カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 コロナ禍のため、昨年はネット配信のみだったセイジ・オザワ松本フェスティバル。今年は観客を入れての開催となり、オーケストラ・コンサートは、昨年同様シャルル・デュトワが客演指揮者として登場。

 彼を最初に知ったのは、手兵のモントリオール交響楽団(Orchestre symphonique de Montréal、略称OSM)を振ったサンサーンスの交響曲第3番(但し、同じシャルルでもミュンシュ盤が今でも個人的にはベストですが)。デュトワの就任により、OSM(ケベック州の公用語はフランス語)は“フランスのオーケストラよりもフランス的”と評されて一躍世界的に有名になりました。後年デュトワはN響の音楽監督にも就任し、それまで歴代のゲルマン系指揮者により鍛えられてドイツ的だったN響にフランス的な色彩感を根付かせたと評価をされるなど、日本とも大きな関わりを持つマエストロです。
昨年の「火の鳥」に続き、今年も同じくストラヴィンスキーの「春の祭典」がメイン。今年がSKFから数えて30周年ということで、初年度に演奏されたというSKOの委嘱作である武満徹「セレモニアル」、デュトワ得意のフランス物であるドビュッシーの「管弦楽のための《影像》」、そしてメインが「春の祭典」というオーケストラ・コンサートのプログラム。
 面白かったのは、ゲネプロの様に本番さながらに通して演奏するのではなく、同じ個所を何度も繰り返し演奏するなど、如何にもリハーサルと云った感じで練習風景を聴くことが出来た点でしょうか。
特にドビュッシーの「映像」は念入りに何度も同じ個所を繰り返して練習をしていました。しかも英語でのデュトワの指示を受けて練習する毎にうねりが大きくなるなど、色彩感が変化していくのが実に興味深く感じられますし、すぐさま指揮者の指示に応えていくSKOもさすがです。
SKOといえば、プログラム毎のコンサートマスターが、例えば国内のメジャーオーケストラでこれまで、或いは現在コンマスを務められている小森谷巧、矢部達哉、豊嶋泰嗣の各氏に交替するなど何ともメンバー構成が贅沢。また、そのヴァイオリンだけではなく、チェロも若手の実力者である宮田大、遠藤真理が並び、後ろにN響で長らく主席を務められていた重鎮木越洋氏があの髪型で控えるなど、どのパートもそれぞれソロが務まる程の腕利きを集め、いくら年に一度の“七夕オーケストラ”とは云え、さすがは我が国の“スーパーオーケストラ”SKOらしい何とも豪華な顔ぶれです。更に桐朋OBを主体とする弦楽器のみならず、今年もフルートのジャック・ズーン氏を始め、海外の一流オケで活躍する外国人プレーヤーが加わった管楽器群がめちゃくちゃイイ音を奏でています。
その意味では、正に105人という大編成でのメインの「春の祭典」は節度を伴った“美爆音”でしたが、個人的にはドビュッシーが如何にもフランス音楽といった感じで、デュトワらしい色彩感が出ていて、うっとりと幸せな気持ちで聴き惚れていました。
 妹のお陰で、三年振りに聴くフルオーケストラの“生音”。
 「あぁ、やっぱり生はイイなぁ・・・」
しかもそれが、世界の“マエストロ”シャルル・デュトワ指揮でのSKO。ナントモ贅沢な時間があっという間に過ぎて行きました。
【追記】
余談ですが、会場をロビーで待っている時に、県内の他のコンサートホールの演奏会案胃のチラシやポスターがあり眺めていたら、小菅優さんと共に個人的に好きなピアニストの一人でもあるイリーナ・メジューエワさんの県文長野での演奏会案内があり、おっと思ったら、残念ながらその日は予定がありました。しかし、この時まで彼女の演奏会が県内であることを知りませんでした。
 「そうか、コロナ禍でも世間は動いているんだ・・・」
因みに、彼女を初めて知ったのは、通勤途中で聴いた9年前のNHK-FM(第721話)。その時に、作曲者の曲に込めた想いを尊重するために、本番でも暗譜に頼らずに必ず楽譜を見るという彼女の真摯な演奏姿勢に感銘を受け、たまたま翌年の2014年に京都に行った時にリサイタルの日と偶然重なり、京都北山のコンサートホールに聴きに行きました(第914話)。その彼女が長野県で演奏会があるなら(以前、どこかのペンションに招かれて演奏会をしている筈なので、長野県初というのは間違いだと思います)絶対に聴きに行きたかったのですが残念でした。
以前、ハーモニーホールのプロデューサーの方に彼女の招聘を推薦したことがあったのですが、残念ながら採用されませんでした。いつか、松本での演奏を聴ける日が来ることを夢見て・・・。

