カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 今年もプロ野球のキャンプが始まって、南から球春が近付いてきています。今年はセンバツが開かれるとイイのですが・・・。
さて、一昨年ジャイアンツの原監督がコーチ陣に元木大介氏と宮本和知を迎え入れた時に、大物OB連から反対の声が上がりました。曰く、
 「他にOBに人材が居ない訳じゃなし、そんなタレントの連中にコーチが務まるものか!」
確かに二人はプロ野球界からの引退後、野球の解説よりも、どちらかというと野球とは関係ないバラエティー番組などに出演するなどタレント業をしてきましたし、元木大介氏に至っては事業(ラーメン屋経営)に失敗し、バラエティー番組でも所謂“おバカタレント”として扱われていました。
そんな経緯があって、二人に対しての先述のOBからの発言に繋がります。

 しかし、個人的には少なくとも賛成でした。コーチとしての実力は私メが素人故全く分かりませんが、少なくともTV画面から感じたのは、それまでの巨人は勝ってもベンチが暗過ぎて、元気が無い、覇気が感じられない。負ければ余計暗くなる・・・の悪循環。そんなベンチに、二人の明るさは少なくともプラスに作用する、少しはベンチも明るく元気になる筈・・・と思えたからです。
それはキャンプのノックを見た時から的中しました。特に元木コーチはとにかく明るい。毒舌含め、選手へ愛情一杯の叱咤激励。見違える様でした。そして、その明るさは公式戦になっても変わりませんでした。
そしてそんな功績を認められて、昨年から元木さんはヘッドコーチに就任しました。

 コーチ就任時もそうですが、元木さんのHC就任も意外性を以て報じられましたが、長嶋監督が“クセ者”と呼んだ現役時代に隠し玉を2回成功させていることからも明らかな様に、選手としての試合状況の観察眼が人一倍優れていた筈です(因みに、彼は上宮高校時代に2年生で出場したセンバツでも隠し玉を成功させていますが、試合後卑怯なプレーだと抗議電話が殺到した由)。
引退後球界から全くオファーも無く、殆どバラエティータレント(しかもどちらかというと“おバカタレント”扱い)として活動していた元木氏を、「アイツは野球を良く知っているから」と彼の能力を買ってU=12日本代表チームの監督に抜擢して球界復帰への道筋を付けてくれたのが、今は亡き星野仙一さんだったのだそうです。
そして、彼が子供たちを指導する中で一番徹底したのは声を出すこと。そして、結果見事に世界大会で優勝。代表チームには彼自身の長男も選手に選ばれていて、「監督の子供だから(選ばれた)」と必ず言われるのでどの選手よりも厳しく指導したそうですが、大会では見事MVPに選ばれたとか。

 そして今年、桑田真澄氏が15年振りに現場に復帰し、初の投手コーチに就任。
キャンプ中に打撃投手として投げるためか、選手たちの練習終了後に投球練習をする姿に、18番を背負ったエース当時と全く変わらないピッチングフォームを久し振りに目の当たりにして(しかも結構速い)、懐かしさで暫し見惚れていました。
理論派で大リーグ経験などもありながら今まで声が掛からなかったのは、ドンに嫌われたとか。しかし、生え抜きのスター選手だったOBを指導者として活用しないのは球界としても実に勿体無い気がします。
今季キャンプで初めて臨時コーチを務めている同じPL出身の“ミスター・ドラゴンズ”立浪氏も然りですが、その意味で是非実績を残してほしいと思います。
そういう意味では、“ミスター・タイガース”掛布さんも名誉職の飼い殺しみたいな感じですし、監督としても実績も上げた岡田彰布さんも煩がられたのか、その後声が掛からず・・・。特に優勝から随分遠ざかっている阪神なんて、生え抜きOBの岡田さんに再登板を依頼すればイイのに、実に勿体無い(昨年、高橋遥人投手が巨人戦に14奪三振で初完投した“脱力ピッチング”を、岡田さんがTV解説で試合序盤に真っ先に看破していた慧眼に感服しました)。

