大町市土地改良区「水土里ネットおおまち」越荒沢堰

http://www.midorinet-omachi.jp

水土里ネット おおまちからのお知らせ

イベントのご案内やイベント報告などをお伝えします。

 今年も残すところ2か月を切り、北アルプスも白く雪化粧をし始めた11月7日(月)、大町西小4年生の水路学習に協力しました。


 学習内容は、大町西小学校の校庭を流れる水はどこから来るのか、小学校から取水口の猫鼻までを辿るというものでした。
 子ども達は青空の下、地元の歴史・水について楽しみながら学習していました。
 
 今回の学習を通して、子ども達が地域の歴史や水路について興味を持ち、そして農業用水という形で自分たちの生活とも繋がっていると感じ考えるきっかけになるよう、今後も学習協力をしていきたいと思います。

10月28日(金曜日)に「第3回ため池の景観整備」が開催されました。一昨年から始まった当イベント、今年は「大原ため池」の景観整備が行われました。

 この日、大町市の最低気温は2℃、秋から冬へと徐々に季節の移ろいを感じる中、朝8:00開催でしたが、39名の方にご参加いただきました。

 最初に開会式がとして、主催者挨拶、事務局による作業内容や日程説明が行われました。今回の景観整備は、主にため池周辺の草刈りです。

 参加者の皆さんは、分担個所に移動し作業を開始します。それぞれため池の堤体部分や周辺の草刈りなどを行っていただきました。
 法面や堆積土などによって凸凹した部分など足場が不安定な個所が多くありましたが、参加者の皆さんは安全に配慮しながら作業を進めて行きます。
 その結果、作業前はどこからがため池か分からないほど生い茂っていた草も、
 綺麗に整備することができました!
 イベント時間内では終わらないのではないかと思われた作業も、皆さんの懸命な作業によって1時間弱ほどで終えることができました。

 今回のイベントでは、以前のため池イベントのパネル展を行うとともに、大町山岳博物館の清水学芸員による生態調査も行われました。
 今回のイベントでは、珍しい生物の発見とは至りませんでしたが、整備されたため池で今後、どのような生物が生息するか楽しみです。
 また、こうした不法投棄は、生物だけでなく私たちの生活にも悪影響になりますので、絶対にやめましょう。

 続いては、くじ引き抽選会。事務局以外にも、JA大北、地元住民などのご協力もあり、農業用品や農産物などが出揃いました。1等~3等ごとに事前に配布した抽選番号が呼ばれた方から、商品を選択していきます。
 残念ながら呼ばれなかった方たちにも、地元農家さんからのリンゴをプレゼントし、朝早くから始まった景観整備イベントの全工程が終了となりました。

 今年は大原ため池で開催された、「第3回ため池の景観整備イベント」。今回も多くの方々との協働によって、無事に作業完了となりました。
 ため池は、雨が少ないなどで農業用水の確保が難しい時のために水を貯えています。それだけでなく、大雨時の洪水調整の機能や、生き物の生息場所としての機能などもあります。私たちの生活を支えている場所であることを、皆さんに楽しい時間を過ごしながら知ってもらう機会として、今後も継続して作っていきたいと思います。

 令和4年10月14日に開催されました、令和4年度大町市土地改良区第1回臨時総代会にて提出した議案は下記のとおり承認、議決されましたのでご報告いたします。

              記

-第1号議案-
 専決処分の承認について
    ・原案通り承認されました。
-第2号議案-
 令和3年度大町市土地改良区事業報告及び収入支出決算
 並びに財産目録の承認について
    ・原案通り承認されました。
-第3号議案-
 令和4年度大町市土地改良区一般会計収入支出補正予算(案)
 議決について
    ・原案通り議決されました。
-第4号議案-
 役員の補欠選任について
    ・原案通り議決されました。


 

10月12日(水曜日)

 稲刈りから3週間、ハゼ掛けによる稲の乾燥もよく、無事「脱穀作業」の日を迎えました。



 作業は、主に6つ。職員による作業の説明・注意事項を聞いた後、児童たちは早速作業に取り掛かります。

①「ハゼ掛けをした稲を脱穀機へ運ぶ作業」、➁「脱穀された藁を畔まで運ぶ作業」


③「藁の中から脱穀されなかった穂を探す作業」

 穂がついているものは、再度脱穀機へとかけていきます。児童たちは”もったいない精神”のもと、藁の中に穂が残っていないか、入念に確認をしていました。

 作業が進むにつれ、④「いっぱいになったもみ袋を運ぶ作業」

 ⑤「ハゼ掛け棒の片付け作業」、⑥「切った藁を田んぼへ満遍なく撒き散らす作業」も徐々に始めていきます。


 切った藁は事前に田んぼの管理者である平林さんが用意してくれたものを使用しました。藁を田んぼへ撒き散らすことで、田起こしした時に田んぼの肥料となり、来年の実りへと繋がっていきます。

 児童たちの頑張りもあり、約1時間程で田んぼを綺麗に片付けることができました。


 約半年間の「米作り体験」も、あとは学校側による精米作業を残すのみとなり、我々の大町西小学校「米作り体験」のお手伝いもここまでとなります。
 あとは児童たちが「もち米」を堪能するだけですが、春先からの「米作り体験」を通して、何かを育てる楽しさや大変さ、また自然豊かな大町市の土や水、そして多くの人たちと協働して作ったということが、児童たちにとって良い経験になっていれば嬉しいです。

R4.10.28(金)8:00集合
第3回ため池の整備イベント
大原ため池を再生しよう

 大町市大町の平二ツ屋との境に位置する「大原ため池」は、昭和28年の高瀬川総合開発温水ため池事業で現在の形に整備された貯水量7400(m3)、かんがい面積60(ha)の管内では中規模の温水ため池です。一級河川篭川で取水し、大町新堰から分水した冷水はこのため池で温められ、飯綱宮堰により主に大原町、中原町、宮田町、北原町に配水されます。ため池は古くから地域の農業を助け、人々の生活の礎としてかかせないものでした。しかし米の品種改良が進んだ現代では、水稲の生育に係る水温はあまり影響がなくなりました。また、市街地では田んぼはつぎつぎと放棄され、住宅が増え、水道が整備されたため、水路の水の役割が変わり、ため池の存在意義も薄れてきており、人々から忘れ去られようとしています。景観整備を通して、ため池の存在価値や災害時の危険性を肌で感じるとともに、後世に引き継げるようなため池をみんなで再生しましょう。
 事前申し込み不要、当日参加でかまいません。30年ぶりにため池の水をぬいて生態調査も行います。意外な生物がいるかも?作業後は大抽選会!奮ってご参加ください。

イベント内容
景観整備の部
・ため池内の伐採・草刈り
・ため池堤体の草刈り
・ゴミ拾い

記念撮影
 ドローンを使って空から記念撮影をします。

抽選会
 地元産の新米などがあたる抽選会。奮ってご参加ください。農作物や、農業用品多数ご用意してお待ちしています。

持物・服装
・作業のできる服装(雨天時は雨具)
・草刈り機、剪定はさみ、手鋸、鎌、鋤簾、スコップ、一輪車など


 ※イベント当日は、会場までの案内板を設置いたします。

| 1 / 43 | 次へ≫
Copyright(C) 2006 Midorinet Omachi. All Rights Reserved. [ ログイン ]