北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

燕山荘スタッフブログ

燕山荘 スタッフブログ

明日、下山します。
2019/01/07



下山日の明日は天気は良くなさそうです。すでに雪が降り始めてきました。ここで見る日の出も今朝が最後となりそうです。昨日お泊りの最後のお客様もこの美しい日の出を見て下山となり、いいシーズンの終わり方が出来たような気がしました。


お昼くらいまでは穏やかな天候で最後の外の片付けも順調に進みました。もう少しこの景色をゆっくりと見ていたかったのですが明日下山するために片づけなくてはならないことがたくさんあり、その後はほとんど外に出ることもなく、気づけば外は真っ暗になっていました。



登山道はこんなに天気がいいのに人気もなく、ちょっと不思議な感じがしました。これでひとたび雪が降れば、トレースは消えていき、山は元の姿へと戻っていきます。


午後になってくるとだんだんと雲が多くなってきました。燕岳の真上にはぽっかりと面白い雲が浮かび上がっていました。


燕山荘もだいぶ雪に埋もれてきていますが、雪は依然例年より少ないままで、この冬期営業を終えることとなりました。春までにはぐっと積もっているのでしょうか。


冬期営業が終了した後はこちらの冬期小屋をご利用ください。


冬にしては比較的天気の良かったシーズンとなりました。遭難などもなく、今はほっとした気持ちです。やはりこの冬期営業は通常の営業とは違い、いつも以上に緊張感をもって山の情報を発信してきました。これが少しでも皆様のお役に立っていれば幸いです。多くのお客様にお越し頂きまして本当にありがとうございました。4月の小屋明けで皆様にお会いできたらと思います。
河地

営業最終日。
2019/01/06



今日で今シーズンの冬期営業の最終日となりました。そんな今朝は少し雲が多かったものの気温はマイナス13℃くらいで風もさほど強くなく、美しい日の出も見ることが出来ました。



冬の朝の楽しみといえば、このモルゲンロートです。暗闇の中浮かび上がっていた白い雪面が日が昇るにつれ、刻々と色を変えていきます。一日で一番寒い時間帯ですが、この美しさを求めて、寒い中皆さんこれを見入っていらっしゃいます。冬山に登ってこそみられる光景ですね。


燕岳の左わきに見える立山にも日が当たるとまぶしいほど輝いていました。


燕山荘企画の冬期燕岳登頂ツアーを4回開催しましたが、すべてのツアーで燕岳に登頂することが出来、皆さん大変うれしそうに下山されて行きました。天気も悪い日もあったりしましたが、冬山の美しさと厳しさの両方を体験できたのではないでしょうか。


今日は10時過ぎ、燕山荘からも部分日食を楽しむことが出来ました。今年は12月にもまた、見られるようで今から楽しみです。


燕山荘を山頂方面から見ると稜線の高瀬川は雪が少ないの対し、安曇野側は雪が多いのがわかります。西側は風が強いため、このようになります。稜線上で休憩をするときは、風の当たらない東側に入るだけで随分と違うものです。


イルカ岩


メガネ岩
午後になってくると少しずつ雲が多くなってきました。それでも視界はくっきりとしていて周りの山々もきれいに見えていました。


鹿島槍
この雲が多かったために今日の夕陽は光の当たり方が面白く、鹿島槍の南方にだけ日が当たり、北方は雲に隠れて、いつもと違う鹿島槍に見えました。


北岳と仙丈ケ岳
そして、日が沈むころ、南アルプスの山々も赤く染まりました。


笠ヶ岳の右側に染まる夕陽


営業最終日の夕陽は派手さはありませんでしたが、美しいものでした。今シーズンの冬期営業中は大荒れの天気もなく、なんとか無事に終了できそうです。ただ心配なのはこの積雪量の少なさです。ここ数年、この時期の雪の量はだいぶ少なくなりました。
明日一日、片づけ作業をして明後日下山の予定です。多くのお客様にお越し頂きありがとうございました。
河地

冬期営業は残り僅かとなりました。
2019/01/05


今日は終日吹雪模様となりました。気温はマイナス10℃くらいでしたが風が強く、皆さん疲れてのご到着となりました。昨日の晴れから一転して厳しい冬山となりました。


平成最期の冬となった今シーズンは、燕山荘の今と昔を少しでもわかっていただけたらと若い方にも手に取っていただけるように過去のパンフレットを掲示してみました。こうしてちょっと前のパンフレットを見ると燕山荘も少しづつ変わっているのがわかります。