 8月6日。 “歌の早慶戦”と題し、早稲田大学グリークラブと慶應義塾大学ワグネルソサィエティー男声合唱団の合同演奏会として「松本特別公演会」が松本市の中央公民会(通称Mウィング)の6階ホールで、行われ、聴きに行ってきました。
市中にあるMウィング(中央公民館)の6階ホールは、何度か松本落語会で聞きに来ていますが、今回も階段状の席とパイプ椅子が並べられ、席数にして300席くらいでしょうか?

 コロナ禍もあって、生の演奏会は実に丸三年振り。本当に久し振りです。
大学の男声合唱団と云えば、ネット検索に依れば『最初1899年には日本で関西学院グリークラブが誕生、続いて同志社大学にもグリークラブが誕生し,1902年に慶応義塾大学ワグネルソサエティが結成され,おもに大学合唱団が中心になっていた』とあるように、東京混声など歴史と伝統あるプロの合唱団もありますが、少なくとも私が学生の頃は、男声合唱では大学のグリークラブがトップ水準を誇っていて、100人近い団員を抱えた大学のグリークラブもあり、例えば当時発売されていた合唱曲の東芝EMIの「現代合唱曲シリーズ」のレコードでは、男声合唱曲は関学やワグネルなどのグリークラブが演奏を担当していました。そうした大学のグリークラブの出身のOBが、例えば早稲田からはボニージャックスが、そして慶應からはダークダックスが活躍するなどしたそんな全盛期も、今ではそうした老舗の大学グリークラブも、例えばこの早稲田もワグネルも団員が僅か20人足らずという現状で、往年の全盛期を知る人間としては見る影もない程の寂しさでした。
当時各パート20人以上もいたのが、今や5人ほど。そうした人数の減少が全体の声量も比例して減ってしまうのは当然のこと。早稲田はベースの低音部が良く、逆にワグネルはテナーの高音部が良かったので、合同ステージで漸く合計40人で各パートのバランスも良くなり、ナントか聞けるレベルでしょうか。それにしても、合同演奏では全員マスクをしながらの歌唱で、聴いている方も何だか息苦しく感じてしまう程。合唱に限りませんが、コロナ禍での音楽の演奏の大変さに同情を禁じ得ません。
 両大学の校歌、応援歌に始まり、黒人霊歌や昔懐かしい男声合唱の定番曲である「秋のピエロ」や「柳川」、そして「見上げてごらん夜の星を」や「遥かな友に」(何れも早大グリーの定番アンコール曲)といった愛唱歌まで。
最近はTVの影響もあってか、“ハモネプ”に代表されるようなボイスパーカッションなどを取り入れたアカペラコーラスの方が大学では人気があるのか、ハモネプサークルの方が合唱団よりも団員が多い大学もあるのだとか・・・。グリークラブに限らず、昔ながらの同声合唱や混声合唱は嘗ての様な人気が無いのか団員数も減少の様で、老舗のグリークラブである早稲田も慶應もこの人数では往年の迫力ある分厚いハーモニーを望むべくもありませんが、それでも半世紀前と変わらずに必死に一生懸命に歌う若者の姿に清々しさを感じ、また若者から大いにエネルギーも貰って、何だかほのぼのした気分で会場を後にしました。
 「イイなぁ~、若いって・・・。コロナなんかに負けずに、みんなガンバレ!」

 11月中旬に量販店で注文し、その時点で2ヶ月待ちの納品は1月末と言われていたのがその後2月になり、更に場合によっては4月末との量販店からの連絡。「キャンセルするかどうか」とまでの確認があり、今更他を当たってもメーカー側の責任故同じでしょうし、予算枠での機能等幾つかの機種を色々比較検討して決めたモデルでもあったので、そのまま待つことにしていたのですが、それが突然量販店から連絡があり、3月上旬に届いたので一週間以内に取りに来るようにとのこと
なぜ4月末が最初の納品予定から一ヶ月遅れでの2月末に近い段階で急に届いたのかの説明も無く、11月の注文から3ヶ月間の今まで散々待たせておいて、商品の取り置きは僅か一週間以内という量販店の訳の分からぬ設定期限内である3月上旬に受け取りに行ってきました。
カウンターで理由を聞こうにも、オーディオ関係は無知であろうパートのオバサンでは聞いても無意味と何も聞かずに受け取って来ましたが、一体どうなっているのやら・・・?

