カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 街中では桜の散った後は、春の主役交代とばかり、街路樹のハナミズキが鮮やかです。
東京から贈られたポトマック河畔の桜の返礼としてワシントンから贈られて来たハナミズキ(アメリカヤマボウシ)が、桜に代わって街を彩るというのも何となく意味有り気・・・。1915年と云う“初来日”から僅か100年で、すっかり日本に定着しています。

 我が家でも芝生ガーデンの紅白のハナミズキが咲いて、我が家の花壇も春爛漫でした。
雑木林風ガーデンの樹下に拡がるクリスマスローズ。毀れ種で増え、花の無い早春から色とりどりの花で目を楽しませてくれました。この時期は、クリスマスローズに加えてグランドカバー(ground cover plants)のポテンチュラの黄色い小花が目に鮮やかです。

 階段状花壇も春の装い。ビオラやパンジーに加え、チューリップなどの球根も花を咲かせ、階段毎に、奥さまの趣向で白黄色、赤ピンク、青紫系に色分けした花々がキレイです。併せて、芝生も芽吹いて紅白のハナミズキが芝生ガーデンに色を添えています。
 玄関の鉢植えも、奥さまの日頃の世話の甲斐があり、春の装い。
シンビジウムも、ミルキーウェイが3年振りか、3鉢全てに花が咲きました。こちらも、まさに春“蘭”漫と云ったところ・・・でしょうか。

 これまでにも毎年紹介させていただいている、我が家のシンビジウム、
奥さまが、数年前に実家のお義母さんから頂いて来て以来、定期的な肥料や水遣りなど、また定期的に庭を世話して頂いている園芸店のスタッフの方にアドバイスを頂くなど、大事に大事に世話をしています。その甲斐あって毎年花芽を付け、見事な花を咲かせて目を楽しませてくれています。ただ、寒い茅野の実家では花が咲かないと引き受けて来たシンビジウムの「プロムナード(ミルキーウェイ)」という品種は、3年前にお義母頂いた時以来5年振りに花が咲いたのですが、その後はまた花芽が出て来ませんでした。

 それが今年は3鉢全てに花芽が出て来ました。毎年花芽が出るシンビジウムは数年前に株分けをして二鉢ありますが、昨年たくさん花が咲いたので今年は今のところ花芽はそれぞれ3本、1本と少し少なめですがしっかりと花芽を付けてくれました。
またプロムナード(ミルキーウェイ)は実に三年振りになりますが、今年最低でも3本の花芽が伸びています。このプロムナードは他の二鉢のシンビジウム(質素で清楚ではありますが)に比べ、ピンク系の花で色鮮やか(第829話参照)なので今から開花が楽しみです。
 最後の写真はおまけで、ビオラやパンジー、プリムラ、葉ボタンなどで秋から冬用の植生になった寄せ植えの鉢。数年前から、奥さまがご自分でいつもの園芸店でポット苗を購入し、定期的に植え替えをされています。玄関も華やかに冬支度になりました。

 奥さまが丹精込めて育てている、我が家のクリスマスローズガーデン。
雑木林ガーデンの樹下、グラウンドカバーのポテンチュラの中に植えられたクリスマスローズですが、零れ種で結構ふえました。
毎年ご紹介している様に、花の時期は種類によって異なりますが、冬から春先に掛けて。従って、梅雨から盛夏に掛けては葉だけで花の時期ではありません。

 先日、その中の小さな一株に季節外れの花が一輪だけ咲いているのを見つけました。それも、普通の咲き方ではなく、茎が無く、葉に密着する様に咲いています。八重の品種の様で、色は白。
クリスマスローズの育て方に拠ると、夏は、開花し結実する季節も終わり、栄養を蓄える大切な養生の時期。この時期に“狂い咲き”で稀に花が咲くことがあるそうですが、この時期の開花は株を弱らせてしまうので、見つけたら花を直ぐに落とした方が良いのだとか。“狂い咲き”にせよ、こんな猛暑の中で頑張って咲いたのですから、何となく可哀想で、むしろ「ガンバレ!」とエールを送りたくなりますが、季節外れの開花はその植物(株)にとっては一大事なのでしょう。
可哀想ですが、まだ小さな株なので、ここはやはり花を切り取った方が良さそうです。
 「春になったら、ちゃんとまた咲きなよね!」

 傾斜地ゆえに、上から雑木林、階段状花壇、L字型の芝生と3つに機能に分けて自分で作庭した我が家の庭。途中でジャングルと化したミントガーデン(現在の階段状花壇)が手に負えず、プロにお願いして基本機能を残してリフォームをしていただきました(この「ガーデンニング日記」のカテゴリーではリフォーム以降を綴っています)。そのL字型の芝生ガーデンの隅に設けた一坪程のハーブガーデン。ここに(食用)ハーブ以外に今年も野菜としてキュウリとトマトを植えました。