 年末年始に行われたサッカーやバレーなどの高校スポーツ、或いは大学ラグビーなどのアマチュアスポーツの中で、一番感動したのは今年のラグビーの大学選手権でした。二連覇が予想された早稲田と、 正に“三度目の正直”で、3度目の決勝の舞台での初優勝を目指す天理。
えんじと黒のジャージの闘い。準決勝で、片や帝京に勝った名門早稲田と明治を粉砕して3度目の決勝に挑む天理。結果は天理が下馬評をはねのけて、連覇を狙った早稲田を55-28と攻守に圧倒。見事、同志社以来36年振りという関西勢2校目の優勝を飾りました。

 そして試合後の優勝インタビューでの、天理大松岡大和主将の涙の絶叫インタビュー。第一声の「ありがとうございまーす!!」の大声での絶叫だけかと思いきや、更に「めっちゃくちゃ、嬉しいでーす!!」に続いて、途中、今までの苦しかった過程を想い、その時に支えてくれた大学や応援してくれた地元天理の人たちへの感謝を口にする中で頬を何筋もの涙が伝わり、時折言葉に詰まりながらも、そんな自身の“弱さ”を吹き飛ばして自らを奮い立たせるかの様に、大声で絶叫、絶叫、また絶叫・・・。
今時、これ程までに純朴な若者がまだいるのかと感動し、胸を打たれました。いつしか、こちらの頬にも涙が伝わっていました。

 思えば、昨夏の全国ニュースで流れた「天理大ラグビー部でコロナクラスター発生」の報道。部員170名が寮生活をしているラグビー部で62名が陽性となり、その結果誹謗中傷の声がネット上で広がり、ラグビー部員以外の天理大の学生がアルバイトを拒否されたり、教育実習の受け入れが中止へと追いやられたりしたという報道がありました。
部内でのクラスター発生は、集団の中での感染対策の不備として批判されても止むを得なかったと思いますが、全く接触も無かった無関係の学生までもが、バイトや、ましてや未来ある子供たちを育てる教育現場である筈の地方の教育委員会までもが天理大生の教育実習受け入れを拒否したというのは、余りに行き過ぎだろうと憤りを感じました。

 そんなコロナ禍の中での、クラスター“発生元”となったラグビー部が初の日本一。当事者故に誰にもぶつけられなかったであろうその悔しさと男の意地を以て、与えられた最高の場で最高の結果を出した天理大ラグビー部。
きっと、ラグビーの神様は、その後の彼らの反省と頑張りを見ていたのでしょう。天の配剤とはいえ、対戦相手となった早稲田の“荒ぶる魂”ではありませんが、魂が揺さぶられるような感動的な天理大ラグビー部の優勝と、そんな思いを腹の底から振り絞るかのような、松岡キャプテンの涙の絶叫インタビューでした。
 「イイなぁ~。まだこんな純朴な若者がいるんだなぁ・・・。コロナ禍の世の中、そんなに捨てたモンじゃないなぁ~・・・。」

 コロナ禍の中で行われた、今年の箱根駅伝。
正月三が日は他に楽しみも無いので、駅伝ファン(スポーツ何でもファン)としては箱根駅伝の開催は有難かったのですが、沿道での観戦自粛が呼び掛けられ、恒例のチア合戦や優勝チームの出迎えや胴上げも無い異例のレース。そんな異常さが生んだとしか思えない、あり得ない様な最終10区での3分19秒の大逆転劇。劇的と言えば確かに劇的であり、その意味で成し遂げた立役者の選手たちはヒーローとしてスポットが当たるのは当然です。

 しかし今年は・・・。それは見ている自分が単に年を取ったせいなのか、しかも人生の半分以上を超えての“下り坂”故なのか、はたまた今年の異常な“コロナ禍”のせいなのか、今年の箱根駅伝を見終えての感想は・・・「残酷すぎる!」。
そして気になったのは、ヒーローとなった選手たちではなく、おそらく“敗戦の責任”を一人で背負うであろう、最終10区で大逆転をされた創価大小野寺選手であり、山登りの5区で4度立ち止まってしまった青学の竹石選手など、敗因の原因を作ってしまった選手たちでした。

