スタッフブログ

野生のパワーを身に着けて復活
道場生紹介も佳境に差し掛かって残り二組

ガッチリと行きたいと思います。

今日紹介するのはこいつら



左から 手塚慎二朗 竹田将輝 
    金龍炯 江刈内瞬

手塚 慎二朗
    我が誠心館道場科学技術部がその英知を振り絞り
    作り上げた核弾頭です!!・・・まだ未完成・・
    頭から肩、腕にかけての滑らかなフォルムは
    肩の筋肉を極限までそぎ落とし空気抵抗をほぼ
    無くした、しかし照準が全く定まっていなにため
    未だその威力は発揮されていない。

竹田 将輝
    将輝は中学に入ってから柔道を始めた。
    初めは、小学生にコテンパンにされていたが
    足技〈ローキック〉という武器を身に付けた
    彼の足払い〈ローキック〉はムエタイの
    元世界チャンピオン武田幸三を彷彿とさせる
    切れ味である、字は違えど”タケダ”の姓は
    伊達ではない、同じく幸三譲りの闘魂も
    あいまって、今では小学生達を圧倒、
    メキメキと頭角を現している。

金 龍炯
    龍炯も柔道を初めてまだ一年位です。
    しかし体の力が強く、性格も素直な為
    技の覚えも良く上達が速い
    普段は物静かな方であまり感情を表に出さないが
    試合でもそのポーカーフェイスは健在!!
    この間の中信予選を静かに勝ち抜き
    県大会出場を決めた。

江刈内 瞬
    瞬は六年生の時に一度挫折をして一年近くの
    ブランクを置き、中学に入って間もなくお父さんに
    連れられて復活した。
    地球の重力に体力が追い付いていないのか
    常に足が重そうで、朝のランニングの際には          
    散歩をしてる爺さんに抜かれるという驚異の
    脚力の持ち主だが、みんなに追い付こうと
    必死に頑張っている。

プロフィール

長野誠心館道場
年中さんから中学生まで
総勢 60名 の子供
それを支える青年から中年までの
指導者達の柔道奮闘記!!

カレンダー

2010 12月
    1  2  3  4 
 5  6  7  8  9  10  11 
 12  13  14  15  16  17  18 
 19  20  21  22  23  24  25 
 26  27  28  29  30  31  
11月  |  Today  |  1月

ブログ内検索