カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 昨年、奥さまのお友達からいただいた自家製の赤トウガラシ。たくさんは要らないがあれば重宝すると云うので、今年の家庭菜園に一株だけ赤トウガラシを植えてみました。
春先の夏野菜の苗購入と併せて、高校の同級生の経営するいつもの園芸店「ナカツタヤ」で、スタッフの方から、並んでいた中で一番辛いという種類(鷹の爪の一種)を選んでもらってポット苗で購入したものです。

 秋になって赤くなる都度収穫し、100円ショップで購入した根菜を入れる網目の保存袋(?ホームセンターへ行けば、乾燥させるのに向いたもっと良いアイテムがあるのかもしれませんが)を代用して乾燥させました。
既に20個以上になり、家庭で使うには十分な量です。優に数年分はあります。この段階で、まだ株には50個ほどが“鈴なり”になっていました。
 小さな青唐を一本、輪切りに刻んで(ちゃんとしっかり種は取って)、家内の作ったフレッシュトマトソースを使ってトマトとナスのパスタと、ナスと豚バラを使った辛味噌炒めにそれぞれ使ってみましが、いや、その辛いこと!
一番辛い種を使わずに細いのがたった一本ですが、これは辛い!
(後で知ったのですが、赤く熟しtモノより青い方が辛いのだとか)
植えたのは一株だけでしたが、全部で70本以上にもなりましょうから、全て乾燥させれば恐らく10年分?くらいにもなるでしょうか・・・。
 日当たりの関係か、他の市民農園に植えられていたトウガラシに比べると、我が家の一株も次第に赤味を帯びて来たものの、降霜時期の11月まで待っても全て赤くはなりませんでした。
そこで、やむなく引き抜いて葉を落とし、逆さまにして干しています。それでも、真っ赤く熟したモノだけで優に30本くらいはあるので、もし緑色のモノが利用出来なくても、合わせて50本以上と十分過ぎる収穫量です。作っては見たモノの、どうやって利用すれば良いのでしょうか。

 前回ご紹介した(第1247話)ニンニクの栽培。
先に植えたニンニク2球は27日に発芽しました。9月5日に寒冷地用のホワイト六片を植えたので、日当たりや施肥などの畑の環境で一概には言えませんが、我が家の菜園では3週間程で発芽したことになります。通常植え付け後30日前後で発芽すると云われますので、通常より少し早目の発芽でした。30日後で12片、35日後には15片が発芽していますので、発芽率は優に90%を超えています。

また、場所を変えてハーブガーデンに植えた残りの1球はこの三連休の10月8日に3片が先ず芽を出し、その後8片全てが発芽しました。
 ニンニクは中央アジア原産で、古代エジプトで既に栽培されていたと云われる程、古くから人間に利用されて来た野菜です。どちらかと云うと植えっ放しに近く育てやすいそうですので、発芽した全ての芽が冬を超えて収穫する春までにちゃんと球を結ぶかどうか分かりませんが、追肥等をしながら春まで見守ろうと思います。
春先になると花芽が出るので、球(鱗茎)を大きく成長させるために董が立たない様に摘み取る必要があるそうですが、お馴染の“ニンニクの茎”として中華料理の食材にもなります。

 夏野菜が終わり、秋向けの大根とまだ元気に花を咲かせるオクラとケール以外はさすがに葉も枯れて来たので、もう収穫終了。キュウリもトマトもたくさん収穫できましたが、日当たりが悪かったのか、ナスは大失敗でした。来年は、連作障害を避けるためもありますが、植える場所を考えないといけません。大根は一般的な青首ではなく、所謂“固ダイコ”と地元で呼ぶ信州地大根と、自宅で古城蕎麦を辛いオロシソバで食すべく、試しに植えて見た「ネズミ大根」(但し“門外不出”の坂城町のネズミ大根とは別種)です。

