北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

燕山荘スタッフブログ

燕山荘 スタッフブログ

気温上がる。
2019/04/23


昨日、今日と山の上でも気温が高くなりました。空は霞み、春らしい光景が広がりました。安曇野の水田にはまだ水が張られていないようで
いつものキラキラはまだ見えません。ゴールデンウィーク頃になれば、それを楽しむことになるのでしょうか。


今日はお客様は少なく、静かな一日でした。のんびりするにはもってこいですね。



昨日と今日の強烈な日差しと気温上昇により、雪解けはさらに進みました。そのため、雪の中からハイマツやしゃくなげなど顔を出してきたので登山道を一部付け替えました。除雪作業をすると汗ばむほどで半袖で作業をするスタッフもいました。この時期は朝は氷点下くらいまで気温が下がるのですが日中との温度差がとても大きくなっています。


イワヒバリはまだあまり見かけませんがこのところホシガラスをよく見かけるようになってきました。山の上にも春が少しずつやってきています。


今日は空は霞んでいましたがとにかく日差しの強さを感じる一日でした。


天気は下り坂に向かっているようで、だんだんと空を覆う雲が多くなってきました。明日は雨か雪になるかどうか微妙な気温となっています。屋根に雨どいをかけることが出来たので、雨だとうれしいのですが。連日、スタッフ総出で一日に1t以上の雪を運び、連休に向けて水作りを進めています。それでも水はジャージャーと流せるほど余裕があるわけではありません。こんな時、水のありがたさを感じます。
河地

初夏の陽気。
2019/04/22


align="left" alt="" class="photo" />
昨夜は雨降りとなりました。そのため、朝起きてみると雪面が10cm位低くなっていました。雨は雪を少なくします。
8時過ぎ頃より、青空が広がり出し雨上がりらしく、ちょっと湿度の多い朝となりました。


そんな中、小屋の近くに1羽の真っ白なライチョウが現れ、皆さん大変喜んでいらっしゃいました。




燕岳と燕山荘
日中は強い日差しもあって気温も上がり、雪はグサグサとなりました。昨夜の雨と今日の天気で雪解けがだいぶ進んだような感じがしました。それでも今年は雪が多く、まだまだたっぷりとあります。今日のような日は日焼け止めとサングラスはかかせません。

align="left" alt="" class="photo" />
この日差しにより、雨上がりに気温が上がったため、夏のように積雲が沸き上がりました。この穏やかな晴天の中、お客様は外のベンチで楽しい時間を過ごされていました。



今日の日の入りは18時22分、水晶岳の左肩に太陽は沈んでいきました。夕方でも風がないせいかあまり寒さを感じず、皆さんゆったりとした時間を楽しまれていました。


今日は蛙岩(ゲーロ岩)まで様子を見に行ってきました。冬期ルートのトンネルは雪で埋まることなく、通行可能でした。安曇野側は急な雪壁となっているので決してそちら側へ行かないようにしてください。このトンネルを通過してください。また、大天井方面から燕岳へ向かう際はこの入口が見つけづらいので目印に赤旗を立てておきました。この稜線はまだほとんど人が歩いていないため、トレースはまだ期待できません。今日はグサグサ雪で歩くのがとても大変でした。
河地

最初の週末を乗り越えて。
2019/04/21


賑わった昨夜は写真を撮りに玄関を出入りされる方が多かったので、それにつられて外に出てみると満月をすこし過ぎても月明かりが明るく、白い山が浮かび上がり、テントの灯りもあってとても美しい夜の風景が広がっていました。


朝になってみると雲が多くなってきました。ご来光もぼんやりとしたものになってしまいました。



そして、だんだんと黒い雲が広がってきました。ちょっと不気味な感じの雲だったのですが、刻々と形を変えていき、水墨画のような美しさもありました。


新メンバーで迎えた最初の週末をうまく乗り切ることが出来、ちょっと安心しました。ゴールデンウィークの始まる今週末までは少し静かな日々が続きそうです。その間にまだまだ足りない雪を解かしての水作りや雪の重さに悲鳴を上げている山小屋を少しでも楽にしてあげるために除雪作業を進めていきます。今日の午後になってくると気温が少し上がったのか雪がしまってきたのを除雪作業をしながら感じました。除雪作業をしていると一日の中でも雪質の状態が変わっていくのがわかります。早い時間に行動される方は雪が固く、スリップは致命的になりますのでより一層慎重な行動が大切になってきます。
河地

