カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 駅前大通の国府町(「こくぶちょう」と言っても、奈良時代の国府の置かれた場所ではなく、明治になって松本駅開業に伴い新設された町名)交差点の角という、松本の市街でも駅前大通りの一等地にある車場ビルの1階。「コタケ」と描いた看板があります。
ここは、“おばちゃんの原宿”とも形容される東京巣鴨商店街と同様に、オバチャン御用達の洋品店。規模は巣鴨とは比べるべくはなくとも、謂わば“松本の巣鴨”とでも言っても良い(聞いたことはありませんが)店でもある「コタケ洋品店」です。勿論、母も昔からその愛用者の一人だったでしょう。

 女鳥羽川沿いにも「コタケ本店」が、この国府町支店の以前からあって、そちらは男性物も確か扱っていて、子供の頃、学生服などはそこで買ったような気がします。当時何度か連れて行かれた記憶ありますが、こちらの駅前通りの店は全て中高年向けのみの婦人モノ。
松本でも、店じまいをする洋品店やブティック(そう言えば、本町にあるヤマダドレスもここで閉店とか)などもある中で、一等地で何十年と続いてきた不思議な洋品店でした。
 2年ほど前だったか、家内が母の衣料品を買いたいけど、どこへ行けば良いか聞くので、
「そりゃあ、松本だったらコタケしかないでしょ!」
そこで家内を案内して、その時に初めて店内に入店しました。
いやぁ、凄かったですね・・・。中年の“オバチャン”や、お年寄り向けの衣料品が店の外のハンガー含め、店内にも所狭しと並べられていて、数人おられたお客さんは勿論そうした年代層の方々ばかりで、50才以下や、ましてや若い女性のお客さんなどは皆無。店員の方もそうした年齢層の方がお二人。ここまで徹底されると、ある意味壮観でもありました。
80台半ばのご婦人向けにどんなモノが良いか分らぬ奥様に、店員の方が「じゃあ、これとこれは?」と言って全てお任せで選んでいただきました。

 その“オバチャン御用達”の店が、年内一杯で閉店し、1月から女鳥羽川沿いにある本店へ移転するとか。
当時も、ごった返す程ではなくとも、絶えずお客さん(オバチャンたち)が店内にはおられたと思いましたが、先述の通りの駅前の一等地で、ビルは自社物件(駐車場ビル)でしょうから、テナント料収入前提で、貸せた方が経営的には良いのでしょう。今風のレストランでも入るのでしょうか?
オバチャンたちなら、別に駅前でなくとも、女鳥羽川沿いの本店に行けば良いのでしょうから。

 我々(男性)には関係ありませんが、また老舗の(名物)店が一つ消えていきます。

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 以前、都会から会社に中途入社された方が、10年くらい前の大雪の後、感心して仰るには「松本の人って、すごいですねぇ。雪で凍った道でも転ばずに平気でスタスタ歩いていて。自分なんか、もう何度も転んで、もし車が来たら轢かれそうでした!」とのこと。でも、決して冗談ではなく、転んで骨折されたと聞くのも珍しくはありません(先日も、某銀行の某支店長さんが腕を複雑骨折とか・・・やはりその方も県外からの転勤です)。

 確かに、雪道では大股に歩かずに、いつもより歩幅を狭くした方が良い、ということはありますが、それほどの違いでも無い筈と話をしていて分かったこと。
その方の履いていた靴の底がツルツルだったのです。そこで自分の履いていた靴を見せて、こういう滑り止めが付いた靴を履かないと駄目だということを教えてあげました。「あ、そうなんだ!」ということになり早速買われたそうです。以降その方も、松本の住人「らしく」雪道でも全く転ばなくなったのは言うまでもありません。

 雪と言えば、北信、とりわけ飯山地方は豪雪地帯で知られています。以前、県庁の方と話をしていて分かったこと。
飯山から長野へ出勤してくる人は、駅のコインロッカーを冬季常時借りていて、自宅から履いていた長靴(スノーブーツ)を入れて、普通の革靴に履き替えて出勤されるのだとか。一方長野から飯山に出勤する場合は、逆に駅で皮靴から長靴に履きかえるのだそうです。これも雪国ならではの“トリビア”(もう死語?)ですね。

