カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 今、松本ではスカイパークをメイン会場に「信州花フェスタ」が開催されていて、発祥の地らしく、松本はまさに“花いっぱい”です。

 しかし、今年の春は桜が咲くまでは順調だったのに、その後は降雪を記録するなど寒気が南下して寒い日が続いた日本列島でした。
そのため、東京などは長い間桜を楽しめたようですが、松本は開花宣言後の寒さで花が開かず、その後暖かくなったら一気に満開からあっという間の桜吹雪。次に、桜の後を追って咲いたハナミズキですが、すぐに葉も開いてハナミズキというよりもヤマボウシ風にと、松本では一気に花が咲いて、あっという間の春爛漫でした。

 先日はまだ梅雨入り前の九州で記録的な大雨が観測されるなど、何となく天候不順な雰囲気?なのが心配ですが、災害の多かった平成から災害の無い時代へと皆が期待する令和ですので、どうか平穏にと願うばかりです。

 さて我が家の庭も春を迎えて、先ずは雑木林ガーデンの樹下のクリスマスローズ、今年は三鉢全てのランも開花、階段状花壇も花が一杯になり、紅白のハナミズキ・・・と、次から次へと短い春を競うように花が咲き揃いました。室内でも“行く春”を少しでも楽しめるようにと、母屋も含めて庭から切ってきた、スイセン、ムラサキ菜花、ツバキ、次にはチューリップなどを一輪挿しの花瓶で春の雰囲気を楽しみました。
 世界で一番「緑」を表す言葉の多いと云われる日本語。新緑の季節だけでも若草色、若葉色、萌黄色などなど・・・。さまざまな緑を見せる里山の緑を楽しみながら、更に残雪の北アルプスの峰々には雪形が現れて、季節は春から初夏へ。

 五月連休を迎え、恒例の野菜苗を畑に植えます。先ずはハーブから。
僅か一坪ほどの我が家のハーブガーデン。以前、あらゆるハーブを試した結果(例えばハーブティー用のハーブ類はニーズ無し)、10年程前から我が家でニーズのある食用ハーブ、しかも生食でのサラダ用ハーブに結果限定しています。
そこには多年草ハーブであるセルバチコとチャイブの株があるのですが、株の周囲の土が固くなったので、一旦株を鉢に移し替えて、土起こしをして、水はけが良くなるように蓄えてあったコーヒーかすを土に混ぜ、肥料の鶏糞を入れて更に混ぜ合わせ、一週間以上そのままにして馴染ませた上で、多年草のハーブを戻してあります。
その移し替えた宿根草のチャイブは無事芽を出したのですが、セルバチコ(ワイルドルッコラ)は二株中一株が枯れてしまいました。ナカツタヤによれば、セルバチコはニーズが無く、ロット毎(24鉢)のオーダーでないと対応出来ないとかで断念しました。ピリッと辛くて美味しいのに人気が無いのでしょうか。一年草のルッコラに対してセルバチコは多年草で便利なので、むしろ知名度だと思うのですが・・・。

 今年植える一年草のハーブ類。入荷したら確保してほしい旨、いつものナカツタヤに頼んであったルッコラが入荷したとの連絡があり、4月30日に取りに伺いました。
そして、お願いしてあったルッコラ6鉢と一緒に、バジルを4鉢、パセリを2鉢、それぞれポット苗で購入してきました。
毎年植えるパセリ。地植えのパセリは、売っているモノとは全くの別物と思えるほどの美味しさ。料理に添えるだけでは勿体ない!食べると、パセリも野菜なんだと納得させてくれます。
あとの空いたスペースには、毎年失敗しているのですが、今年も懲りずにコリアンダー(香菜=シャンツァイ、パクチー)。そしてこちらも西海岸で長女に教えてもらって以来、サラダ用に好評のカーリーケールとミニトマトも植えようかと思います。

