北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

燕山荘スタッフブログ

燕山荘 スタッフブログ

梅雨空。
2017/06/25

今朝7時頃に起きた長野県南部を震源とする地震の被害はここではありませんでした。この揺れに気づかない人もいる程度の揺れでした。



どんよりとした鉛色の空から雨が落ちてくる朝で始まり、この雨は終日止むことはなく、まさに梅雨といった一日となりました。高瀬側には雲海も出て、雨でぼんやりとした風景がまるで水墨画で美しい光栄でした。




雨でなんとなく憂鬱な気分の朝でしたが、この2羽のライチョウの登場で急に楽しい気分になってきました。この2羽はつがいではなく、2羽ともオスでした。この時期はオスであれば自分の縄張りを守るためにケンカをするものなのですが、こうして仲良くいるという事はつがいになることが出来なかったオスということなのでしょう。



2回目のライチョウ観察会の皆さんは雨の中の下山となりましたが、最後の最後にライチョウの姿を見ることが出来、とてもうれしそうに下山されて行かれました。今年はツアー2回ともライチョウを見ることが出来ました。燕岳周辺では、こうして多くはありませんが、ライチョウの姿を見ることが出来ています。千数羽しかいないといわれているライチョウのうちの数羽はこの辺りにいるというのはとてもうれしいことです。この環境を維持していくことがとても大切に感じました。



雨で展望はほとんどない一日でした。そんな時は視線は自然と下へと行くのですが、そのおかげで今日はコマクサのつぼみがすでにだいぶ大きくなっているのを見つけました。それは一つだけではなく、あちこちに見られました。いよいよコマクサも咲き出す季節となってきたようです。例年であれば見頃は7月中旬から8月上旬頃となります。
河地

梅雨の晴れ間。
2017/06/24


6月も後半となってきて、この先梅雨らしい天気が多くなってきそうな天気予報となっていますが、週末の今日は雲が多いながらも梅雨の晴れ間が広がりました。週末登山を楽しみにされる方にはいい天気となりましたね。日の出前の西の空の雲がピンク色に染まる穏やかな朝を迎えました。



先日と同じように日の出が見られました。昨日の写真と比べるとよく似ていることがわかるでしょう。




ここ数日で山の気温も上がってきたように感じます。朝晩の冷え込みも随分と緩くなってきました。そのせいか雪解けもぐっと進んでいます。雪の下からは地面が現れ、様々な植物の芽吹きが始まってきていて、山肌の色も日に日に変わっていきます。



雲が多いながらも青い空が広がり、多くの方々が週末の楽しい時間を過ごされていました。


麓の松本では夏のような気温になったようです。そのせいか午後になると東側はすっぽりとガスで包まれてしまいました。街の気温が高くなると燕岳の東側斜面にはガスが湧きやすくなります。


咲いている花の種類はまだまだ少ないのですがミヤマキンバイがずいぶんたくさん咲き出しています。他の花がまだ咲き出してきていない分、ミヤマキンバイの黄色がとても色鮮やかに感じます。だんだん雲が厚くなってきて星のない夜になりました。いよいよ梅雨本番に入っていくのでしょうか。
河地

夏が近づいて来た。
2017/06/23


あまり寒さを感じない朝を迎えました。夏至も過ぎ、いよいよ夏が近づいてきたと感じさせられました。今朝の空はぼんやりとした空でした。雲を通しての日の出だったので、太陽の形がはっきりとわかりました。そして、太陽柱とは違うのでしょうが、それによく似た光の筋が伸びていました。



朝のうちはきれいな青空が広がり、早くも8時前には日帰りのお客様が到着され出しました。



先日の雨で雪解けは一気に加速して、小屋の東側斜面の雪も少なくなり、地面が出てきました。ここ数日で夏が急に近づいてきたような気がします。




新緑がどんどんと進んでいてダケカンバの芽吹きも始まってきています。残雪に映え、とても色鮮やかです。今の時期にしか見られない光景ですね。



週末の明日はテント場は賑わいそうです。写真でもわかるようにテントを張れるのは雪の上だけとなっています。雪解けが進んできたのでテントを張れるスペースがだいぶ少なくなってきています。



夕方になるにつれて雲が厚くなってきました。夕日は見られませんでしたが雲の隙間から差す光がなかなか良かったです。日中は気温が上がり、季節が少し進んだことを感じさせられました。