 そして収穫の終わったキュウリやトマト、一本ネギのスペースは、冬に耕運機で起こすまでそのまま放っておこうと思いましたが、奥さまからのリクエストで冬用野菜を植えることにしました。我が家ではもう樽やぬか床での漬け物は漬けないので野沢菜では無く、野菜の少ない冬の時期に、あれば便利な小松菜と冬スーパーに並ぶといつも購入していた好物の“寒縮み”ホウレンソウ、更には鍋用に春菊の3種類を選択。春菊は防虫効果もあるのでコンパニオンプランツにもなります。因みに、ホウレンソウは「寒ちぢみホウレンソウ」という個別の種類があるのではなく、ホウレンソウは寒くなると凍らない様に体内の水分を減らすために、結果として糖度が高まるため食べると甘くなるのです。
 先ずは収穫の終わったトウモロコシの畝から耕運機で耕し、苦土石灰や有機肥料を蒔いて二週間ほど土と馴染ませて、9月19日に畝を三等分してそれぞれ播種。すると、小松菜、春菊、ホウレンソウの順番で芽が出始め、ほぼ一週間後の27日には生え揃いました。一番面白かったのはホウレンソウ。ユリの様な細い子葉が出て来ました。多少切り込みはありますが、丸い見慣れたホウレンソウの葉とは思えません。葉先にはピンク色の種子の殻が付いています。
 あの見慣れた本葉は10月上旬になって出て来ました。漸くホウレンソウらしくなりました。春菊も丸い子葉から、あの切れ込みの入ったお馴染のシュンギクの本葉が出芽しています。春菊は霜に弱いそうですので、信州での地植えは冬までは持ちませんが、ホウレンソウは霜が降りてからが甘くなる“寒縮み”の季節。種はたくさんあるので、もう一畝種を播いて育てて見ようと思います。

 それ程の量を消費する訳ではないが、調理する上で必ず必要な野菜であるニンニク。安くても農薬漬けかもしれない中国産は買う気がしないので、国産である大振りの青森産だと一個200円超でしょうか。
CM等でも聞く福地六片に代表される品種「ホワイト六片」が寒冷地品種の代表格。ホームセンターでも家庭菜園向けの植え付け用のニンニクが売られているので見てみましたが、団地向けか寒冷地向けの品種なのかの記載が無く、確かに値段は1個100円足らずで安いのですが“安物買いの・・・”になりかねないので、ちゃんとした園芸店で「ホワイト六片」を購入しました。Lサイズ3個で900円超。結構な値段です。
ニンニクは(寒冷地では)9月に地植えして収穫は翌年の5月から6月頃。そのため冬の間の畑起こしの邪魔にならぬ場所に植える必要があります。
家庭菜園の橋にスペースを設け、耕運機で良く耕してから苦土石灰と有機肥料を入れて植える前に土と馴染ませておきます。

 植えるに際し、種となるニンニクの株(球)を一片ずつに分けます。その時に薄皮は剥かなくても良いそうです。3球とも、小さな一片(ちゃんと成長するか分かりませんが)まで含めるとそれぞれ8片ずつありました。そして、植える時は、尖っている茎の方を必ず上にして一つずつ穴を掘って植えます。マルチをした方が良いとのことですが、大した数でもないのでそのままにしました。家庭菜園の端っこに2球分の16個。そして、冬の間何も植えないハーブガーデンにも残り1球の8個分を植え付けました。植えてから、30日くらいで発芽するそうです。もし植えた半分の10個でも収穫出来れば、一年分は優に確保出来て元は取れると思うのですが・・・果たして?

 米国ではサラダ用に大変ポピュラーだと知ったケール。
サラダに使われるのは、通常の葉の硬い青汁用とは異なり、パセリの様な葉をしたカーリータイプのケールで、葉が柔らかく生食に向いています。

 最初はキャベツにも似た(注:同じアブラナ科で、ケールはキャベツの原種とされる)“普通”の葉でしたが、次第に内側からカールした葉が出てくるようになりました。そこで、数日おきにハーブガーデンのルッコラと一緒に、家庭菜園のキュウリやトマトを加えて、全て自家製野菜でのサラダにしています。
一切消毒無しの無農薬なので、青虫さんの好きな葉物野菜やハーブは穴だらけですが気にしません。
カーリーケールはアメリカで食べたモノよりジャミジャミ感が無く、むしろ柔らかい気がします。でも、味はしっかりケールの味。
 ケールは、情報に拠ると、
『・・・食物繊維が豊富で、抗酸化ビタミンやカルシウム、βカロテン、ミネラル、葉酸、たんぱく質が豊富に含まれています。特にβカロテンはなんと、トマトの5倍!カルシウムは牛乳の2倍含まれています。葉酸は妊娠中に摂りたい栄養素でサプリメントで補う場合が多いのですが、自然の食べ物から摂れたら安心安全。そんな葉酸もケールにはしっかり含まれています。また、快適な睡眠を得るために重要なメラトニンも沢山含まれているんです。そのため、不眠症の改善に役立つ効果が期待されています。そのため、ケールは「野菜の王様」と呼ばれています。・・・』
とのこと。青汁だけではなく、生食で食べられればそれに越したことはありません。米国で(健康志向の人たちの間で)サラダ食材として盛んに食べられているのも大いに納得出来ます。

| 1 / 18 | 次へ≫