 早速、楽しみながらゆっくりと数日間掛けてセッティングをしました。
先ずは、CDを視聴し、FMを受信し、そしてM‐CR612の最大の特徴であるネットワークオーディオ機能を活かして、Wi- Fiでインターネットに接続してインターネットラジオを受信、そして最後にフォノイコライザーを経由して10数年振りにLPレコードも視聴。そのレコードは、大好きだったスウィトナー指揮ドレスデン・シュターツカペレでモーツアルトの「リンツ」と昔良く聴いていたアール・クルーのアコースティック・ギター。
そして、このネットワークレシーバーはストリーミングも受信可能ですが、年金生活者にとって有料サービスは些か辛いので、ネットワークレシーバーとしてはインターネットラジオで無料サービスを楽しもうと思います。
 また、このレシーバーをプリメインアンプとして考えた時に、ハード的な今回の一番の期待は、通常接続したスピーカーを4チャンネル駆動出来る「パラレルBTL」という機能です。説明曰く、
『パラレルBTLドライブでは接続はシングルワイヤのまま、4組のアンプ全てを用いてスピーカーを駆動することが可能になりました。その結果、アンプのスピーカー駆動力の指標となるダンピングファクターは通常のBTLドライブに比べ約2倍に向上。中低域の量感と締まりを両立した低音再生を実現しました。』
とのこと。
M‐CR612はバイアンプという機能もあるのですが、我が家のメインスピーカーは、既にご紹介した通り、自作した長岡式スワンを泣く泣く手放し、KEFトールボーイはサブシステム用に使用するので、KENWOODの前身であるトリオのLS-202という40年以上も前の古い3Way バスレフのスピーカーです。従って最新式のバイアンプには対応出来ませんので、新しい“アンプ”としてのスペック的な期待がこのパラレルBLTでした。
最初にCDを通常(普通)のシングルワイヤ接続でスピーカーを鳴らします。それまでの所謂ミニコンのKENWOODのレシーバーとは値段は7倍近く違うのです(筈)が、私メの耳ではその金額差程の音の違いは感じられません。そして次に、マニュアルに沿ってパラレルBLT接続に変更します。すると・・・激変!!
音の輪郭がきりっと締まり、音が一つひとつ粒だって聞こえてきました。
 「あぁ、こんなに違うんだ!」
と感激。これなら金額差、イヤ、その価格差以上の音に納得で大いに満足出来ました。

 以前ご紹介した様に、狭いマンションへの転居に伴い処分せざるを得なかった私メのオーディオ機器。その中で、僅かながら生き長らえて一緒に持って来られたのが、トリオのスピーカーとデンオンのレコードプレーヤー。そして、新居でのミニ書斎向けのサブシステムとして、それまで2階の書斎で同じようにサブシステムとして使っていたKENWOODのシステムコンポ用のCDレシーバーとKEFのトールボーイスピーカーでした。

 従って、メイン用のプリメインアンプは代わりの機種を買う必要があり、与えられた予算の範囲内で色々候補を上げて検討したのが、マランツのネットワークレシーバーNR1200と同じくマランツのネットワークCDレシーバーM-CR612という機種。
前者は別に新たなCDプレーヤーが必要になりますし、後者はCDプレーヤーは一体型ですが、そのままではレコードプレーヤーが接続出来ないので、レコードプレーヤーを接続するためには別にフォノイコライザーを買う必要があります。

