スタッフブログ

昨年は女子の活躍が目立った
中学総体でした。・・・・が

今年は男子も女子もがんばりました!!


まず県大会から行きたいと思います。

団体戦・・男女アベック優勝

男子団体・・・二年ぶり何回も優勝(九回目)

決勝 対東御市東部中学校 4-1 圧勝
三年生変態四人組が全勝し貫禄・・
いや自慢の上腕二頭筋を見せつけた!!






最後は大将の二年生手塚慎二朗(核弾頭)が
テポドンミサイルの如く畳の突き刺さり一失点・・・


女子団体・・・五年連続10回目の優勝

決勝 対女鳥羽中学校 1-0 堅実に勝利
女鳥羽中は中信大会で負けている相手だったので
選手達も弱気になってましたが、応援に来ていた先輩
(諏訪部真夕、津金恵、出口クリスタ、山田侑佳)
のプレッシャーが凄まじく、決勝に駒を進めた両校
がギャラリーにビビり倒すという訳の分からない状態で
決勝戦が始まった・・・

気が付いたら優勝していました。





内容は一年生二人(中村有友子、巣山栞里)が
死に物狂いで引き分け、二年生の小林幸奈が
死に物狂いで一本勝ちと言う非常に泥臭い試合
でしたが、一・二年生のみで勝ち取った優勝でした。

準決勝までは、先鋒に二年生の中野瑠衣が
入っていました。



男子個人戦は、鳥羽潤と中村俊亮が-66kg-73kg
でオール一本勝ち優勝、一年生深沢亮太が―50kg
で三位入賞

女子個人戦は、小林幸奈が-57kgで優勝
巣山栞里が-63kgで三位入賞

全国・北信越へと駒を進めた。





続いて北信越大会

富山県小杉市開催


団体戦
男子団体は変態四人衆が自慢の大胸筋
を見せつけ決勝進出
地元富山の名門小杉中と対戦
ホームの声援を受け勢いずく小杉中に
変態達は各々意地を見せ二点を先取
長野県勢初の優勝に王手を掛けた・・・が!?
勝利の女神は無難な相手を求めていたらしく
変態よりも地元の雄を選んだ
結局2-2の内容で負けてしまった。

長野県勢としては五年ぶり二度目の準優勝
と健闘した。




女子団体は全員が北信越初出場・・・
会場内の群雄が割拠した雰囲気に
県大会優勝の自信は風前の灯火
眠っていた蚤の心臓が目を覚まし
象の足音の様な鼓動を早打ちしている

案の定、一回戦で石川の北辰中に
力を出し切ることなく2-1で敗れた。




個人戦

-66kg級 鳥羽潤 三年生
自他共に認める変態集団の中にあって
未だムッツリを貫く潤だったが、団体戦の負けが
彼の変態の扉に掛かる理性と言う名の鍵を外した
ついに禁断の扉が開いた潤は
今までのうっ憤を相手にぶつけ倒し
オール一本勝ちで圧倒的な優勝!!



-73kg級 中村俊亮 三年生
中学に進学して間もなく屈辱のメタボリック宣告を受け
二年半血の滲む様な努力を積み重ね今では
文句の付け様のないダンディーなボディを手に入れた
俊亮、異常に膨れた二の腕、無駄に分厚い胸板
どれだけ鍛えても割れない腹筋
Yシャツの上からでも透ける乳首
このダンディズムガイには北信越の猛者共も
『ウ~~ム、マンダム!』と舌を巻いた
俊は自分の色香にむせ返る相手を
バッタバッタと薙ぎ倒し三位入賞を決めた。



-50kg級 深沢亮太 一年生
彼には生まれ持った武器が有る!!
私も最近になって気が付いたのですが
なぜ一年生のこの優男がこれほど勝負強いのか
その理由は彼の目にある
彼はもの凄いエロ目を持っている
どんなに追い込まれようと引きつる事のない
この曲線は人を惑わせる・・
世に言うメデューサの目だ、見た物は
石になってしまうのである!!
実際彼はこの試合一度も人を投げることなく
三位入賞を果たす・・超常現象以外の何物でもない
私も今の今まで惑わされていたのかも知れない??



