カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 昔からスーパーマーケットの練りモノ売り場に普通に並んでいる「スギヨのビタミンちくわ」。昔から「ちくわ」といえば「スギヨのビタミンちくわ」が定番で、全国ブランドとばかり思っていました。
前回の「辛子いなり」同様に、この「ビタミンちくわ」も「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたそうですが、視聴しておらず、長野県独特とも思っておらず、スギヨも紀文と同じ“練りモノ”の大手メーカーだとばかり思っていました。

 株式会社スギヨは、能登半島の石川県七尾市に本社を置く水産加工の会社。しかも、「ビタミンちくわ」だけではなく、あの“カニカマ”を初めて開発したメーカーなのだそうです。
スギヨのH/Pからそのまま引用させていただくと、
『「ビタミンちくわ」は、昭和27年(1952年)に誕生しました。ビタミンを豊富に含む油ザメの肝油を配合したアイデア商品として、戦後の栄養不足に悩んでいた消費者から圧倒的な支持を受けました。以来、発売から66年のロングセラー商品として長くご愛顧いただいています。ビタミンちくわの売上の7割を占めるのが長野県。なぜスギヨ本社がある石川県ではなく長野県なのか。その理由は、大正時代にさかのぼります。古来、能登のブリは、越中(現・富山県)のブリ街道を通って、飛騨、信州へ送られていました。その歴史にヒントを得て、杉與商店(現・スギヨ)が大正時代、ちくわの穴に食塩を詰めて長野県へ発送したところ、海のない同県にとって、貴重なタンパク源と食塩がセットになった商品として飛ぶように売れ、「ちくわと言えば杉與(すぎよ)」と長野県に広く定着したのです。』
とのこと。この冬も、鍋物やおでんの時に、この「ビタミンちくわ」には大変お世話になりました。

 今では流通や輸送技術も改善され、長野県でも新鮮な魚が食べられるようになりましたが、そう云えば塩イカも腐らない様に塩漬けされたイカで、これも海無し県の信州向けの商品だったとか。方言もそうですが、県外に出て或いは県外の方から指摘されて初めて気付くことも多くあるものですね。

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 スーパーマーケットの総菜売り場に普通に並んでいる「辛子イナリ」。通常、助六などに入っている稲荷寿司。昔から運動会などのお弁当の定番でした。
袋状に開いた油揚げを甘じょっぱく煮付けて寿司飯を詰めたもので、名古屋の豊川稲荷が発祥とされていますが、単純な酢飯だけではなく、混ぜご飯だったり、ソバだったりと、地方によって色々なバリエーションがあるようです。そうした中で、長野県でも松本地方だけで食べられているのが冒頭の「辛子いなり」なのだとか。
以前「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたそうですが、視聴しておらず、「山賊焼き」がB級グルメ的な町興しで塩尻・松本特有というのは知られていますが、辛子いなりもそうだとは最近まで全く知らず、県外に出た学生時代や海外赴任でも別に(男子が)稲荷寿司の種類を考えて購入したりすることもありませんので、全国的に稲荷寿司の種類の一つとして“普通に”存在しているものだとばかり思っていました。

