診療案内

10月23日(日)
第11回 病院際が開催されました。

今年は病院創立50周年の年。スタッフ一同、例年以上に力を入れ準備を進めてまいりました。
お天気はあいにくの曇り空でしたが、400名近くの方に来場していただき、50周年を記念する盛大な病院際となりました。











今年は安曇野市堀金の「常念太鼓」さんにオープニングを飾っていただきました。
下は年長さんから上は中学生までの子供さんがご活躍されているそうです。
















イベントホール午前の部では、穂高西中学校 吹奏楽部の皆さんの演奏と、毎年来ていただいている穂高南小学校の合唱部の皆さんのステージをお楽しみいただきました。
どちらも、馴染みのある楽曲を披露していただき、入院患者さんや来場者の皆さんにも大変喜んでいただきました。













こちらは、バザー開店前の様子。
おかげさまで、この後会場は大盛況と相成りました。
帯刀農園さんと滝澤農園さんより提供いただいたリンゴ700個も完売!
毎年ありがとうございます。病院のバザーの目玉商品です!














カフェでは今年はゼリーを手作りし、こちらも好評でした。


























屋台コーナーは、今年から大勢の皆さんにご利用いただけるよう、アンケートと食券との引き換え方式を採用しました。
メニューは、カレーとフランクフルトとタピオカミルクティーでした。
こちらも、お腹いっぱいになっていただけたことと思います。


体験コーナーの様子。
なにやらすっごく楽しそう!
何をやっているのかというと・・















腹腔鏡体験でした~♪















午後のイベントホールは、講演会の3本立てでした。












まずは、整形の古屋雄一郎医師による講演会「ロコモティブシンドロームについて」

ロコモとは?
運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。
ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。
いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくこと必要とされています。











会場では理学療法士さんと一緒にロコモ体操も行いました。

続いては、院長 古屋直行医師による50周年記念講演「50年のあゆみを振り返って」











懐かしい病院の写真などを見ながら、これまでの穂高病院のあゆみを振り返り、
さらにはこれから、どんな病院を目指して進んで行くのか、院長より語られました。


最後は、理事長 古川穰医師による「地域医療とこれからの穂高病院」











タイトルは難しそうでしたが実際は、昔の苦労した話、当院で三つ子ちゃんが産まれた時の思い出話など振り返り、理事長らしい、面白くて感動する話を聞かせてもらいました。
台本もパワポ資料もないのに約1時間、しゃべり倒し、ぴったり尺に収め、最後はホロリと涙を誘う。
さすが。穣先生!



さて、50周年の病院際はいかがでしたでしょうか?
これからも地域のみなさまに愛される病院でありますよう職員一同努力してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


12月20日
恒例の病院忘年会が行われました。
職員の人数も年々増えていますので、今年も参加人数約250名という大忘年会です。











ずらっと並んだお膳の数が圧巻です。

さて、今年の幹事さんはレディース病棟のスタッフの方々。司会のお二人は着物姿もあでやかです。












新人さん達の余興も、練習の成果が見られました。
毎晩、業務終了後遅くまで残っての練習。お疲れさまでした!



←藏當先生チーム








←2階ナースチーム












←テッペイ&翼 








←2部司会のキャサリン&アンジェリカ



キッズ達もじゃんけん大会に熱狂しました。










余興に、ゲームに盛りだくさんの忘年会。
大いに楽しみました。





















今年は、1月に麻酔科 藏當Drが入職。4月に産婦人科の宮本Drが入職し、産婦人科医師は3名で診療にあたる体制が確立できました。
近隣病院の分娩受け入れが休止し、現在、安曇野市で唯一お産ができる施設となっておりますが、今後も安心な医療を提供できるよう、益々努力していく次第です。

当院の誇るべきは、そのチームワークの良さです。
来年も、一致団結、頑張っていきましょう!











最後は、哲平先生からばんざいの方法のレクチャーがあり、職員全員で全力のバンザーイ!\(^o^)/










お疲れさまでした。

10月18日(日)
第10回 病院祭が開催されました。
今年も秋晴れの良い天気に恵まれ、たくさんのかたにご来場いただきました。












今年も大人気の屋台は、200~300食分があっという間に終了しました。





献血にもたくさんのご協力ありがとうございました!
400ml限定にも関わらず、職員・来場者のかたを合わせ50人以上の方が献血に来て下さいました。
「40分で救える命がある」というフレーズが心に残りました。
















体験コーナー、ちびっこナース、バザー、カフェも好評でした。














































こちらはイベントホールでのステージの様子です。

穂高南小学校の合唱団の透き通るような歌声に癒されました。コンクール2年連続金賞受賞の実力は素晴らしい!













