北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

燕山荘スタッフブログ

燕山荘 スタッフブログ

高曇り。
2018/01/05



今日は雲の多い一日となりました。ただ、その雲は高い所にある雲で視界はとてもいい一日でした。日の出前には東の空はほんのりと赤く染まりました。今朝は、マイナス14℃程と冬としては厳しい冷え込みではありませんでしたが寒いには変わりありません。そして、今日のような曇りの日は気温の変化は少なく、日中でもマイナス13℃位でした。今日から暦の上では小寒、しばらくは寒い日々が続きそうです。


裏銀座



鹿島槍


今日のような高曇りの日は、太陽の光が弱いのでいつも見る景色となんとなく印象が違います。ちょっと水墨画のようになります。こんな景色もなかなか美しいものです。


今日の日中はいつもに比べれば風は弱く、時折、雲が薄くなったところから太陽の光も届き、穏やかな天候でした。冬山において一番やっかいなのが風ではないでしょうか。その風が強くないというのは助かります。


日の入が近づいて来た頃、ちょっと面白い光景が見られました。東の空にはレンズ雲が現れ、その下にある四阿山から志賀高原辺りの山々にだけ日があたり、なかなかきれいでした。


そして、西の空を見れば笠ヶ岳の左側へと沈んでいこうとする太陽から幻日が現れていました。今日のような巻層雲が出て、高曇りの日に幻日はよく見られることがあります。今日は青空は見られませんでしたが、空の変化が楽しい一日でした。
河地

高曇り。
2018/01/05



今日は雲の多い一日となりました。ただ、その雲は高い所にある雲で視界はとてもいい一日でした。日の出前には東の空はほんのりと赤く染まりました。今朝は、マイナス14℃程と冬としては厳しい冷え込みではありませんでしたが寒いには変わりありません。そして、今日のような曇りの日は気温の変化は少なく、日中でもマイナス13℃位でした。今日から暦の上では小寒、しばらくは寒い日々が続きそうです。


裏銀座



鹿島槍


今日のような高曇りの日は、太陽の光が弱いのでいつも見る景色となんとなく印象が違います。ちょっと水墨画のようになります。こんな景色もなかなか美しいものです。


今日の日中はいつもに比べれば風は弱く、時折、雲が薄くなったところから太陽の光も届き、穏やかな天候でした。冬山において一番やっかいなのが風ではないでしょうか。その風が強くないというのは助かります。


日の入が近づいて来た頃、ちょっと面白い光景が見られました。東の空にはレンズ雲が現れ、その下にある四阿山から志賀高原辺りの山々にだけ日があたり、なかなかきれいでした。


そして、西の空を見れば笠ヶ岳の左側へと沈んでいこうとする太陽から幻日が現れていました。今日のような巻層雲が出て、高曇りの日に幻日はよく見られることがあります。今日は青空は見られませんでしたが、空の変化が楽しい一日でした。
河地

厳しい寒さ。
2018/01/04


厳しい寒さとなりました。朝の気温はマイナス19℃、日中でもマイナス14℃でした。そんな寒い朝の日の出前に外に出て見ると満月を少し過ぎても月明かりは明るく、燕岳がその光に照らされ、美しく浮かび上がっていました。



7時頃、太陽が顔を出してきました。1月2日に見えたぼんやりとした太陽が初日の出だとは思うのですが、今日はとてもきれいでもしかしたら今日を初日の出と言っていいのでしょうか。いい具合にガスがかかり、とても幻想的で美しいものとなりました。写真には写りませんでしたが空気中に見られるキラキラとしたダイアモンドダストが見られました。


今日の日中は気温は低かったのですが、いつも吹く強い西風がそれほどでもなかったので、燕岳へ向かわれる方もいらっしゃいました。今日の気温で20m近い風となれば、いくら天気が良くても凍傷や低体温症の危険があります。



今日は晴れそうでなかなか晴れない一日となりました。時折、太陽がぼんやり見えることがあったのですが、青空は見ることが出来ませんでした。


20時頃、ガスが取れて、東の空から月が昇ってきました。今晩もマイナス19℃まで下がってきて寒い夜となりましたが、月明かりに照らされる山肌と街の夜景がきれいです。明日は松本市でも最低気温がマイナス8℃と非常に冷え込みそうです。これからが寒さが一番厳しい時期へと入っていきます。
河地

