北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

燕山荘スタッフブログ

燕山荘 スタッフブログ

厳しい天気の一日。
2019/06/16


梅雨の嵐がもたらした低気圧により、非常に強い風が吹き、雪より厄介な冷たい雨となり、厳しい天候の一日となりました。雪にはなりませんでしたが、夕方には0℃近くまで気温が下がってきました。


ウメハタザオ
小屋周りでも非常に強い風が吹き、外を歩くのは大変でしたが、小屋周りの様子を見に外へ出た時にこんな厳しい天候の中、風に揺られるウメハタザオを見つけました。この強風にも耐え、美しい花を咲かせている姿には元気がもらえたような気がしました。


このあたりで最初に咲き出す、ミヤマキンバイは今日はお休みといった感じで花びらを閉じていました。


今日のような日は中での作業中心となります。汚れてきた床のニスを塗りなおすためにサンドペーパーで古いニスを削っていきます。なかなか大変な作業ですが、この後にはきれいな床が出来上がります。きれいとはとても気分がいいものですね。大変な作業ですがコツコツと続けることによって、美しさが保たれます。


燕山荘グループの大天荘チームも小屋開けを迎え、今日は燕山荘に泊まっています。今日の天気では先へ進むことも出来ず、燕山荘のお手伝いをしてもらいました。明日は天気も回復するので大天荘へと行けることでしょう。大天荘の営業は22日土曜日からとなります。北アルプスもだんだんと賑やかになっていきます。
河地

梅雨の嵐。
2019/06/15


今回、接近する低気圧は明日には台風並みに発達するようで、せっかくの週末でしたが登山の日程を変更される方が多く、静かな週末となりました。今日の日中は気温も一桁前半で非常に冷たい雨となりました。こんな天気の日は低体温症の危険も高まるので、無理をしないことが賢明だと思います。


こんな天気でしたが、いつものオスのライチョウがいつもの場所で見張りをしていました。このライチョウくんは片足で立っていることが好きなのか、今日も片足で見張りをしていました。



終日、冷たい雨が降り、晴れるとは思っていなかったのですが、夕方になると雲が切れて、燕岳や虹を見ることが出来ました。




そして、幻想的な素晴らしい光景が広がりました。これはほんの短い時間の出来事でしたが、この光景を目に出来たお客様は大変喜ばれていました。ただ、この天気回復は台風でいえば目の通過のようなもので、この後、寒気が入ってきて3000mを超えるようなところでは明日は積雪になる予報が出ています。今日より明日の方が注意が必要な天気となりそうです。
河地

天気が悪くなる前に。
2019/06/14



昨夜はとてもきれいな星空でした。20時頃、南東方向にはひときわ明るく輝く木星と夏の星座であるさそり座が松本の夜景に負けじと美しく見えていました。また、月明かりもあったので、暗闇の中、山肌も浮かび上がって、きれいに見えていました。


日の出は4時半より早くなってきました。夏至は来週の22日なので
もう少し早くなりそうです。


そんな日の出の前、日の出と反対方向ににある槍ヶ岳の上空が美しいピンク色に染まりました。


明日は発達する低気圧が接近するようで明日明後日と天気は崩れそうです。特に明後日の日曜は大荒れ、雪もしくはみぞれの予報も出ています。明日、お越しの方はちょっと注意が必要な天気となりそうです。8時を過ぎると青かった空に段々と白い雲が多くなり始めてきました。


今日は第3ベンチの下まで登山道整備に出かけました。この近辺は小屋からも中房からも結構遠いので、整備がやや遅れ気味となっています。夏までにはなんとかと今日は出かけてきました。今の時期は体にまとわりついてくる小さな虫がたくさんいるので防虫ネットは欠かせません。また、ハッカ油のスプレーも効果があります。




合戦小屋上部のダケカンバやナナカマドの新緑が始まり出していて、とても色鮮やかでその中を歩くのはとても気分がいいものです。今年の6月は今のところ雨の多い6月となっていますが、6月は新緑を楽しむにはとてもいい季節です。

ヤマテンによると明日明後日のとくに明後日の天気は注意が必要となりそうです。無理はなさらないようお願い致します。
河地

梅雨の間の晴天。
2019/06/13


梅雨らしい天気の日々が続いていたので、今日の晴天はとてもうれしいものでした。朝は冷え込みが強くなり、水溜まりには氷も張っていました。


富士山は積雪となったようで、黒かった頭の部分が白くなっていました。6月になっても標高の高い山ではこうして積雪となる場合があります。



今日の日中は空気もカラッとして、本当に気持ちのいい空が広がりました。


こうして上から見ると合戦尾根はダケカンバの木が多いことが分かります。


小屋の下辺りのダケカンバも芽吹きが始まってきました。これが始まると山肌もほんのり緑色になってきます。


そして、山荘直下ではミネザクラも咲き始めました。燕岳にも遅い春がようやく到着したようです。


こうした登山道の雪切り作業を毎週のように行ってきましたが、これもあと2回くらい行けば、その必要もなくなりそうです。登山道上の急な部分もだいぶ雪が少なくなり、歩きやすくなってきました。


今日は梅雨の合間の晴れ間となり、皆さん天気をよくご存じのようで、平日の割に多くの方が登って来られました。今日は空がとてもきれいで、最高の登山日和となりました。
河地

天気は回復へと。
2019/06/12



昨日は長野県内でも各地で雷雨となったようです。寒気がやってきて発生する雷は「雷三日」ということわざがあるように寒気が三日ほど居座るため、雷が三日ほど続くことがあります。幸いこの寒気も抜けていきつつあるようで、今日は燕岳では雷の発生はありませんでしたが、朝から雨が降ったり止んだりの一日となりました。そんな雨の中ですが、今、第一ベンチあたりのダケカンバの新緑がとても色鮮やかで、また、第二ベンチあたりではイワカガミの花がたくさん咲いています。そして、オオカメノキの花が散り始めているので、その散った花があちこちに落ちていて、それもまたきれいです。


稜線でもカラマツの新緑が始まり出していて、これもまた雨に濡れてきれいでした。



午後になってくるとこの雨も上がり出し、視界も広がってきました。この雨で雪はまただいぶ少なくなったようでした。まだ、大気の不安定な状態が続いているようで、東の空にはもくもくと沸き立つ積雲が見られました。


天気は回復に向かっているようで、夕方になるときれいな月が見えてきました。明日は晴れが期待できそうです。


合戦小屋より上


合戦の頭より上
さて、登山道の様子ですが雪は日に日に少なくなってきています。ただ、やはり合戦の頭より上はほとんど雪の上を歩くことになりますので、雪に不慣れな方は軽アイゼン等お持ちになられた方がいいかと思います。アイゼンが要りませんと言える日もそう遠くはないかと思います。
河地

| 1 / 100 | 次へ≫

プロフィール

北アルプス燕岳(2,763m)の山小屋燕山荘のスタッフがリアルタイムでその日の出来事をお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2019 6月
       1 
 2  3  4  5  6  7  8 
 9  10  11  12  13  14  15 
 16  17  18  19  20  21  22 
 23  24  25  26  27  28  29 
 30       
5月  |  Today  |  7月

お問合せ・ご予約

燕山荘直通電話

TEL090-1420-0008

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る