北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

燕山荘スタッフブログ

燕山荘 スタッフブログ

2018スノーシューツアー始動。
2018/01/29

夏山シーズン中は、大天荘ブログでお世話になります、榊です。


2017-2018年末年始の燕山荘冬期営業を終えて早3週間程が過ぎました。

つい先日、松本市内にある燕山荘の社用駐車場の端をふと見てみると、日陰に残る先週降り積もった雪の中から、ふきのとうが顔を出していました。

殊この1週間程例年にない寒気団が次々押し寄せている中にあって、自然界の動植物はどこかしらで“春”を感じとっているのでしょう。不思議な感じです。



ところで燕山荘では、先日1月27日の土曜日から、2018年のスノーシューツアーが始まりました。
1回目は「栂池自然園大パノラマスノーシューツアー」です。

ツアーの詳細は、近日更新されます燕山荘通信をご覧ください。

とても青空は望めないだろう・・・と半ば参加者の方、我々スタッフ皆諦めムードで栂池に赴きましたが、メインの2日目は奇跡的に午前中中心に晴れ間が広がり、白馬三山はじめとして北アルプスをきれいに眺めることができました。
雪質・量とも申し分ない、スノーシュー日和でした。


本格的な雪山はまだ未経験だけど少し興味はある、という方は是非一度燕山荘のスノーシューツアー体験お薦めです。


次回は2月2日出発「霧氷輝く北八ヶ岳スノーシューツアー」、まだご参加可能です。お申し込みは燕山荘イベント情報からどうぞ。





下山。
2018/01/10



下山日となりました。今日も厳しい冬の天気となっています。ここ数年雪も少なく、気温も高めの冬が続いていましたが、今シーズンは例年並みの冬となったようで、少し安心しました。やはり、冬は厳しくとも冬らしくあってほしいものです。その厳しさの中には、神々しく、息を飲むような美しさに出会うことがあります。それがあるからこそ、冬山登山は素晴らしく、誰もが憧れるのでしょう。燕山荘はより多くの方に大自然の素晴らしさをお伝えする場所としてこれからも頑張っていきたいと思います。

山小屋積雪が最も多くなるのは小屋開け頃となり、まだまだ積雪は増えていきます。

ブログをご覧いただきどうもありがとうございました。
河地

荒れた天気。
2018/01/09


南北に並ぶ4つの低気圧に向かって、暖かい空気が入ったため、昨夜はマイナス2℃まで気温が上がりました。そして、風雪は強く燕山荘に湿った雪がべっとりと着いて、見るからに寒そうな天気となりました。


僕らは明日下山します。すっかりなくなってしまったトレースを付けに合戦小屋辺りまで行ってきましたが、積雪はまた増えているようでした。日中も湿った雪が降り続き、合戦小屋までを往復しただけだったのですが、ウェアもびっしょりとなってしまいました。冬型の気圧配置になる日は何日もありましたが、その際に積雪量はぐっと増えるという事はありませんでした。しかし、今回のように南岸低気圧が通るとこの周辺の積雪量は一気に増えました。どうやら燕岳は今日のような場合に積雪量がぐっと増えることに気が付きました。



岩には氷がびっしりと木々にはきれいな雪の華、と厳しい天候の中、美しい光景が見られました。
明日の朝、最後の片づけをして下山となります。この冬期営業中、多くのお客様にお越し頂きましてありがとうございました。また、合戦尾根においては天気が悪いにも関わらず、大きな事故もなく、悪天時には途中で引き返される方もいるなど適正な判断だと思われることが多くありました。この冬期営業は皆様に楽しんで頂くことが大切なのですが、やはり、この厳しい冬山において事故なく終えられることがうれしく感じられます。今年4月の小屋開けでまたお会いしましょう。
河地

低気圧通過。
2018/01/08


昨日は冬にしては珍しい穏やかな晴天となりましたが、朝になると天気は悪くなっていて今にも雪が降り出しそうな状態でした。それでもなんとか燕岳は姿を見せてくれました。南岸低気圧が接近しているため、いつもとは違い南寄りの風が吹き、気温も高めでした。