1月3日からフロント前の一角に書き初めコーナーを設けました。街にいてもこうして習字をする機会は少ないのではないでしょうか。


夜になっても雪は降り続いています。明日のお泊りが今シーズンの冬期営業の最後となります。残り僅かとなってきましたが、事故などないよう気を抜くことなく、また冬山登山が楽しいものであるようもうひとがんばりしたいと思います。
河地

最高の天気。
2019/01/04


高気圧に覆われて期待通りの冬晴れの一日となりました。日の出前、まだ街の明かりが残るころ、東の空はオレンジ色に変わりだし、遠くには富士山が見えていました。お正月には富士山は似合いますね。


今朝は中房でマイナス15℃まで気温は下がったようでここのマイナス13℃より寒くなったようでした。冷たい空気が下に溜まって、このようなこともたまに起こります。そんな今朝も7時頃、太陽が蓼科山のちょっと左から登ってきました。


すると真っ白になった山々はピンク色へと染まりだしました。この冬にしか見られない美しい色に寒さを忘れてしばらく見入ってしまいました。

alt="" class="photo" />
笠ヶ岳


槍ヶ岳から穂高岳連峰


北信の山々
日中はきれいに晴れ渡り、周りの山々もきれいに見えていました。気温はマイナス9℃台まで上がり、ひなたではあまり寒さを感じませんでした。今日のような天気は冬期営業中にそうたくさんあるものではなく、なぜだか一日中ウキウキした気分でした。


ヘリポートから眺めるいつもの光景です。小屋の1階の雨戸が見えている部分は不自然に思われるかもしれませんがこれは水を作るために雪を取ったからです。今年もずいぶんとたくさんの雪を運びました。


今日登って来られた方々はこの晴天と登る日が重なり、とてもうれしそうでした。山の天気に合わせて、登山の日を選ぶことが出来る方はあまり多くはいらっしゃらないかと思います。だからこそこんな日に巡り合えた喜びはなおさらなことでしょう。


イルカ岩


燕岳より燕山荘
今日のこの天候に誘われ、我々スタッフも休憩時間を利用して、みんな稜線歩きを楽しんでいました。


16時前、外に出てみると非常にくっきりとした幻日が現れていました。この良かった天気も夜になって一旦天気は崩れる予報で、だんだんと雲は多くなっていました。


日の入
この冬期営業は6日までで、残り僅かとなってきました。もう一度今日のような素晴らしい天気に巡り合えたらうれしいのですが・・・、今日は最高の天気の一日です。
河地

雪煙。
2019/01/03


今日の午前中は天気の回復が遅れ、皆さんこたつに入りながら箱根駅伝をご覧になられていました。混雑時にはこのこたつはご用意できない日もありますが、こたつでのんびりするのもいいものですね。


午後になってようやく晴れ間が出てきて、再び白くなった燕岳も姿を現しました。その手前にいつも現れる雪庇がなくなっていました。一度の天候で山の様子はがらりと変わってしまいます。


テント場より


ヘリポートより
だんだんと天気も回復していき、素晴らしい景色が広がりだしました。早速、カメラ片手に外へと出かけました。


天気が回復して嬉しくなって外を歩いていると合戦尾根には激しい雪煙が舞い始めました。




すると稜線上でも風が急に強くなり出し、ものすごい雪煙が舞い始めました。写真を撮ろうと展望のいい場所に移動するのも一苦労でした。小屋にある簡易風速計で測ると風速は25mでした。この突然の強い風は1時間ほどでおさまり始めましたが、激しく舞う雪煙にとても興奮しました。



今年最初の日の入りは寒かったけどきれいなものでした。明日は高気圧に覆われ、きれいな青空が期待できそうです。それにしても今日の雪煙はかっこよく感動的なものでした。
河地

| 1 / 100 | 次へ≫

プロフィール

北アルプス燕岳(2,763m)の山小屋燕山荘のスタッフがリアルタイムでその日の出来事をお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2019 1月
   1  2  3  4  5 
 6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19 
 20  21  22  23  24  25  26 
 27  28  29  30  31   
12月  |  Today  |  2月

お問合せ・ご予約

燕山荘直通電話

TEL090-1420-0008

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る