カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 「ドラフトで有望な選手を指名しても、金に任せてFAの有力選手を集めるために、若手選手の出場機会が減って結局大成しない・・・云々。」
 「せっかく素質があるのに、巨人ではすぐに結果を出さないと目をつむってでも継続して使うことが出来ないので、結局若手選手が育たない・・・云々。」
これまでも良く云われたことですが、最近では巨人で活躍出来ずにトレードされ、その後移籍先で活躍している日ハムの大田泰示選手やロッテの沢村祐一投手がその証明として、冒頭の批判論の象徴の様に云われています。果たしてそうなのでしょうか?

 確かに、大田泰司はその素質の高さと自前の大砲への期待もあって、毎年期待されて試合に出ても結果を残せず、その折角の体格を活かせないまま、時には窮屈で前かがみのクラウチングスタイルの様なバッティングフォームになってしまい、素人が見ても打てそうもない気がしたものです。
 「一体、誰がこんなフォームにさせたんだ!?」
類稀な身体能力を持て余す大田に、当時ラグビー日本代表のHCだったエディさんが、アスリートとしてのその素質にほれ込んで本気でラグビーへの転向を口説いたりしたことすらありました。
それが、日ハムへトレードされた途端にレギュラーの座をつかみ、毎年20本近いホームランと3割近い打率を残す活躍。
また、“格差トレード”と今年話題になった沢村も同様。新人賞獲得などの活躍も当初はあったものの、ここ数年は四球連発で打たれて自滅の繰り返しだったのが、移籍後は連続三振でゼロ更新。セットアッパーから、最近ではクローザーを任される活躍を見せています。
その結果が、「やはり・・・」とか「それみたことか・・・」と、冒頭の批判に繋がりました。果たしてそうなのでしょうか?

 思うに、彼等二人は真面目過ぎ。結果が出ないと内に籠って落ち込むタイプ。結果が出ずに焦ると、更に悪循環で余計焦りに繋がる・・・の繰り返し。
自分で自分を追い込んでしまう。結果、自滅・・・。
では他球団では何が違ったのか。それは、一挙手一投足まで注目されてマスコミの目に始終さらされている球団と、そんなプレッシャーから解放されて、少し失敗しても批判されることも無く、然程気にせずにノビノビと好きな野球に打ち込める環境。
一番の原因は、能力を活かせずに周囲の期待の大きさに押しつぶされてしまった本人たちの心の弱さではなかったのでしょうか。

 では、高卒2年目から活躍している坂本勇人と同じく高卒4年目で不動の4番を務めるに至った岡本和真。彼らは同じ球団で何が違ったのでしょうか?
高校時代に結構(かなり?)ヤンチャだったという坂本と、天然キャラ気味で先輩からのイジラレ役で良い意味で鈍感な岡本和真。些少のことには動じない、そんな大らかさと明るさが彼らを大成させたのではないでしょうか。
勿論、球団の指導力や育成力などの環境要因もあるとは思いますが、それを活かせるかどうかは本人次第。伸びるかどうか、活躍出来るかどうかは飽くまで本人の責任でしょう。
仮に、もし日ハムに育成力や指導力があるとしたら、では斎藤佑樹や清宮幸太郎は一体どうしたのでしょうか?

 斎藤雅樹の投球時の腰回転からサイドスローの方が向いていると見抜いた藤田監督や、イチローの振り子打法を矯正させずに一軍へ抜擢した仰木監督といった名伯楽の様な指導者や、その時に置かれた環境に恵まれることも重要ですが、本人の素質だけではなく持って生まれた性格もそれ以上に重要な要素だと思います。
必ずしも、指名が競合するドラフト1位が活躍するとは限らないこの世界。下位指名や、例え育成指名であっても、数年後に球界を代表するような“名選手”の卵が指名されているかもしれません。
来る10月26日は、今年のプロ野球ドラフト会議。今年も、そんな“ベースボール・ドリーム”誕生に期待しています。

 前回のプロ野球の話題を今回も続けさせていただいて・・・。
と、常に結果を求められる組織体の長として、マネジメントの成果とは何ぞや?
それは、好景気や不景気という個人や組織には無関係なその時の世間情勢に起因することもあれば、成長期や衰退期というその組織自体の置かれた状況に起因することもあり、一概にその時の数字という結果だけでは単純に判断出来ないにしても、利益を残すことが命題とされる組織体であれば、その時に残した結果そのものが経営評価のベースとならざるを得ないのではないでしょうか。

