カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 10年ほど前に奥さまの実家から頂いて来たシンビジウム。
一鉢を株分けし、実家の茅野では咲かなかった別種のシンビジウムを、茅野よりは温かい松本なら咲くかも?と運んで来た鉢と併せて三鉢。
今では、栽培している各園芸店で様々な品種改良がされ、その結果多くの品種が登録されていますので、ネットで調べても全く同じと思える品種の名前は分かりません。後から来た鉢には「プロムナード」とありましたが、ネットで調べて写真を見ると、園芸店毎に多少違うような気もします。

> 毎年の手入れと共に庭の植栽も診ていただいている園芸店「ナカツタヤ」のスタッフの皆さんのアドバイスも踏まえ、奥さまが丹念にシンビジウムの世話をしてきた結果、実家からのプロムナードは数年に一度、他の株分けした同じ種類のシンビジウムはほぼ毎年の様に花芽を付けてくれています。
しかし、昨年全部の鉢が初めて見る位たくさんの花芽を付けてくれたのですが、玄関に出すのが早過ぎて春先の遅霜(松本平では農作物を含めて影響がありました)でせっかくの花芽がやられてしまい、咲かずに黒く変色して枯れてしまいました。
 今までの経験から、今年は全部の鉢に花芽が付くのは無理だろうと思っていたのですが、本数は昨年より少ないのですが、三鉢とも花芽が出て来ました。そこで暖冬とはいえ昨年の反省で霜害を避けるべく、今年は早めに玄関内に入れ、玄関外に出すのも出来るだけ遅くして、しっかりと花を咲かせる予定。
今朝、三鉢とも洋蘭用の支柱を刺して、針金入りの紐(洋蘭用ビニタイ)で刺した支柱に括り付けました。結果、プロムナードは4本、他の二鉢はそれぞれ二本ずつ花芽が出ていました。プロムナードは昨年霜害で花芽がダメになって咲けなかったためか、二年連続で初めて花芽が付きました。
シンビジウムの三鉢。咲き揃うのが今から楽しみです。
【注記】
最初の写真は冬用の寄せ植えの鉢と、1月26日。他の写真は今日2月10日のシンビジウムの花芽の様子です。

 もう10年近く前のことです。
次女が学生時代に神楽坂に住んでいて、娘の処に上京して神楽坂を散策していた時に、毘沙門天やケヤキ並木の神楽坂で、料亭や古民家のイタリアンなどがある狭い路地など歩いていた時に、民家のお宅に植えられていた庭木の白い縁が入った青い花がとてもきれいで気に入ったのですが、信州では見掛けたことがありませんでした。

 毎年、春と秋に定期的に庭を見ていただいている園芸店のナカツタヤに来客用の寄せ植えの鉢をお願いしました。いつもは家内がナカツタヤのスタッフアドバイスをもらいながら、自分でポット苗を選んで植え替えているのですが、その時は大切なお客様だからとプロにお願いしたのです。
すると、その内の一つの鉢に植えられていた花木が白い縁取りの清楚な青い花を付けたのですが、それはいつか神楽坂で見掛けた名前の知らない庭木だったのです。
調べてみると、デュランタという熱帯アメリカ原産の常緑樹の花木で、日本では気温のために冬は落葉するそうですが、暖かな沖縄などでは生垣にも使われていて、「日本では特に濃紫色の花びらに白い縁取りが入るタカラヅカが人気品種として多く栽培されている」とのこと。どうやら、神楽坂で10年前に見掛けたのも、今回夏用の鉢植えに使われていたのも、このタカラヅカという品種であることが分かりました。
 秋になって、春用の花壇の植栽の植え替えの時にいつものスタッフの方に、このデュランタが好きなので、是非花壇に植えて欲しいとお願いしたのですが、寒い信州ではデュランタは地植えでは99%無理で育たなだろうとのこと。鉢植えにして冬も暖かな室内に置けば、信州でも育てられるとのことから、庭木としての地植えは断念し、鉢植えにして育てることにしました。
花壇の所幾歳変更に併せて、デュランタも用意した鉢に植えておいていただけるとのことから、植え替えはプロにお任せしました。

 その後、一枝が枯れてしまったようでしたが、切った枝から幾つか新芽が伸びて新しい葉が開いて来ました。みずみずしい若葉です。
植え替えた直後の夏は花は咲かないかも知れませんが、その名に恥じぬ様な、タカラヅカの凛とした男役にも似た、あの青く清楚な花を咲かせて欲しいと思います。
 23日の朝、ホワイトクリスマスには一日早かったのですが、松本は今シーズン初めての本格的な降雪でした。随分湿った雪でしたが、3㎝程積って枯れ木に白い雪の花を咲かせていました。
 “冬来たりなば 春遠からじ”
青い花を待ち遠しくも、白い雪の花もまた見事です。

