ブログ

歯根破折

2009/09/09 8:29

虫歯で歯の神経をとってしまうと確実に歯の寿命は下がります。
中でも致命的な“歯根破折”。何度かご紹介していますが、破折した瞬間に歯の寿命はおしまいです。

先日お見えになった患者さん、右上の7番(一番奥)の動揺と咬合痛を訴えていました。



レントゲンを撮ってみると歯根の周りに黒い影が。
間違いなく歯根破折の像です。

後日抜歯になりました。


写真では分かりにくいのですが、近心頬側根に根尖に及ぶ亀裂が確認できます。

残念ながらこの歯根破折を防ぐ手法はありません。
虫歯の予防、早期治療をして神経をとらないようにするしかありません。

すでに神経をとってある歯は、常に歯根破折の危険をはらんでいます。





今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。


にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ




抜髄

2008/03/24 8:31

むし歯が進行して歯髄炎の症状が出ると、やむを得ず神経を取る治療(抜髄)になります。

もちろん神経は取らない方が歯の寿命を延ばすことができます。しかし、強い冷温水痛や咬合痛、持続性の自発痛など不可逆性の症状が出てしまうと抜髄しないと痛みをとめることができなくなります。

抜髄して根管(もともと神経が入っていた管)をしっかりと消毒した後に、根管に薬をしっかりと詰め込みます。これを根管充填といいます。いくら気をつけても残念ながら根管内が無菌ということはありえません。そこで根管をしっかりと封鎖して、中の細菌を封じ込める目的で気密な根管充填を目指しています。

この根管充填がうまくいかないと数年後に根尖病巣を発症し、再治療となりかねません。

感染根管についてはまた書きます。




今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログを通して様々な方との出会いを大切にするため、ブログランキングに参加しています。よろしければクリックしてください。



にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ


  

プロフィール
長野県塩尻市広丘吉田の歯医者、 宮下歯科医院のスタッフブログです。
歯科の知識や医院のこと、日常の出来事を綴っていきたいと思います。

歯科衛生士さん募集中
詳しくはこちら





にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ

歯ブログ























病院・医院検索のマイクリニック
カレンダー
2017 6月
     1  2  3 
 4  5  6  7  8  9  10 
 11  12  13  14  15  16  17 
 18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  
5月  |  Today  |  7月
ブログ内検索
 
最近のコメント
最近のトラックバック
RSS | Atom