素晴らしい天気の営業開始。
2019/04/20


2019年の燕山荘営業初日は素晴らしい天気に恵まれました。日の出は気づけば随分と早くなっていて、5時過ぎには太陽が昇り、雪面を美しく照らし始めました。雲海も広がり、とても素敵な朝で始まりました。


久しぶりに富士山もくっきりと見え、展望も素晴らしい一日となりました。


皆様が到着される前まだ静かな燕山荘周辺には、人の足跡が全くつかない美しい雪面が広がっていました。


9時位になると早速お客様が到着され始めました。所々幾分歩きにくい所はあるようでしたが、だいぶ歩きやすくなってきたようでわかんは必要なかったようです。ただ、まだこの時期は雪が降ることもあり、雪面状況は気温や天候によって目まぐるしく変わっていきます。



今日はきれいな青空が広がり、最高の登山日和となりました。皆さんとても楽しそうできっと山の素晴らしさを満喫出来たことでしょう。
テントの方はこの時期トイレは小屋のトイレをご利用頂いております。また、水はペットボトルでの販売となります。お泊りの方も水はペットボトルでの販売となります。今の時期水は雪を解かして作ったものしかないのでご協力をお願いします。


日の入は18時20分頃でした。
いよいよ春山シーズンが始まっていきます。
登山道上を尻セードされる方がいらっしゃいますが、登山道がツルツルになってしまい他のお客様が歩きにくくなってしまいます。皆さんが楽しい登山になりますようご協力をお願いします。
河地

まだまだ冬の気配は濃く。
2019/04/19


昨夜は今日満月を迎える月明かりに照らされ、真っ白な合戦尾根が暗闇の中、浮かび上がって見えました。雪のある時期の月夜は思った以上に明るく、そして美しいものです。



今朝になってみると雪が舞い、冬へと逆戻りしたかのような天候でした。岩や木々の枝にはえびの尻尾が付いていました。今の時期は春と冬が同居しています。


寒気が入ってきて、日中は晴れても気温の低い一日でした。除雪作業をしていてもなかなか体が温まりませんでした。ただ、この冷え込みによって昨日はグサグサで歩きにくかった登山道も固くしまり、今日は歩きやすくなっていました。その一方、このような雪面で転んだりするとスピードがついてしまい、止めるのがなかなか大変となります。雪山では転ばないことが大切になってきます。
それにしてもここに出来る今年の雪庇はとても大きなものとなってい
ます。


燕山荘の周りで雪がもっとも吹き溜まる所の除雪を開始しました。屋根の上には3mほどの雪、そこから地面まではさらに7、8mはあるかと思います。これをスコップとスノーソーを使い、除雪していきます。今年は地面に到達できるのは少し遅くなりそうです。それにしても今年は雪が多いです。


今年のゴールデンウィークのスタッフです。皆様の登山にお役に立てるよう頑張りたいと思います。


明日から今シーズンの燕山荘の営業が始まります。準備はなんとか整いました。今夜は平成最後の満月です。少し雲がありますが、その月明かりに照らされて、燕山荘が美しく輝いています。

ヤマテンの予報を見ると明日、明後日の気温は低めの予報です。そうなると雪が固く、歩きやすくなるかもしれません。ただ、夏よりは時間はかかりますのでゆとりのある計画でお越しください。ちなみに今はマイナス4度と冷えています。
河地

| 1 / 100 | 次へ≫

プロフィール

北アルプス燕岳(2,763m)の山小屋燕山荘のスタッフがリアルタイムでその日の出来事をお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2019 4月
  1  2  3  4  5  6 
 7  8  9  10  11  12  13 
 14  15  16  17  18  19  20 
 21  22  23  24  25  26  27 
 28  29  30     
3月  |  Today  |  5月

お問合せ・ご予約

燕山荘直通電話

TEL090-1420-0008

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る