 今年は既に太平洋岸にも降雪があり、今朝も松本は15cm程の積雪です。、本来松本地方では、“上雪(カミユキ)”と呼ぶ雪の時期は2月中旬から3月くらいで、むしろこれからが本番です。もしこの季節に信州に来られて、歩道が凍結していたら、どうぞご注意ください。

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 例えば、私の会社でも県外出身で入社してくるメンバーが多いのですが、以前(30年も前ですが)採用を担当していた時のこと。
入社後からの4月の集合研修も終わり、それぞれの事業所に配属されていった彼ら。
その配属先の各事業所出社の初日、ある新入社員が朝来ないと心配した事業所の担当から連絡がありました。当時、携帯電話も無い時代。我々も心配していたところ、また事業所から連絡があり、彼女が泣きそうな顔をして遅刻をしてきたとのこと。その理由を聞いて、皆で(申し訳なくも)笑ってしまいました。

 朝、松本駅から大糸線の電車に乗り換えて、最寄駅で降りようとしてドアの前で開くのを待っていたら、ドアが開かずにそのまま電車が発車してしまったとのこと。
入社間もない4月は、まだ寒い日もあることから、列車内が暖房されているとその暖気を逃がさぬよう、乗降車時にロックは解除されても自動ではなく手動で開けるようになっているのです(昨夏は節電対策で、冷気を逃さぬために夏も手動でした)。
従って、誰も乗り降りせず、また最初の人が開けないと、ドアは閉まったまま。都会(彼女は正しく東京出身でした)ではありえないことから、自分で開けるなどと言う発想にはならなかったのでしょう(今は時々車内でその旨のアナウンスがされる時もありますが)。しかも慌てて次の駅で降りても、田舎では戻る電車は下手をすると1時間に一本あるかないか・・・。
因みに、乗車する時に誰も続いて来なければ、寒さが入らぬよう最後の人がまたドアを閉めるのがエチケット。

 更に最近では、大糸線の新型車両には、ドア横にボタンが付いていて、乗り降りの際に、そのボタンを押さないと開かない(押したドアだけが開く)システムも導入されています。
なお、全員が降車する終着駅では、さすがに自動で開閉されています。

 そう言えば、以前ブログを通じて、ハーモニーホールへわざわざコンサートを聴きに来られた県外の方から、松本駅から二駅の最寄り駅(大糸線島内駅)に着いたらドアが開かずにビックリしたというメールを頂戴しましたが、冬期間だけではなく晩秋から早春に掛けてはドアが手動になっていますので、松本(信州全域?)に来られて普通列車に乗られる時は、どうぞお気をつけください。

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 会社の同期の友人が、昔良く文句を言っていました。
『東北の人たちは、自分達が方言をしゃべっていると認識して申し訳なさそうに話しているから許せるけど、信州人は標準語だと信じて方言をしゃべるから許せない!』(斯く言う彼は関西弁)

 確かに、私も県外に出るまで方言と知らず、標準語(正しくは共通語)だと思って使って恥をかいたことがありました。
長野県は、全体のイントネーションが共通語と余り変わらないため、自分達の言葉そのものが共通語だと勘違いしてしまうようです。
   
 曰く「ずく、つもい、てきない、うつかる、ぶちゃる、まえで、おつくべ」・・・などなど。お分かりになりませんよね・・・?(注記)
さすがに、「・・・でしょう」とか「・・・だろう」というのを「・・・ずら」とか、「・・・だよ」を「・・・だじ」と言うのは、信州人も方言と認識していると思います。
学生時代、京都から帰省して来て松本駅のホームに降り立って、赤いほっぺの女子高生たちが「うそずらぁ」と話しているのを聞くと、「あぁ、松本に帰って来たなぁ!」と感じたものでした。
(ただ、最近の若い人たちは殆ど共通語で、あまり方言を使っていないような気もします)

