこの日の交流戦が終わり、片付けなどをして松本に戻りました。
今回、このような貴重な経験をさせていただいた清水エスパルスの皆さん、また交流戦をしていただいた各チームの皆さんに感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。
また、子どもたちの試合の様子を観に来てくれていた保護者の皆、遠くまでお疲れ様でした。
子どもたちは少しずつではありますが、自分から変わろうとしていて、試合でも変わった姿が見られています。
温かく見守ってください。


2年生


3年生

今回の遠征で見えた課題を日々の練習で改善して、次に試合を行うときは、また違う課題が見られたらと思いました。
今後もスペシャルクラスに限らず、県内外の遠征や試合などを行っていきたいと思います!!

今回はこの辺で終了となりますが、ここでお知らせです!
この夏はスクール生初めての夏の合宿や、アカデミーではU-18の全国大会が7月末から群馬であったり、U-15は8月に全国大会が北海道であります!
また、U-12は8月の末にワールドチャレンジに出場してアーセナルや鹿島アントラーズなどの強豪と対戦します!!
皆さん、お時間ありましたら各カテゴリーの応援をお願いします!もちろんスクールも応援してください!

長文となりましたが、今回はこの辺で失礼します。
また、夏の活動の報告をしたいと思います。

スクール担当のボ~ク~ことクボでした。

7/17 S-9試合コース 山梨遠征

17/07/18

こんにちは。
スクールコーチの加藤です。

7月17日(月)スクール生S-9試合コース(3年生)の希望者17名と藤本コーチ、上原コーチとともに山梨県南アルプス市に遠征に行ってきました。
御勅使南公園の天然芝グラウンドで、メディアブレインフットボールアカデミー、ウイングフットサルクラブ、ルートサッカースクールと練習試合を行いました。

8対8の試合で、正式な少年用コートより若干狭いコートでの試合。
松本山雅スクールは藤本コーチチームと上原コーチチームに分かれて試合を行い、山雅同士の紅白戦も行いました。

子どもたちがプレーヤーとして成長する為に、サッカーすることを楽しみつつ、全力で勝利を目指すことが大切です。
松本山雅スクールではサッカーの本質を追及しています。それは、練習から試合の中で活きる技術や判断力を身につけさせていくことです。
子どもたちだけでなく、コーチ同士もお互いが切磋琢磨していくことでスクール全体のレベルが上がっていきます。

試合は勝ったり負けたりでしたが、大人も子どもも全力で勝利を目指し、その中で嬉しい、悔しいという感情を素直に持ってサッカーと向き合っていたと思います。
そして、子どもたちには山雅の仲間と一緒にサッカーが出来て楽しかった、これからもっと上手になりたいという思いを持って家に帰ってもらえていたら幸いです。

参加してくれたスクール生の皆さん、メディアブレインフットボールアカデミー、ウイングフットサルクラブ、ルートサッカースクールの皆様、ありがとうございました。


みんなでOne Soul!

松本山雅FCサッカースクールでは無料体験を受け付けております。
スクールについて詳細はHPをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

GIFC ゲイラン通信 ④ 

17/07/14

みなさんは「ラマダン」という言葉を聞いたことがありますか?
僕は、「ラマダン=断食」というイメージは持っていたものの、実際に指導する選手たちが直面し、サッカーそのものに大きな影響を与えるものだとは、ここに来るまで想像もしていませんでした。

シンガポールの選手の多くはイスラム教徒のマレー系民族です。つまり、イスラム暦の9月にあたる1ヵ月間は(今年は5月28日~6月25日)日の出の礼拝から日没までの間、一切の飲食や喫煙などをしてはいけません。文字通り「断食」です。

選手たちも例外ではありません。約1カ月にも及ぶ長い毎日、太陽が出ている間は、何も口に出来ないのです。
トレーニング中、喉がからからになっても、水を口に含むことすら許されません。





ラマダン期間中、全てのクラブはトレーニング開始時間を17時に設定にすることで、彼らに配慮してはいます。僕も選手たちの気持ちを味わってみようと、挑戦してみましたが、喉の渇きに耐えるのが本当にきつかったです。

チームのコーチたちも、僕以外はほとんどがイスラム教徒です。
先月は体調を崩しながらも、当たり前のように「断食」を乗り越える仲間の姿を目の当たりにし、僕は持参した弁当を思わず、机の中にしまう日もありました。
 
彼らは1日5回のお祈りを捧げています。具体的な祈りの時間は、場所や日の出・日没の時間によって変わります。今では何時にお祈りをするかを示してくれる、スマホのアプリがあるそうです。時代ですね。
コーチ室の一角で仲間が床にひれ伏し、祈りを捧げる姿を初めて目撃した時には、信精神を覚えました。









そして何を祈っているのか、気になっていました。
コーチ仲間の1人、Dalis がこう話してくれました。
「例えばきょう、自分に面白くないことがあったとする。でも自分に面白くないことがある代わりに神は自分の家族や友人には幸福をもたらしてくれる。だからそれでいいんだよ。それがイスラムの考え方なんだ」

テレビで見ていた、イスラム教への先入観は、彼らの笑顔と祈りの姿でみるみるうちになくなりました。



ボ~ク~のスクール日記 38 ~S-7試合コース かりがねサッカー場で奮闘!!~

17/06/27

みなさん、スクールコーチのボ~ク~ことクボです。
もう6月も終わりに近づいて夏もすぐそこですね!!