 調べて見ると、ABN長野朝日放送のローカル番組で調査して放送された内容が多分H/Pで紹介されていたようで、その内容の一部を掲載させていただくと、
『(松本の)筑摩(つかま)神社の林邦匡宮司に話を伺うと、神社では毎年1月14日に“篝火(かがりび)神事”が行われ、その際、油揚げと和からしがセットになった“からしあげ”を売るのだそう。どうやら油揚げとからしの関係性はこの神社が始まりのようです。しかし、なぜ油揚げが“裏返し”なのでしょうか。何か風習のようなものがあったのでしょうか。それを探るべく、近所のお寺に聞き込みに。曹洞宗・全久院の倉科利行(りぎょう)住職いわく、死はとても怖いことだから“逆さまにすること”は、その恐怖から解き放つ意味があるとのこと。法事の席で出されていたものが美味しいとなれば日常でも食べたくなるでしょうと。ありがたいお話を頂戴します。』
由来については、他には「松本地方特有の郷土食」程度の紹介のみで、このABN以上の記載は無かったのですが、昔から松本地方のお葬式後の「精進落とし」や「忌中払い」などの法事の席には、こんにゃく、油揚げ、ひじきの白和え、おざざ(と呼ぶ、冷麦の様な細いうどん)が定番(仕出しが無かった昔の田舎では、自宅に集まった同じ町内会や近しい同姓のご婦人方が総出で調理した)で、この甘じょっぱく煮た油あげに必ず辛子が添えられていますので、「油揚げに辛子」はこの地方では「刺身にワサビ」同様に必ずセットで出される風習の様な気がします。
 スーパーの総菜売り場に並ぶ「辛子いなり」は、その表記だけではなく、通常の稲荷と違い必ず油揚げが裏返しになっています。これは購入時の区別(二種類入っているパックも存在)の目的だけでは無く、間違って子供が食べてしまわぬように区別するためだそうです。私はてっきりザラザラした裏側の方が辛子が塗り易いためかと思っていましたがそうではなく、辛子そのものは内側に塗られて(入れられて)います。試しに2個だけ買って食べてみましたが、惣菜店毎に差はあるにせよ、思った程は辛くはありませんでした。もし、松本に来られる機会がったら旅先での話題作りに是非試してみてください。

 11月、霜月の名の通り、秋から冬へと里山の風景も変わって行きます。

 月初めはまだ秋本番と云う感じで、我が家の芝生ガーデンの2本のハナミズキの紅葉した葉が風に散って芝生の上に赤い絨毯を作っていました。隣家に舞って行かない様に早めに拾わないといけないので奥さまはヤキモキしていましたが、それはそれで、そのままにしておきたいような秋の風情が漂っていました。
 また、11月中旬にもなって“花が消えた晩秋の里山に、ひと際鮮やかに“花を咲かせている”のがオレンジ色に熟した柿です。
早朝ウォーキングで見掛けた見事な“柿の花”。今は、富有柿もスーパーの店頭に並び、美味しい甘柿が信州でも買えるようになったので、庭先に植えられた甘柿にはだれも見向きもしなくなり収穫されずにずっと木になったまま。何もない冬の間の鳥のエサですが、熟し過ぎて茶色になるまでは、オレンジの花の様で、花の無い晩秋を彩ってくれています。

 11月18日は雨模様で、それも寒気が流れ込み、松本も氷雨の様に冷たい雨が降りました。明けて翌19日は、東山もつい1500mくらいまで白く雪化粧をしていて、いよいよ里にも冬将軍が迫って来たようです。
早朝ウォーキングで、久し振りにアルプス公園へ行って見ると、北アルプスは殆ど雪雲の中でしたが、真っ白な常念のテッペンが少しだけ雲の中から顔を出していました。そして南側は鍋冠が白く雪化粧して見ることが出来ました。
寒くなって、ウォーキングも犬の散歩も誰もいないアルプス公園です。そんな公園で、コブシの木にネコヤナギの様な冬芽が一杯に付けていました。きっと、暖かくして花芽を守りながら春を待っているのでしょう。

 それぞれの、冬に向かう晩秋の里山の風景です。

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 駅前大通の国府町(「こくぶちょう」と言っても、奈良時代の国府の置かれた場所ではなく、明治になって松本駅開業に伴い新設された町名)交差点の角という、松本の市街でも駅前大通りの一等地にある車場ビルの1階。「コタケ」と描いた看板があります。
ここは、“おばちゃんの原宿”とも形容される東京巣鴨商店街と同様に、オバチャン御用達の洋品店。規模は巣鴨とは比べるべくはなくとも、謂わば“松本の巣鴨”とでも言っても良い(聞いたことはありませんが)店でもある「コタケ洋品店」です。勿論、母も昔からその愛用者の一人だったでしょう。

