大町市土地改良区「水土里ネットおおまち」越荒沢堰

http://www.midorinet-omachi.jp

水土里ネット おおまちからのお知らせ

イベントのご案内やイベント報告などをお伝えします。

 この絵画展は農林水産省、文部科学省、環境省をはじめとした省庁等の後援、また、企業・団体の協賛を得て昨年12月に開催され、水土里ネットおおまち管内では大町西小学校での「米作り体験」に関する版画作品26作品を応募しました。全国より応募された4,120点の中から、入賞6点、企業賞27点、入選150点、地域用水優秀賞45点が、厳選なる審査の結果選ばれ、見事大町西小学校6年生(作品作成当時5年)の3名の方が受賞また佳作作品に選ばれましたのでご紹介いたします。

~地域用水優秀賞~
      「思い出がつまった稲刈り」
         松浦一芽さん


~入 選~
       「稲をかついでいる僕」
         西澤大翔さん


~佳 作~
       「初めての稲刈り」
        安藤ひなたさん


 
 受賞作品は、東京都美術館で展示(R3.12/4~12/11)されました。

 例年、受賞者に対し賞状を当協議会会長でもある牛越市長からお渡しいただく授賞伝達式を開催していましたが、昨今のコロナ禍の状況を鑑み、今回は中止とさせていただき、賞状等は学校の方にお届けさせていただきました。

 今年も受賞作含め今回応募した26作品すべて、児童たちの想いや「米作り体験」当時の情景を思い起こさせる素晴らしい作品でした。
 応募してくださった皆様、本当にありがとうございました。

 この度、大町西小学校5年生の皆さんから米作り体験協力への感謝という事で、収穫祭にご招待いただきました。招待状がこちら。


手作りで心温まる招待状です。

 令和3年11月26日の収穫祭当日、今回は長年この米作り体験にご協力いただいている平林さんと職員2名で参加させていただきました。小学校の玄関に入ると、わざわざ児童が迎えに来てくれ、収穫祭会場への案内をしてくれました。会場では児童や保護者など多くの方がいらっしゃり、少し緊張しましたが、とても温かく迎い入れてくださいました。
 我々が席に着くと早速収穫祭が始まり、司会進行を児童たち自身が行い、「始めの言葉」から始まり、「実行委員会あいさつ」、「お客様紹介」と、とてもしっかりした進行で、感心しながらその様子を見ていると、いよいよ児童や保護者が作ってくださったおはぎをいただく時間となり、全員で合掌し、「いただきます!」。

 おはぎには、きなこ、あんこ、ゴマの3種類があり、それぞれのおもちは程好い食感で、かおりや味付けもとてもよく、その他にも豚汁やお茶、飴ちゃんまでご用意いただき、全てが本当においしくいただきました。また、いただいている間には、「学習発表」という事で、今年4月から始まった「米作り体験」の様子を、児童自らがモニターやノートパソコンを駆使した発表や、「感想発表各クラス1名」ということで、「米作り体験」を実際にしてみて思った感想などを聞かせていただきました。

 感想の中には我々への感謝もあり、その言葉をお手紙にしたため、我々にくださいました。

 その後、我々からも米作り体験へのお手伝いをとおして感じたこと、児童達への想いなどをそれぞれ一言づつ述べさせていただき、公務の為一足先に引き上げさせていただきました。今回の収穫祭でも、大変なおもてなしをいただき、本当に幸福なひと時となりました。
 4月の種まきから始まった大町西小学校5年生による米作り体験、真剣にそして元気に作業に取り組む姿は、毎年ながら感心させられます。この経験をとおして、農業や、それを育む農業用水などに関心を持ち、大切に守ってくれるよう祈りながら、ことしの大町西小学校5年生による「米作り体験」の報告を終わります。

 大町西小学校5年生の皆さん、また保護者や先生の方々、本当にありがとうございました。

 昨年令和2年10月に行った「第1回ため池の景観整備(久保調整池)」に引き続き、「ため池の存在価値や危険性を肌で感じるとともに、人々の生活の礎であるため池の元の姿を、後世に引き継げるよう皆の力で再生しましょう。」を趣旨に、今年はその第2弾「居谷里ため池1~3号」で開催されました。