 我が家のガーデンスペースは4つに区分されています。雑木林風ガーデンと、階段状のフラワーガーデン。芝生ガーデンと、一坪のハーブガーデン。
 雑木林ガーデンでは、その樹下を活かして、家内が大切に世話をしているクリスマスローズと共にアジサイが何株か植えてあります。
一つは最初から植えてある真っ白なアナベル。そして清楚な青のガクアジサイが二株と、白い縁の入る青いアジサイ。ガクアジサイと縁入りアジサイは鉢植えでしたので、移植しても寒い松本では地植えで育てるのは難しいかもと、定期的に庭の管理をお願いしている園芸店の方には言われたのですが、何とか定着し今年も花を咲かせてくれました。


 また芝生ガーデンを自作した時に、その美しいシルバーグリーンの葉に憧れて、我が家のシンボルツリーとして植えたのが、園芸店に頼んで取り寄せてもらったプンゲンスホプシー。30年たって大きく成長し、正しく我が家のガーデンのシンボルツリーになりました。
 最後に余談ですが、春の花壇の植え替えで植えられていた真っ黒なペチュニア。
一般的にはブルーやピンク、白系が多いと思いますが、星形に入った黄色の縁と真っ黒な花びらとの対比に驚きました。チューリップやクロユリ、チョコレートコスモスとか黒系の花も無いではありませんが、こんなに真っ黒な花弁は初めて見ました。

 今、松本ではスカイパークをメイン会場に「信州花フェスタ」が開催されていて、発祥の地らしく、松本はまさに“花いっぱい”です。

 しかし、今年の春は桜が咲くまでは順調だったのに、その後は降雪を記録するなど寒気が南下して寒い日が続いた日本列島でした。
そのため、東京などは長い間桜を楽しめたようですが、松本は開花宣言後の寒さで花が開かず、その後暖かくなったら一気に満開からあっという間の桜吹雪。次に、桜の後を追って咲いたハナミズキですが、すぐに葉も開いてハナミズキというよりもヤマボウシ風にと、松本では一気に花が咲いて、あっという間の春爛漫でした。

 先日はまだ梅雨入り前の九州で記録的な大雨が観測されるなど、何となく天候不順な雰囲気?なのが心配ですが、災害の多かった平成から災害の無い時代へと皆が期待する令和ですので、どうか平穏にと願うばかりです。

 さて我が家の庭も春を迎えて、先ずは雑木林ガーデンの樹下のクリスマスローズ、今年は三鉢全てのランも開花、階段状花壇も花が一杯になり、紅白のハナミズキ・・・と、次から次へと短い春を競うように花が咲き揃いました。室内でも“行く春”を少しでも楽しめるようにと、母屋も含めて庭から切ってきた、スイセン、ムラサキ菜花、ツバキ、次にはチューリップなどを一輪挿しの花瓶で春の雰囲気を楽しみました。
 世界で一番「緑」を表す言葉の多いと云われる日本語。新緑の季節だけでも若草色、若葉色、萌黄色などなど・・・。さまざまな緑を見せる里山の緑を楽しみながら、更に残雪の北アルプスの峰々には雪形が現れて、季節は春から初夏へ。

 五月連休を迎え、恒例の野菜苗を畑に植えます。先ずはハーブから。
僅か一坪ほどの我が家のハーブガーデン。以前、あらゆるハーブを試した結果(例えばハーブティー用のハーブ類はニーズ無し)、10年程前から我が家でニーズのある食用ハーブ、しかも生食でのサラダ用ハーブに結果限定しています。
そこには多年草ハーブであるセルバチコとチャイブの株があるのですが、株の周囲の土が固くなったので、一旦株を鉢に移し替えて、土起こしをして、水はけが良くなるように蓄えてあったコーヒーかすを土に混ぜ、肥料の鶏糞を入れて更に混ぜ合わせ、一週間以上そのままにして馴染ませた上で、多年草のハーブを戻してあります。
その移し替えた宿根草のチャイブは無事芽を出したのですが、セルバチコ(ワイルドルッコラ)は二株中一株が枯れてしまいました。ナカツタヤによれば、セルバチコはニーズが無く、ロット毎(24鉢)のオーダーでないと対応出来ないとかで断念しました。ピリッと辛くて美味しいのに人気が無いのでしょうか。一年草のルッコラに対してセルバチコは多年草で便利なので、むしろ知名度だと思うのですが・・・。

 今年植える一年草のハーブ類。入荷したら確保してほしい旨、いつものナカツタヤに頼んであったルッコラが入荷したとの連絡があり、4月30日に取りに伺いました。
そして、お願いしてあったルッコラ6鉢と一緒に、バジルを4鉢、パセリを2鉢、それぞれポット苗で購入してきました。
毎年植えるパセリ。地植えのパセリは、売っているモノとは全くの別物と思えるほどの美味しさ。料理に添えるだけでは勿体ない!食べると、パセリも野菜なんだと納得させてくれます。
あとの空いたスペースには、毎年失敗しているのですが、今年も懲りずにコリアンダー(香菜=シャンツァイ、パクチー)。そしてこちらも西海岸で長女に教えてもらって以来、サラダ用に好評のカーリーケールとミニトマトも植えようかと思います。

| 1 / 22 | 次へ≫