合戦小屋では今ナナカマドがとても色鮮やかです。もう少しすれば白い花も咲き出すことでしょう。合戦尾根の下部は樹林帯となっていて、日差しの強い日や風の強い日は木々がそれを遮ってくれ、ありがたいものです。しかし、今の時期は体にまとわりついてくる小さな虫が非常に多いので、防虫ネットや虫よけスプレーを持ってくると重宝するかと思います。さて、合戦小屋の名物といえばスイカですが、いよいよ明日から販売を開始します。



今日燕岳へ出かけたスタッフがめがね岩の辺りでライチョウのメスを見かけました。今の時期オスを見かけることは多いのですが、メスを見かけることはなかなかありません。今年もかわいいヒナを見られるかと期待が高まります。
河地

晴れた。
2017/06/22


昨日の雨は結構な雨量でしたが、雨が少なかったので非常に助かった雨となりました。そして、雪解けもぐっと進んだようで合戦尾根の雪もだいぶ減ったように感じました。やっぱり、雪解けを一番進めるのは雨なんですね。



いつもの定番の構図ですが、こちらも雪がだいぶ減ったのが分かります。雪解けが進んだことにより、テント場もだいぶ狭くなってしまいました。雪が少なくなりましたが、テントを張れるのは雪の上だけとなります。ご了承ください。




今日はスカッとした青空は広がりませんでしたが、雨の翌日だったこともあり、ちょっとうれしくなる天気でした。雨は必要ですがやっぱり晴れっていいですね。登って来られる皆さんも雨の日とは違って楽しそうでした。そのうれしそうな笑顔を見ると我々スタッフもなんだかうれしい気分になります。




雲の多い一日でしたが雨は降りませんでした。梅雨も本番となってきてこの先は雨の日が多くなりそうですが、こうしている間に先日見つけたイワヒバリの卵や雷鳥の卵が成長していることでしょう。そして、7月に入ればかわいいヒナたちの姿が見られるといいですね。



今日、ヒュッテ大槍のスタッフが小屋へと入りました。先日、入山の大天荘、ヒュッテ大槍の営業は7/1からとなります。スタッフも各小屋へと入り、夏山シーズンの始まりがいよいよ近づいてきたなと感じさせられました。
河地

ようやく梅雨らしい天気に。
2017/06/21


今年は雨の少ない梅雨となっていて、晴天が続いてうれしい一方、水の方が心配になってきます。燕山荘はまだ水がポンプアップ出来ていないので、天水だよりとなっています。そのためこの雨不足は少々心配なものとなっていました。今日は朝から強い雨が降り、まさに恵みの雨となりました。



ミネザクラ

ナナカマド
午前中を中心に強い雨と風になり、なかなか厳しい天候になりました。今日は夏至というのに太陽の姿は一度もありませんでした。夏至の日に太陽が見られるのは意外と少ないような気もします。そんな雨の一日でしたが、燕山荘から少し下ったところでは春の花であるサクラが咲き出し、また、ナナカマドの新緑が雨に濡れてとても色鮮やかで、展望がなくても小さな美しさを目にすることが出来ました。



三角点より上部

今日の雨で雪解けは加速しました。今年の残雪が多いのは雨が少ないことが関係していると思われます。雪解けは雨でだいぶ進みます。このところ晴ればかりだったため、雪があまり解けませんでしたが、今日の雨で一気に雪解けが進みました。登山道の様子を見に行くと雪の中から木が顔を出して来たり、歩きにくい箇所が出てきたので雪切り作業を行いました。この時期になってくると雪固くなってきて、スコップで掘るのも春先と比べ大変になってきます。



小屋の脇に残る雪も今日の雨でぐっと小さくなりました。雪が少なくなってくるとなぜだか少しさみしい気分になってきます。
今日の雨で水不足の地域は少しは潤ったことでしょう。明日は晴れの天気となりそうですが、その先の予報を見ていると梅雨らしい天気が多くなってきそうです。晴れもいいのですが降るべき時に雨が降らないのも困りますね。
河地

| 1 / 100 | 次へ≫

プロフィール

北アルプス燕岳(2,763m)の山小屋燕山荘のスタッフがリアルタイムでその日の出来事をお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2017 6月
     1  2  3 
 4  5  6  7  8  9  10 
 11  12  13  14  15  16  17 
 18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  
5月  |  Today  |  7月

お問合せ・ご予約

燕山荘直通電話

TEL090-1420-0008

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る