 当日は北アルプスが少し雪化粧するような冷え込みで、朝8時開催のイベントでしたが、約50名の方にご参加いただきました。

 まず開会式が行われ、本イベントの主催でもある水土里ネットおおまち地域用水対策協議会会長の牛越大町市長にご挨拶をいただきました。

 その後事務局による作業内容や作業分担の説明が行われ、早速作業開始となります。
 第2回となる今回の景観整備の作業内容は、ため池周辺の草刈りやゴミ拾い、ため池に溜まった流木などの撤去搬出作業がメインとなります。
 また、今回のため池には管理用歩道があり、その経路上にある危険個所に安全柵を設置する作業も行っております。この作業では地元業者である峯村組さんがメインとなり設置していただきました。
 その他には昨年と同様に、ため池周辺に生息する生き物の調査なども行っています。
 様々な作業がありますが、参加者は各々できる作業を自ら判断し、その作業を懸命に行っていただきました。

 それでは当日の作業状況をご紹介します。
・草刈作業(刈払機でため池の堤体の草刈りを行う参加者)

・支障木の伐採、つる除去(のこぎりで支障木を除去する牛越市長)

・流木の撤去搬出作業(ため池の洪水吐きに溜まった流木をダンプに積み込む参加者)

・安全柵の設置作業(杭を挿し立入禁止用ロープを設置する峯村組さん)

・生物調査の様子(ため池に潜む子魚や生物を調査する参加者)

 また今回のゴミ拾い作業の中で、残念ながらご覧のような不法投棄が回収されました。

 このようなゴミの不法投棄は、水質悪化につながり自然環境や生活環境に様々な悪影響を与えるので絶対にしないようにしましょう。

 さて作業開始から約1時間半、当イベントに参加いただいた皆さんが懸命に作業を行っていただいたおかげもあり、予定より早く作業を終えることができました。

 今回のイベントでは、現地にてパネル展を開催し、作業を終えた参加者にご覧いただいています。それではパネル展の様子をご紹介します。

 パネル展では、ため池への関心や理解を深めてもらえるよう、北アルプス地域振興局農地整備課によるため池の構造などの説明パネル、また大町市役所によるため池防災マップやため池に生息する生物などの写真や実物の展示を行いました。

 現地での展示という事もあり、目の前にあるため池を見ながら、構造など理解でき、興味深くご覧いただいている様子がうかがえました。

 続きまして、こちらも初の試みとなりますが、「芋煮会」を開催しました。「芋煮会」では、里芋や豚肉など具材をふんだんに使った芋煮を参加者にふるまい、パネル展やため池を眺めながら、温かい芋煮を食べ、井戸端会議でもしましょうという催しです。

 作業後という事もあり、お替りする方もいて、盛況な「芋煮会」となりました。

 楽しい時間もアッという間に過ぎ、閉会式が行われ、

 閉会後、マスやイワナ(ため池の魚ではないです。)が到着し、希望する参加者にお配りし、今回の全てのイベントが終了となります。

 第2回となる「ため池の景観整備」でしたが、多くの参加者との協働により、またケガ人もなく無事に作業を終えることができました。
 大町市にはまだまだ多くのため池があります。今回のようなため池の再生に繋がる景観整備を、作業のみでなく、楽しいひと時を織り交ぜながら、今後も継続できることを願い、第2回ため池の景観整備の報告を終わります。

