北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

北アルプス 大天荘

大天荘 スタッフブログ

見頃です!
2017/09/25


さかきです。


7080
真っ赤に色づいたクロマメノキ。これぞ天然色、いい色ですね。
7086
こちらはほのかに色づいたカラマツの黄葉シーン。中天井岳のピークにひっそり生えています。

ということで、地味ながらここ大天井岳も紅葉の見頃を迎えました。
257201
▲槍・穂高連峰(大天井岳直下より)
昨日から始まりました、秋の燕山荘恒例行事“槍ヶ岳登頂表銀座縦走ツアー”の御一行は、今晩大天荘宿泊。明日はいよいよこのツアーのメインとなります大天井岳~西岳~槍ヶ岳と、まさに上の写真の中を踏破する日です。
紅葉の見ごろを迎えたであろう表銀座縦走路・東鎌尾根・槍沢上部と、見どころ満載の場所を巡る秋の燕山荘一大イベント。明日は私もヒュッテ大槍まで同行致します。
戻りましたら、ツアーの模様少しだけご紹介させては頂きますが、詳細は燕山荘通信や燕山荘のブログにて紹介されることと思います。
なかなか小屋の従事では山を歩くことがないため、明日はすごく楽しみです。


どうか、明日明後日とお天気続きますように・・・




秋ですね~
2017/09/24


さかきです。


2554
なんとなく旅客機の窓から眺め見る景色に思えるのは私だけでしょうか。
2560
そんな東の空とは対照的に、槍穂の空は雲がモクモク。なんとなく芸術っぽい感じがしたので撮ってみました・・・と、秋の午後の何てことのない一コマではありますが、じっくり見入ると、どんなシーンでも特別な印象を持ち得るものですね。
2570
▲大天井岳と大天荘
ここ大天荘から眺める各縦走路の山肌は、だいぶ錦色に変わってきました。紅葉シーズン真っ盛りといったところでしょう。小屋周辺のナナカマドも色鮮やかな赤や黄に様変わり。
707101
ちなみに、大天荘のシンボルツリーであるこのウラジロナナカマドはこんな感じ。決して赤や黄ではないけれど、きれいな黄緑色でいい感じです。今年は最終的にどんな色で締めくくってくれるのか楽しみです。
7052
道端にはタカネツメクサのドライフラワーが。何も赤や黄だけ追い求めるばかりでなく、こんな様変わりした花達を眺めるのも面白いです。


と、道端観察していたら、今日は雷鳥ではなくこの子達がたくさん。
7063
イワヒバリ。雷鳥程注目されはしませんが、よくよく見れば彼らも可愛い顔しているんです。ただ動きが早いのでなかなかファインダーの中に納まってくれず、結果このブログへの登場回数も数える程度。今日はおとなしく何やら一生懸命啄んでいました。
そんな彼ら、もうじき山を下りて麓に移動します。


いろいろ見聞きすれば、うん、秋ですね~。



秋分の日。
2017/09/23



さかきです。


今日は秋分の日、考えてみると土日ではあるけれど、一応連休なんですね。


先週の3連休は、台風18号の影響をもろに被り閑散としていた大天井岳周辺、今日は天気の良さも手伝って、久しぶりに週末賑わいました。

254401
▲大天荘とテント場
254601
▲槍・穂高連峰
254801
▲北の方角
気付けば日は暮れて夜になり。
気温は午後7時過ぎ、大天荘の温度計で6℃程。昨日一昨日と比較すれば、だいぶ凌ぎやすい気温・・・いやいや私の感覚ではいけませんね。やはり大抵の方は薄手のダウンやフリース、アウターを着用しております。けれどほぼ無風にて、しばらく外で星空眺めていても苦にはなっていない様子です。


いい秋の週末でした。


今日の秋分の日を境に、夜はどんどん長くなっていきます。日没は18時を切り、17時台となってきました。小屋への到着、遅くならないようお気を付け願います。



ということで、今夜は顔馴染みの方がたくさん。“少しだけ”呑みたいと思います。


役者魂。
2017/09/22


さかきです。


どうやら昨日の夕方はとてもいい空の焼け方をしたようです。そのタイミングで外に出ることは、昨日に関しては難しい状況だったので、話を聞けば聞くほど残念!でした。


2498
▲東の空
2494
▲北の空
2514
▲日の出 5:35頃
しかしながら、今朝は今朝でいい感じの朝焼けだったので、これで納得することにします。
それにしても昨日今日と朝晩冷え込んできました。外気温、大天荘の温度計で昨日は0℃前後、今朝は4℃程、普通に霜柱が立つようになってきました。カメラを持つ手も、風にあたると悴むようになってきましたし。これからの時期、高山にお出かけの方は、天候の善し悪しに関わらず、防寒着のご用意はくれぐれもお忘れなく。



