鴨居歯科かもしか通信

かもしか通信は長野県塩尻市にある
『鴨居歯科医院』・『鴨居歯科インプラント審美サロン』のスタッフブログです。
このブログでは、院長のコラムや、スタッフがリレーでつづる日記などをお届けします。

かもしか通信

皆さんこんにちは
長野県塩尻市にある鴨居歯科医院
歯科医師の田中淳史です。

最近は雨が続いてますね。これから来る寒さにしっかり準備して迎えて行きましょう。

さて、今日は先日の研修会で学んだ感染症について話をしたいと思います。舞台はフランスの17世紀から。

皆さんは当時のヨーロッパの上流階級にどんなイメージを浮かべますか?

ハットにキセルを咥えたヒゲの肖像画、華やかで優雅に暮らしている美しいドレスを着た貴婦人などでしょうか?

かの有名なベルサイユ宮殿、そこには何とトイレが無いと知っていましたか?事実ですよ。現在と違い、下水が無い時代。では、当時の人達はどうしていたのでしょうか??



おまる(便器)です。
…そう、何とビックリ、ナポレオンがおまるに跨がる絵も存在し、またディズニー映画で登場するような貴婦人の大きなスカートはおまるに跨がるときに周りから見えないようにするためだとか。

おまるに溜まった便は、何と窓から外に捨てていたという事実。実際、通行人は便避けのためにアンブレラをさし、道の真ん中を歩いていたそうだ。それが当たり前の時代。

信じられないですよね、華やかなイメージなフランスの道路の端は当時便まみれということになります。

するとどうなるでしょうか?予想が立つ方もいらっしゃるでしょうが、その不潔さから伝染病が流行るんですね。ペスト、コレラの大流行。現在は感染症とわかる病気ですが、当時は呪い、悪魔、天罰だと思われていたそうです。多くの人が死に至り、恐怖に包まれていました。

そんな時代の大発見。ようやく1860年パスツールが病原菌を発見したのです。原因は目に見えない菌ということ、悪魔の仕業ではないということがわかりました。

そして、上流階級の人達から、細菌から身を守るには清潔になること、身体の手入れの仕方から、シャワー、湯船に浸かることを自分の命を守るために始めたのです。当時は産湯から死ぬまでバスに入らない風習がありました。

でもそれだけではダメだったんですね。上流階級の自分達だけでなく、市民や、街全体を清潔にしなければ伝染病は防げなかったのです。上流社会を守るために国民全体に対しての《衛生教育》が始まりました。

自由、平等が象徴のフランス革命には清潔さの革命もあったのです。

また19世紀になると免疫の発見、ワクチンの開発、抗生物質が出来ました。この時代となってWHOは勝利宣言をし、細菌との戦いに勝利したと言われています。

僕たちも学校で、手洗い、うがい、ハンカチとチリ紙、《教育》を受けて来ました。それは自分が病気にならないように、場合によっては命に関わることなんです。環境整備された日本で過ごした僕達の年代の方ではそこまで意識しなかったですよね。

それでは口腔内の病気はどうでしょうか?1889年ミラーが菌を発見し、むし歯などは菌が原因ではないかという細菌学説を唱えました。パスツールと同じ時代、研究は進みましたが原因菌の発見とまではいかなかったのです。

日本でも大正時代に口腔内の病気むし歯や歯周病(当時の歯槽膿漏)に対して1924年むし歯予防絵本という教材絵本が残されています。

1945年バスは歯科疾患の原因は細菌の塊であるプラックということを発見、1955年についに原因であるミュータンス菌を発見するのです。これには無菌ラットをつくれるようになったことと、360種以上いるプラックの塊の中の菌を1匹ずつ分離し、一匹ずつラットに植えていった。また、糖をエサにしてミュータンス菌が唯一むし歯をつくったというこの手間と時間が掛かる研究の凄さ。僕は知りませんでした。

原因菌がわかり、ならむし歯、歯周病菌を克服できる!!と思う方も多いかも知れません。でも、原因菌であるミュータンス菌、歯周病菌は常に口腔に存在する常在菌だったのです。常在菌を無くす事は不可能です。さらに細菌の塊であるプラックはその特徴により抗生物質など薬が効かないのです。

CMでやっているような、薬用成分だけでプラックの中にいる歯周病菌を殺菌する。それは実際にはあり得ないのです。

では、どうするか。17世紀のフランス人達が街全体の清潔さを手に入れたように、口腔の清潔革命、完全なプラック除去を、自分が病気にならないように自己責任で行わなければならないのです。それは《教育》です。それは、100年前から言われている歯磨きではないのです。歯磨きと科学性を持ったプラックコントロールは違うのです。

むし歯、歯周病は命に直結するイメージがなく、今までのように歯は老化と共に抜け落ちるというイメージでは口腔の清潔革命はありえません。最近では全身疾患との関連も大きく報道されるようになりました。直接ではないですが命に関わり、また、健康寿命に大きく関わるんです。

いかに自分の口腔の清潔さをつくるか。それは口腔の病気と真に向き合い、過去の悩んだ研究者や目の前の病気と戦った臨床家達から学び、エビデンスに基づいた正しい情報を知り、自己責任で口腔の清潔革命に取り組むことです。今では莫大な情報が右往左往する中、何がホントで何がウソか。《教育》してくれるその場が、僕や信頼している歯科医院だと嬉しいですね。常に今もある細菌との戦い、あなたの手助けがてきれば、歯科医師として幸せです。

かなりの長文、最後までお読み頂きありがとうございました。

カレンダー
2017 10月
 1  2  3  4  5  6  7 
 8  9  10  11  12  13  14 
 15  16  17  18  19  20  21 
 22  23  24  25  26  27  28 
 29  30  31     
9月  |  Today  |  11月
ブログ内検索
 

医療法人 弘仁会
鴨居歯科医院

〒399-0736
長野県塩尻市
大門一番町16-14
TEL: 0263-52-0118
FAX: 0263-54-2121

◆診療時間
AM 9:00~PM 6:00
◆休診日
日曜日

届出済 歯科医院

 

届出済 歯科医院
鴨居歯科医院へ電話する