 降霜の心配が無くなった5月のGWに、恒例となった苗の移植。
その後、ハーブは勿論、キュウリも収穫したのですが、トマトがなかなか収穫出来ません。この場所は、芝生の片隅の僅か一坪で、西側はコンクリートの壁。東側には、すぐ傍に我が家のシンボルツリーであるプンゲンスホプシーが鎮座(植えてから20年・・・結構大きくなりました)していますので、果樹園横の畑に比べて、土壌も日当たりを含めて恵まれた環境ではありません(むしろ劣悪と言った方が良いかもしれません)。
元々雑草であるハーブ類は丈夫な種類が多いのですが、品種改良を繰り返してきたバラや果樹は病害虫に弱く、野菜類もその例外ではありません。売り物ではありませんので、ここには青虫さんもいますので(見つければ、その都度引っ越しをお願いしていますが)ルッコラなどは虫食いになったりしていますし、またキュウリは曲がっても構わないので、一切無農薬で栽培しています。
一般的に開花後、キュウリは7~10日、トマトは45~50日と言われる収穫期よりも成長が随分遅い気がします。その一番の原因は、昼頃までしか当たらない日当りかもしれません。キュウリはパリパリと歯触りの良い親指大の“姫キュウリ”で収穫しますので然程気になりませんが、トマトは既に一番花が咲いてから優に40日以上経っているのに、まだ赤くなっていません。今年は、特にガーデン端の殆ど雨の当らぬ屋根下に(水分を抑えて糖度を上げるために)トマトを2株植えたので、余計成長が遅いのかもしれません。

 毎日、早朝のナナの散歩から戻って来た時にチェックしているのですが、6月末に漸くほんのり赤味が差してきましたが、まだ真っ赤に熟してくれません。真っ赤に熟したトマトは、店頭に並んだモノとはまるで別物。「えっ、トマトは果物だったっけ?」というくらいに甘くなりますが、暫くは根競べの日々が続きそうです。
昔、祖父が丹精込めて育てていた野菜畑。子供の頃、畑で捥いでくれた真っ赤なトマト。今の改良された品種と比べれば酸味の強い昔の種類だった筈ですが、
「本当に甘かったなぁ・・・。あんなトマトを自分も作りたいなぁ・・・。」
「早く真っ赤くなぁれ!」。日一日と次第に赤味が増して来ました。もう完熟でしょうか。もうそろそろ収穫してもイイかな・・・。
 一番花が咲いてから収穫までに60日弱でしょうか。これ以上採らずにいると裂果が心配なので、ここで収穫。思いの外小振りでしたが、糖度を上げるために水を与えずに栽培しましたので、それも当然の結果。さて、果たして甘いかどうか?・・・。
(写真は、赤くなり出した6月30日と、収穫直前の真っ赤に熟した7月6日です)
【追記】
奥さまが帰国したので、早速モロキュウと一緒にトマトもいただきました。
温室育ちの粉こなした食感では無く、しっかりとした歯応えで皮も固い。家内は充分甘いとの評価(一番甘かったのはミニトマト)ですが、個人的はもっと甘いかと期待していました(畑と違って、ここの日当りがイマイチのためでしょうか)。でも、買ったモノと比べれば、赤くなるまで熟してからの収穫ですから段違いでした。
「ねぇ、次は何時採れるの?」
「・・・今しばらく、お待ちください・・・。」

 雑木林ガーデンの塀際に植えたアジサイ。
4年ほど前、婿殿が家内の「母の日」に贈ってくれた鉢植えです。青色のハイドランジア(西洋アジサイ)の見事な鉢でした。その前には、娘がピンクのアジサイの大輪の見事な鉢を「母の日」に送ってくれて、家内が室内で大事に育てたのですが、やはりアジサイは育てるのが難しくて結局は枯れてしまいました。そのため、ダメモトで、ブルーのアジサイは雑木林ガーデンの隅に移植しました。いつもの園芸店のスタッフの方からは、冬の寒さの厳しい信州では地植えでハイドランジアを育てるのは難しいし、仮に根付いても鉢植えの時の様な大輪の花が咲くことは無い・・・とのことでした。

 庭に植えてから、何とか根付き、株も拡がった三年目の昨年。小さな花でしたが、初めて花を咲かせてくれて、家内も大喜び。早速、娘夫婦にも写真を貼付してメールでご報告。
そして4年目の今年。株が安定したのか、枝振りも更に大きくなり、二つ(実際は小さなモノを入れると三つでした)昨年より大きな花芽が付き、梅雨の時期に咲くのを楽しみに待っていました。

 このところ色付きも増して、鉢で頂いた時を思わせるような、見事な花を咲かせてくれました。青が少しずつ濃くなり、色もスカイブルーに青紫が少し混ざって来た様な気がします。
このハイドランジア(西洋アジサイ)は、日本に自生しているガクアジサイが原種とされ、シーボルトが本国に持ち帰ったものから品種改良されて、観賞用に広まったのだとか。
 アジサイ、やはり紫陽花と書いた方が風情を感じますし、特に空色の紫陽花は、この梅雨の時期に“太陽の忘れ物”のを見つけたように梅雨空の下でこそ映える様な気がします。晴天下では見過ごしてしまいそう・・・。
我が家の庭にも幾つかアジサイが植えてあります。雑木林ガーデンの中に、例年よりも今年は青味が増した清楚なガクアジサイ、道路脇の白い大玉のスノーボール、そして階段状花壇にはカシワバアジサイ。どれもこの梅雨の時期に、それぞれ個性的な花を咲かせてくれています。
この婿殿が送ってくれた青いハイドランジアは、白い斑で縁取りがされています。ネットで調べてみると、どうやら「ババリア」という10年ほど前に登録された品種名の様で(他には縁取りが出る花は見当たりませんでした)、、土壌のpHの違いによりピンク色もあるようです。
 婿殿は一足先に欧州へ留学中。ここで、娘も米国留学に旅立ちました。
今年、初めて大きな花を付けてくれたアジサイ。彼らが、自分たちの夢を実現するための入口に立ち、これから一生懸命頑張って、いつかやがて大輪の花を咲かせて行くだろうことの前祝・・・(毎度親バカながら)何だかそんな気がして、時々青いアジサイを眺めています。

| 1 / 17 | 次へ≫