さて、昨日のブログでも少しご紹介しました、一昨日からお見え頂いておりました「山女日記」ロケ隊ご一行ですが、本日早朝ここ大天荘周辺での一連の撮影を終え、次の場所へ移動していきました。
一昨日の暴風の中での稜線移動を含め、気象条件等きっと過酷に感じられたと推察しますが、そこはやはり“その道”でのプロ集団。朝は3時過ぎに起床し、早めの朝食を済ませれば、日没までのほぼ丸一日外に出ずっぱり。撮影スタッフはもちろんですが、役者さん達もまさに“役者魂”と言うのでしょうか、スゴイなと感心しました。

<今朝のロケの様子>
4500
07032
撮影の様子など、生まれてこのかた下界でさえ見ることなかったのに、まさかここの地で目の当たりにできるとは思いもしませんでした。役者さんの演技を初めて生で見させて頂きましたが、迫力ありますね。少々興奮してしまいました。
7034
4505
役者さんの演技はもちろんのこと、よくテレビ等で見るあの“カチンコ”や撮影機材を間近で見ることができたのも、ちょっと感動。


最後は撮影話になってしまいましたが、ドラマは山がテーマですから、まあ良しとしましょう。


ロケ隊御一行様、こじんまりとしたこの大天荘をご利用頂きまして、ありがとうございました。10月の放映楽しみにしております。




紅葉シーズン到来。
2017/09/21


さかきです。


昨日は一日の間で何度小屋の中を雑巾がけしたことか。それほど終日ものすごい風と、それにともない巻きあげられる砂埃が、玄関や窓の隙間から入り込み、拭けども拭けども・・・


2470
今日は一変し、午前中から快晴無風、爽やかな青空が広がっています。
2458
通称“トカゲ岩”と呼ばれる、槍穂を望むのに最高のビューポイントへと続く小道に群れるクロマメノキは、真っ赤に染まり、ここ大天井岳周辺の紅葉シーズン到来を告げています。

と、この写真を撮りに、小道に入りかけようとしたその足元に、
4467
じっとおとなしくしている2羽の雷鳥。これが5分程動かなかったんですね。
こちらは急いでいたわけではないので、向こうが移動するのを、しばらくじっと待っていたのですが、最終的には向きをこちらに変えて歩いてくる始末。
4470
やれやれですね。ま、可愛いからしょうがないか。
なんやかんや15分程して、ようやく遠ざかりはじめ、
4487
クロマメノキの実を啄み始めたところで、少しずつ歩を進め、先の写真撮影と相成りました。



4463
ところでこの写真は、大天荘と大天井岳の、何てことない一コマ。山頂に人だかりができていますが、おわかりになりますか?
4476<br />
昨年テレビ放映されました「山女日記」ご存知の方多いことと思いますが、この秋10月下旬に、その続編が放映されることになり、そのロケが昨日からここ大天井岳界隈で行われています。先にも述べましたが、昨日は悪天候のため、撮影がほとんどできなかったようで、今日はその分取り返すべく、早朝4時過ぎから一丸となってロケを敢行。
今日もここ大天荘に連泊にて、きっと夕方遅くまで頑張られることでしょう。ねぎらいの意味も込めて、今夜もふんだんに芋煮を召し上がって頂こうと思います。




| 1 / 85 | 次へ≫

プロフィール

北アルプス大天井岳(2,922m)まで10分の場所にある大天荘スタッフが目にする自然の息吹をお届けします。

カテゴリー

カレンダー

2017 9月
      1  2 
 3  4  5  6  7  8  9 
 10  11  12  13  14  15  16 
 17  18  19  20  21  22  23 
 24  25  26  27  28  29  30 
8月  |  Today  |  10月

最近のコメント

  • Re: 見頃です!
    山小屋にいると意外と山は歩けませんよね。 縦走、楽しんできてください。

  • Re: 秋分の日。
    お世話になりました。念願の(?!)芋煮を美味しくいただき、紅葉を楽しんでの下山となりました。 ...

  • Re: 紅葉シーズン到来。
    大天荘界隈では、まさしく雷鳥さんファースト! ですね。 さかきさんの,雷鳥さんへの温かいまな...

お問合せ・ご予約

大天荘直通電話

TEL090-8729-0797

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る