 少し前のことですが、3月末に重要な来客を迎えるために、奥様が用意した玄関脇の鉢植え。
鉢植えの蘭(シンドロビウム)や雑木林ガーデン樹下のクリスマスローズは満開時期を迎え、来客に間に合っていたのですが、日当たりの悪い玄関先の鉢の寄せ植えは殆どの花が枯れてみすぼらしい様相を呈していたからです。
そこで、いつもは庭定期的に庭の入れをお願いしているナカツタヤさんから、専門家のアドバイスをいただきながら色々な花のポット苗を購入してきて自分で植え替えをしている奥様なのですが、今回は“重要来客”のために、ナカツタヤのプロに創ってもらうことにしたもの。
そこで、私メが軽トラの二台に4鉢を載せて持ち込み、養生期間も入れて、一週間後に受け取りに来ることにしました。

 一週間後に受け取った寄せ植えの鉢を持ち帰り、玄関脇に並べた様子ですが、さすがは専門家。鉢毎に配色も考え、見る側からの前後の高低差も踏まえて、葉物と花卉類との対比とバランスが良く考えられていて感心します。
後日、家内の生け花の先生も来られた際に激賞して、ご自身がガーデニング好きなこともあって、参考にと写真を撮って行かれました。
尤も、掛かった費用も、家内が事前に「大切なお客様をもてなす為」と念押ししていたこともあって、ナカツタヤも“力”が入ったのでしょう、想定していた予算の倍近かったのもご愛敬。というのも、コスパ的にも「これなら当然」と納得できるコストと完成度でした。

 母のデイサービスの送迎スタッフは勿論、後日来訪した叔母も、また帰省してきた娘も、「今年の寄せ植えは凄いネ!」と感心していました。
目的だけでなく、他の何人もの目を楽しませてくれた、“さすがはプロ”制作の寄せ植えでした。
 奥様が丹精込めて世話をしているクリスマスローズも、零れ種で随分と増え、大小60株程にもなりました。いつもは桜が散って、ハナミズキが咲くまでの間を繋ぐように、我々の目を楽しませてくれるのですが、今年は少し遅れた桜と共演ならぬ“競演”するかのように、今が盛りと咲いています。
(掲載の写真は、寄せ植えとクリスマスローズが3月27日と4月18日。松本の桜は、それぞれ満開を迎えた、3月17日の美ヶ原を望む薄川の両岸と3月18日の街中の千歳橋近くからの女鳥羽川の桜です)

 「毎年でなく、二三年に一度で良い」と云われる、春の芝焼き。
我が家の50㎡程のl字型の芝生ガーデン。前回の芝焼きを三年前に実施したので、今年久し振りに実施をすることにしました。
害虫の卵や雑草の種子を焼却し、また芝刈りで出るサッチと呼ばれる刈りカスを焼き払うのが芝焼きの目的ですが、特にサッチはそのままにしておくと、蒸れて通気性が悪くなって芝生の病気の原因にもなりますので、定期的に燃やした方が良いと云われています。

 晴れの日が続き、庭の芝がしっかりと乾いた上で、風の無い日を選ぶ必要がありますので、天気予報と“睨めっこ”をしながら、結局4月1日の月曜日に実施をしました。
今年は乾燥気味で、新聞のローカルニュースによれば、3月に入って田の畔や畑などの野焼きによる火災が結構頻発しています。そこで、風の無い日に且つホースでいつでも水を撒ける様に準備をし、一度に燃え拡がらぬ様に、タイルで囲って焼く範囲を限定しながら、少しずつ焼いていきました。
一度ではサッチが燃えないので、金属製の熊手で掻き出しながら二度焼きをし、火が消えたのを確認した上で、更に水を撒いて完全に火の気を消していきます。
始める前にお隣にはお断りをした上で、2時間程で昼前には終了。暖かな日だったので、その間、ナナもベランダで“日向ぼっこ”をしながら作業を見守ってくれました。

