カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 階段状花壇の一画に設けた、僅か一坪程の我が家の“ハーブガーデン”。
それこそ、S&G(今の若い人は知らないでしょうね、きっと)の“♪パセリセージローズマリー&タイム・・・”ではありませんが、ハーブティーやスパイス用などこれまで入手出来たモノは全て試した結果(=自前で作庭した結果、お手上げとなって結局プロに改修いただいた“ミントジャングル”を経て)、結局我が家で受け入れられた食用ハーブのみを毎年育てています。
多年草のチャイブ、セルバチコ(ワイルドルッコラ)、パセリ(2年目まで)やルッコラ、バジル、コリアンダーなどなど。更に勝手口のウッドデッキでも、料理用に直ぐ採り易い様にパセリとバジル、コリアンダーをプランターで育てています(掲載の写真は、5月末と最近のハーブガーデンとプランターの状況です)。

 そしてハーブではありませんが、昨年米国西海岸のサラダバーで知って(奥さまが)大いに気に入り、帰国後探して種を入手して育てて大好評だったカーリーケールを、今年は栽培面積を増やしてハーブガーデンと家庭用菜園の二ヶ所で育てています。
昨年は種だけでしたが、今年はいつもの園芸店でも(私メが、行く度に米国での人気振りと“緑黄野菜の女王”と呼ばれるほどの栄養価を盛んにPRした効果もあってか!?・・・んなことはナイか)自家栽培したポット苗が並ぶようになりました。我が家の今年のコリアンダーとケールは、ポット苗ではなく種を買って播いて自分で育てています。特にコリアンダーは、毎年ポット苗を買っていたのですが、育て方が悪いのか余り収穫出来ずに枯れてしまいました。
昨年のケールはポットで自分で育てたのですが、コリアンダーもケールもポット苗よりも畑に直接種を播いての地植えの方が定着性と生育が良い様に感じました。また昨年買った種子は半分ほど植えただけでしたが、種子にも“有効期間”があり、それを過ぎて“古く”なると発芽率が落ちることから、今年は昨年のコリアンダーの種子を全て、またケールは我が家の需要が多そうなので昨年の残りと新たに購入した種を全て播いて、コリアンダーはハーブガーデンとプランター、またケールはハーブガーデンと家庭菜園のそれぞれ二ヶ所で且つ(ちゃんと育てば)長く収穫出来る様に時間差で植えて育てています。
 また、パセリは家庭菜園での栽培が絶対にお薦め。パセリはとかく肉料理などの際のプレートの飾りモノ扱いにされがちですが、捨てるなんて勿体ない!。買ったパセリとは異なり、地植えしたパセリは味が濃くてそのまま食べても本当に美味しく、正に“野菜!”を実感させてくれます。買うとなると余りがちでも、プランターでもただ植えておけば“勝手に”株が大きくなりますので、その都度使う分だけ枝を切れば良いだけ。従って、栽培もほったらかしで簡単です。そのままでサラダに載せても良し、またカレーやパスタ、スープに刻んで良し。スーパーに並ぶハウス栽培したパセリとは「まるで別モノ!」と実感できると思います。因みに我が家では2年目の一株(注)を含めて3株植えてあります。
 またハーブガーデンの一角には、恐らく今月中に収穫出来ると思いますが、まだ越冬して育ったニンニクが一株(8片)植えられています。家庭菜園の端に植えたニンニク二株(16片)は場所が悪かったか、成長が悪く収穫は期待薄ですが、ハーブガーデンはここで花芽も出てきたので株に栄養が回るよう花芽は抜き取りました。後は地上部の枯れるのを待つだけ。もし8株収穫出来れば、青森県産などの国産ニンニクは一株200円以上と高いので(いくら安くても、日本のGAP=Good Agricultural Practice:農業生産工程管理の様な安全基準も無く、どんな農薬が使われているか分からない中国産の食材だけはニンニクに限らず絶対に買う気にはならないので)十分元が取れます。
6月下旬頃になりますが、ニンニク収穫後のハーブガーデンのスペースにもまた何か植えようと思っています。
【注記】
パセリは多年草ですが、二年目の株は薹がたち易くなるので、見つけたら早めに花芽を切り取ること。3年目になると枝葉が出て来ず、余り株が成長しなくなるので、2年毎にずらして植えた方が良い様に思います。

 今年の春は、例年になく早かった桜に始まり、何もかも平年に比べて10日程早いスピードで一気に駆け抜けて行ったかの様です。松本でも、4月21日にナント30.3℃という真夏日を記録して、春どころか、一気に“夏来る!”。その後平年並みに落ち着きましたが、GWに入って里山は既に新緑や若葉で初夏の装いです。

 我が家のガーデンも、雑木林風ガーデンの春先のクリスマスローズに始まり、いつもは5月に入って満開となるグランドカバー(本来はground cover )のポテンチュラも23日には満開。クリスマスローズはこぼれ種で毎年増えて今では60株近くになって、道行く人の目を楽しませているようです。
また今年のハナミズキは街路樹も含めてどこも花付きが良い様に思いますが、我が家の芝生ガーデンの紅白のハナミズキも同様です。21日の暑さで、一気に満開になった感じでした。
また階段状フラワーガーデンは、南側が隣家の塀際のために日陰となるため、他よりも遅めですが、今年は既に春爛漫の装い。
 何だか、せっかくの春が勿体ないくらいに、今年の春は足早に過ぎて行きます。