-57kg級 小林幸奈 二年生
団体戦でチジコマッタ女子陣ではあったが
男子の活躍を間の渡りにして黙ってはいられなかった
団体戦でも一本勝ちして一矢報いた幸奈が
「私はまだまだこんな者じゃない!!」
と言わんばかりに相手を攻め立てる
しかし蚤の心臓が腰に移動したらしく
攻めるもなかなか腰も入った技が出ず
一本が取れない・・・・・じれったい!!
後ろから引けた腰を蹴り上げたい衝動に駆られたが
「私は指導者だ聖人でなければ・・・・」
と自分に言い聞かせプルプルしていた
結局じれったいまま優勝した頃
私は即身仏の様になっていた。



-63kg級 巣山栞里 一年生
こちらも団体戦でのうっ憤を晴らすかのように
豪快に相手を投げ飛ばし一回戦を突破した
しかしまだ一年生、未完の大砲
二回戦でまけてしまった。



良い部分と悪い部分がはっきりとした北信越大会
この試合を機に県大会以降、夏休みに突入
していたのもあって、緩みがちだった選手の意識も
グッと引き締まり全国大会に向け良い転機となった。




全国中学校柔道大会

和歌山県 ビックホエールにて開催

夏休みに入り、午前・午後・夜と一日三部錬
まさに柔道漬けの日々を送り臨んだ全国大会
それぞれが力を出し切りました。

団体戦

男子団体は予選二試合、栃木県代表国分寺中
岡山県代表倉敷南中と対戦
またしても三年生四人が自慢の腹筋を見せたが
二試合とも紙一重の勝負で敗れ予選敗退



女子団体は、山形県代表東根一中
長崎県代表琴海中の二チームとの予選に臨んだ
山形との第一試合三人とも一本勝ちの3-0
で勝利可能性を示したのですが
長崎との第二試合は、一年生二人が一本負け
二年生小林幸奈が一本を取って一矢報いたが
力の差を見せつけられた。




個人戦

個人戦は-66kg級 鳥羽潤  
-73kg級 中村俊亮  -57kg級 小林幸奈
の三人が出場
いずれも、二・三回戦で敗れた。






今大会全体を通して芳しい結果ではありませんでした
しかし、いずれの負けも紙一重だったと思います。
この紙一重の差を埋めれば必ず頂点に手が届くと
私は確信しました。

実際、負けた選手達も全国の壁を知った上で
さらに意欲的に上を目指しています。
自分の可能性を信じ始めているように私は思います。


今大会で中学校の大会に一区切りを付けた
三年生四人

巣山太智 -55kg級



深沢悠太 -60kg級



鳥羽潤 -66kg級



中村俊亮 -73kg級



四人とも一年生の時から日本一・世界一
を目指し、結局三年間で誰も手が届きませんでした
しかし、本気になって目指した三年間は本物です。
変態かもしれないけど本物の時間を過ごしています。

それに彼等は未だまったく諦めていないし
確実に近付いています。
高校に行っても本気になって目指していれば
近い将来必ず彼等は日本一・世界一になると思います。


全員が思いを一つにして駆け抜けた夏・・





・・・が過ぎ季節はもう晩秋、次の戦いが
まじかに迫ってきてます。今後も中学生
の活躍にご期待ください。




11/10/28

お詫び

誠心館道場ホームページスタッフブログの
読者の皆さんお久しぶりです。

館長の村山です。

忙しい忙しいと自分に言い聞かせ
パソコンの前に座る事から遠ざかっていたら
あっという間に夏が過ぎてしまいました。
気が付けば四カ月以上ブログの更新を
行っていませんでした。
大変申し訳ありません。

つきましては・・・
①2011夏 中学生ダイジェスト
②誠心館卒業の高校生の総体結果
③小学生の近況

この三本立てにてこの夏を
一挙に振り返りたいと思います。





11/06/29

追伸

チャンピオン県大会の結果に写真を載せたので
見てください!!!


ちなみに、今週の日曜日は
小学生・・・日整県大会
中学生・・・中学総体中信予選

小学生は、久々にA・Bチームともに県大会に
駒を進めています!
全国大会目指して頑張ろう!!

中学生は、いよいよ本番の総体が始まりました!
男女揃って全国大会に行けるよう
全力で戦い抜こう!!

本格的な梅雨時期に入り長野県内も
連日降ったり止んだりと湿度が上がる一方です。

そんな中、高校生は各県大会を終え
いよいよ夏の一大イベントインターハイ!!
を迎えます。

誠心館出身の高校生たちの活躍や如何に!?

