北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

北アルプス 大天荘

大天荘 スタッフブログ

大天荘視察。
2019/05/28

約半年ぶりのご無沙汰となりました、改めまして今シーズン令和元年よろしくお願い致します、大天荘 榊(さかき)です。
 ▲大天井岳と穂高連峰(5月25日 燕山荘から)
5月25日から2泊3日の日程で、大天荘視察に出かけてきました。
小屋が無事に越冬できているか破損等の確認、6月半ばスタッフ本格入山にあたっての前段取り等、十数項目に渡る確認が主な作業内容となるこの視察は、新しいシーズン多くの方に大天荘をご利用頂く上で、例年とても大切なイベントです。

とはいえ、約半年ぶりのこの時期の大天井岳現地入りは、「よし!今シーズンも気持ち新たに頑張るぞ!」と毎年気分が高揚するもの。加えて今回は晴天に恵まれたこともあり、この谷の視察はとても気持ちよく作業にあたることができました。


5月25日、燕山荘を出発して約3時間、昼前に大天井岳山頂に到着。
6750 ▲槍・穂高連峰
6744 ▲剣・立山連峰~針ノ木岳~鹿島槍・白馬方面
6759 ▲常念山脈 遠望:南アルプス、八ヶ岳連峰、中央アルプス他
快晴無風のこの日は、霞むことなく遠望がよく効きました。

・・・やっぱりここ大天井岳の頂上から見るこの光景、落ち着きます。

あと3週間足らずで、再びここでの生活が本格的にスタート。今シーズンも、ここ大天井岳周辺から、自然の移ろい等をお届けしてまいりますが、なかなか一向に向上しないカメラワークだけはご勘弁を・・・


6791 ▲鷲羽岳辺りに沈む夕陽(5月25日)
6829 ▲日の出4:40頃(5月26日)
6818 ▲朝焼け槍ヶ岳
6819 ▲朝焼け穂高連峰
6835 ▲前穂高岳北尾根越しに御嶽山
6826 ▲北の方角 燕山荘方面
6836 ▲大天井岳と大天荘
視察滞在2日目も概ね終日晴天に恵まれました。殊、残雪残る朝焼けの槍穂高は毎年この時期見ていますが、じつに迫力ある峰々だと改めて感じます。

ちなみに、今年の大天荘周辺の残雪状況は・・・
0076 ▲2018年5月24日
0683601 ▲2019年5月26日
過去数年と比較してうんと多いわけではありませんが、去年と比較すると多めです。



6781
6858
6852
限られた2泊3日、100%というわけにはいきませんが、雨どいの補修や貯水タンクの洗浄、要所の除雪等、今回の視察で予定していた作業内容はあらかた進み、無事終了。
同行して頂いた燕山荘スタッフT君、ありがとうございました。

6870
なおご覧の通り、小屋周りの所々に、深さ3~4m除雪の縦穴を掘りましたが、目安に赤旗を立ててありますので、縦走で小屋周りを歩かれる際は、旗の近くには近寄らないようご注意願います。


視察を終え大天井岳を後にし、燕山荘に向かう道中の道端に、
688301
早くもミヤマキンバイが一輪咲いていました。

次回本格入山は、6月16日の予定です。
恐らくその頃、大天荘の小屋周りにはこのミヤマキンバイが群生していることでしょう。


さあ、この視察を踏まえて、ぼちぼち入山の準備を本格化させるとしましょうか・・・



<燕山荘~大天井岳縦走路の様子>
671401
上の写真は燕山荘を出て大天井岳方面に向かっている場面での蛙岩付近の登山道上です。赤矢印が夏ルート、水色矢印が冬ルートです。
6721
蛙岩付近は、5月25日の時点で多少残雪がありましたが、雪をL字状に工作しましたので、夏道の通行可能です(恐らくこのブログが更新される頃には、その後の雪融けで無くなっているかもしれません)。

6733
上の写真は、大下りの頭から降り切った縦走路。夏道はこの残雪の下にあり、数百メートル残雪上を歩くことになります。燕山荘~大天井岳山頂までの間、雪の上を踏む箇所はここだけです。
なお、通称“為右衛門吊岩”付近等、稜線の東側を巻く幾つかの区間は、残雪により通行できない箇所があります(ロープ等で誘導してあります)。そういった区間は、稜線西側を巻く冬ルートの通行をお願い致します。

688401
最後に大天井岳山頂付近ですが、大天荘が営業開始するまでは、水色矢印の冬ルートの通行をお願い致します。
赤矢印の夏ルートは、上でご覧の通り、幾つかの急傾斜の雪渓をトラバースする箇所があり、特にこの時期一度滑落すると数百メートル止まらなくなる危険がはらんでいます。傾斜のきつい雪渓上のトラバース程、雪上歩行において難しいものはありません。過去においては数件遭難事故が発生しているとも聞きます。
6880
不確かな踏み跡に惑わされることのないよう、冬ルートの通行のご協力をお願い致します。