 そんな意味合いで、コロナ禍 に揺れる今年2020年の変則的なプロ野球を見た時に、飽くまで個人的な印象ではありますが、常勝軍団だった以前と様変わりして下位に低迷する広島と、二年目で首を傾げる程活気の無い中日の両球団は、その低迷する原因の100%をリーダーである監督に起因せざるを得ないと感じています。何故か、それは報道されるコメントが、曰く、
 「誰々は分かっていない。」
 「時間やチャンスを上げたのに、どうしてそうするのか、私には理解できない・・・云々。」
マスコミを通じて聞くコメントがまるで評論家的で、敗因の原因が全て選手のせいで、色々してあげたの(選手が)分かってくれない、出来ない、何でそうするのか分からない・・・だからです。
勿論、色々期待した駒がその通りの働きをしてくれなかったということもありましょう。しかし、じゃあ、働きをしてくれるように「十分な(トレーニング)期間を与えたなら、その間に最高指導者として、選手が気付くような指導を果たしてしたのかどうか・・・?
 「これじゃあ、マスコミ報道を通じて指摘された選手はヤル気が無くなっていくだろうなぁ・・・」
と思わざるを得ません。
一方、球団史上最多勝利数を更新した巨人の原監督。その数字、結果が全ての勝負の世界において、果たして最優秀の名将なのか・・・?
責任者だって時に愚痴をこぼしたい時もあります。自分が現場で出来ない以上、演ずる駒のパフォーマンスに因ることは当たり前のことです。だからこそ、組織内のミーティングで色々責任追及と改善策を話し合うとして、対外的には、
 「分析すれば色々敗因はありますが、結果はリーダーたる全て自分の責任です。選手は良くやってくれました。」
とだけ、言えば良いのではないでしょうか。

そういう意味で、先述のリーダーに感ずるのは、(そんな当たり前のことを理解した上で)、まるで(将たる自身の責任へのコメント無しの)まるでTVの実況中継に呼ばれた評論家のコメントそのもの・・・。
これじゃあ、名指しされた選手だけでなく、他のチームメンバーでさえも、やる気を削がれるだろうことは想像に難くありません。
 「だったら、アンタ、自分でやってみなよ!」

 或る程度実力があって強いチームを長い間任されていれば、勝ち星はおのずと付いてくる。歴代最多勝利数の監督は、長らく南海ホークスを率いた名将鶴岡監督であり、二位は常勝巨人軍を追われ、新興の野武士軍団を率いて時盟主に挑んだ三原監督です。しかし、結果としての実績で云えば、V9を達成した川上哲治を超えたとは言えません。
その意味で、果たして勝ち星で歴代一位となった原監督は、川上監督をも凌駕したと云えるのでしょうか。これまで、リーグ優勝こそ計8回ですが日本一は3度です。

 個人的に、今までで(と言っても巨人で云えば川上監督以降ですが)一番好きな監督は藤田元司さんでした。
球界のスーパースターであったONがそれぞれ監督として結果を残せず、ある意味解任されて、世間からも批判を浴びたその解任劇に対する最大の逆風の中で引き受けた(引き受けざるを得なかった)リーダーの座。
皆が慕ったスター監督が解任された後の後任監督であり、その上でスター監督以上の結果を残しても当然として世間から評価されないであろうことが分かっているのに、結果として引き受けた後任監督の座でした。
勿論、そこには愛する古巣の苦境を知り、自分が汚れ役に徹してでも返すべき恩とOBとしての責任を感じていたのかもしれませんが、誰がどう考えても貧乏クジでしかなかったろうと思います。
そして、それはその後第一次の原監督の後を継いだ堀内監督も、就任した当時置かれた情勢は藤田さんと似たような環境だったと思うのです。しかし、手腕として残した結果は残念ながら歴然としています。
確か、心臓に持病を抱え、常にニトロを持ちながらの監督業だったと記憶しています。紳士然とした佇まいの中に、現役時代“瞬間湯沸かし器”と言われたという熱さと頑固さも隠していました。
しかも、在任中斎藤をサイドスローに転向させて大エースに育て上げて、桑田、槇原との三本柱を確立し来るべき第二次長嶋政権に続く盤石の守りの土台を作り、また自らドラフトで引き当てた原を我慢して使い続けて4番に育て上げたのも藤田監督でした。勝つことと育てることの難しさ。
その意味では当時入団2年目の坂本を抜擢して最高のショートストップには育てましたが、プレッシャーに勝てなかった本人の気持ちの弱さが原因だとしても、大田泰示を我慢して使い続けられなかった原監督に対し、岡本を若き4番として育て、吉川をセカンドに抜擢し一本立ちするまで使い続けた高橋由伸政権はチームとしての戦績はともかく藤田政権を彷彿させます。また、采配そのもには時々疑問符を付けられているDeNAのラミレス監督ですが、ジャパンの4番まで務めた筒香の抜けた後の4番にドラフト9位入団だった佐野選手を抜擢した結果、現在首位打者を独走しており、その慧眼に驚いています。

