大町市土地改良区「水土里ネットおおまち」越荒沢堰

http://www.midorinet-omachi.jp

水土里ネット おおまちからのお知らせ

イベントのご案内やイベント報告などをお伝えします。

 代かきが終わってから3日目の5月16日木曜日、ついに「田植え作業」の日がやってまいりました。職員から田植えの仕方について説明を受けた後、田んぼに移動して作業開始です。


 少し暑いくらいの日差しの中、子供たちは元気に田んぼに入りました。今回の田植え作業では、ロープに等間隔で目印を付け、その目印の箇所に苗を植えていきました。

 児童たちは苗を植える子、苗を配る子と作業を分担、交替しながら田植えを進めていました。

 なかなか適量の苗本数を取ることが難しかったようで、少し多く苗を植えてしまったり、植える間隔が広くなってしまったりと、失敗してしまうこともあるようでした。しかし作業終盤には、丁寧に植え直しを行う児童もいて、順調に田植えを終えることができました。

 この日植えた苗が、収穫を迎えるまで約4か月、様々な環境下で成長していく過程を児童たちは学習していきます。我々もその成長を見守っていきたいと思います。

 暖かい陽気に恵まれた5月13日月曜日に、大町西小学校5年生による「米作り体験」第2回目となる「代かき作業」が行われました。
 「代かき」とは、田んぼに水を入れ土を細かく(ドロドロに)ほぐし、田面を平らにならす作業です。そうすることで雑草を抑えたり、田植えがしやすくなったりと、様々な効果をもつ田植え前の大切な作業です。

            職員による説明を聞く準備万端の児童達


 まずはトラクターによる大まかな代かきを見学しました。長年ご協力くださっている平林さんによる実演です。
              青空のもと見学する児童達

 そしてついに児童たちによる代かき作業が始まりました。
最初は慎重に・・・

ついに本領発揮!


 代かき作業完了まであともう少し。みんなで一列になり均等に土をほぐしていきます。

 最後の仕上げで、ロープをつけた角材を児童が引っ張り、田んぼを丁寧に、そしてきれいにならしていました。

 一生懸命に作業をしてくれた児童たちの代かき結果がこちら↓です。
代かき前

代かき後

 児童達は、泥だらけになりながらも元気いっぱいに作業を行い、「米作り体験」第2回目となる「代かき作業」が完了しました。
 次回はいよいよ「田植え作業」です!!

今年も大町西小学校5年生の総合学習である「米作り体験」がいよいよ始まりました!第1回目となる今回は「種まき作業」を4月19日金曜日に行いました。
少し肌寒い朝でしたが、児童たちは職員による「種まき作業」の説明を熱心に聞いていました。


説明を聞いた児童たちは班に分かれて「種まき作業」開始!
床土を入れる作業。慎重に板で敷きならしていますね。

種もみをまく前にたっぷりの水をあげています。

優しく丁寧に種もみをまく児童たち。

種もみの上に厚くならないよう土をかぶせます。

みんなで協力し合いながら「種まき作業」が完了!

これから収穫を迎えるまで、児童たちは様々な作業を経験し、「米作り」を学習していきます。職員も児童たちにとって良い「米作り」体験になるよう応援していきたいと思います。
次回は「代かき作業」です

 今年で19回目となる水土里ネットおおまち地域用水対策協議会主催のふれあいイベント「土・人・水」が8月18日(土)に開催されました。
 今年は例年より約1週間程早い開催となりましたが、連日続いていた暑さもなく、参加者による越荒沢堰親水広場景観整備作業も気持ち良く行うことができました。



        雑草取りに汗を流す子供たち

   川の中に入り草を除去する協議会会長(牛越大町市長

 イベントでは豊かな水に感謝し、大切にしていこうと参加者全員で草刈、雑草取りなどを行い、汗を流した後は夏でも冷たい水が流れる越荒沢堰から分水している「せせらぎ水路」で魚のつかみ取りや稚魚の放流を行いました。


       夢中になって魚を捕まえている子供たち

 自然の中で大きく育つことを願いながら稚魚の放流を行いました

 また、同時開催の第8回案山子コンテストも行われ、大いに盛り上がりました。
            今年の出展作品

          案山子の前で記念撮影

 今年は作業の休憩時間を使ってスイカ割りをしました。夏といえばスイカ割り!(笑)子どもたちは大喜びです!

   疲れた体に甘いスイカは最高!皆笑顔になっていました

 大町市内を流れる水の源となる越荒沢。この流れがいつまでも清らかで魚たちの憩える流れであることを願いながらイベントは無事終了しました。


※案山子コンテスト出展作品は大町市役所正面通路に展示しています(8/20~9/14)ぜひご覧ください!

 平成26年に施行された水循環基本法において、毎年8月1日を「水の日」とし、この日を初日とする一週間を「水の週間」として、全国各地で、水が持つすばらしさを次世代に残し、伝えていくための様々な取り組みが行われています。
 大町市では「大町水の日」制定に向けて、信濃大町ブランド戦略推進委員会で検討されているところですが、大町市土地改良区としてもこの水の週間にあわせ、何か水に関わる取り組みをしたらどうかという意見が役員の中から持ち上がり、8月3日に越荒沢堰親水広場の花壇整備と、水路管理道路の整備に汗を流しました。



    管理道路整備で伐採した木を使い花壇を作りました



  管理用道路には砕石を敷き、車での通行がしやすくなりました


 休憩時間には、越荒沢堰で冷やした「信濃大町湧水」で喉を潤しながら、この地域の人々が豊富で清らかな水と共に暮らしている素晴らしさを痛感し、人と水の結びつきに改めて感謝する一日となりました。

       岳(やま)の贈りもの「信濃大町湧水」

| 1 / 32 | 次へ≫
Copyright(C) 2006 Midorinet Omachi. All Rights Reserved. [ ログイン ]