2019年度営業開始は6月22日からです
2019/03/12

2019年度大天荘の営業は6月22日(土)~11月4日(月)です。
今年も宜しくお願いいたします。

現地からの最終たより。
2018/11/07

さかきです。

2018年シーズン現地からの更新は、今晩が最後です。

今年は6月17日に入山し、気付けばあっという間の5か月弱。
いろんなことが思い起されますが、先ずはスタッフ全員、大きな怪我事故なくシーズン締めくくれそうであることに(無事下山することまでが大事な仕事)ホッとしているところです。
2953
2958
2964
小屋開け小屋閉めは、何かと重量物を運ぶ・組み立てる・分解するといった、一歩間違えば簡単に怪我につながりかねない作業が目白押しなので、気が抜けません。
加えて作業の良し悪しで来シーズン小屋開け以降の運営が大きく影響しますので、時間と睨めっこしつつ丁寧な作業が求められます。

ま、何はともあれ、ここ数日比較的晴天ベースである故、作業が順調に捗るのが助かります。

今朝も冷え込みは強くない上、気持ちよい青空が広がり、それが夕方まで続きました。
874001 ▲日の入前 槍ヶ岳と高瀬雲海
873001 ▲同じく 遠望剣・立山・鹿島槍方面
8729 ▲同じく 常念岳方面
作業の手を休めて・・・という時間は今日の日中はなかなか難しいものでした。
その分、小屋閉めの目途がついた夕方辺りに、これで来シーズンまでここ大天井岳周辺から望む光景とお別れがゆえ、じっくり眺め入りました。
雲海が見事でした。

それにしても、先週まで何度かの降雪でうっすら雪化粧したここ大天井岳界隈に限っては、だいぶ雪無くなりました。


そして日没後。
878801 ▲穂高連峰
877501 ▲槍・穂高連峰全景
うっすら紅く染まった西の空が印象的でした。


長年見慣れているこの角度からの槍穂が私は一番気に入っていますが、とりあえず明日の午前中で見納め。


今シーズン最終更新のブログも槍穂になるかと思います。
ご挨拶は、その時に改めてさせて頂きたいと思います。





小屋閉め作業のさなか・・・
2018/11/06

さかきです。

お客様が去っても、ここ大天荘から望む峰々の光景は、いつどんな時でも変わることなく、昨日も晴天下、素敵な容姿を我々スタッフに見せてくれました。
8632 ▲日の出前 槍ヶ岳
8630 ▲同じく穂高連峰
8637 ▲大天井岳と大天荘

先週頭のような強い冷え込みは徐々に緩み・・・とはいえ昨日の朝も-3℃前後まで下がりましたが、素手で十数分カメラ片手に外に出ていてもあまり苦にならず、お客様がいないことをいいことに、じっくり槍穂の光景を眺めさせて頂きました。

それからは日中にかけ、小屋閉め作業に全力。
2951
8661
合間に出現した巻雲。息つく暇もない作業の合間にこういう光景は、気持ちがホッとして落ち着きます。
8674
雪は被っていても、どことなく穏やかな感じの槍ヶ岳。
8670
8679
一時かなり白くなった大天荘周りですが、ここ数日の晴天でだいぶ岩肌が露出してきました。
今朝11/6の朝の時点で、大天荘周辺は雪ではなく雨模様。みぞれや雪に変わらない限り、さらに雪は融けるでしょう。


そして夕方前は、今シーズン最後のヘリコプターによる空輸作業。

8691
下す荷物の準備が整い、いざフライトまでの待ち時間。
こうやって標高2,870mの“住処”から里を見下ろす生活もあと僅か。数日後にはこの小麦色に染まる安曇野の里に下りたっているのかと思うと、少々感慨に浸ってしまいます。
8705
8719
8725
日没間際のフライト、時折雲に巻かれるなど難儀しましたが、巧みな操縦で、無事に今シーズンラストの空輸作業を終えることができました。
東邦航空クルーの皆様、ありがとうございました。


・・・と、ここまでが昨日の様子です。


先ほども申し上げましたが、今日は朝から雨模様。


また夜にでも今日の様子を少しお届け出来たらと思っています。



記念写真。
2018/11/04

さかきです。


重ねて、今シーズンの営業終了にあたり、多くの方にご利用頂きましたこと、改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

画像

ご宿泊の一部の方のみでしたが、記念写真にて営業の最後を飾らさせて頂きました。

全員をお見送りした後、早速小屋閉め作業のラストスパートに取り掛かっています。


もうしばらく今シーズンの大天荘ブログにお付き合い頂ければと思います。




| 1 / 100 | 次へ≫

プロフィール

北アルプス大天井岳(2,922m)まで10分の場所にある大天荘スタッフが目にする自然の息吹をお届けします。

カテゴリー

カレンダー

2019 6月
       1 
 2  3  4  5  6  7  8 
 9  10  11  12  13  14  15 
 16  17  18  19  20  21  22 
 23  24  25  26  27  28  29 
 30       
5月  |  Today  |  7月

最近のコメント

  • Re: 大天荘視察。


  • Re: 大天荘視察。
    T.M&T.Y様 コメント並びに毎年ご利用頂きありがとうございます。 まもなく本格的なグリーン...

  • Re: 大天荘視察。
    榊さん こんにちは。 いよいよ新しい元号で迎える今シーズン開始が 目前に迫り、準備にお忙しい...

お問合せ・ご予約

大天荘直通電話

TEL090-8729-0797

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る