正月三が日。
2018/01/03


昨夜は小屋がガタガタとするほどの非常に強い風とやや多めの降雪となりました。トレースもだいぶ吹き溜まってしまったようなので、合戦小屋までトレースを付けに行きました。年によってはこの作業をする必要のない冬もあったりしますが、今年は2度目の出動となりました。


今日のような天気ではトレースはすぐに消えてしまうので、皆さんまとまって下山されて行かれました。風雪が強かったので、ゴーグルとバラクラバは必要でした。ただ、バラクラバをしていると口から出る息がゴーグルを曇らせてしまうので、ちょっと工夫が必要です。


合戦小屋の周りも随分と積雪が増えました。上山した時より1mくらい積雪が増えたようでした。



午後になってくると雪雲が薄くなって、太陽がぼんやりと見えるようになってきました。今日の天気は決していいとはいえませんでしたが、思っていたより、合戦尾根上では強い風ではなく、お昼過ぎより到着されるお客様が出てきました。上から下ったお客様のトレースがあったので、いいタイミングですれ違いが出来たことでしょう。


晴れそうでなかなか晴れない天気でしたが、周りの山々が全く見えない中にあって、燕岳だけが姿を見せてくれました、燕岳は晴れやすい山なのでしょう。


正月三が日も今日で終わりとなり、山小屋は静かになってきました。そして、今日からまたこたつを出しました。そして、夕食後はこたつでオーナー赤沼の山のお話を行いました。この時期しか出来ないことです。


夜になって気温はどんどんと下がってきて、マイナス19℃まで下がってきました。ガスがなかなか取れませんでしたが、月がぼんやりと見え、街の夜景もきれいに見えていました。明日は天気が良くなりそうです。
河地

初日の出。
2018/01/02


朝になっても雲が広がり、雪がちらちらと舞っていました。それでも雲を通して丸い月がぼんやりと見えていたので、もしかしたらと思っていたところ、雲を通してのぼんやりとした太陽ですが、7時過ぎに見えてきました。今年の初日の出です。北アルプスの中では比較的晴れの多い燕岳ですがここからの初日の出は年によってはもっと遅い時もあります。



大晦日と元旦を山小屋で過ごされた方の多くが今日下山されて行かれました。燕山荘企画の冬期登頂ツアーの皆様は、燕岳へも登頂出来、とても満足そうな顔で下山されて行かれました。




ゆっくりとした天気の回復でしたが、9時頃より青空が広がり、真っ白になった燕岳や槍ヶ岳が姿を現しました。この晴天は束の間のもので、3、4時間ほどで風雪へと変わってしまいました。疑似好天というのでしょうか。このわずかな時間のワンチャンスをうまく利用して、快適な登山が出来た方も中にはいらっしゃたことでしょう。


昨日に続き、今日も餅つきを行いました。このころになってくると風雪はさらに強くなってきたので、玄関の土間で行いました。山の上でもまだまだ正月ムードは漂っているようです。

明日はかなり厳しい天候となるようです。森林限界を超える合戦小屋上、特に三角点より上では、樹林がないため、まともに風を受けるようになります。トレースもあっという間にかき消され、想像以上に体力を要し、時間がかかる場合があります。そんな場合、登るより下山した方が安全な場合もありますので、その見極めをしっかり行ってください。厳しい天候の際は低体温症の心配が出てきます。この症状は自分自身では気づかない場合もあります。単独行ではなく誰かと一緒に登られるといいかと思います。今年の冬はなかなか厳しいものになっているようです。
河地

≪前へ | 2 / 100 | 次へ≫

プロフィール

北アルプス燕岳(2,763m)の山小屋燕山荘のスタッフがリアルタイムでその日の出来事をお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2018 1月
  1  2  3  4  5  6 
 7  8  9  10  11  12  13 
 14  15  16  17  18  19  20 
 21  22  23  24  25  26  27 
 28  29  30  31    
12月  |  Today  |  2月

お問合せ・ご予約

燕山荘直通電話

TEL090-1420-0008

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る