今回は6月25日(日)にS-7(1年生)試合コースで松本市サッカー協会が開催する試合に参加してきました。
この日は波田バンビーナ、松本北SSS、開智SSS、旭町SSSと試合を行いました。





会場はかりがねサッカー場!多くの保護者の方が見守る中での試合でした!



まず小林容太コーチよりチーム発表です。
この日は2チームに分かれて試合を行います。







試合が始まりました!
相手のほとんどが2年生で年上との試合となり、力やスピードでやられてしまうこともありましたが、なんとかボールに食らいつくシーンが多くみられました!









休んでいるときは応援や練習をします!!


1人試合を見つめている選手を発見!!


…角度を変えて観ているようですね!笑





各チーム15分の試合を6本行い、選手たちはヘロヘロでした。
試合を振り返ると、以前はできていないことができるようになっていたり、コーチが言ったことを一生懸命実践している選手が多く日ごろの練習の成果が出ていると感じました。
しかし、まだみんな小学1年生なので試合は一生懸命頑張るけど、コーチの話を聞けずに遊んでしまう子、自分が今やりたいことを我慢できない子、ほかのチームに迷惑をかけてしまう選手がいました。
試合だけ一生懸命やっていてもダメです。
コーチが話をしているときに聞いていないと、必ず注意されたり、自分が損をしてしまいます。
松本山雅FCのスクールではそういうサッカー以外の行動(話を聞く姿勢やあいさつなど)も大切にしてほしいと考えて、日々子どもたちに接しています。

今回はなかなか試合機会が少ない、1年生の試合でしたがやはり多く試合を経験いていくことで子どもたちは成長していくと思いました。
今後もこのようなに多くのチームと試合ができればいいと思いました。

話は変わりますが…
先週のかりがねサッカー場で行っていたスクールに、TOPチームの田中隼磨選手が飛び入り参加してくれ一緒にプレーしてくれました!!



この日は2年生が練習している所に入ってくれました。
子どもたちは憧れの選手と一緒にプレーができて相当うれしかったと思います!これはTOPチームと同じ会場で練習ができているからこそ実現することです!
かりがねサッカー場ではスクール生から全アカデミー選手が練習を行い、TOPチームの選手の存在を身近に感じながらサッカーができる環境があります!

また機会があったら参加してもらいたいと思います!

今回はここまでとなりますが、松本山雅スクールではいろいろなイベントを開催しておりますので皆様、是非ご参加ください!

⇒参加者募集中のサッカークリニック・イベント情報はこちら


また、U-18~U-10は週末に多くの公式戦が各地で開催されています!!皆さん多くの声援をお願いします!

今回はこの辺で失礼します。

スクール担当のボ~ク~ことクボでした。

自己紹介&スクールJマッチ報告

17/06/20

みなさんこんにちは!そして、はじめまして!
遅くなってしまいましたが、自己紹介させてください。
4月から松本山雅FCユースアカデミーコーチングスタッフになりました、上原拓実です。子どもたちからは「たっくんコーチ」って呼ばれています。
主にスクール「塩尻校」「諏訪校」やクリニックで指導をしています。

もしかしたら僕のことをご存知いただいている方もいるかと思います。
僕は去年サポートコーチとして塩尻校のスクールに関わっていました。
4月からはメインコーチとして指導を行っています。
今後ともよろしくお願いします。

ここからは遠征報告です!
5月28日(日)試合コース4年生の14名と静岡県の時之栖スポーツセンターで行われた「スクールJマッチ」に参加してきました。
引率は久保コーチと上原コーチの2名でいってきました。
参加チームは東京ヴェルディ、清水エスパルス、ヴァンフォーレ甲府、松本山雅FCの4チームで試合を行いました。







予選リーグがスタート











試合の中でうまくいかなかったことや、個人で思ったことを子どもたちだけで自主的に話をしていました。



予選リーグは下記の結果になりました。
第1試合目VS清水エスパルスC 1対2●
第2試合目VSヴァンフォーレ甲府B 8対0〇
第3試合目VS清水エスパルスB 2対1〇
予選リーグは2勝1敗で2位
順位決定戦は2位ブロックへ





途中エスパルスの選手が山雅を応援してくれました。




第1試合目VS清水エスパルスD 1対4●
第2試合目VSヴァンフォーレ甲府A 1対2●
結果は2位ブロック3位でした。



最後に参加全チームで記念写真
県外の上手い子と対戦できてとてもいい経験になったと思います。
これを生かして子どもたちにはもっともっと上手になっていってほしいです。

参加してくれたスクール生のみなさんありがとうございました。
今回招待してくださった東京ヴェルディスクールの皆様、ありがとうございました。

⇒松本山雅FCサッカースクールの情報はこちら

≪前へ | 3 / 25 | 次へ≫
このページの先頭に戻る
トップへ戻る