 令和3年10月15日に令和3年度大町市土地改良区第1回臨時総代会及び第13回功労者表彰式が開催されました。

 第13回となる功労者表彰式では、永年にわたり当区総代や役員の職務に精励し、多大な貢献をされた方々が表彰されました。


 
 また同日に開催された大町市土地改良区第1回臨時総代会に提出した議案は、下記のとおり承認、議決されましたのでご報告いたします。

               記

-第1号議案-
 大町市土地改良区定款の一部改正(案)議決について
    ・原案通り議決されました。
-第2号議案-
 [定款付属書]大町市土地改良区総代選挙規程の一部改正(案)議決
 について
    ・原案通り議決されました。
-第3号議案-
 [定款付属書]大町市土地改良区役員選任規程の一部改正(案)議決
 について
    ・原案通り議決されました。
-第4号議案-
 大町市土地改良区規約の一部改正(案)議決について
    ・原案通り議決されました。
-第5号議案-
 大町市土地改良区地区除外等処理規程の一部改正(案)議決
 について
    ・原案通り議決されました。
-第6号議案-
 大町市土地改良区備荒積立金管理運用規程(案)制定議決について
    ・原案通り議決されました。
-第7号議案-
 大町市土地改良区事業積立金管理運用規程(案)制定議決について
    ・原案通り議決されました。  
-第8号議案-
 大町市土地改良区会計細則の改正(案)議決について
    ・原案通り議決されました。
-第9号議案-
 大町市土地改良区職員退職給与金支給規程の一部改正(案)議決
 について
    ・原案通り議決されました。
-第10号議案-
 令和2年度大町市土地改良区事業報告及び収入支出決算並びに
 財産目録の承認について
    ・原案通り承認されました。
-第11号議案-
 令和3年度大町市土地改良区一般会計及び特別会計収入支出
 補正予算(案)議決について
    ・原案通り議決されました。
-第12号議案-
 大町市土地改良区財産の処分について
    ・原案通り議決されました。
-第13号議案-
 大町市土地改良区第19期役員選任について
    ・原案通り議決されました。


R3.10.18(月)8:00集合

居谷里ため池を
     再生しよう。


 交通の便が今ほどよくない時代、人々は手軽に遠方へ旅行、レジャーに出かけるのは困難でした。その中でこの居谷里ため池は、農業用の他、子供達が手軽に行ける遊び場、家族の憩いの場として人々の生活に密着し、かかせないものでした。しかしインフラ整備が進み、県内外どこでも手軽に行き来できる現代社会において、ため池は人々から忘れ去られ、朽ち果てていこうとしています。景観整備を通して、ため池の存在価値や危険性を肌で感じるとともに、人々の生活の礎であるため池の元の姿を後世に引き継げるよう皆の力で再生しましょう。
 事前申し込み不要、当日参加でかまいません。ため池の水を抜いて生態調査も行います。参加者全員に地元産の川魚をプレゼントします。参加費は勿論無料。興味のある方は奮ってご参加ください。
※本イベントは新型コロナウイルス蔓延防止対策を十分に考慮して行います。当日は受付にて問診票の記入と検温を行いますので、ご了承ください。また、新型コロナウイルス感染状況によりイベントを中止する場合もございますのでご了承ください。 イベントの情報はネットでも掲載しております。「水土里おおまち」で検索してください。

イベントの内容
景観整備の部
・ため池堤体、周辺、遊歩道の草刈り、枝葉の片付など
・立ち入り禁止柵の設置(予定変更の可能性あり)
・流木の撤去、ごみ拾いなど

ため池についての展示
・ため池の構造、ため池の防災減災をテーマに展示します。

焼き芋の試食会、芋煮会
・枯れ葉を焚火、地元産の野菜をふんだんに使って調理。暖かい料理を食べながら井戸端会議。

ドローン撮影 ・生態調査
・作業風景の撮影、整備後のため池で記念撮影をします。思い出の1ページに。ため池に生息する生き物を調査、展示。

持物・服装
・作業のできる服装(雨天時は雨具)
・草刈り機、剪定はさみ、手鋸、鎌、鋤簾など

参加者に魚をお配りしますので、バケツやビニール袋をご持参ください。(一人2、3匹くらい)  配布するのは、ため池の魚ではありません。マス又はイワナです。

            位 置 図

≪前へ | 2 / 41 | 次へ≫
Copyright(C) 2006 Midorinet Omachi. All Rights Reserved. [ ログイン ]