一応お伺いを立てたところ、家内と娘からは前者は大き過ぎると却下。確かに色々検討してみたのですが、リビングで置ける場所は無く、密かに当初考えていた家具(シンガポール購入した頑丈そうなリビングボードの中)は家内に占領されてしまい、オーディオが置けるのは唯一そのリビングボードの上の部分のみ。そこにレコードプレーヤーを置くと、残りのスペースは30㎝四方しかなく、フルサイズのプリメインアンプの同じ大きさのNR1200は無理で、結局必然的にM-CR612になってしまいます。NR1200はTVもAVプレーヤーとして接続可能ですが、その場合スピーカーは狭い新居ではTVの両脇に置くことは出来ず、TV用には使えずに宝の持ち腐れにもなるので、ま、イイかということで結局M-CR612に落ち着きました。
従って、それまでの間はサブシステムのケンウッドのCDレシーバーを代用し、リビングでトリオのスピーカーを鳴らすことにしました。
 引っ越し後の11月末、M-CR612を電気店で注文し、メーカーからの取り寄せ(今殆どの家電量販は在庫を持たっていません)で、納品予定は1月末とのことでした。

 コロナ禍による世界的な人工不足での半導体不足と、更にそれに輪を掛けたのが旭化成の延岡工場の火災によるオーディオ用などのLSI供給遅延で、最初から納品待ちは覚悟の上でした。
世間では、例えば給湯器も半導体不足により半年間もの納品待ちで、それまで故障した給湯器が交換出来ずにいたというような日常生活に直結した影響も報道されていますので、それに比べれば日常生活に影響が出る程深刻な問題ではありません。
ところが、購入した量販店からの連絡で、先ずは1月末の納品予定が2月末に延び、終いには4月末になるかもしれないとのこと。
そのまま待つか、それとも注文をキャンセルするかどうかと聞かれましたが、量販店側の問題ではなく(量販毎の購買力による力関係での差は多少あるかもしれませんが)製造元であるメーカー側の問題なので、もし他の量販に今から予約し直したとしても状況は変わりませんので、止む無くそのまま待つことにしました。
しかし、それにしても半導体メーカーからすればオーディオ用LSIは車載やTV、冷蔵庫などの大型家電よりも位置付けは低いのかもしれませんが、“ウッドショック”に伴う家具もそうでしたが、コロナ禍の影響が色々身近なジャンルに影響していることを実感、認識せざるを得ませんでした。

 今まで使っていた家具類を持って行けるスペースが無いことは前に書いた通りですが、一方私メは持って行くつもりだったのに家内と娘から「No!」というキツイ駄目出しをされてしまったのが、私メのオーディオ類でした。

 大型のプリメインアンプは勿論、レコードプレーヤー、カセットデッキ、MDプレーヤー、CDプレーヤー、チューナーとスピーカーです。
家の新築時に買い替えたので、これも24年。しかも、スピーカーは社会人になった時に買った40年前の3ウェイと自作スピーカーの長岡式スワン。さらに、サブシステムとして使っていた、KEFのトールボーイの合計3組のスピーカー。
アンプ類はさすがに古いので、家電同様買い替えることにしましたが、スピーカーだけはどちらも気に入っている云わば“愛機”ですし、世の中が如何にデジタル化されようと、最後にはアナログ変換での音の出口であるスピーカーだけは、ユニットの特性だけではなく、剛性や内部の形状など箱の作りにも左右されますので、良い材料を使ってしっかりと仕上げてあれば、銘器と言われるバイオリンのように昔のスピーカーであっても良い音がする筈です。私メのLS-202もスワンもその意味で個人的には銘機だと思っています。従って、これからも壊れるまで聴き続けるつもりでいました。
しかし、どちらも底辺30㎝四方以上の大型スピーカーですし、ソファーや飾り棚などを置くリビングルームのスペースとの兼ね合いから、色々置き方を考えつつ何度測ってみても確かにスピーカー2台を置くスペースは生まれないのです。
 「ウーン、どうしよう・・・?」
 LS-202はKENWOODの前身であるTRIOが本格的にスピーカー制作に進出したLSシリーズのスピーカーで、25cmウーファーのフロア型の3 wayバスレフ・スピーカー。片やスワン(初代D-101)は、スピーカー自作派の“神様”故長岡鉄男氏が設計した点音源の傑作と云われるバックロードホーンスピーカーで、ユニットはフォステクス往年の銘機FE106∑を用いた僅か10cmのフルレンジ1発。面で鳴るか点で鳴っているかの違いと、スワンは点音源ですので、出来るだけ耳の高さに合わせた二等辺三角形の頂点で聴くのがベストなスピーカーです。
しかもスワンは1987年の赴任直後の慣れないシンガポールで、引越し荷物と一緒にカットされた板材キットを送って、家族がシンガポールに来るまでの3ヶ月間、休日や夜などやる事が無い時に、一人黙々と組立作業をし、サンドペーパーでしっかり磨いて、探し当てたDIYショップで購入したラッカーを三度塗りして仕上げた思い出のスピーカーです。その後、次女がヨチヨチ歩きの頃、音の出る所が不思議だったらしく、スプーンで叩いてコーンを凹ませてしまい、出張帰国の際に秋葉原で交換用にスピーカーユニットを再度購入し、併せて保護用にガードグリルも購入して取り付けてあります。
 そこで、今回新居に持って行くスピーカーを絞り込むに辺り、メイン・スピーカーのLS-202とスワンD-101を改めて聴き比べてみました。
3WayのLSの方が高音は勿論なのですが、バックロードホーンとは言えフルレンジ1発(しかもたったの10cm!)のスワンよりも、特にダブルベースなどの低音も音の粒が立ってくっきりしています。
一方のスワンはバックロード特有のクセとして、どうしても「ブン」ではなく「ボン」という感じになりがちです。しかも低音は音道を通って増幅されて背面から出て来るので、何となく遅れた感じがします。逆にLSが面で響いてくるのに対し、スワンは点音源の名の通りクリアに左右のピンポイントから抜群のステレオ感で響いてくる感じでしょうか。
二つを比べてみると、謂わばシャープなLSとマイルドなスワンという違いはありますが、ステレオ的な「音」としてのまとまりはスワンの方があるような気もします。最後は聴く人の好みでしかないのですが、でも想像以上にLS-202はクセの無い素直でイイ音作りでした。