 個人的には、藤田さんは球団史の中でもっと評価されて良い名監督だったと思います。

 プロ入り2年目となる巨人の直江大輔投手。松商学園高校からドラフト3位指名で入団。お父上も3季連続で甲子園に出場した松商のエースでした(写真を見ると、フォームが親子そっくりです)。生まれは長野市ですが、父親の背中を追って同じ松商に入学。2年時の夏の甲子園大会に出場して先発していますが、3年時は連戦が続く中、次の強豪校との対戦に向けてエース直江を温存し、軟投派投手を打てずに結果敗戦。結局エースとしては甲子園で投げることは出来ませんでしたが、手足が長くゆったりとした如何にも投手らしいピッチャーで、その将来性を評価されて巨人に3位で指名(3名指名した高校生投手ではトップ指名)。一年目はプロとしての体作り優先で3軍暮らし。2年目の今年の春キャンプで注目されましたが、その後は慎重になりすぎての四球連発に、阿部二軍監督に叱咤激励されたり試合後の“鬼ノック”で指導されて“シゴキ”(パワハラ)ではないかと話題にされたり・・・。
しかし、連戦が続く夏の苦しい一軍の台所事情の中、原監督から「二軍で誰か投げっぷりのイイ投手を」という推薦依頼に、阿部二軍監督が推薦したのが直前の二軍戦で漸く1勝を挙げたばかりの直江投手でした。
原監督も春のキャンプで54番の背番号から“槇原2世”と直江の将来性を高く評価をしていたこともありますが、たった1勝しかしていなかった直江を推薦した阿部二軍監督にも本当に驚かされました。しかし、
 「イヤ、いくら何でもまだちょっと早いでしょ!?確かに将来性は高くても、あと5キロくらい体重を増やしてスタミナが付けば、球速も150㎞を超える筈・・・だけど、まだプロの体じゃない・・・。」
と、素人評論家的には思っていました。ましてや、阿部二軍監督が「もっと前面に闘志を出せ!」とヤキモキした様に、淡々とした投げっぷりで威圧感は無いし、顔も今風の醤油顔?で優しいし・・・云々。

 心配した初登板から3戦。一回りまでは抑えられても、二回り目になると相手もプロ。しかも、スタミナ切れか球が浮きだして高めに抜けたりして、結果四球連発。しかし、球速表示以上に直球はスピンが効いて切れがあり、横のスライダーと縦のカーブ(今は縦のスライダー)、フォークの曲がりも大きく制球もイイ・・・。
残念ながら、味方がリードしていても勝利投手の権利が得られる5回を投げ切れず、自らの四球で降板・・・。なかなか一軍での1勝が遠い。
しかし、頑張る直江を何としても援護しようとする野手やベンチの様子が感じられますし、降板する直江へのファンの拍手も暖かい・・・。
個人的には、4点もリードしているんだから、あと2点取られるまでまだ投げさせても良いのでは?とか、せめてマウンドに投手コーチが行って間を置いて投げさせてみても良いのでは?・・・と勝手に思ってしまいますが、非情にもいきなりの投手交代・・・。きっと、将来性に期待するからこそ「自分の力で文句つけようの無い勝ち投手になれ!」ということなのでしょう。