 「彼らは大丈夫だろうか?立ち直れるのだろうか?また前を向けるのだろうか?」
 「それにしても、“駅伝の神様”は余りに残酷過ぎる!」

 レース後の報道に依れば、創価大の小野寺選手はツイッターで「ごめんなさい」と誤った後、「全部受け止めて来年強くなって戻ってきます。」と記したとのこと。それを知ってホッとしました。来年はシード校故に、本選出場は間違いないので、是非鍛錬し鍛え上げ、学内選考に勝ってリベンジの走りをして欲しいと思います。
どの大学もゴールでの出迎えを自粛し寮でレースを見守っていた中で、TVで放送された創価大の選手たち。最終区残り2㎞でのまさかの逆転時はさすがに茫然としていましたが、最後小野寺選手が2位でゴールした時には皆で拍手をしていた光景に些かなりとも救われた思いでした。
彼は3年生ですので、もう一度やり直すことが出来ます。しかし、3年生の時に失速し、昨年はエントリーもされず、そのため卒業せずに留年してまでして再度同じ5区山登りに挑んだ青学の竹石選手。誰のせいでもない、自分自身に敗因があり、飽くまで自己責任とはいえ残酷な、余りに残酷な・・・。
正直、今までTV画面からは目立ちたがりに見えて好きではなかった青学の原監督ですが、今回直前の故障で走れなかった主将の神林選手に対し、指導者としての自責から、レース前に選手全員に「仮に品川の八ツ山橋で歩いて駄目になっても俺は神林を使いたい。もし棄権してシードを逃して来年予選会からになっても構わない!」とまで言ったといい、レース後目を真っ赤にして彼へエールを送る監督を見て、「イイ監督だなぁ・・・」と素直に感動したのですが、もしそうであれば、「箱根の借りは箱根で」というリベンジの機会がもう無い竹石選手にも、一日目の「ゲームオーバー」ではなく、レース後に一言でもTV画面を通じて(きっと直接的には労いの言葉を掛けたでしょうけれど)エールを送って欲しかった・・・。
5区で区間17位だった彼一人が往路での青学失速の原因ではなく、2区と3区も同じく区間14位と沈んだのに、往路の最終区で立ち止まってしまった彼が結果的に目立ってしまったが故に・・・。

 それにしても再三にわたり沿道での応援を避ける様にとのアナウンスがされ、一生に一度、場合によっては競技から引退する4年生は最初で最後の晴れ舞台に、声を枯らして沿道で直接応援したかったであろう家族や関係者の人たちが皆主催者側の指導を踏まえてTV画面を通じて応援をしている中で、沿道に繰り出した“赤の他人”たち、その数18万人とか。
だったら、余程そうした一般の人たちは入場禁止などの制限をして、むしろ家族や大学関係者たちだけが沿道で一生に一度しかない応援が出来るようにしてあげた方がどれだけ良かったかと思わざるを得ませんでした。
そりゃ、もし自分の家の前の道路を走るならいざ知らず、臆面も無くTV画面に向かって手を振ってTV桟敷の前の全国5000万人にご自身のその馬鹿面を晒すジイサン、バアサン、オッサン、オバサンに若者たち・・・。
そんなアホな輩どもを見るにつけ、コロナ感染第一波の時の“民度の高さ”など一体どこに消えたのか、「ナルホド、これじゃ感染拡大が収まる筈も無い」と新年早々逆に得心出来たのは、或る意味全く以て情けない限りでした。

 「ドラフトで有望な選手を指名しても、金に任せてFAの有力選手を集めるために、若手選手の出場機会が減って結局大成しない・・・云々。」
 「せっかく素質があるのに、巨人ではすぐに結果を出さないと目をつむってでも継続して使うことが出来ないので、結局若手選手が育たない・・・云々。」
これまでも良く云われたことですが、最近では巨人で活躍出来ずにトレードされ、その後移籍先で活躍している日ハムの大田泰示選手やロッテの沢村祐一投手がその証明として、冒頭の批判論の象徴の様に云われています。果たしてそうなのでしょうか?

