大町市土地改良区「水土里ネットおおまち」越荒沢堰

http://www.midorinet-omachi.jp

水土里ネット おおまちからのお知らせ

イベントのご案内やイベント報告などをお伝えします。

 第20回目となるふれあいイベント「土・人・水」が今年も開催されます!
 最初に水の恵みに感謝を込めて、親水広場周辺の草刈り除草を行います。作業終了後にはイワナのつかみ取りや、豪華景品が当たるビンゴ大会など様々なイベントを企画しております!
 この機会に地域の方々やご家族のふれあいの場として交流を深めてみてはいかがでしょうか!?



◇開催日  令和元年8月17日 土曜日

◇時 間  午前7時30分開会  正午終了予定

◇場 所  平 小熊原 越荒沢堰親水広場

◇内 容  ・景観整備(草刈り&雑草取り)
      ・イワナのつかみ取り
      ・稚魚の放流
      ・スイカ割り大会
      ・ビンゴ大会

※作業のできる服装(雨具・軍手等、道具のある方は鎌、草刈り機、草カキ等)、魚の入れ物をご持参ください。
※受付等ありますので7時20分までに集合してください。
※必ず除草等の作業に参加してから、その他のイベントを楽しみましょう。


お申し込み不要、当日参加可能です!大勢のご参加お待ちしております!!

【事務局】
水土里ネットおおまち地域用水対策協議会
大町市土地改良区 TEL22-5542/FAX23-0766
大町市役所建設課 農地整備係 TEL22-0420/FAX23-5188

 穏やかに晴れた6月21日金曜日、大町市教育委員会が開催した水路学習で大町北小の4年生54名が大町新堰西口沈砂池を訪れました。
 荒井今朝一教育長による水路のお話を聞きながら、北小学校にある「ひょうたん池」の水の取り入れている場所や昔のままの水路を見学し、現地に到着しました。児童たちは疲れた様子もなく、水土里ネット職員の話や水門操作の実演を真剣に見聞きしていました。


水門操作により水の流れが変わる様子を見学する児童たち

水門を開けることにより沈砂池にたまった土砂が勢いよく排出されます。

複雑な構造の沈砂池ををのぞき込む児童たち

 当たり前のように近くにある用水ですが、農業用水のみならず生活用水、防火用水と様々なことに利用されています。
 この学習を通して学んだことを、児童たちが大人になったとき、水路の維持や後世への伝達に役立ててくれることを願いながら、我々も水路学習への協力を続けていきたいと思います。

 代かきが終わってから3日目の5月16日木曜日、ついに「田植え作業」の日がやってまいりました。職員から田植えの仕方について説明を受けた後、田んぼに移動して作業開始です。


 少し暑いくらいの日差しの中、子供たちは元気に田んぼに入りました。今回の田植え作業では、ロープに等間隔で目印を付け、その目印の箇所に苗を植えていきました。

 児童たちは苗を植える子、苗を配る子と作業を分担、交替しながら田植えを進めていました。

 なかなか適量の苗本数を取ることが難しかったようで、少し多く苗を植えてしまったり、植える間隔が広くなってしまったりと、失敗してしまうこともあるようでした。しかし作業終盤には、丁寧に植え直しを行う児童もいて、順調に田植えを終えることができました。

 この日植えた苗が、収穫を迎えるまで約4か月、様々な環境下で成長していく過程を児童たちは学習していきます。我々もその成長を見守っていきたいと思います。

 暖かい陽気に恵まれた5月13日月曜日に、大町西小学校5年生による「米作り体験」第2回目となる「代かき作業」が行われました。
 「代かき」とは、田んぼに水を入れ土を細かく(ドロドロに)ほぐし、田面を平らにならす作業です。そうすることで雑草を抑えたり、田植えがしやすくなったりと、様々な効果をもつ田植え前の大切な作業です。

            職員による説明を聞く準備万端の児童達


 まずはトラクターによる大まかな代かきを見学しました。長年ご協力くださっている平林さんによる実演です。
              青空のもと見学する児童達

 そしてついに児童たちによる代かき作業が始まりました。
最初は慎重に・・・

ついに本領発揮!


 代かき作業完了まであともう少し。みんなで一列になり均等に土をほぐしていきます。

 最後の仕上げで、ロープをつけた角材を児童が引っ張り、田んぼを丁寧に、そしてきれいにならしていました。

 一生懸命に作業をしてくれた児童たちの代かき結果がこちら↓です。
代かき前

代かき後

 児童達は、泥だらけになりながらも元気いっぱいに作業を行い、「米作り体験」第2回目となる「代かき作業」が完了しました。
 次回はいよいよ「田植え作業」です!!

今年も大町西小学校5年生の総合学習である「米作り体験」がいよいよ始まりました!第1回目となる今回は「種まき作業」を4月19日金曜日に行いました。
少し肌寒い朝でしたが、児童たちは職員による「種まき作業」の説明を熱心に聞いていました。


説明を聞いた児童たちは班に分かれて「種まき作業」開始!
床土を入れる作業。慎重に板で敷きならしていますね。

種もみをまく前にたっぷりの水をあげています。

優しく丁寧に種もみをまく児童たち。

種もみの上に厚くならないよう土をかぶせます。

みんなで協力し合いながら「種まき作業」が完了!

これから収穫を迎えるまで、児童たちは様々な作業を経験し、「米作り」を学習していきます。職員も児童たちにとって良い「米作り」体験になるよう応援していきたいと思います。
次回は「代かき作業」です

| 1 / 32 | 次へ≫
Copyright(C) 2006 Midorinet Omachi. All Rights Reserved. [ ログイン ]