 君はまだ若い。正直、素人目にもまだ一軍レベルではない気がします。今後、ずっと長くプロでやるのであれば、目先の1勝ではなく、1点でもあれば完封出来るような投手になって欲しい。しっかりとローテーションピッチャーとして来シーズンは定着出来る様に、もう少しプロとしての基礎体力を付けるべく下で頑張った方が良いと思います。しかも、当時担当スカウトとして直江の素質を高く評価し、監督に上位指名を進言した木佐貫スカウトが、現在は投手コーチとして二軍にいるのですから・・・。
一軍での実戦経験を含め、一歩一歩着実にステップアップしているのは間違いないと思います。だからこそ、将来のために目先の1勝なんかに拘るな!文句の付けようのない勝利を目指せ!と呼び掛けたくなります。
それにしても、2年目でプロとしての勝負がついたわけではありませんが、その意味では同じ高卒2年目の戸郷は凄い!としか言いようがありません。しかもドラフト6位指名ですから・・・。
 「直江も負けるな! 初勝利目指してガンバレ!!」

 コロナ禍により、色々なイベントの中止が余儀なくされています。
スポーツ大会に限らず、例えば合唱や吹奏楽のコンクールなどの文化的行事も“密”を避けられないとのことから開催が中止されています。
個人的に一番心を痛めたのは、殆どの子供たちが一生続ける訳ではない中で、もしかすると競技人生の集大成となったであろうインターハイに始まる高校生たちの大会中止でした。

 それは、前述の合唱や吹奏楽、はたまた書道といったサークル活動の全国大会も同様ですが、スポーツに関して言えば新学期前の春の新人戦、夏のインターハイ、そして最後となる国体というスケジュールになります。インターハイが無くなっても、国体、或いは競技によっては、例えばサッカーの様に新春やバレーの“春高”など、秋以降に行われる大会もあり、まだ“全国への道”が閉ざされた訳ではありませんが、多くの高校生アスリート諸君が目指していたであろうインターハイが無くなったのは、彼等にとって大きな挫折であったろうと推測します。
というのも、我々もそうでしたが、受験を控えた3年生にとってインターハイが引退となる最後の大会だったからです。従って、地区予選、県大会と続くトーナメントで負ければそれで終わり。自身にとってのスポーツ人生の終了を意味します。
全員がトップアスリートとして競技を続けられる訳ではなく、殆どの選手諸君が高校生でその競技人生を終える中で、それがコロナ禍により、捲土重来を期してまた来年ではなく、そのケジメの機会をある意味永遠に奪われたのです。
そうした中で、世論に押されるように、高校野球は全国で都道府県大会が行われ、また中止になった選抜大会出場チームは1試合だけとはいえ、高校野球の聖地“甲子園”で試合をすることが許されました。
高校野球は高体連ではなく、高野連という別組織に属しています。しかし、組織が違うからと言って、同じ高校生スポーツが異なる扱いになって良いのでしょうか。
長野県大会では、2年ぶりに佐久長聖高校が優勝しました。甲子園の無い特別な夏の大会だったこともありますが、例年県内で最多の選手数を抱える佐久長聖は3年生部員が52名とか。今年は特別な大会だったとはいえ、藤原監督は今年の県大会は3年生だけで臨むことを決断し、しかも決勝までに52名全員を試合に出場させたのだそうです。強豪校の佐久長聖故、大学などでまだ競技を続ける選手もいるでしょうが(例えば、長聖出身で東北福祉大の元山飛優選手は学生野球の日本代表ショートで、同じく代表で4番を務めた二塁手の松本第一出身の中央大牧秀悟選手と共に、今年のドラフト上位候補です)、中には高校で野球人選を終える子もいるであろう3年生諸君にとっては、例え甲子園は無くとも“大いなる区切り”になっただろうと思います。