スマイリ―フジさんの大イリュージョン!
トークが楽しくて、大いに盛り上がりました!












産婦人科の哲平Drとスタッフによる講演会では、
婦人科疾患について、知識が深まりました。











イベントホール会場の催しもの。
最後は、締めの「もちつき大会」!!
Dr達が順々につき、子供達もぺったん。ぺったん。
最後は皆さんに振る舞って、この日のイベントがすべて終了となりました。










ご出演いただいた皆様、ご来場いただいた皆様、
ありがとうございました。




当院は、環境省策定の環境マネジメントシステム
「エコアクション21」の認証登録を取得しております。
















各部署のエコ活動委員が先頭に立ち、
☑廃棄物の分別管理の徹底
☑省エネルギー対策
☑化学物質の適正管理
☑グリーン購入
など職員一人一人が意識し、日々取り組んでいます。

このエコ活動の一環で、毎年、職員よりエコ標語を募集しています。投票によって選ばれた作品は「今月のエコ標語」として、院内のスタッフや患者さんが目にとまる場所にも貼り出されます。















さて、今回のエコ標語ですが、職員だけでなく、患者さんやプロパーさんなんど広くから募集し、200作品以上の応募をいただきました。

その中から、見事入賞を果たしたのはこちらの作品

☆エコ大賞
「大切な 安曇野守ろう エコ活動」

☆省エネ賞
「省エネは 見直し手直し 繰り返し」

☆優秀賞
「これくらい」みんなでやれば「こんなにも」

☆エコ活動委員会賞
「ゴミを分け あなたも今日から 仕分け人」













大賞1位の景品はマウンテンバイク!!
(CO2削減のため脱マイカー通勤を推奨しています!)
景品が出たのは今回が初めてでしたが、やはり、関心や盛り上がりが違いますね。

惜しくも、受賞は逃したものの、ユニークな作品が数多く、楽しませてもらいました。

番外編ですが、特に気になったものをご紹介します。

Eエネルギー  Cこわすの Oおれか?」
「E笑顔     Cこのまま O終わらせない」
「Eエンプティー Cちょっとまて Oオレはあせってる」
ペンネーム:たまちゃん
ECOの大喜利シリーズでなんと一人で7作品も応募して下さいました。ありがたいことです。

他にも、

「ダイエット 俺の腹とごみの山!」
 お上手!


「寒い日は 院長の合言葉で ウォームビズ」
「暑い日は 理事長のダジャレで クールビズ」

先生たちの言葉ひとつで、暖かくなったり、寒くなったりするわけです。

以上、傑作揃いのエコ標語でした。

昨年9月ごろから計画を進めていた、当院でご出産された妊婦さんへの「お祝い膳」がこの1月から始まりました。






哲平先生の「お祝い膳やりましょう!」の一声から始まったこのプロジェクト。
メニューの選定、食器選び、味付け、盛り付けなど、栄養科スタッフが試行錯誤しながら試作を繰り返し、いよいよ本格提供できる運びとなりました。

~この日のメニュー~

食前酒   :ノンアルコールカクテル
パン    :ロールパン
前菜3種盛 :網焼き野菜
       ピクルス
       チーズ
サラダ   :ベビーリーフのサラダ
スープ   :じゃがいものスープ
魚料理   :白身魚のソテー季節の野菜トマトソース
肉料理   :ローストビーフ
デザート  :オレンジゼリー・季節の果物
       ホットコーヒー(ノンカフェイン)


ご出産を終えたばかりのお母さん方ですので、なるべく脂肪分や糖分の少ないもの、かつ栄養バランスの良いものに配慮したメニューになっております。





























お子様のお誕生と健やかな成長を願い、お母様には「お疲れ様でした」という気持ちを込めて提供しております。













このお祝い膳が、入院中の楽しみのひとつとなりますように。

プロフィール

医療法人仁雄会 穂高病院の
スタッフブログです。

私たちは人権を尊重し、思いやりの心をもち、良質な医療、看護、介護の提供を通して地域社会に貢献します。

カテゴリー

カレンダー

2017 10月
 1  2  3  4  5  6  7 
 8  9  10  11  12  13  14 
 15  16  17  18  19  20  21 
 22  23  24  25  26  27  28 
 29  30  31     
9月  |  Today  |  11月

最近のコメント

ピックアップコンテンツ

  • 地域医療連携室
  • 医療機器の紹介
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報

病院案内

医療法人仁雄会 穂高病院
〒399-8303
長野県安曇野市穂高4634
TEL.0263-82-2474
人間ドック直通
TEL.0263-81-1011
診療時間
午前9:00~12:30
午後16:00~18:00
休診日
日曜、祝日、木曜・土曜の午後
穂高病院外観
  • お問合わせ
  • リンク集