 どう考えても二つは無理なので、どちらか一つに絞らざるを得ません。悩みに悩んだ結果、最終的にはバックロードのスワンに比べ音が透明でクセの無いLS-202を新居で使うことにしました。
そこで、スワンは家内に頼んでメルカリに出品することにしました。オーディオには全く興味のない家内の「こんなの、どうせ売れる訳無いわよ!」という冷たいお言葉に対し、ところが、あろうことか直ぐに買い手が現れたのです。家内も、「えっ、ウソッ!?」と絶句。
 そこで、売れたのは大変有難いのですが、次なる問題はどうやって送るかでした。
初代のスワン(D-101)は、首の部分(スロート)が(耳の高さに合わせるために)可動式で外れる設計になっています(二代目となる長岡式「スーパースワン」は固定です)ので、スロートを外してバックロードの折り曲げ部分である箱と二つに分け、傷付かぬ様にエアクッショで包み、それぞれ大きさに見合う段ボール箱に入れて発送しました。
すると到着後、すぐに買い手の方からメールが届きました。
『(略)やっとセッティングが終わり、お気に入りのモーツァルトのピアノ協奏曲を聴いております。
高域が足りないとのお話でしたが、あまり気にならずむしろ抜群の音場感が素晴らしいです。今まで使っていた3ウェイスピーカーは何だったんだろうと感じました。やっと求めていた音に出会えたと感動いたしました。
梱包も大掛かりで大変だったと思います。その上ご主人から丁寧なお手紙まで頂き、本当に良いお取引できたと感謝しております。末永く大切にスワンを使っていきたいと思います。
この度は本当にありがとうございました。』
 まるで愛する娘を嫁がせた親の様な気持ちで、泣く泣く手放したスワンでしたが、メールにある様に大切に使って頂ける新しいオーナー様に出会えて本当にホッとしました。文中に、モーツァルトのピアノコンチェルトを聴いているとありましたが、私も好きな20番、或いは21番の第2楽章でしょうか?
私メ同様に、スワンを聴くのに一番相応しいクラシック音楽好きなオーナー様のようで何よりです。しかも、「今まで使っていた3ウェイスピーカーは何だったんだろう?」という、スピーカー自作派にとってはこれ以上ない最高の誉め言葉まで頂くことが出来ました。
今も日本のどこかでモーツアルトを奏でているであろう、我が愛しのスワンに向かって、
 「良かったなぁ!新しいご主人さまに末永く可愛がって貰うんだぞ!」

| 1 / 31 | 次へ≫