高校3年生

青木 志太  松本第一高校  男子-60kg級
高校総体長野県大会       個人優勝
  同 北信越大会       個人3位
全日本ジュニア長野県予選    優勝


諏訪部 真夕  松商学園  女子ー57kg級
高校総体長野県大会       個人優勝
  同 北信越大会       個人優勝
全日本ジュニア長野県予選    優勝


西村 美咲  三浦学園  女子ー70kg級
高校総体神奈川県大会      団体優勝
                個人優勝
  同 関東大会        個人3位
神奈川県国体予選         優勝


高校2年生

小林 稜太  松本第一高校  男子ー73kg級
高校総体長野県大会        個人優勝
  同 北信越大会        個人優勝
全日本ジュニア長野県予選     優勝


長野 章太郎  松本第一高校  男子ー66kg級
高校総体長野県大会         個人優勝
  同 北信越大会         個人3位
全日本ジュニア長野県予選      優勝


高校1年生

出口 クリスタ  松商学園  女子ー52kg級
高校総体長野県大会        団体優勝
                 個人優勝
  同 北信越大会        団体準優勝
                 個人優勝
全日本ジュニア長野県予選     優勝


津金 恵  松商学園  女子ー63kg級
高校総体長野県大会        団体優勝
                 個人優勝
  同  北信越大会       団体準優勝
                 個人準優勝
全日本ジュニア長野県予選     優勝


山田 侑佳  松商学園  女子78kg超級
高校総体長野県大会        個人優勝
全日本ジュニア長野県予選     優勝


本番まで後一月ほどですが、しっかりと準備をして
表彰台の真ん中を目指して頑張ってほしいです!!



6月19日に上田自然公園体育館で
第16回長野県チャンピオン大会兼
第8回全国小学生学年別柔道大会長野県予選
が行われた。

我が誠心館は、全学年で19人が
激戦の中信地区予選を勝ち抜き
中信の道場では最多人数の出場でした。

全県の各地区大会を勝ち抜いた精鋭が
一同に会する今大会

我が誠心館道場の子供たちの健闘や如何に・・・


結果は!!


優勝者3名、準優勝者2名、3位入賞者1名

優勝者1人目は・・・


1年生女子の部を圧倒的な強さで制した
 清水夏美 
準決勝までを一本勝ちし、決勝も開始早々の
内股で技有りを先取、中盤で返しで有効を
取られたものの、母親譲りの負けん気の強さで
時間いっぱい相手を攻め立て完勝した!
ここに新たな誠心館肉食系女子が誕生した!!



二人目は・・・

1・2年生時、体格の良さと腕力で2連覇し怪童
と恐れられた 藤原天一 
3・4年時は試合中に集中力を欠き不甲斐ない
成績に終わっていたが、二年間の冬の時代を経て
やや成長・・
最近は相手を倒すことに全勢力を注ぎこめる様に
なってきた。今大会も準決勝までオール一本勝ち
決勝は取り切れなかったものの
終始貪欲に投げに行き、判定の末5年重量級を
制した。



三人目は・・・

4年生の時に柔道を始め、僅か3年目で県を制した
 竹田ののか もともと素質が有り、始めた当初から
常にレギュラーとして試合に出てはいたが
本番に弱くいまいち結果として表れていなかった
6年生になりこの半年ほどで一皮剥けて
今大会では頼もしさが見え始めた
組み際からの速い大内刈り
大内刈りからの内股、寝ても良しと
実力を遺憾なく発揮し、全試合オール一本勝ちと
完璧な内容で優勝を決めた!!





藤原天一と竹田ののかは大阪で行われる
全国小学生学年別柔道大会に出場する
今大会で自信が付いたので、これからの
成長具合で頂点も狙えると思う。
この機会に全国のトップクラスに
伸し上がってほしい!!



準優勝は、4年生の高橋慶太山田千尋
二人とも優勝出来る実力者だが、決勝戦で
旗判定に涙をのんだ。
今回は残念だったが、この学年はこの二人と
杉野竜世、中村苑美を加えた4名はかなりの
実力を付けている、まだまだだが手足の長い
赤羽直斗も可能性を秘めているし非常に楽しみな
学年である!!誠心館の黄金時代を築いて行って
ほしい。




3位は藤原天一と5年生の双璧を成す
塩原瑛貴だ。今回は準決勝で敗れてしまった。
まだしっかりと自信を持って掛ける技が
出来ていないので、必殺技をちゃんと作って
もう一皮剥けてほしい。
来年の誠心館の勝利の鍵を一番握っているのは
瑛貴だと思う!!この一年の成長に期待する!!!




今大会の入賞者は、以上ですが
出場した選手全員が持てる力を出し切り
一生懸命戦いました。しかし勝負は厳しい物で
勝つ奴がいれば、負ける奴がいるわけです
勝って驕らず負けて腐らず、また一番を目指し
頑張ります。






ページ上部へ戻る

プロフィール

長野誠心館道場
年長さんから高校生まで
総勢 48名 の子供犬2匹
それを支える青年から中年までの
指導者達の 柔道奮闘記!!

カレンダー

2018 11月
     1  2  3 
 4  5  6  7  8  9  10 
 11  12  13  14  15  16  17 
 18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  
10月  |  Today  |  12月

ブログ内検索