 以前朝日新聞現編集委員をされていた西村欣也さんの書かれた記事(『記者有論』)で、2002年にミスターこと長嶋茂雄さんと一緒に夏の甲子園大会決勝を観戦した時の長嶋さんの言葉(第333話参照)。それは、
『このトーナメントではね、優勝チーム以外の全ての球児にただ一度ずつの敗戦が配られるんです。甲子園の決勝でも、地方大会の一回戦でも、ただ一度の敗戦が、野球の神様から配られているんです。壮大なトーナメントの、大きな意義がそこにあると思うんです。つまずくことで得るものが、若者にはきっとある。』
今年は、夏の甲子園大会が中止となったので、各都道府県大会の優勝校47校以外にただ一度の敗戦が配られたことになります。46校は本来あるべき敗戦を知らずに終えたことにはなるかもしれません。しかし、少なくともその他の高校生諸君には、平等に“つまづき”の機会は与えられた。野球をやっている高校生諸君だけが、競技人生に区切りをつける機会を与えてもらったからです。

 しかし・・・、高校野球だけが“特別”か・・・?

 私は、中学から高校までバレーボールをしていました。例え一流アスリートではなくとも、スポーツをやっていた人間の一人として、スポーツ、団体競技の意義は多少は理解しているつもりです。
バレーボールは“春高”が無観客で行われると報道されていますが、大学や実業団でも競技を続けるような選手はともかく、一般の人間は最終学年の3月まで続ける訳もなく、通常は長くても国体まで。また、おそらく進学校はインターハイで3年生は引退するので、実質最後の試合をせずに引退を余儀なくされた子供たちが多かろうと思います。
そうした中で行われた高校野球の夏の県大会や甲子園の交流試合。人気や歴史、また大人たちの世界の思惑はともかく、同じ高校生たちが一生懸命頑張っている色々なスポーツの中で、果たして高校野球だけが特別なのでしょうか?
そんな気持ちもあって、少なくとも甲子園の交流試合は一試合もTV観戦をしませんでした。

 競技によっては、柔道やレスリングの様にある意味“密”状態で接触しなければ成立しえないものもありますが、例えば相手とは“ソーシャルディスタンス”?で距離を保って対面する、テニスやバドミントンの様な競技もあります。
コロナ禍でただでさえ授業時間が足りない中で、お盆も過ぎた今となっては、“時、既に遅し”ではありますが、野球が出来たのであれば、他の競技もせめて県やブロックレベルであっても開催出来なかったかどうか、組織としての一律横並びではなく、競技団体毎に対応が例え異なったとしても、子供たちの競技人生に一つの“区切り”をつけさせてあげられる工夫が何かあっても良かったのではないか・・・そう思えてなりません。

 甲子園の高校野球だけが特別でなくて良い。全ての競技に“甲子園”がある筈です。

 師走の都大路を走る高校駅伝に始まり、新春の箱根、そして京都と広島での都道府県対抗を以って(私個人として興味関心のある)駅伝シーズンが終了しました。

 全国高校駅伝の女子は、公立高校ながら全国の強豪私立に伍して昨年一昨年と2年連続準優勝だった長野東が今回は9位と、残念ながら4年連続入賞はならず。男子も、佐久長聖が自校の持つ高校最高記録まで10秒と迫る好記録ながら、留学生を擁するチームには敵わずの3位。しかし、それぞれ県内出身選手だけ、或いは日本人選手だけでの走りは見事でした。
県下に実業団チームを持たない長野県ですが、こうした長野東と佐久長聖の頑張りが、卒業したOG・OBが大学或いは実業団に進んで活躍し、その結果がシーズン最後の都道府県対抗駅伝の長野県チームの活躍に結びついています。
長野県は昔から市町村や地区対抗の駅伝が盛んで、その中から育った伊藤国光や中山竹通などのマラソン日本代表選手も嘗てはいましたが、実業団チームの無い長野県が駅伝で強くなったのは、指導者が連携して長期的な視点で小中学生の頃から地域の陸上クラブなどで育て、その中から才能のありそうな子供たちが優秀な指導者のいる、男子は佐久長聖、女子は公立高校ですが長野東に進学して継続して育成強化されて来た結果だと言えます。