 昔、採用担当をしていた頃、体育館でのその年の入社式のリハーサルでのこと。総務の先輩が県外出身者の方が多かった新入社員たちに向かって、「皆さん、もう少し“前で”に来てください!」
すると、新入社員諸君がザワザワと・・・。
「おい、“マエデ”って何だ?」
「多分、前に出ろってことじゃない?」
後ろで黙って聞いていて、「うん、なかなかイイ線!」
その先輩は、勿論“前で”が方言とは知らずに使ったのは言うまでもありません。
 また、その昔新製品が誕生し、そのテクニカルマニュアルを作って専門業者に翻訳に出したら、担当者が「ネジがキツイ」場合のことを「つもい」と書いてあったため、外部の翻訳者が専門用語だと勘違いをしてそのままアルファベットで「TSUMOI」と訳した、という笑い話もありました。

 日本の共通語は、明治新政府がそれまでの都だった京言葉や、首都となった東京の江戸弁(下町言葉)などではなく、いちばんクセの無い山の手の中流武士の言葉を当時の標準語として採用した、というのが通説のようですが・・・。

 昔、明治政府がクセの少ない信州弁を標準語に採用したという話を真(まこと)しやかに聞きました。それが証拠に昔NHKのアナウンサーには長野県出身者が多かった、などと・・・どうやら違うようです。
【注記】
ずく=億劫がらずにすること(例えば、ちょっとしたことをするのに「小ずくがある」とか、逆に面倒臭がる人のことを「ずく無し」とか)、
つもい=きつい、てきない=疲れた、うつかる=(壁などに)もたれる、ぶちゃる=捨てる、まえで=前、おつくべ=正座、おざざ=うどん、もうらしい=惨めったらしい、まてい=丁寧、・・・などなど。
語尾の「ずら」は隣県の静岡県と共通。また走ることを「とぶ」と言うのも静岡県と同様です。例えば、信州では「かけっこ」のことを「とびっくら」とも。
県外からの転校生が、先生から「とべ!」と言われて、その場でピョンピョン飛び跳ねた、という可哀想な笑い話は恐らく枚挙にいとまがないでしょう。
但し、信州は盆地が多くそれぞれが独立しているため、地方により方言も異なるようです。例えば、語尾に「に」や「ね」が残る伊那谷は、平家の落人の「平安ことば」の名残とも言われています。

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 松本の住人は(当然のことながら)全く感じないのですが、県外から松本に来ると、当初景色に「違和感がある」のだそうです。
会社の同期の連中曰く、(今や彼等もすっかり松本の住人になりきっていますが、入社当時は)「予想している視線のさらにまだ上に山があって気持ちが悪い」と。因みに彼らは(信州人の私メからすると)「ぼやけた山」ばかりの関西から。

 また、別の方は県外ではなく北信の中野市のご出身ですが、当時は高校の教頭先生で松本に単身赴任をされていました。
週末、中野のご自宅に帰られて、また松本に車で戻られてくる時に、長野道の明科トンネルを抜けると右手に常念を始め北アの峰々が目に飛び込んでくるのですが、慣れるまでは「何とも圧迫感があって、息苦しさを感じた」のだそうです。

 そう言えば、以前会社の部下から、奥さんが東京から諏訪に転勤で移って来られた時に、周囲が山に囲まれていて「空が狭いために、ノイローゼになりそうで心配なんです。」と真顔で言われたことがありましたが(幸い、その後諏訪よりも「空の広い」松本平に家を建てられて移られました)、なるほど余所(平地)から(山国へ)来られると感じ方も違うものだと妙に感心したことがありました。
もしこれが、更に空が狭い木曽谷だったら一体どうなってしまうのでしょうか。

 山国信州人の私などは、海を見ると“だだっ広い不安定な空間”に何となく落ち着かなく感じるのですが、それとは逆の感覚なのでしょうね。

 梅雨の明けた松本から久し振りに仰ぎ見る北アルプスは、雲に隠れていた間に残雪もすっかり消え、黒い屏風のように峰を連ねて夏の装いです。
松本駅に降り立ち、改札を抜けてアルプス口の大きな窓越しに、北アルプスのシンボル常念が出迎えてくれます。そして常念の左肩越しにはチョコンと盟主槍の尖頭も(梅雨明け後も山並みから、なかなか雲が取れず、写真は城山々系と松本駅アルプス口広場から昨年秋口に撮影した北アルプスおよび夏の常念岳です)。

 余震もすっかり治まりました。本格的な夏山シーズンを迎え、“北アルプスの玄関口”松本駅は登山客で賑わいを見せることでしょう。

どうぞ、朝晩の涼しい信州松本へお越しください。