鴨居歯科かもしか通信

かもしか通信は長野県塩尻市にある
『鴨居歯科医院』・『鴨居歯科インプラント審美サロン』のスタッフブログです。
このブログでは、院長のコラムや、スタッフがリレーでつづる日記などをお届けします。

かもしか通信

1.院長日記

みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

新年明けましておめでとうございます。
今年も1月5日から全員が揃い診療を始めました。
新年に当たり院長からスタッフの皆さんに今年の所信を文章にしてお渡ししました。
それをここに載せます。


スタッフのみなさんへ
           2019年 1月 吉日

               院長 鴨居弘樹

鴨居歯科医院は1972年10月5日に開院し、本年は47年目となります。

昨年は海外ではアメリカの大統領のトランプ氏がいろいろ物議を起こし、中国は一強体制を確立し目覚ましい発展をして、米中摩擦が激化しています。
そんな中、国内の明るい出来事として、平昌冬季オリンピックにて羽生結弦選手が連覇し、大坂なおみ選手が全米オープンテニス優勝、大谷翔平選手はメジャーリーグ新人賞と新たな若いエネルギーが日本だけでなく世界中で沸き起こっています。
災害の多い年でもありましたが、立ち直りも早く日本の底力を発揮しています。平成から新たな年号になり、どんな変化が起こるか楽しみな年になりそうです。

鴨居歯科医院はスタッフの皆さんがスクスクと成長し、多くの卒業生を出しましたが大きな問題もなく年頭に掲げた目標をほぼ達成する事が出来ました。

強力な可能性を秘めた新人が入社し、個々の皆さんがそれぞれに役割を自覚し、強力なチームワークが形成され、多くの患者さんに認知、評価されてきています。

今年も、ホリスティックデンティストリー、家族主義経営、チームワーク診療、無借金経営を基礎として、コミュニケーションを重視した診療形態を徹底し、導入した「T-method」をしっかりシステム化して具体的に患者さんに予防の知識、方法と上質な歯科診療を認知してもらい、長寿社会において“健康寿命が延びるお手伝い”ができる診療内容にグレードアップしたいと思っています。
更にIT・AI化を推進して世の流れに順応してターミナル歯科医院としてのブランド化を定着していきます。自信を持って何事にも対応し無限の可能性を引き出して下さい。

HPも日々更新されスタッフの皆さんのブログは楽しく読め、個性が発揮されています。今年も豊富な内容を期待しています。特に患者さんのデンタルIQ を高める工夫をして行きましょう。

今年も下記に掲げた目標を実行・実現するよう向上、前進して行きたいと思います。鴨居歯科医院の環境を介して
「利他の実践: 医は仁なり」をメインテーマにし「仕事と思うな、人生と思え」「仕事で人は成長する」に従い、
仕事によって人間力形成、人格の高揚、幸せで豊かな人生を目指す人財創りに「院内木鶏会」を充実して行きます。

個人として引き続き「生涯現役・生涯修行・生涯挑戦・生涯情熱・生涯健康」に徹することを心に強く誓いました。
即実践する事を主体に更なる挑戦をし、患者さんの為に、自分の為に、歯科医療界の為に、スタッフの皆さんと共に
Win・Win・Win(自分が良くなり、他人も良くなり、社会も良くなる)を実践し、最良の仕事をして、充実した日々で、明るく楽しく元気なプラス思考の「世界一笑顔とありがとうが溢れる上質な歯科医院」を目指します。

本年も宜しくご指導、ご鞭撻、ご協力お願い申し上げます。

テーマ:    「利他の実践:医は仁なり」
サブテーマ:  「和顔愛語・一期一会 : すべては患者さんのために!:出会いを大切に!」
モットー:   「常に笑顔で! 仕事と思うな人生と思え! プロを目指す!仕事が人を育てる!」

<目標>
1.患者さんが感動する診療
 8S-UP運動の実践 : 整理・整頓・清掃・躾・サービス・スマイル・スピード・シンプル
 6C診療 :Cure・Care・Communication・Consideration・Confidence・Courtesy
2.ムリ・ムダ・ムラの排除
ムリのない動き : ムダのない働き : ムラのない診療
3.3K 活動の推進  「健康・教育・環境」
4.3ゼロ運動の達成
クレーム ゼロ :  治療中断患者 ゼロ : 技工再製物 ゼロ
5.20年保障できる口腔管理体制
根拠に基づいた治療 : 予防システムの確立 :  精度の高い補綴物 : 啓蒙活動
6.笑顔、ありがとう運動の徹底
7.チャレンジ:全て20%向上