 確かに、大田泰司はその素質の高さと自前の大砲への期待もあって、毎年期待されて試合に出ても結果を残せず、その折角の体格を活かせないまま、時には窮屈で前かがみのクラウチングスタイルの様なバッティングフォームになってしまい、素人が見ても打てそうもない気がしたものです。
 「一体、誰がこんなフォームにさせたんだ!?」
類稀な身体能力を持て余す大田に、当時ラグビー日本代表のHCだったエディさんが、アスリートとしてのその素質にほれ込んで本気でラグビーへの転向を口説いたりしたことすらありました。
それが、日ハムへトレードされた途端にレギュラーの座をつかみ、毎年20本近いホームランと3割近い打率を残す活躍。
また、“格差トレード”と今年話題になった沢村も同様。新人賞獲得などの活躍も当初はあったものの、ここ数年は四球連発で打たれて自滅の繰り返しだったのが、移籍後は連続三振でゼロ更新。セットアッパーから、最近ではクローザーを任される活躍を見せています。
その結果が、「やはり・・・」とか「それみたことか・・・」と、冒頭の批判に繋がりました。果たしてそうなのでしょうか?

 思うに、彼等二人は真面目過ぎ。結果が出ないと内に籠って落ち込むタイプ。結果が出ずに焦ると、更に悪循環で余計焦りに繋がる・・・の繰り返し。
自分で自分を追い込んでしまう。結果、自滅・・・。
では他球団では何が違ったのか。それは、一挙手一投足まで注目されてマスコミの目に始終さらされている球団と、そんなプレッシャーから解放されて、少し失敗しても批判されることも無く、然程気にせずにノビノビと好きな野球に打ち込める環境。
一番の原因は、能力を活かせずに周囲の期待の大きさに押しつぶされてしまった本人たちの心の弱さではなかったのでしょうか。

 では、高卒2年目から活躍している坂本勇人と同じく高卒4年目で不動の4番を務めるに至った岡本和真。彼らは同じ球団で何が違ったのでしょうか?
高校時代に結構(かなり?)ヤンチャだったという坂本と、天然キャラ気味で先輩からのイジラレ役で良い意味で鈍感な岡本和真。些少のことには動じない、そんな大らかさと明るさが彼らを大成させたのではないでしょうか。
勿論、球団の指導力や育成力などの環境要因もあるとは思いますが、それを活かせるかどうかは本人次第。伸びるかどうか、活躍出来るかどうかは飽くまで本人の責任でしょう。
仮に、もし日ハムに育成力や指導力があるとしたら、では斎藤佑樹や清宮幸太郎は一体どうしたのでしょうか?

 斎藤雅樹の投球時の腰回転からサイドスローの方が向いていると見抜いた藤田監督や、イチローの振り子打法を矯正させずに一軍へ抜擢した仰木監督といった名伯楽の様な指導者や、その時に置かれた環境に恵まれることも重要ですが、本人の素質だけではなく持って生まれた性格もそれ以上に重要な要素だと思います。
必ずしも、指名が競合するドラフト1位が活躍するとは限らないこの世界。下位指名や、例え育成指名であっても、数年後に球界を代表するような“名選手”の卵が指名されているかもしれません。
来る10月26日は、今年のプロ野球ドラフト会議。今年も、そんな“ベースボール・ドリーム”誕生に期待しています。

 前回のプロ野球の話題を今回も続けさせていただいて・・・。
と、常に結果を求められる組織体の長として、マネジメントの成果とは何ぞや?
それは、好景気や不景気という個人や組織には無関係なその時の世間情勢に起因することもあれば、成長期や衰退期というその組織自体の置かれた状況に起因することもあり、一概にその時の数字という結果だけでは単純に判断出来ないにしても、利益を残すことが命題とされる組織体であれば、その時に残した結果そのものが経営評価のベースとならざるを得ないのではないでしょうか。

 そんな意味合いで、コロナ禍 に揺れる今年2020年の変則的なプロ野球を見た時に、飽くまで個人的な印象ではありますが、常勝軍団だった以前と様変わりして下位に低迷する広島と、二年目で首を傾げる程活気の無い中日の両球団は、その低迷する原因の100%をリーダーである監督に起因せざるを得ないと感じています。何故か、それは報道されるコメントが、曰く、
 「誰々は分かっていない。」
 「時間やチャンスを上げたのに、どうしてそうするのか、私には理解できない・・・云々。」
マスコミを通じて聞くコメントがまるで評論家的で、敗因の原因が全て選手のせいで、色々してあげたの(選手が)分かってくれない、出来ない、何でそうするのか分からない・・・だからです。
勿論、色々期待した駒がその通りの働きをしてくれなかったということもありましょう。しかし、じゃあ、働きをしてくれるように「十分な(トレーニング)期間を与えたなら、その間に最高指導者として、選手が気付くような指導を果たしてしたのかどうか・・・?
 「これじゃあ、マスコミ報道を通じて指摘された選手はヤル気が無くなっていくだろうなぁ・・・」
と思わざるを得ません。
一方、球団史上最多勝利数を更新した巨人の原監督。その数字、結果が全ての勝負の世界において、果たして最優秀の名将なのか・・・?
責任者だって時に愚痴をこぼしたい時もあります。自分が現場で出来ない以上、演ずる駒のパフォーマンスに因ることは当たり前のことです。だからこそ、組織内のミーティングで色々責任追及と改善策を話し合うとして、対外的には、
 「分析すれば色々敗因はありますが、結果はリーダーたる全て自分の責任です。選手は良くやってくれました。」
とだけ、言えば良いのではないでしょうか。