奈良の若草山ではありませんが、芝焼きも春の風物詩でしょうか。

 一坪足らずのハーブガーデンで毎年育てているバジル。今年は三株。
シーズン中は、トマトソースのパスタなどのトマト系の料理やピザなどに必要な都度必要な量の葉を摘んで来ては使っているのですが、そう大量の葉を使う訳では無いので、シーズンが終わる秋にはたくさんの“生”バジルが余ってしまいます。バジルは霜に会うと、葉が真っ黒くなってしまいますので、例年降雪前のシーズンの最後に、葉を全部積んで、奥さまがオリーブオイルや松の実などと一緒にミキサーに掛けて自家製のジェノベーゼソースを作り、冷凍保存したり、娘の所に持って行ったりしているのですが、パスタ以外では、例えば魚料理のソースに使うにしてもそう大量消費する訳でもないので消費し切れないこともしばしば。冷凍保存するにしても、“冷凍焼け”してしまうので何年も保存できません。
そのため、今年は栽培する株数も減らしたのですが、降雪の時期を迎え、結局使い切れず余ってしまいました。ジェノベーゼソースは昨年作ったのがまだあるそうなので要らないとの仰せ・・・。
そこで、頑張ってジェノベーゼではなく、生バジルをみじん切りにしてパスタにしたり、炒めモノにも使ったりしたのですが、まだたくさん茂っています。11月に入り、信州松本では文字通り“霜月“で、霜の降りる時期です。
 「ムムム、どうしようか~?」
そこで、ネット検索して調べた結果、「乾燥バジル」を作って保存することにしました。

 冬に(奥さまが)干し芋を作っているネットを使って天日干しにしても良いのですが、2~3日と時間も掛かりますし、天日干しだと色がくすんでしまうようです。むしろ、電子レンジで“チン”(600W×1分×2回)すれば、簡単に色味も良く(緑色が濃く)仕上がるのだとか。ポイントはキッチンペーパーでサンドして(挟んで)耐熱容器のバットや皿に載せて裏返して二度レンジに掛けること。
摘んで来たざる一杯山盛りのバジルの葉。我が家のハーブは全て無農薬ですが、ホコリを落とす必要があるのでさっと水洗い、バジルは傷つくとすぐに黒く変色してしまうので優しく水洗いをします。

篭などに敷いてベランダに置き、軽く天日干しをして水気を切り、その上でレンジに掛けます。レシピ上は、600Wで1分。裏返してもう一回。最初は葉が多過ぎて十分に乾燥しなかったので、30秒ずつ裏返してもう一度レンジに掛けましたが、以降は葉の量を減らしたらレシピ通り2回でパリパリ(カサカサ?)に乾燥しました。いやぁ、これなら確かに簡単だ。あっという間に乾燥バジルが完成です(注:写真は電子レンジ1回目の様子。ペーパーが湿っているのが分かります。そして、裏返して2回目の完成後)
 保存は、渡米するために長女が置いて行った調味料類の中で、終わって空になっていたペッパー・ミルがあったので、熱湯消毒をして乾かしてから、乾燥バジルをプラスチックバックに入れて手で揉んで粉々にして容器に詰めました。あれだけあった(と思った)バジルの葉が、乾燥させたらペッパー・ミルの容器ちょうど一本に納まりました。これでもスーパーなどに売っているお馴染のS&Bのドライバジルの容器4本分位あるでしょうか(同じサイズで比べてみました)。長期保存出来るので、一年くらいは十分持つでしょうから、一年後は(栽培すれば)またバジルがたくさん収穫出来ますので、一年間で使い切ろうと思います。ジェノベーゼもそうですが、乾燥バジルの大量消費レシピ、パスタ以外に何かあるのでしょうか、ね??探さなくっちゃ!
【追記】
乾燥バジルを作った翌日、今シーズン一番の寒気がやって来て、松本は1℃。朝、真っ白く霜が降りていましたので、ギリギリ間に合いました。ヤレヤレ・・・。

| 1 / 21 | 次へ≫