赤ちゃんから大人までアレルギーの総合診療 CLINIC
新時代のアレルギー診療に、長い経験、最新知識、地域アレルゲン調査、デジタル機器、チーム力で臨みます。
【住宅のカビ対策】梅雨時のカビは室内だけではありませんが、家庭でコントロールが及ぶのは以下の室内対策と自宅周辺までで…
【めざせ!スキンケアの達人】乳幼児のアセモ対策はおしぼりで押さえて汗をと…
【ぜん息克服への道】おもちゃ花火から発生する燃焼ガスは強酸性であり発作を…
【アレルギー性鼻炎とのつきあい方】起床時から目の痒みや鼻づまりが目立つ場合は、ダニ・カビ…

続きを読む...


【アレルギー性鼻炎とのつきあい方】スギ花粉飛散は終了しましたが、舌下免疫療法がよく効く…
【めざせ!スキンケアの達人】湿度があがって乾燥肌が楽になったために、治療を手控え…
【ぜん息克服への道】小中学校ではキャンプや登山行事の季節です。

続きを読む...


【アレルギー性鼻炎とのつきあい方】3月下旬に東京でヒノキ花粉が過去最多で観測されたと報道されました。原因は…
【めざせ!スキンケアの達人】保湿剤は5月上旬までは冬とかわらない内容で続けておきます。
【ぜん息克服への道】 ダニアレルギーの鼻炎とぜん息の両方がある人では…

続きを読む...


【アレルギー性鼻炎とのつきあい方】2018年のスギ花粉は、松本市(島立合庁)では2/28に飛散開始となっています
【めざせ!スキンケアの達人】長時間外出したり、急に強い日差しを浴びたりすると
【ぜん息克服への道】春は気温の変動が激しく、花粉の影響もあり、喘息発作がおきやすい

続きを読む...


【スギ花粉の飛散は3月はじめから】
◆2月18日現在、松本地域の花粉温度計は232.6℃に到達しています。
◆ダニによるアレルギー性鼻炎の根本的な治療であるダニの舌下免疫療法は、これまで12歳以上が対象でしたが、今年2月中旬から5歳以上から使用可能になりました。

続きを読む...


【スギ花粉症】今年の松本地方のスギ花粉飛散数は、前年比でやや少なく…
【厳冬期のアレルギー疾患】皮膚がかゆい: 冬の内陸性気候のために空気の乾燥もピークに達しています。

続きを読む...


【松本安曇野地区2018年スギ花粉の飛散量予測】
【めざせ!スキンケアの達人】
【ぜん息克服への道】
【アレルギー性鼻炎のツボ】

続きを読む...


【大掃除とスプレー】
【めざせ!スキンケアの達人】
【ぜん息克服への道】
【アレルギー性鼻炎のツボ】

続きを読む...


【めざせ!スキンケアの達人】10月中旬になって急激な気温低下がありましたが、降雨に助けられて

続きを読む...


【ぜん息克服への道】 ◆9月になって風邪にかかったり涼しくなったりしたため、発作をおこす人が増えています…
【めざせスキンケアの達人】 ◆朝夕涼しい季節になり、皮膚の乾燥が一気に出てきて…
【アレルギー性鼻炎のツボ】◆秋の雑草花粉症は、ヨモギ花粉が10月上旬…

続きを読む...


【ダニ対策】 ぜん息やアレルギー性鼻炎の主要アレルゲンであり、生活空間において人やペットからはがれ落ちた表皮を餌にして繁殖する、ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニへの対策についての最新版です。

続きを読む...


【夏特集】
◆食べ物とアレルギー=夏の食べ物といえば、スイカ、メロン、キュウリ、素麺など

続きを読む...