 昨年、奥さまのお友達からいただいた自家製の赤トウガラシ。たくさんは要らないがあれば重宝すると云うので、今年の家庭菜園に一株だけ赤トウガラシを植えてみました。
春先の夏野菜の苗購入と併せて、高校の同級生の経営するいつもの園芸店「ナカツタヤ」で、スタッフの方から、並んでいた中で一番辛いという種類(鷹の爪の一種)を選んでもらってポット苗で購入したものです。

 秋になって赤くなる都度収穫し、100円ショップで購入した根菜を入れる網目の保存袋(?ホームセンターへ行けば、乾燥させるのに向いたもっと良いアイテムがあるのかもしれませんが)を代用して乾燥させました。
既に20個以上になり、家庭で使うには十分な量です。優に数年分はあります。この段階で、まだ株には50個ほどが“鈴なり”になっていました。
 小さな青唐を一本、輪切りに刻んで(ちゃんとしっかり種は取って)、家内の作ったフレッシュトマトソースを使ってトマトとナスのパスタと、ナスと豚バラを使った辛味噌炒めにそれぞれ使ってみましが、いや、その辛いこと!
一番辛い種を使わずに細いのがたった一本ですが、これは辛い!
(後で知ったのですが、赤く熟しtモノより青い方が辛いのだとか)
植えたのは一株だけでしたが、全部で70本以上にもなりましょうから、全て乾燥させれば恐らく10年分?くらいにもなるでしょうか・・・。
 日当たりの関係か、他の市民農園に植えられていたトウガラシに比べると、我が家の一株も次第に赤味を帯びて来たものの、降霜時期の11月まで待っても全て赤くはなりませんでした。
そこで、やむなく引き抜いて葉を落とし、逆さまにして干しています。それでも、真っ赤く熟したモノだけで優に30本くらいはあるので、もし緑色のモノが利用出来なくても、合わせて50本以上と十分過ぎる収穫量です。作っては見たモノの、どうやって利用すれば良いのでしょうか。

 前回ご紹介した(第1247話)ニンニクの栽培。
先に植えたニンニク2球は27日に発芽しました。9月5日に寒冷地用のホワイト六片を植えたので、日当たりや施肥などの畑の環境で一概には言えませんが、我が家の菜園では3週間程で発芽したことになります。通常植え付け後30日前後で発芽すると云われますので、通常より少し早目の発芽でした。30日後で12片、35日後には15片が発芽していますので、発芽率は優に90%を超えています。

また、場所を変えてハーブガーデンに植えた残りの1球はこの三連休の10月8日に3片が先ず芽を出し、その後8片全てが発芽しました。
 ニンニクは中央アジア原産で、古代エジプトで既に栽培されていたと云われる程、古くから人間に利用されて来た野菜です。どちらかと云うと植えっ放しに近く育てやすいそうですので、発芽した全ての芽が冬を超えて収穫する春までにちゃんと球を結ぶかどうか分かりませんが、追肥等をしながら春まで見守ろうと思います。
春先になると花芽が出るので、球(鱗茎)を大きく成長させるために董が立たない様に摘み取る必要があるそうですが、お馴染の“ニンニクの茎”として中華料理の食材にもなります。

 夏野菜が終わり、秋向けの大根とまだ元気に花を咲かせるオクラとケール以外はさすがに葉も枯れて来たので、もう収穫終了。キュウリもトマトもたくさん収穫できましたが、日当たりが悪かったのか、ナスは大失敗でした。来年は、連作障害を避けるためもありますが、植える場所を考えないといけません。大根は一般的な青首ではなく、所謂“固ダイコ”と地元で呼ぶ信州地大根と、自宅で古城蕎麦を辛いオロシソバで食すべく、試しに植えて見た「ネズミ大根」(但し“門外不出”の坂城町のネズミ大根とは別種)です。

 そして収穫の終わったキュウリやトマト、一本ネギのスペースは、冬に耕運機で起こすまでそのまま放っておこうと思いましたが、奥さまからのリクエストで冬用野菜を植えることにしました。我が家ではもう樽やぬか床での漬け物は漬けないので野沢菜では無く、野菜の少ない冬の時期に、あれば便利な小松菜と冬スーパーに並ぶといつも購入していた好物の“寒縮み”ホウレンソウ、更には鍋用に春菊の3種類を選択。春菊は防虫効果もあるのでコンパニオンプランツにもなります。因みに、ホウレンソウは「寒ちぢみホウレンソウ」という個別の種類があるのではなく、ホウレンソウは寒くなると凍らない様に体内の水分を減らすために、結果として糖度が高まるため食べると甘くなるのです。
 先ずは収穫の終わったトウモロコシの畝から耕運機で耕し、苦土石灰や有機肥料を蒔いて二週間ほど土と馴染ませて、9月19日に畝を三等分してそれぞれ播種。すると、小松菜、春菊、ホウレンソウの順番で芽が出始め、ほぼ一週間後の27日には生え揃いました。一番面白かったのはホウレンソウ。ユリの様な細い子葉が出て来ました。多少切り込みはありますが、丸い見慣れたホウレンソウの葉とは思えません。葉先にはピンク色の種子の殻が付いています。
 あの見慣れた本葉は10月上旬になって出て来ました。漸くホウレンソウらしくなりました。春菊も丸い子葉から、あの切れ込みの入ったお馴染のシュンギクの本葉が出芽しています。春菊は霜に弱いそうですので、信州での地植えは冬までは持ちませんが、ホウレンソウは霜が降りてからが甘くなる“寒縮み”の季節。種はたくさんあるので、もう一畝種を播いて育てて見ようと思います。

| 1 / 19 | 次へ≫