2018/12/28

第20回木鶏会

みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

冬至が過ぎて少しずつ夜明けが早く成って来ていますが、寒さは日に日に厳しくなっています。
今朝のウォーキングはまだ暗い中月が輝き、星がきれいに見え歩く小道は霜柱の崩れる音が靴の底に心地良く響いてきます。

今月は第20回を迎えた「院内木鶏会」が行われました。
回を重ねる毎に感想文の内容が素晴らしく、感動で涙することもあります。
途中で行われるチームの命名もこり、パフォーマンスは笑いがあります。

院内木鶏会のメリットである院内の雰囲気が良くなり、お互いの考え方が深く理解でき、人の成長が確実に見られます。

今後も続けて行い、全国大会出場を目指そうと言うエールを送りました。

今回も私の書いた感想文を載せます。 御笑読下さい。

人生を照らす言葉
~悲しみがあなたを深くえぐるほど そこにはよろこびを満たしていくことができるのです~(カリール・ジブラン)』
鈴木秀子

「喜怒哀楽」「苦楽を共にする」「悲喜こもごも」と言う言葉を良く使います。
生きる時常に苦しみや悲しみが襲ってきますがそれをどう受け止めるかが大切です。

「物事には必ず二つの側面がある」それをどの様に解釈するかによって生きる糧になっていきます。
自分の中で喜びを感じたのは、娘が歯科医の道を選んでくれたときです。

祖母の悲願でもあり、無事国家試験も通り、研修医としてともに学び、患者さんに立派に接する姿を見て確かな後継者になったと嬉しい楽しい日々を過ごしていました。

自分のできなかったアメリカ留学もでき、1年後に親友の結婚式に帰って来て元気そのものでしたが、お腹の調子が悪いと訴えたので診てもらったところ「膵臓癌」と診断され、余命4,5ヶ月と宣言されたときには青天の霹靂でした。

本人が一番ショックを受け信じられないと思ったことでしょう。1年10ヶ月を健気に生き抜いた。若くして自分の輝かしい未来を閉じてしまいました。

その悲しみを克服するために70歳でリタイアすることを辞めて「生涯現役」を貫く覚悟ができました。
今ではいつも間近で笑み励ましてくれる天子となって困ったときに助けてくれます。

来月は7回忌の法要を兄弟家族全員で行うことにしています。悲しみを乗り越えてずっと見守ってくれている智子に深く感謝しています。ありがとう。

2018/11/16

第19回木鶏会

みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

秋が深まり冬の兆しが少しずつ見えてきました。
枯葉が道一杯に広がり、ウォーキングに出かけると幾重に重なって色とりどりの絨毯模様になっています。

今日は恒例の院内木鶏会が開催されました。
19回を迎えすっかり定着し感想発表者の内容が更に充実していました。

各班毎に行われるパフォーマンスも短時間でいろいろ考え笑いある楽しい時間を楽しみました。

今回も私の感想文を載せます。
御笑読下さい。


『人生を導いてくれた古典の教え』
対談:數土 文夫×出口 治明

同じ年代の人生の対談から学ぶ事が沢山有りました。
ビジネス上のスキルテクニックを学ぶより、人間がどういう動物かを知ることがベースだというのは至言でした。

二人が影響を受けた古典を次々と示しその中から座右の銘としている言葉はやはり心に響くものです。
孔子の唱えた学問を儒教を呼ぶが「儒」はもともと「濡」と言う字であって、「霧がかかっている中を歩けば自然に衣が湿るように、素晴らしい教えは気付かないうちに染み渡っていくものだ」という解説には納得しました。

「終身の計は人を樹うるに如くは莫し」も肝に銘じている好きな言葉です。まさに人財教育こそが国家百年の計であると思っています。

貞観政要の三鏡(銅の鏡・歴史の鏡・人の鏡)の教えは永遠の真理だと述べていますが同感しました。

論語の「道に志し、徳に拠り芸に遊ぶ」は今後の生き方の指標となりました。

あらゆる出来事は古典を読んでいればどんなに時代が激しく変化しようが想定できるからこそ、古典に学べと助言しています。
10年先、20年先を考え人に投資をして世の為人の為に成り縁ある人全て物心両面で幸せな人生を送れるような環境を整えていく努力をしていきます。

みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

朝から秋晴れと成り青空が澄んで爽やか信州そのものの日と成りました。
天気が良いと心も明るくなり何もかも晴れやかになります。

さて第18回目を迎えた院内木鶏会が開催されました。
毎週行われるS-upミーティングの時間を月1回利用して、決まった手順で効率よく進行されます。

4人1組の膝をつき合わせての「致知」の指定記事の感想文をお互いに発表し、それに対して3人がコメントを言う、良い点をほめることが人間関係の構築に役立っています。

回を重ねる毎に感想文の内容も良くなり、コメントも素晴らしいものになっています。
院内の雰囲気も明るくチームワークも向上し、患者さんからの評価も高まっています。

今後も続けていき、人間力の向上に努力していきます。

今日発表した私の感想文を載せます。

『自己を丹誠する』

生涯現役、生涯健康、生涯修行、生涯挑戦、生涯情熱を目標にしている自分にとって松原泰道師の座右銘「生涯現役、臨終定年」は共感、感動しました。

更に101歳迄「空しく老いないためには自分自身への丹誠が欠かせません」と生き抜いた生き方を真似して、105歳迄現役だった日野原先生を越える人生を楽しみたいと決意しています。
師として仰ぐ青山俊董先生は11歳年上、現在も海外に、国内各地で2年先迄予約一杯の講演活動を続けている姿は励みに成り、自己丹誠を続けていくことができると確信しています。

これからは泰道師が実践している3K

① 感動・感激・感謝

② 工夫

③ 希望

を自分の3K

① 健康

② 教育

③ 環境

を重ねて実践行動していきます。

今年は初心に戻り、仕事面の見直しを計画しいろんな研修を受けてきましたがそれを次年度に実践していくということを考えています。

今年のテーマ Keep on going! を残り2ヶ月しっかり続けて
「ニコニコ笑顔でイキイキ働きキラキラ輝くワクワク人生」
を極めていきます。
素晴らしいスタッフの皆さんと

「すべては患者さんのために!」

「世界一笑顔とありがとうがあふれる上質な歯科医院」

に成るよう自己丹誠をしていきます。

みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

異常な猛暑日が続いた後,大きな地震、台風の天災に見舞われたり政治の混乱もありました。
秋の気配が一気に訪れて過ごし易い季節となりましたがこのまま平穏な日々に戻ってもらいたいものです。

さて、今日は第19回を迎えた院内木鶏会が行われました。回を重ねる毎に素晴らしい発表とパフォーマンスがあり、院内の雰囲気が良くなっています。
スタッフ個々の、皆さんの能力がUPしています。
今後も人間力強化をお互いにして『世界一ありがとうと笑顔が溢れる上質な鴨居歯科医院』にしていきます。

皆さんの前で発表した感想文を今回も載せます。
いろいろ気付きをいただき更なる精進をしていきます。


『人生のヒント 限りある命をどう生きるか』

指定された所ではないですが「人生のヒント 限りある命をどう生きるか」のテーマにひかれて選択し、五木寛之著名作家と若いが致知に連載をしている横田南嶺禅僧に興味を持って読みました。

2人の共通の話題として松原泰道老師の思い出から始まり102歳まで仏教の教えを分かりやすい言葉で本質を語っていた事に共感していました。

面白かったのは、南嶺さんが15歳のときに説教を聞いて感動した泰道老師の「花が咲いている 精いっぱい咲いている 私たちも精いっぱい生きよう」の言葉に、五木氏はそれを『花が散っていく 精いっぱい散っていく 私たちも精いっぱい散っていこう』と言い換えたところに年代と共に受け取る感性が変わるのだと感じました。

面白い解説として
・キリスト教は青春の香りがあり夢があり未来があり愛を語り感動的でヒューマンな若々しさがある。
・イスラム教は実社会でのあらゆる心得を語って広大な社会人の宗教である。
・仏教は晩年を究めた人の思想だという。
そうだとすると今の自分にとって仏教を知ることが良い年代だと言うことになります。

3Kの「感動・工夫・希望」を心掛けた泰道氏のように感動を忘れず、絶えず工夫改善し希望を持って、『Keep on going!』と言った日野原先生を目標に豊かな人生を目指し縁ある人とともに歩き続けて行きます。

| 1 / 100 | 次へ≫
カレンダー
2019 1月
   1  2  3  4  5 
 6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19 
 20  21  22  23  24  25  26 
 27  28  29  30  31   
12月  |  Today  |  2月
ブログ内検索
 

医療法人 弘仁会
鴨居歯科医院

〒399-0736
長野県塩尻市
大門一番町16-14
TEL: 0263-52-0118
FAX: 0263-54-2121

◆診療時間
AM 9:00~PM 6:00
◆休診日
日曜日

届出済 歯科医院

 

届出済 歯科医院
鴨居歯科医院へ電話する