 女鳥羽川沿いにも「コタケ本店」が、この国府町支店の以前からあって、そちらは男性物も確か扱っていて、子供の頃、学生服などはそこで買ったような気がします。当時何度か連れて行かれた記憶ありますが、こちらの駅前通りの店は全て中高年向けのみの婦人モノ。
松本でも、店じまいをする洋品店やブティック(そう言えば、本町にあるヤマダドレスもここで閉店とか)などもある中で、一等地で何十年と続いてきた不思議な洋品店でした。
 2年ほど前だったか、家内が母の衣料品を買いたいけど、どこへ行けば良いか聞くので、
「そりゃあ、松本だったらコタケしかないでしょ!」
そこで家内を案内して、その時に初めて店内に入店しました。
いやぁ、凄かったですね・・・。中年の“オバチャン”や、お年寄り向けの衣料品が店の外のハンガー含め、店内にも所狭しと並べられていて、数人おられたお客さんは勿論そうした年代層の方々ばかりで、50才以下や、ましてや若い女性のお客さんなどは皆無。店員の方もそうした年齢層の方がお二人。ここまで徹底されると、ある意味壮観でもありました。
80台半ばのご婦人向けにどんなモノが良いか分らぬ奥様に、店員の方が「じゃあ、これとこれは?」と言って全てお任せで選んでいただきました。

 その“オバチャン御用達”の店が、年内一杯で閉店し、1月から女鳥羽川沿いにある本店へ移転するとか。
当時も、ごった返す程ではなくとも、絶えずお客さん(オバチャンたち)が店内にはおられたと思いましたが、先述の通りの駅前の一等地で、ビルは自社物件(駐車場ビル)でしょうから、テナント料収入前提で、貸せた方が経営的には良いのでしょう。今風のレストランでも入るのでしょうか?
オバチャンたちなら、別に駅前でなくとも、女鳥羽川沿いの本店に行けば良いのでしょうから。

 我々(男性)には関係ありませんが、また老舗の(名物)店が一つ消えていきます。

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 以前、都会から会社に中途入社された方が、10年くらい前の大雪の後、感心して仰るには「松本の人って、すごいですねぇ。雪で凍った道でも転ばずに平気でスタスタ歩いていて。自分なんか、もう何度も転んで、もし車が来たら轢かれそうでした!」とのこと。でも、決して冗談ではなく、転んで骨折されたと聞くのも珍しくはありません(先日も、某銀行の某支店長さんが腕を複雑骨折とか・・・やはりその方も県外からの転勤です)。

 確かに、雪道では大股に歩かずに、いつもより歩幅を狭くした方が良い、ということはありますが、それほどの違いでも無い筈と話をしていて分かったこと。
その方の履いていた靴の底がツルツルだったのです。そこで自分の履いていた靴を見せて、こういう滑り止めが付いた靴を履かないと駄目だということを教えてあげました。「あ、そうなんだ!」ということになり早速買われたそうです。以降その方も、松本の住人「らしく」雪道でも全く転ばなくなったのは言うまでもありません。

 雪と言えば、北信、とりわけ飯山地方は豪雪地帯で知られています。以前、県庁の方と話をしていて分かったこと。
飯山から長野へ出勤してくる人は、駅のコインロッカーを冬季常時借りていて、自宅から履いていた長靴(スノーブーツ)を入れて、普通の革靴に履き替えて出勤されるのだとか。一方長野から飯山に出勤する場合は、逆に駅で皮靴から長靴に履きかえるのだそうです。これも雪国ならではの“トリビア”(もう死語?)ですね。

 今年は既に太平洋岸にも降雪があり、今朝も松本は15cm程の積雪です。、本来松本地方では、“上雪(カミユキ)”と呼ぶ雪の時期は2月中旬から3月くらいで、むしろこれからが本番です。もしこの季節に信州に来られて、歩道が凍結していたら、どうぞご注意ください。