そういう意味で、先述のリーダーに感ずるのは、(そんな当たり前のことを理解した上で)、まるで(将たる自身の責任へのコメント無しの)まるでTVの実況中継に呼ばれた評論家のコメントそのもの・・・。
これじゃあ、名指しされた選手だけでなく、他のチームメンバーでさえも、やる気を削がれるだろうことは想像に難くありません。
 「だったら、アンタ、自分でやってみなよ!」

 或る程度実力があって強いチームを長い間任されていれば、勝ち星はおのずと付いてくる。歴代最多勝利数の監督は、長らく南海ホークスを率いた名将鶴岡監督であり、二位は常勝巨人軍を追われ、新興の野武士軍団を率いて時盟主に挑んだ三原監督です。しかし、結果としての実績で云えば、V9を達成した川上哲治を超えたとは言えません。
その意味で、果たして勝ち星で歴代一位となった原監督は、川上監督をも凌駕したと云えるのでしょうか。これまで、リーグ優勝こそ計8回ですが日本一は3度です。

 個人的に、今までで(と言っても巨人で云えば川上監督以降ですが)一番好きな監督は藤田元司さんでした。
球界のスーパースターであったONがそれぞれ監督として結果を残せず、ある意味解任されて、世間からも批判を浴びたその解任劇に対する最大の逆風の中で引き受けた(引き受けざるを得なかった)リーダーの座。
皆が慕ったスター監督が解任された後の後任監督であり、その上でスター監督以上の結果を残しても当然として世間から評価されないであろうことが分かっているのに、結果として引き受けた後任監督の座でした。
勿論、そこには愛する古巣の苦境を知り、自分が汚れ役に徹してでも返すべき恩とOBとしての責任を感じていたのかもしれませんが、誰がどう考えても貧乏クジでしかなかったろうと思います。
そして、それはその後第一次の原監督の後を継いだ堀内監督も、就任した当時置かれた情勢は藤田さんと似たような環境だったと思うのです。しかし、手腕として残した結果は残念ながら歴然としています。
確か、心臓に持病を抱え、常にニトロを持ちながらの監督業だったと記憶しています。紳士然とした佇まいの中に、現役時代“瞬間湯沸かし器”と言われたという熱さと頑固さも隠していました。
しかも、在任中斎藤をサイドスローに転向させて大エースに育て上げて、桑田、槇原との三本柱を確立し来るべき第二次長嶋政権に続く盤石の守りの土台を作り、また自らドラフトで引き当てた原を我慢して使い続けて4番に育て上げたのも藤田監督でした。勝つことと育てることの難しさ。
その意味では当時入団2年目の坂本を抜擢して最高のショートストップには育てましたが、プレッシャーに勝てなかった本人の気持ちの弱さが原因だとしても、大田泰示を我慢して使い続けられなかった原監督に対し、岡本を若き4番として育て、吉川をセカンドに抜擢し一本立ちするまで使い続けた高橋由伸政権はチームとしての戦績はともかく藤田政権を彷彿させます。また、采配そのもには時々疑問符を付けられているDeNAのラミレス監督ですが、ジャパンの4番まで務めた筒香の抜けた後の4番にドラフト9位入団だった佐野選手を抜擢した結果、現在首位打者を独走しており、その慧眼に驚いています。

 個人的には、藤田さんは球団史の中でもっと評価されて良い名監督だったと思います。

| 1 / 16 | 次へ≫