日の出の太陽の姿もかろうじて雲を通して見ることが出来ました。お客様が下山される最後の日になんとか日の出を見ることが出来てうれしく思いました。


しかし、皆様が下山される頃より風雪模様となってきました。ただ、暖かい空気が入ってきていたので気温はさほど低くはなく、雪煙が舞い上がっていましたがどことなく安心感はありました。そして、午後には下では雨の予報があったので皆様足早に下山されて行かれました。雨に濡れずに帰れてたらいいのにな。冬の雨が厄介な理由はいろいろありますが、装備面でいえばウェア、手袋などは雨を想定していないのでびしょびしょになってしまい、場合によっては身の危険となる場合もあります。下山の時であれば多少の我慢で済むのですが、下で雨の中を歩き、上がってきて厳しい風雪となれば低体温症になる恐れがあります。


今シーズンの営業を終え、皆様が下山され、とても静かになりました。今日の午後は非常に荒れた天気となり、ものすごい風が吹いていました。トレースもやがてかき消されてしまうことでしょう。山は自然の姿へと戻っていきます。僕らがここにいるのもあとわずかとなってきました、明後日には下山予定です。
河地

高気圧に覆われて。
2018/01/07


営業最終日の今日は高気圧に覆われて、とても素晴らしい天候となりました。冬にしては珍しく移動し高気圧にすっぽりと覆われたため、風も弱く穏やかな一日でした。



この天気とカレンダーの巡りあわせが良かったこともあり、今日は多くの方が登って来られました。吹雪いている時は行動中に長い休憩を取ることは体が冷えてしまい、いいことではありません。でも今日のような天候であれば合戦小屋できれいな景色を見ながら、のんびりと休憩することも可能です。ただ、冬山ではどんな天気になるか分からないので簡単に食べれる行動食を持って来られるといいかと思います。途中でラーメンなんかを作ったりするのも楽しいのですが、悪天時は出来なくなってしまうこともあります。


今シーズン最後の冬山ツアーにも多くの方にご参加いただきました。三角点を過ぎても風は強くなく、まるで春山を登っているように気分良く、安曇野の街をバックに気持ちのいい山歩きが出来ました。営業最終日の今日がこんな素晴らしい天候に恵まれ、本当に良かったと思います。



今日の春を思わせるような日差しを受けて、山々は輝いていました。今日、特に美しいと思ったのは縦走路の東側斜面、特に蛙岩下辺りの山ひだの縞模様でした。


今日は北部も晴れ渡っているようで、燕岳の山頂からは剣・立山がかっこよく見えていました。


また、燕岳から望む北燕岳方面の東斜面にはここ数日で起きたと思われる雪崩の跡が見られました。


長野県は雪の多い所と思われているかと思いますが、麓の安曇野辺りは雪はほとんどありません。しかし、その隣の大町市辺り(写真のところ)は白くなっています。大町市辺りまでは日本海側の気候になり、安曇野辺りは内陸性の気候となります。ここ山の上から見るとその様子がよく分かります。今の時期、ここ燕岳の天気は安曇野市の天気予報を見るより、大町市の天気予報を見る方が近いように思われます。
明日、下山されるお客様をお見送りすれば、冬期営業は終了となります。我々スタッフは片付け作業があるので、あと二日程ここにいる予定です。明日以降、天気が悪そうですが山の状況を最後までお伝えしていきたいと思います。
河地

| 1 / 100 | 次へ≫

プロフィール

北アルプス燕岳(2,763m)の山小屋燕山荘のスタッフがリアルタイムでその日の出来事をお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2018 2月
     1  2  3 
 4  5  6  7  8  9  10 
 11  12  13  14  15  16  17 
 18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28    
1月  |  Today  |  3月

お問合せ・ご予約

燕山荘直通電話

TEL090-1420-0008

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る