スタッフブログ

年長さんを紹介した時に丁度
風邪をひいていて紹介出来なかったのですが

年をまたいで紹介します。

田中美麗(年長さん)



五年生の田中景(モヤシ軍団団長)の妹

いつも大きな目をクリクリ輝かして
ホッぺを真っ赤にして頑張っています。

とても恥ずかしがりやで道場では
大人しいのですが
家では兄ちゃんとケンカするほどの内弁慶っプリ

兄ちゃんの景は優しいけど
それでも、あのモヤシ軍団をまとめ上げている男だ
その兄に臆することなく向かっていく強気を
柔道で発揮すれば強くなるのは必然!!

いつか内弁慶の内がとれて女弁慶になる日を
私は期待している。



12月の末に師範の念願が一つかなった。

村山整骨院に通う1組の夫婦が居る・・

この夫婦は学生時代、夫はラグビー、妻は剣道に
明け暮れ、青春の汗を流していた
っとここまでは至って普通のさわやかな夫婦だ


しかし、師範は目を付けていた!

この夫婦のガタイの良さに!!

30年以上、整骨院業務の傍ら
道場のスカウト活動を続けてきた師範の目は
プロ球団お抱えスカウトマン達も舌を巻くほどに
研ぎ澄まされ千里眼の様に近未来を見る事が出来る!


その目が瞬時に判断した・・・
「この夫婦の子供は抜群だろう」と。


つまり、生まれる前から目を付けられていたのだ
それがこの子だ!!



矢澤愛理(小1)

もうすでに同級生の中では大きい方で
柔道の覚えも抜群!!
とても楽しみな新入門生です。

1月5日から始まった今年の寒稽古
流行りの胃腸炎やインフルエンザに罹ることなく
全員で変わらぬ厳しい稽古を乗り切った!!

1月9日鏡開きで紅白戦と餅つきをした。

まず柔道の基本中の基本
受け身の審査を全員が受ける。
年の初めに、始めたばかりの子から
中学三年生まで緊張して受け身をやる
これによって初心に戻り
また一年間柔道の修行に打ち込む

その後皆で紅白戦を行った



試合の合間を見て餅つきをする
各家庭で餅をつく習慣が薄くなって来ているので
子供たちにとっては貴重な経験
かも知れない。











中学生になるとだいぶ様になってくるようです
最後は大人が仕上げ




おしることお雑煮にして美味しく頂きました
餅を一人で二十個以上食べた子もいました
これで今年も粘り強く戦える事間違いなし!!

プロフィール

長野誠心館道場
年中さんから中学生まで
総勢 60名 の子供
それを支える青年から中年までの
指導者達の柔道奮闘記!!

カレンダー

2011 1月
       1 
 2  3  4  5  6  7  8 
 9  10  11  12  13  14  15 
 16  17  18  19  20  21  22 
 23  24  25  26  27  28  29 
 30  31      
12月  |  Today  |  2月

ブログ内検索