 駅伝シーズンの掉尾を飾る、新春の全国都道府県対抗駅伝。
女子は京都で行われる高校駅伝の男子と同じコース、男子は広島の平和公園から安芸の宮島口への往復コースです。
 12日の女子は、長野県チームは昨年の6位に続き二年連続入賞で目標のメダル獲得には僅かに届かなかったものの、記録も順位も過去最高の4位でした。全国でも強豪となった長野東のOGが大学や実業団に進み、一般区間でも力のあるランナーが増えた結果、都道府県対抗でも優勝争いの常連となった男子だけではなく、以前は17番のゼッケンナンバー前後の順位だった長野県の女子チームも最近では男子同様に上位を狙える力を付けてきました。
今年は1区6位でスタートし、途中で一時はトップに立つ力走。しかし、今期の高校生が少し弱くその後順位を下げましたが、8区の中学生と最終9区の一般が共に区間2位という好走で、最終区で国内トップ選手の東京チームの新谷選手には抜かれたものの、アンカーのダイハツ所属の細田選手が食らいつき区間2位の力走を見せて、僅か2秒差の4位でのフィニッシュ。目標のメダルには惜しくも届かなかったものの、見事な走りでした。
大学生も含め一般の区間も充実してきましたし、今回走った中学生は二人ともまだ2年生。長野東の高校生がまた力を付ければ、念願の3位以内もそう遠いことではないと期待を持たせてくれた今回のレースでした。

 19日の男子。“駅伝王国長野”と云われる通り、これまで全国最多の7回の優勝を誇り、今回も中高生に全国トップクラスの選手を揃えていたので、3年振りとなるV奪回が期待されました。しかし直前になって、5000m13分台の主力高校生2名が故障で交代し、チーム目標を5年連続の入賞に変更と報道されていましたし、マスコミの事前予想でも長野県は優勝候補には挙げられていませんでした。
しかし、いざースが始まってみると、1区の高校生区間も交代となった2年生の越選手が10位とはいえトップと7秒差で力走し、2区の中学生区間は全国中学校駅伝でも区間新で走った小田切選手が区間3位の好走。
一時3区の一般区間で15位と順位を下げたものの、その後代役で出場した高校生二人(木村選手は女鳥羽中出身!)がそれぞれ区間2位・4位と見事な走りで3位まで順位を押し上げ、6区の中学生区間で今季3000m全国ランキング2位(県中学記録更新)の吉岡選手が圧巻の区間新記録で遂に1位浮上。
最後は、2年連続アンカーとなる中谷選手(早大2年)が、中継時点での8秒差をむしろ17秒差まで拡げて、区間賞の相澤選手(福島、東洋大)から僅か8秒差の区間2位で力走し、3位から逆転優勝を狙った優勝候補埼玉のアンカーの設楽選手にも勝って、見事1位で3年振りとなる8度目の優勝を飾りました。

 レース後は、予想を覆して全国最多8回目の優勝を飾った長野チームに対して「さすが!」という声が溢れましたが、下馬評が低かったにも拘らず“駅伝長野”の底力を感じさせる見事なレースでした。また同じように戦前の評価が然程高くなかった兵庫の2位も「さすが!」でした。
余談ですが、ゴール地点で優勝の感激に沸く長野県チームの輪の中に、長野が初優勝した時(2004年第9回大会)のアンカーとしてゴールテープを切った帯刀さん(当時富士通所属。現上田西高陸上部監督で、今回の県男子チームのコーチ)がおられ、懐かしく感じました。
この大会では留学生は走れませんので、今年は失速しましたが学法石川の福島県や西脇工や須磨学園などを擁する伝統の兵庫県、そして佐久長聖の長野県などがやはりこの大会になると毎年上位を占めています。
長野チームでは、今回力走した中学生諸君も佐久長聖へ進むでしょうし、1区の越選手や故障で走れなかった伊藤選手もまだ2年生ですので、来シーズンの佐久長聖も期待出来そうです。そして二年連続となるアンカーとして、昨年優勝した福島の相澤選手に置いて行かれたリベンジを果たした中谷選手も、3年生となる来シーズンは早稲田のエースとして一皮剥けた更なる飛躍が予想されます。

 高見澤監督も中谷選手も、優勝後のインタビューで台風災害にあった地元長野へ勇気と希望を少しでも与えたかったという想いをそれぞれ口にしていましたが、良い意味で予想を裏切られ、長野県民に勇気を与え、最後に“One Nagano”でスカッと締めてくれた今期の駅伝シーズンでした。
ムフ、やったネ!!